「いいな」を届けるWebメディア

ニュース

2015年12月14日 更新

【絶対に食べないで】触るだけでも炎症を起こす「カエンタケ」に注意!

奈良県生駒市の生駒山麓において、ニクザキン科の猛毒キノコ「カエンタケ」が発生しています。

kaen00

生駒市は市のホームページに情報を掲載し注意を呼びかけています。

カエンタケの特徴


・色はオレンジ色から赤色
・ブナ、コナラなどの広葉樹林の根元に発生
・地上から手の指が出ているように発生
・皮膚に汁が付くだけでも炎症を起こす
・わずかな量でも食べると死亡することがある(致死量は3g)

kaen02

食後30分くらいすると、悪寒・発熱・嘔吐・下痢・腹痛・手足のしびれなどの症状が起こります。そして2日後には、消化器不全・小脳萎縮による運動障害など脳神経障害により死に至ることも(過去に事例あり)。

kaen01

ハイキングなどで山に出かけたときに、写真のようなきのこには絶対に触らず食べないようにしましょう。

奈良県生駒市ホームページ
自然毒のリスクプロファイル(厚生労働省)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです