「いいな」を届けるWebメディア

お笑い・ネタ

2015年12月18日 更新

「おおきなかぶ」が抜けないのは、おじいさん、あなたのせいでした。

この絵をご存知の方、多いのではないでしょうか。

有名な絵本「おおきなかぶ」ですね。
Btv75CVCIAEjEEk

あらためてこの絵本を読み、衝撃的な事実に気づいた方がいます。

おじいさん、しっかりとかぶを踏ん張っている…。

なるほど。
力めば力むほど、おじいさんの足に力が入って、かぶを地面に押し戻していたのですね。

ってそんなバカな。

しかし調べてみると、実はこちらのサイトで既に、おじいさんの秘密を見抜いている人がいました。

おばあさんを引き連れて。

20100411044759
おじいさん、踏んでいます。

孫を呼んできて。

20100411044755
おじいさん、踏ん張っています。

犬や猫まで巻き込んで。

20100411044908
おじいさん!!!

思わず絵本の世界に入り込んで突っ込みたくなる風景。
でも実は、抜ける直前、足はきちんとかぶから離れています。

作者はこの絵を、もしかするとわざと書いたのかも…ついアレコレと考えてしまいます。

この絵本の挿絵担当は「佐藤 忠良」さんという日本の彫刻家さん。
他の絵本の挿絵もいくつか描いているので、もしかすると他にもこうしたユーモアが隠れているかもしれません。

参照:「おおきなかぶ」は、なぜ抜けたのか・・・童話にみるソ連時代の茶番とその周辺

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです