「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年09月16日 更新

実は間違い?正しい「豆乳の注ぎ方」

豆乳の「正しい注ぎ方」を描いた、驚きの画像があります。

そこには、1000mlの豆乳パックの注ぎ口を、上にして注いだ方がスムーズに注げるという真実が描かれています。

正しい豆乳の注ぎ方

なにかの間違いだと思い、調べてみると、マルサンアイの公式Q&Aページでは

できるだけ注ぎ口から空気が入るよう注ぎ口を大きくしていますが、内容液で注ぎ口全体を塞ぐ場合もあり、この場合、内容液はスムーズに出ません。通常は注ぎ口を下側にしてパックを持つと思いますが、注ぎ口の位置を下ではなく上側にすることにより、空気が入りやすくなるため、豆乳がスムーズに注げるようになります。

お客様相談室:マルサンアイ株式会社

という回答がありました。普段から一斗缶などを扱う方には常識だったみたいですが、正しい注ぎ口は上側だったんですね…

注いでいる映像(44秒)

上にした方がやっぱりスムーズなんですね。驚きました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです