「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年11月22日 更新

侮ってはいけない「1メートル」の津波 過去の教訓から、危険性を呼びかけ

本日、早朝に発生した福島県沖を震源とした地震。(マグニチュードは7.4)

気象庁は、津波警報および津波注意報を発令。(22日午後、発令した津波注意報をすべて解除しました)

津波

※写真はイメージ、本日の地震による影響ではございません。
出典:johnnorth/iStock. by Getty Images

※本日、仙台港では1メートル40センチが観測されました※

同6時49分に福島県いわき市小名浜で60センチ、同7時6分に相馬で90センチ、同8時3分に仙台港で1メートル40センチなど、岩手県から東京・八丈島にわたる広い範囲で津波を観測した。

出典:福島などで震度5弱=広範囲に津波、仙台港1.4メートル-4都県で12人重軽傷:時事ドットコム

1mの津波の危険について

1mの津波がどれほどの影響なのか。

ツイッターではこれまで、そして今日もその危険性を改めて伝える画像が拡散されています。

数十センチの警報を軽く見てはいけません。

盛り上がったまま、波が押し寄せてくる

津波は通常の波とは異なります

「30cmの津波でも危険なのはなぜですか?」の質問に対する気象庁の答え

津波は、通常の海の波のように表面だけがうねっている波と大きく異なり、海底から海面まで全てが移動する大変スピードのある、エネルギーの大きな波です。

(中略)

津波の高さが高くなってくると、それにつれて、海水の横方向(津波の進行方向)の動きも大きくなってきます。海水の横方向の動きが大きくなってくると、水深の浅いところでも立っていることが困難になってきます。海水中に立っているとき20~30センチ程度でも水かさがあがれば体が浮き上がり同時に横方向に押されればどうなるか想像できると思います

出典:気象庁 | 津波について

浸水1mは死亡率100%

※人工津波による波高1m実験※

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです