「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年05月18日 更新

【衝撃!鍵ってこんなに簡単に開くの!?】鍵の仕組みと防犯を考える上での注意点

家でも、ホテルでも鍵を閉めた瞬間から安心していないでしょうか。昨今では、凶悪犯罪も多いため、防犯への意識は高まっています。そこで、U字キーやチェーンロック、鍵が簡単に開いてしまう仕組みを紹介します。ぜひ、防犯への意識を高め、今後の対策に役立ててください。

一般的な鍵の仕組み

 一般的に、普及している鍵の仕組みが分かる画像です。テレビでピッキングなどに取り上げられることも多かったですが、本当に簡単な仕組みにより鍵が作られていると思い知らされます。この仕組みに関しては、wikipediaにも掲載されてある通り、かなり一般的に知れ渡っているもののようです。

Howtopickalock-49649
http://lolsnaps.com/news/83815/0/

キーチェーンの注意点

 このキーチェーンに関しては、ロックしていると安心という気持ちはないでしょうか。キーチェーンも、本当に簡単に開いてしまいます。

対策

 上記をみると、一つの鍵に信頼を置きすぎるのは良くないということが分かります。そこで、いくつかの対策をご紹介します。

①ディンプルキー
 ディンプルキーは、2000年前半に急速に普及した鍵の一種です。ギザギザした鍵(ピンタンブラー錠)に比べ、鍵に穴が開いており、パターンが非常に多く、ピッキング被害に遭う確率は、激減します。
key029

②複数の鍵を付ける
 泥棒は、鍵の開錠に10分以上時間がかかると諦める確率が9割と言われています。複数の鍵を付けるようにしましょう。
img61123590

楽天

③オートロック
 こちら、マンションの場合のみとなりますが、昨今では、オートロックも非接触型の鍵があります。防犯性の高いマンションでは、その鍵のある部屋の階しか止まれないなどの制限をかけているところもあります。防犯カメラの有無を含め、防犯性の高いマンションを選びましょう。
110725164342
総合ロック

その他、様々な防犯グッズが発売されています。一度、自宅の防犯については改めて考える必要ありますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです