体脂肪率を落として理想の身体になるための方法

ダイエットをして理想的な体型を手に入れるためには、体重を落とすだけでは不十分です。体脂肪率を落とさないといけない意識を持たないといけません。ただ体重が落ちるだけなら、筋肉が落ちて体がたるんでしまって、決して見栄えが良いものとはならないです。体脂肪率を落とすための基本となるのは、食事制限、有酸素運動、筋トレとなります。

どれぐらい体脂肪率に影響するのか、そしてどう取り入れていくべきなのかという点をまずは知らないといけません。どれか一つだけ行えば良いという訳ではなく、全て行っていかないといけないものです。

体脂肪を落とす方法の基本

体脂肪を落とすためには、食事制限、有酸素運動、筋トレの3つが大きなポイントになるのは間違いありません。全てが必要であって、不必要なものはないです。体脂肪を減らし、そして筋肉等で体重を増やすというのがひとつの理想になります。そして、体脂肪率を落とすためには、脂肪を落とすのが基本です。

体脂肪とは?

体脂肪は体に貯えられた脂肪のことです。主に脂肪細胞に貯えられており、体の機能を正常に保つために必要なホルモンを作り出しています。体脂肪は決して不必要という訳ではなく、エネルギー源を貯蔵して体温を保つ働きがあるとともに、外部からの衝撃から内臓を守る役目もあります。体脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪の2つに分けられ、特に厄介となるのはお腹やお尻やふとももなどについた皮下脂肪です。一度ついてしまった皮下脂肪は落ちにくく、内臓脂肪は短期間で蓄積されやすいものの、落ちやすいという特徴があります。

脂肪は必要以上に蓄積してしまうと、健康を損ねてしまう恐れがあり、高血圧や高血糖といった生活習慣病発生リスクが高まります。体脂肪が増えやすい方は、運動習慣がない、食生活が乱れている、アルコールの摂取が多い、喫煙をしているとった特徴があります。年齢を重ねるとどんどん基礎代謝が減少してしまい、体脂肪が増えやすくなってしまうものです。

体脂肪を減らすための基本やダイエット法、その他の気になる注意点

体脂肪率の目安とは

 

体脂肪率 は 体脂肪 ÷ 体重×100という計算で導けます。全体重のうち、脂肪が占める重量のことです。脂肪を減らすのと筋肉を増やすのでは、脂肪を減らした方が良いといえるでしょう。食事制限ばかりしていると、脂肪よりも筋肉が落ちやすくなってしまい、有酸素運動ばかりだと、効率が悪いです。そして、筋トレだけだと脂肪が減ることもありません。まずは、今現在のご自身の体脂肪率はどれぐらいであるのかをチェックした方が良いでしょう。

女性の体脂肪率の基本~体脂肪率減少食品やおすすめの体組成計

有酸素運動が重要

食事制限をするのは健康のための栄養素や筋肉を維持するための栄養素が摂取できなくなる理由になりかねません。そのため、日々の生活の中で有酸素運動を取り入れることを考えた方が良いでしょう。有酸素運動は血圧やコレステロールを抑えるのも有効で、ダイエット以外にも大きなプラスになります。

脂肪を燃やすなら有酸素運動ダイエット

筋力維持のための筋トレを

体脂肪がある程度あるのなら、脂肪を数kg落とすだけで、体脂肪が大幅に落ちます。体脂肪を落とすためには、筋肉をつけるのではなく、脂肪を落とすのが基本です。筋トレを行わずに、体重を落とそうとすれば、脂肪だけではなく、筋肉も落ちやすくなってしまいます。筋トレはあくまでも筋肉の減少を抑えるものであって、そして脂肪を落とすというのが理想となります。

筋トレの消費カロリーの計算方法!代謝アップでダイエットを成功させよう

効率的な食事制限

食事制限をするにしても、ただ食べる量を減らせば良いという訳ではありません。健康や筋肉を維持するのに必要な栄養素はしっかり摂取すべきです。筋肉に重要となるのはタンパク質です。低カロリー高タンパクな栄養を摂取するのを意識すべきといえるでしょう。効率的な食事制限をしないと、体脂肪が理想通りに落ちません。ただ筋肉が落ちる、あるいは体脂肪が落ちるだけでは、望むべく結果となるのは難しいです。

食事制限の基本と注意点~ダイエットからのリバウンドには要注意!

程よい筋トレメニューで基礎代謝アップを

基礎代謝をアップさせる意味は非常に多いです。年齢を重ねるとどんどん基礎代謝は減少していき、体脂肪がたまりやすくなってしまいます。そのため、意識的に基礎代謝をアップさせるのが効果的になります。基礎代謝をアップさせる基本となるのは程よい筋トレです。食事制限と有酸素運動だけでは筋肉が落ちやすいため、筋トレを行うようにすべきです。

全身の筋トレが効率的な訳

基礎代謝をアップさせるために、全身の筋トレが効果的です。簡単な方法としては、まず、横向きに寝て両手を頭の後ろで組み、息を吐きながら上体と上になっている足を持ち上げて5秒間キープします。そして、息を吐きながら上体と足を戻すのを15回行い、反対側も同様に行うものです。効率良く痩せやすい体を作るためには、全身の筋トレを積極的に行っていく意識を持つのが良いでしょう。

スクワットで大きな筋肉を鍛える

体の中で最も大きな筋肉である脚の筋肉を鍛えられるのはスクワットです。腹筋、背中、お尻の筋肉まで鍛えることができるため、ダイエットを目的とする筋トレで効果的といえるでしょう。脚のトレーニングは体脂肪を燃えやすくする成長ホルモンが出やすいという特徴もあります。筋肉量を増やすために多くの時間をかけて筋トレをするのなら、大きい筋肉を鍛えた方が効率的であるのは間違いありません。

基本的なスクワットの方法は簡単です。まず、肩幅程度に足を開き、膝を軽く曲げて、腰を少し後ろに下げて立ちます。次に背中を伸ばし、お尻を後ろに引くように下ろしていきます。このとき腰が丸まらない高さまでお尻が下がっていれば問題ありません。そして、最初の姿勢まで戻って繰り返していくものです。1日50回程度を行うのを目安にした方が良いでしょう。

短期間の筋トレは失敗の理由

短期間の筋トレが失敗してしまう理由としては、傷ついた筋繊維が回復していないのに、次の負荷をかけることになって、筋肉が収縮してしまうからです。筋トレを始めるにしても、回数や時間を無理しない意識を持つべきでしょう。少しずつ負荷を増やしていけば問題ありません。そして、筋トレは決して無理に毎日行う必要がないという点も頭に入れておいた方が良いでしょう。

ストレスフリーで楽しみながら

体脂肪を減らすのに躍起になって、どんどんストレスがたまる結果になった方も少なくありません。ストレスはコルチゾールというホルモンを分泌させてしまいます。筋肉をつけやすい成長ホルモンの分泌を抑え、代謝を悪くするものです。そのため、ストレスをためないようにリラックスするという点を頭に入れた方が良いでしょう。仕事や家庭のストレスに加えて体脂肪が中々落ちないことがイライラに繋がってしまいます。自分なりのリラックス法をしっかり見つけるようにしましょう。

息抜きも重要

ストイックに食事制限や有酸素運動や筋トレを行うのは大きなプラスになるものの、どうしてもストレスがたまってしまいます。結局継続できないということがないように、息抜きの日もしっかり用意すべきです。好きなものを食べるのも問題なく、リラックスできる時間を意図して作るようにしましょう。

カロリーコントロールで体脂肪を減らす

 

ダイエット

体脂肪を燃やすためにはカロリーコントロールが重要になります。ダイエットに失敗してしまう方の多くは、カロリーコントロールができていません。体重と体脂肪の両方が落ちやすい体に変えていくのが理想的で、食事でしっかりと栄養をとる習慣をつけるべきです。たくさんの運動をせずとも、ある程度は体脂肪を減らすことはできます。しかし、食事の管理だけでは、体脂肪が減るスピードは非常にゆるやかであるため、効率的に体脂肪を減らすためには、運動を行う必要があります。

必要な栄養を補う意味

間違った食事制限でダイエットに失敗してしまう方は少なくありません。炭水化物や糖質などの、太りやすそうな食材を抜けば良いと考えてしまう方もいるものの、これはおすすめできません。必要な栄養素はしっかり摂取していくべきだからです。栄養バランスが偏ってしまうのが、体の不調に繋がってしまいます。そして、余計にお腹が空いて長続きしないダイエットになる可能性が高いです。無理をすれば精神的な負担も大きくなっていきます。健康的に長続きするためには、必要な栄養を補うのが重要になるものです。

体重と体脂肪の両方を落とす

体重と体脂肪の両方を落とすという意識を持つのが一番です。適切な食事制限と適度な運動によって、体重と体脂肪の両方を落とすことができます。体重と体脂肪の両方を落とすためには、何かひとつの要素だけでは不十分といえるでしょう。基礎代謝をアップさせることで、より摂取したカロリーを消費し続けることができるため、強く意識した方が良いです。

運動と睡眠の重要性

 

体脂肪を落とすためには、運動と睡眠の重要性を理解した方が良いでしょう。運動が絶対に必要であるのは分かる方も少なくないはずです。そして、睡眠も非常に重要となります。毎日適切な睡眠時間を確保できている方はそう多くはないでしょう。寝る前にスマートフォンやパソコンを弄る時間が多くなり、睡眠時間がその日によって異なる方もいるはずです。偏った生活スタイルをまずは改善しないといけない方も少なくありません。

睡眠のダイエット効果がすごい理由!寝るだけで燃焼する体になる方法

精神的な負荷に要注意

カロリーコントロールをするのは精神的に大きな負荷があるのは間違いありません。そもそも、カロリーコントロールをしないといけなくなったのは、暴飲暴食が理由である方も多いはずです。その食生活を改善していく必要性があるのは頭では理解できて、実際にできるかどうかの問題もあるでしょう。精神的な負荷で気持ちがパンクしてしまうのは、結局継続できない理由になってしまうからこそ、注意しないといけません。

脂肪燃焼スープを使ったダイエット

脂肪燃焼スープは体脂肪を落とすのに適しているスープとなります。野菜たっぷりのスープを基本とした食生活を送るのが基本中の基本となります。守らないとルールはお酒を飲まないようにし、甘味料の摂取はNGです。また、水分は水をメインにし、夕食は必ずスープ1杯以上食べるようにし、付け合わせを毎日変えるようにするのも大切です。脂肪燃焼スープを使ったダイエットをすでに導入されている方も少なくないでしょう。無理せずに適切な食生活になるのが大きいといえます。

野菜スープで脂肪燃焼しよう!ダイエットに効果的な飲み方と注意点

体脂肪が落ちない理由

体重は減るのに、体脂肪が落ちない理由は人それぞれ異なるものです。体重が減っても体脂肪が落ちないのなら、理想的なボディーを手に入れることにはなりません。そして、リバウンドしてしまう可能性も非常に高くなってしまうため、しっかり理由を知らないといけません。どの理由が当てはまるかはそれぞれで異なるものの、該当する理由があるかどうかを模索していくべきです。

体脂肪率を理想値に

体脂肪が落ちない悩みを抱えているのなら、体脂肪率がどれぐらいとなっているかをチェックした方が良いでしょう。体脂肪率が理想値であり、その上で体重が落ちているのなら、全く文句はないはずです。ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素を摂取し、その上で適切な運動を行っていくことが、理想値の体脂肪率になります。

摂取エネルギーと消費エネルギーの関係

ダイエットで痩せるための基本となるのは、摂取エネルギーよりも消費エネルギーが上回ることです。摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが合っているかどうかも考えないといけません。一時は痩せることができても、結局はリバウンドしてしまう結果となります。

体脂肪率が高いと調整ができない

体脂肪率が高いということは、それだけ体脂肪が多いことです。逆に体脂肪率が適切であると、基礎代謝がアップして、自然と痩せやすい体質に繋がっていきます。体重が少ないかどうかの問題ではなく、あくまでも体脂肪率についてです。体脂肪率が高いのは、食生活の乱れや運動不足などが原因になります。体脂肪率が高いのは基礎代謝が下がってしまう理由になるため、ダイエットを行うにあたっての問題点になります。

体脂肪を溜めこんでしまう恐れ

ダイエット

 

体脂肪が落ちないと、どんどん溜め込んでしまう恐れがあります。体脂肪を減らすための方法は少なくありません。有酸素運動、筋トレ、半身浴、漢方などの様々な方法から、ご自身に適しているものを選択していくべきです。体脂肪を溜め込んでしまうのは、ダイエットを行う際に苦労する理由に直結します。

効率的に体脂肪率を落とす

重要になるのはやはりいかに効率的に体脂肪率を落とすかです。ウォーキングやジョギングといった有酸素運動は基本中の基本といえるでしょう。脂肪は酸素と結合すると燃焼しやすくなるため、大量の酸素を取り入れながら運動をすれば、脂肪が燃えやすくなります。筋トレも非常に効果的で、筋肉をつけると基礎代謝を高めることができます。筋肉は維持するだけで、多くのエネルギーを消費するため、ある程度の筋肉をつけると、何もしなくてもカロリーを消費してくれます。

特に注目すべきは体の奥にある背骨や骨盤を支えるための重要な筋肉となるインナーマッスルです。炭水化物を制限し、茶カテキンやL-カルニチンやビタミンB群などの脂肪燃焼に効果的な栄養を摂取するのも大切です。漢方やサプリメントを活用するのも効果的で、半身浴をするのも良いでしょう。効率的に体脂肪率を落とすことができる方法はこのように多岐に亘っています。無理なダイエットを行うと、確かに急激に痩せられる可能性はあります。しかし、体がボロボロになって健康に問題が生じてしまうかもしれません。過剰なダイエットをしない意識を持ちながら、効率的に体脂肪率を落とすことを考えるべきです。

サプリを活用して体脂肪を落とす

体脂肪を落とすために、サプリを活用するのは非常に効果的な方法であるのは間違いありません。体脂肪を落とすための重要な点になるのは、基礎代謝を上げることです。バランスの良い食事や適度な運動を行い、基礎代謝を上げていくのが基本となります。ただ、食事や運動では中々基礎代謝を上げられない場合もない訳ではありません。運動自体が不足しているとともに、年齢や遺伝によって基礎代謝を上げられない場合もあるため、サプリを活用する意味が大きくなるものです。

燃焼サプリの効果

代謝を上げるために作られたサプリであるのが燃焼サプリです。飲むだけで勝手に脂肪を燃焼してくれるというものではなく、脂肪を燃焼しやすい状態にサポートする役割を担っているものとなります。燃焼サプリの効果を高めるためには、適度な運動や正しい用法用量を守ることが重要です。燃焼サプリがあれば全てが解決するという訳ではありません。

脂肪燃焼サプリも活用して健康的で綺麗な体を作る!おすすめ脂肪燃焼サプリ4選!

必要な栄養素も摂取

燃焼サプリを活用すると同時に、やはり必要な栄養素も摂取していく意識を持つべきです。食事を抜けば確かに痩せることは可能であるものの、多くの場合でリバウンドしてしまいます。必要な栄養を摂取した上で体脂肪を落とせるのは、基礎代謝が上がっているからです。中々痩せないと悩みを抱えている方は、基礎代謝が上がっておらず、痩せにくい体質となっている可能性が高いです。燃焼サプリは痩せやすい体質を作るためのサポートであって、必要な栄養素の摂取もしていかないといけません。

脂肪燃焼に効く食べ物と飲み物とは?

継続しての使用が基本

燃焼サプリの効果を実感するまでには時間がかかってしまうのが基本中の基本となります。継続しての使用を基本としないと、求めている効果を得るのは難しいです。燃焼サプリを活用して求めている効果を得られている方もいれば、そうではない方もいます。これは継続期間に問題がある場合も少なくありません。もちろん、燃焼サプリを活用するとともに、適切な食事と運動を平行しておこなわないといけないものです。

燃焼サプリを継続して活用するとなると、多かれ少なかれ継続的な負担はあります。ただ、その継続的な負担に相当する効果を得られるアイテムであるからこそ、多くの方が活用しているのが事実です。燃焼サプリを活用するにあたって、いきなり効果を求めないようにすべきでしょう。数ヶ月の活用を経て、ご自身の中で確かに実感できる変化があるものです。

基礎代謝はどんどん上げにくくなる

年齢を重ねると、どんどん基礎代謝は上げにくくなります。人それぞれ異なるものの、基礎代謝量のピークとなるのは16~18歳です。そこからは下り坂になってしまい、特に40歳を過ぎると急激に落ちていきます。年齢を重ねると、基礎代謝をいかに下げないようにするかが大切であって、意識しないといけません。若い頃と同じ摂取カロリーであるのなら、ほぼ確実にどんどん太っていきます。

基礎代謝をあげるための運動や適切な食生活を心がけないと、基礎代謝は上がっていきません。運動と食生活に気を付けるのはもちろん、その上で燃焼サプリを活用するのもひとつの手になります。燃焼サプリには脂肪を燃焼するために必要な酵素を作り出す成分L-カル二チンや運動しているときと同様のエネルギーの消費を促す成分のカプサイシンが含まれています。さらには、糖分をエネルギーに変えて代謝を向上させるα-リポや肝臓の代謝を促すカテキンも含まれており、大きなプラスとなるだけの理由は確かにあります。

まとめ

燃焼サプリを活用するにあたってのポイントになるのは答えを出すのを焦らないことです。燃焼サプリを活用しても求めている効果がないのは、燃焼サプリに問題があるのではなく、別の要素に問題があるのかもしれません。代表例としては、燃焼サプリはあくまでもサポートしてくれるもので、完璧という訳ではないのに、燃焼サプリを活用すれば大丈夫と思ってしまうことです。運動や食事などに問題があるのに、燃焼サプリに問題があると思い込んでしまう方も少なくありません。

どのダイエットにもいえるのは、短期間で一気に結果を出そうとすると失敗してしまう点です。ダイエットは脂肪吸引手術とは異なり、すぐに結果が出るものではありません。長い目で見て考えた上での対応をしないといけないものです。燃焼サプリ自体には効果がある理由はたくさんあります。”