「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年11月12日 更新

「変態芸に磨きかかってる」狂気の水道協会ポスター公開!話を聞いてみた。

 みんなで考えたいね、日本の「水道水」。2014・2015年とネット上を震撼させた日本水道協会のポスター。この度、平成28年度版も公開! 「変態芸に磨きがかかっている」「惚れ惚れする狂気」と話題になっています。

あらすじ(登場人物)

 登場人物は、水道をゴキュゴキュ飲む野球部の水野君水野君に思いを寄せる女の子の2人。そして、2人を結びつける重要な役どころを担うのが水道です。

水道

出典:mbbirdy/iStock. by Getty images

 この水道協会のポスターは基本3・4コマで描かれる漫画ですが、毎回注目されるのは最終コマで女の子が放つ長文台詞の名言。水野君を一筋に思う気持ちを表現するのかと思いきや、その大部分は水道の偉大さに感謝する展開へと変わります。

 これまでに描かれたストーリーを簡単におさらい。2014年⇒2015年⇒2016年と微妙に展開がつながっていますので、順番にご覧いただくことをおすすめいたします。

2014年 ポスター

『おいしそうにガブ飲みしてるっ!』

ストーリーライン:
「水野くん、ガブ飲み」⇒「水道局に勤めるお父さんがしっかり管理しているから水野くんはガブ飲みできる」⇒「だから、お父さんがんばれ」

水道局 ポスター(2014年)

イラスト提供:公益社団法人 日本水道協会【JWWA】

2014年

イラスト提供:公益社団法人 日本水道協会【JWWA】

「水道局に勤めてるうちのお父さんが がんばって管理してることによって ここまで届いてる水道水を おいしそうにガブ飲みしてるっ! うれしいなぁっ…!」

「日本の水道技術はすごいから、安全でおいしい水なんだよ! 水野くん(ハート)においしい水を届けるためには、古くなった水道施設を新しくしていかなきゃならない!」

「いざという時に水が止まらないためにも、地震への備えも大切だよね!」

「お父さん、水野くんのために、お仕事がんばってほしいなあ…! そんなお父さんを応援しなきゃ…!」

 最後は、水道施設の老朽化対策や地震対策などへの取り組みは、私たちみんなの問題として結ばれています。

2015年 ポスター

「水野くんが飲んでた水道水、飲んじゃったぁ!」

ストーリーライン:
「水野くんと同じ水道を飲んだ、嬉しいな」⇒「でも、当たり前じゃない」⇒「メンテナンスが大切」

2015年水道局ポスター

イラスト提供:公益社団法人 日本水道協会【JWWA】

2015年 水道局ポスター

イラスト提供:公益社団法人 日本水道協会【JWWA】

「かあっ さっきまで水野くん(ハート)が飲んでた水道水、飲んじゃったぁ!! おいしーい!!」

「でも、この水って当たり前に出るものじゃないんだよね!! 日本の高い水道技術のおかげで、水道に適切なメンテナンスがなされて、水野くん(ハート)と私のもとに安全でおいしい水が届いているんだよね!!」

「水道の維持には莫大なお金がかかるみたいだけど、老朽化していく水道施設を定期的に更新していかなくちゃいけないし、いざという時に水が止まらないためにも 耐震化にしっかり取り組んでいかないといけないな!! 私と水野くん(ハート)は水道でつながってる!!」

 ひとつの事象をみて、その背後にいる様々な利害関係者にまで想像を働かせるこの女の子。恋愛にふける妄想を水問題に応用してみせます。

2016年 ポスター

ストーリーライン:
「水野くんの将来を考える(まだ交際してない)」⇒「生活の基盤はやはり水道になるだろう」⇒「この事実を水野くんにも伝えなくてはいけない」

2016年 水道局ポスター

イラスト提供:公益社団法人 日本水道協会【JWWA】

2016年 水道局ポスター

イラスト提供:公益社団法人 日本水道協会【JWWA】

「これからきっと私、水野くん(ハート)と恋愛して、水野くん(ハート)と結婚して、ふたりで生活を営んでいくのね……!!」

「でも、その生活は当たり前にあるものじゃない!! 私と水野くん(ハートなし)が素敵な生活を送るためには、安全でおいしい水道水がないと!!」

「これからもこの水道水を飲み続けるために、老朽化した水道施設は適切に更新していくことが大切よね!!」

「それに、日本はいつどこでも大きな地震が起きてもおかしくないんだもん!!」

「いざという時にも、大切な水道水が止まらないために、耐震化も進めて、強靭な水道にしていかなくちゃ!! ってことを水野くん(ハート)にも伝えなきゃあ!!」

水道局の担当者に話を聞いてみた

 なぜこのようなポスターが生まれたのか。「公益社団法人 日本水道協会」に話をうかがいました。

ーーポスター制作の背景?

 水道局が抱えていた課題がありました。

「現在、水道事業が抱える課題は非常に深刻。この広報では、国民の皆さまに、普段、何気なく使っている水道水の存在と必要性を再認識していただき、水道水を享受できることが当たり前でないということ、さらに水道の抱える課題についても関心を持っていただくきっかけとしていただきたいという趣旨のもと行っています」

ーー表現については?

 家族に伝わるデザインとして企画したそうです。

「ショッピングセンターでの掲出を前提として、ご家族で楽しく読んでいただけるようにマンガを用いたデザインにしました。表現については、少しでも多くの方々にご興味を持っていただけるよう、試行錯誤した結果と考えております」

ーー反響について感じること

 大変ありがたいこと。

「インターネットを中心に、多くの方の関心を持っていただいていることは承知しております。沢山の方の目に触れることができているのは大変ありがたいことと考えております」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです