「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年09月06日 更新

【まめ知識】日本各地の「ばんそうこう」の呼び方の違いが分かる1枚の画像

みなさん、この画像のものを何と呼びますか?

bansoko

出典:kenkou-bijin-diet.seesaa.net/

子供から大人まで、軽いケガをしたときに傷口にはるこちらのもの、実は日本全国各都道府県によって、呼び方が全然違うことが分かりました。

呼び方の違いとまとめたのがこちら。

呼び方の比較図

bansoko map

出典:http://kusuri-jouhou.com/

絆創膏(ばんそうこう)・・・石川県、福井県、新潟県、長野県、静岡県

カットバン・・・青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、山梨県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県、愛媛県、高知県、長崎県、鹿児島県

バンドエイド・・・栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、大阪府、滋賀県、京都府、兵庫県、香川県、徳島県

リバテープ・・・奈良県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、宮崎県、沖縄県

サビオ・・・北海道、和歌山県、広島県

キズバン・・・富山県

なんと6パターンもの呼び方が日本に存在していることになります。地方によってこれだけ呼び方が違うとは驚きです。

なぜこんなにも呼び方に差が出たのかというと、主に各地で使用されている「製品名」の違いが影響している説が有力な様です。

例えば、かつて北海道では「サビオ」という商品名の絆創膏が売られており、シェアもNo.1だったそうです。その名残から、「サビオ」が販売終了した今でも、名前が違う他の絆創膏も「サビオ」と呼ぶ様になったとか。

sabio

出典:blog.goo.ne.jp/

誰もが使う身近なものだけに、ここまで呼び方が違うとは、思いませんでした!

皆さんのお住まいの県での、呼び方は当たっていましたか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです