ファンデーションでニキビを効果的に隠すメイク術のコツ

ファンデーションでニキビを隠すのなら、メイク術を知らないといけません。自分ではニキビを隠せていると思っていても、実はあまり隠せていない場合もあります。

極力メイクをしない方が肌に良いのは分かっていても、いざというときにはしっかりニキビを隠したいものです。重要になるのはファンデーションでニキビを隠すメイク術になります。そして、どういった商品を選択するのが良いかも頭に入れておいた方が良いでしょう。

ファンデーションの厚塗りでニキビ隠しはNG

ニキビ肌でお悩みの方に共通する、ファンデーションの塗り方は厚塗りです。厚ぼったいファンデーションの塗り方をしているのなら、ニキビ肌であると思われている可能性があります。そのため、厚塗り以外の塗り方を選択してニキビ隠しをした方が良いです。厚塗りは確かに効果的な方法ではあるものの、いつも厚塗りでは良いとはいえません。

メイク崩れの原因になる

ニキビ肌を隠すためにファンデーションを厚塗りすると、他の部分も厚塗りをしないとバランスが悪くなってしまうのは理解できるでしょう。そして、時間の経過とともにメイクが崩れてしまう可能性は高まります。メイク崩れの原因になるのが、ニキビを隠すためのファンデーションの厚塗りと覚えておいた方が良いでしょう。

厚化粧のイメージになりやすい

ファンデーションの厚塗りを繰り返すことで、どうしても厚塗りのイメージを持たれやすいです。ニキビがなおってファンデーションの厚塗りをしなくても良いときがあっても、普段のイメージとは大きく違う結果となります。メイクはできるだけ薄くした方が手間がかからず、継続的な負担も少なくなるのは理解できるでしょう。自分の抱かれるイメージといった観点から考えても、ファンデーションの厚塗りはマイナスに作用します。

ニキビ隠しのメイク術の基本

ニキビに頭を悩ませている女性は、ニキビ隠しの正しいメイク術をマスターしましょう。ニキビ肌の方は特に正しいメイク術を知る意味は大きいといえます。とはいっても、何も難しいことはありません。ちょっとした意識改革で自然と正しいメイク術をマスターできます。

ベースメイクで選びたい「色」は断然パール

肌色の部分を施すベースメイクの色はパールがおすすめです。色の選択の基本となるのは、顔と首の境目あたりに塗ったときに首との違和感がないことです。顔だけ浮くということがなくなる理由になります。すでにパールを選択しているのなら、各肌質において必要な成分の配合率が多いものを選択しましょう。

ニキビ隠しには部分メイクのコンシーラーで

ニキビ隠しをするにあたって重要になるのは、ニキビ部分のメイクはコンシーラーで行うことです。炎症がなくなっているニキビならまだしも、炎症進行中のニキビには大きな刺激のとなってしまいます。コンシーラーをニキビやニキビ跡に軽くピンポイントに置けば、赤みが消せます。

ニキビだけではなく、角栓が目立つイチゴ鼻を隠したいときにも効果的となります。ファンデーションだけでカバーしようとすると、厚塗りの印象を与えてしまいます。コンシーラーを有効活用することで、ナチュラルな仕上がりになるのが大きいです。ニキビ部分を隠すためにファンデーションの厚塗りすると、他の部分も同様にしないといけません。

フェイスパウダーも活用しよう

コンシーラーをのせたお肌の上にフェイスパウダーをさらにのせるのも効果的です。軽く押さえて付けるイメージで問題ありません。肌に刺激となりやすいスポンジを使わずに、軽いタッチでつけられるブラシを使うようにしましょう。また、リキッドファンデーションは炎症進行形のニキビの刺激となる油分や他の成分が含まれているため、炎症のあるニキビ以外のところに使うようにすべきです。

ニキビ隠しメイクの応用編

ニキビ隠しのメイク術の基本を理解したのなら、次は応用です。基本と同様、応用に関してもそう難しいことはありません。ニキビ隠しのメイクに関してさらに有効な知識を得て、迷わずできるようにすべきです。

ベースメイクは「こすらない」

ベースはこすらないようにすべきなのは、ムラや化粧崩れの原因になってしまうのが大きいです。また、ニキビが隠し切れない理由にもなりかねません。意識すべきはこすらないように指を滑らせることです。

コンシーラーはニキビの上に軽くのせる

コンシーラーはニキビの上に軽くのせるだけで問題ありません。必要以上にのせてしまう方もいるものの、ニキビを隠しきれない理由になってしまいます。おすすめとなるのは、大きめのパフの利用することです。肌にソフトで軽いタッチでつけられるようになります。

仕上げのフェイスパウダーはブラシでオフ!がポイント

最終仕上げとなるフェイスパウダーはブラシで軽くのせていきましょう。決して力を加える必要はなく、軽くのせる意識を持つべきです。肌の刺激となるスポンジを使う必要はありません。あくまでも、軽いタッチでつけられるブラシを使っていくのが大事です。

おすすめ商品

ニキビ跡を隠すのにピッタリの商品を選択すれば、自然とニキビがあってもメイクが楽になるのは間違いありません。おすすめできるだけの理由を有する商品を紹介していきます。ニキビ肌である方は特に注目してください。

自然に肌の欠点をカバー【ザ セム(The saem)カバーパーフェクション チップコンシーラー】

ザ セム(The saem)カバーパーフェクション チップコンシーラー(SPF28/ PA++) (1.5ナチュラルベージュ)[並行輸入品]

この商品はニキビ肌でお悩みの方にピッタリです。保湿感あるテクスチャーにより、肌に自然に密着し、透明な肌に表現します。また、ロングラスティングポリマーできれいな肌を長時間維持できて、自然に肌の欠点がカバーされます。少量でものびが良いため、一度に多くの量は必要ありません。水を含ませたスポンジで丁寧に叩き込むことで、浮きもなく境目もきれいに馴染みます。さらさらとして崩れにくいのも嬉しいポイントです。

ふわふわのマシュマロ美肌【キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー リフィル】

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー リフィルMO マットオークル 10g

この商品は天然ミネラルパウダーが配合されているフェイスパウダーです。テカリや汗によるメイク崩れを防止し、素肌感のある軽い仕上がりが実現します。持ち運びに便利なコンパニオンタイプであるのも嬉しいポイントで、ミラーや専用のパフもついています。メイク落としの際はクレンジングが不要で、洗顔料のみで落とせます。

UVカット効果で日常紫外線から肌を守れるのも大きいです。ニキビ肌の方に必要な要素を持ち合わせているとともに、他にも選択をしやすい理由が確かにあります。

 

肌当たりが優しい【化粧筆 人気 メイクブラシセット 化粧ブラシ セット コスメ ブラシ8本 フェイスブラシ パウダー チークブラシ】

化粧筆 人気 メイクブラシセット 化粧ブラシ セット コスメ ブラシ8本 フェイスブラシ パウダー チークブラシ (8本)

この商品は肌を刺激することなく、顔の柔らかい部分のメイクに適しています。柔らかな肌触りと適度なコシを持ち合わせているブラシであって、肌を傷つけたくないときに有効活用できます。ベースメイクにおける細かさと潤い感が格段にアップしているのを実感するでしょう。肌に自然に合わせられるため、ニキビに関してもしっかりぼかすことができます。

まとめ

ニキビに関しての問題を抱えているのなら、メイク術の基本と応用をしっかり頭に入れておくべきです。何も難しいことではなく、慣れてしまえば自然と行うことができるでしょう。そして、どういった商品を選択するかも大切です。

ニキビ肌の方にとって嬉しい要素をたくさん有している商品は少なくありません。知らず知らずのうちに間違った対応をしてしまっている方も多数いるからこそ、この機会に正しい対応を覚えてください。