「いいな」を届けるWebメディア

アート

2015年12月14日 更新

【夢のようなプロジェクトが現実に】The tree of 40 fruits(40種類の果実のなる木)

「1本の木に40種類の果実が実る」そんな夢のような木がニューヨークにありました!

この木を開発したのは、ニューヨークの大学で美術の教授をしているサム・ヴァン・エイケンさん。
希少種を数多く保有する果樹園の閉鎖を残念に思ったエイケン教授が、木の存続を願って果樹園を買収したのが開発のきっかけだったそうです。

ft1

ft3

1度にできるだけ多くの種類の木を守ろうと思いついたのが、1本の木に数種を接ぎ木する方法でした。
250種以上の果実の木の成長を調査し、計算や設計を重ね、何度も何度も接ぎ木を繰り返して出来上がった40種類の果実のなる木は、春には色とりどりの花を咲かせ、夏にはプラム、チェリー、アプリコット、アーモンドといった豊かな果実を実らせます。

ft2

ft4

ft5

現在は、ニューヨークを中心に16本もの木が現存しているそうです。

「守りたい」という気持ちから生まれた素晴らしい造作物ですね。

エイケン教授の開発秘話は、TED Manhattanでも発表されています。(動画)

出典:The tree of 40 fruits SAM VAN AKEN

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです