「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 お笑い・ネタ

2016年12月21日 更新

【凄まじい芸人魂】麒麟・川島が明かした「島木譲二のエピソード」に反響

脳出血のため12月16日に亡くなった吉本新喜劇俳優の島木譲二(本名:はましんじ)さん。

12月18日に行われた葬儀・告別式では多くの人が参列し、島木譲二さんを見送りました。

胸を平手で叩く「パチパチパンチ」、アルミの灰皿を「ポコポコヘッド」、一斗缶を頭に叩きつける「カンカンヘッド」など体を張ったネタが多くの人に愛された島木譲二さん。

ツイッター上でも、新喜劇の仲間が島木さんとのエピソードを披露。

その中で、お笑いコンビ・麒麟のボケ担当である川島明さんが明かした思い出に注目が集まっています。

麒麟・川島「まさに男のロマンだった」

へこんだ数十個の一斗缶・・・

一斗缶

出典:PIXTA

ピンチヒッターでも全力を尽くす、凄まじい芸人魂。

島木さんの人柄を感じるエピソードです。

ファンから別れを惜しむようにコメントが寄せられました。

「涙出てきた…」
「人柄も良かった島木さんが無くなるとは無念」
「島木譲二さんは、そういう機転の利く思いやりの深い方だったのですね。」

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです