「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年05月14日 更新

職人技がなくてもできる「いちごの飾り切り」

赤くツヤツヤで瑞々しい苺(いちご)はそのままでも十分美味しいのですが、ひと手間かけて飾り切りにすると、目にも美味しくなります。

職人技がなくてもチャレンジできそうな3点をご紹介します。

いちごの飾り切りバラ【初級】

いちごの表面に段違いの切り込みを入れて隙間を作るだけのシンプルな作業で出来る!包丁を入れる場所と切れ込みの深さが美しい、いちごのポイントかも。

st1

st2

st3

出典:spendwithpennies.com

いちごの飾り切りちょうちょ【中級】

作業自体はいたって簡単そうですが、ひと手間かけて触角をプラスすることで、より完成度が高まっています。動画のお姉さんのイチゴネイルと見えそうで見えない顔にも注目。

st4

いちごの飾り切り白鳥【上級】

ぽってりしたイチゴのかわいいフォルムがすっかり無くなるほどカットしていますが、切るところさえ間違えなければできそうなレベル!

st5

お弁当に入っていたらびっくりしちゃいますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです