「いいな」を届けるWebメディア

アート

2015年09月20日 更新

【テクノロジー×ボランティア=子供の笑顔】3Dプリンタで作った義手が子供をヒーローに

『X-MEN』のウルヴァリンの手を真似た新しい義手をつけて自慢気な男の子。

en1

この義手をプレゼントしたのは、「E-nable」という非営利団体。メーカー・エンジニア・研究者・デザイナーなどが協賛し、世界中の手の不自由な子供達に義手を無償で提供しています。

義手は、その作成に高度な技術や労力を要することから大変高価なものでしたが、3Dプリンタの技術の発展は、デザインの自由度を高め、コストダウンを実現し、このようなボランティアを可能にしました。

en3

ウルヴァリンモデルは、尖った爪が子供を傷つけることがないよう、素材やカッティングに工夫がされています。

子供達のリクエストに答える形でスーパーヒーローモデルの義手を作り始めたそうですが、ウルヴァリンの他にもアイアンマンが誕生しており、今後も団体はバットマンやキャプテンアメリカなどを作っていきたいと意気込んでいます。

en5

en4

子供達の笑顔が増える素敵なボランティアですね。

en2

出典:nerdist.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです