加圧トレーニングが効果的な理由と注意点

加圧トレーニングは多くのアスリートがトレーニングの中に取り入れており、その効果が注目されています。ただ、一般的にはまだ浸透しているとは言い難いでしょう。加圧トレーニングとはどういったものであるのかを知り、日々のトレーニングに取り入れるのも良いといえます。数多くのメリットがあるとともに、いくつか注意しないといけない点もあるため、両方を知った上で取り入れるのが良いでしょう。

加圧トレーニングのメリットとは

加圧トレーニングには多岐に亘るメリットがあります。どういったメリットがあるのかをまずは知らないと、加圧トレーニングに取り入れることはできないでしょう。普通にトレーニングを行うよりも時間の短縮になり、楽に行えるのは大きいといえます。体力がなくても取り組めて、健康にも美容にもプラスになります。加圧トレーニングが人気となっているのは多岐に亘るメリットがあるからといえるでしょう。

短時間で効果を発揮

加圧トレーニングは最短30分で効果を得ることができます。この理由となるのは、血液の制限から起こる、筋肉内の低酸素化からの速筋繊維群の強化です。加圧ベルトで静脈側を強く制限すれば、血中の乳酸濃度が上昇します。そして、筋肉と骨の成長を促す成長ホルモンが分泌し、短時間で効果を発揮する理由となるものです。時間がないことが理由で本格的なトレーニングができないという方も、加圧トレーニングなら問題なく取り入れることができるでしょう。

短期間で効果的にやせるダイエット方法とは?緊急事態のあなたに!

低負荷で楽に行える

通常、筋力アップをするためには高重量のものを適切な回数持ち上げる必要があります。加圧トレーニングはこの常識を覆しました。低負荷でも楽に行えるのが、中々トレーニングが続かないという方でも気軽に取り組める理由になるでしょう。継続性が目標達成率の向上にも繋がるため、加圧トレーニングはおすすめできるといえます。

体力がなくてもトレーニングを行える

高重量のものを持ち上げる必要はないからこそ、体力がなくても加圧トレーニングは行えます。通常のウエイトトレーニングを実施する際に、筋力がないという理由で断念してしまう方は少なくありません。運動経験が乏しいというのも理由のひとつになるでしょう。加圧トレーニングなら低負荷であるとともに、短時間で行えるため、高齢者でも適切な筋力アップトレーニングができます。

血流が良くなる

加圧トレーニングは静脈側を強く制限するため、一時的に血液が滞留します。血液は次に流れる場所を探し、これが毛細血管の拡張に繋がります。血管の内皮は年齢と共に柔軟性を失っていくため、継続的に加圧トレーニングを行うと血管内皮の柔軟性を向上させ、血液の運搬能力が向上します。血液の流れがスムーズになることで、冷えや浮腫やコリにも大きなプラスになります。

美容やダイエットにも効果的!~デトックスとは~

健康にも美容にもプラス

加圧トレーニングは健康にも美容にも効果的です。筋肉量が増えると便秘の改善に繋がり、免疫力のアップにもなります。成長ホルモンが分泌されることで、回復力アップにもなり、健康面を考えるにしても、加圧トレーニングを取り入れる意味は大きいです。さらに、育毛効果やアンチエイジングや高血圧の改善にもなります。加圧トレーニングを取り入れたいと思う方の多くは、美容面を気にしているものの、健康面を考えても高い効果を発揮します。

美容にも良いアロエベラジュース!その効果とおすすめ9選をまとめました

加圧トレーニングのベルトは代用できるのか

加圧トレーニングのベルトは決して安いものではありません。ダイエット効果を得られるのは分かっていても、費用面がネックになってスタートできない方もいるでしょう。となると、やはり考えるのは代用できるかどうかです。加圧トレーニングを気軽にスタートできる理由になる重要な点になります。加圧トレーニングのベルトは代用できるかどうかを知ることの意味は大きいといえるでしょう。

加圧トレーニングのベルトは安くない

加圧トレーニングのベルトは安いものではなく、本格的な商品なら数万円という価格になります。腕用と脚用といった様々な箇所の加圧トレーニングのベルトを用意するとなると、大きな経済的な負担となるでしょう。通販を用いることで、お得に加圧トレーニングのベルトを購入できるものの、注意すべき点があります。それは最適な圧力を測定しないといけないことです。

適正圧は体型や筋力の変化によって変わっていき、1度測定すれば終わりという訳ではありません。正規代理店で加圧トレーニングのベルトを購入した場合は、再測定の費用は無料であるものの、通販を用いての購入の場合は毎度費用がかかります。安物買いの銭失いとなる可能性もない訳ではないものの、基本となるのはやはりお金をしっかりかけることです。

安価な代用品は危険がいっぱい


加圧トレーニングのベルトを安価な代用品でカバーできると思う方も多いものの、危険がいっぱいと認識しておくべきです。そもそも加圧トレーニングは適正な圧をかけることで筋力アップ効果を高めるもので、代用品なら適正な圧をかけるのは難しいです。無理に圧を掛け過ぎてしまうと、脳に血栓ができてしまったり意識障害に繋がってしまったりする危険性があります。加圧トレーニングは正しい知識を持って行わなければならないトレーニングです。安価な代用品は決しておすすめできるものではありません。

加圧トレーニングのベルトの特別な仕組み

加圧トレーニングで効果が出る仕組みは血流が制限されて、乳酸がたまりやすくなることです。成長ホルモンの分泌量が増え、筋力アップや体質改善に繋がっていきます。最も重要になるのは血流が制限されることです。安価な代用品では血流を適正に制限するのは難しいです。

安い加圧トレーニングのベルトに注意

基本的には加圧トレーニングのベルトは高いものを購入した方が良いです。安いものを選択するのが間違っている訳ではないものの、購入だけで何もサポートはついていません。適正な圧を定期的にチェックしていかないといけないのに、毎度お金がかかるのは避けたいと思う方も多いでしょう。本格的に加圧トレーニングを行っていくつもりであるのなら、より意識しないといけません。

長い目でみて購入する価値

加圧トレーニングは短時間でも高い効果を発揮するものです。しかし、結局は継続して加圧トレーニングを行っていかないと満足ができるだけの効果を得るのは難しいです。安価な代用品を選択してはいけないといえるのはこの部分も大きく関係しています。継続してのトレーニングをしていくべきなのに、安価な代用品では満足ができるだけの効果を得るのは難しくなってしまいます。加圧トレーニングのベルトは長い目でみて購入すべきもので、価値は長期間ならなおのこと高まっていくものです。

加圧トレーニングのメカニズム

適切に血流を制限した状態で行うトレーニングである加圧トレーニングがどういったメカニズムであるかは、おおよそでしか把握していない方も少なくありません。これから加圧トレーニングにチャレンジしようと思うのなら、しっかりメカニズムを頭に入れておくべきです。加圧トレーニングがなぜ効果的で理にかなっているのかが分かるでしょう。

ストレス状態に筋肉を追い込める


加圧トレーニングは運動時に筋血流が適度に阻害され、疲労物質の乳酸が発生して筋肉に蓄積されます。そして、負荷が小さい状態でも筋活動レベルが増大します。過酷な運動をしたときには筋肉が酸素不足という情報が脳に伝わり、成長ホルモンが大量に分泌されて血流によって全身に運ばれます。加圧トレーニングは全身に運ばれた成長ホルモンが、ストレス状態にある筋肉に作用し、筋肉の形成や体脂肪を分解するのを狙って行うものです。十分な量の成長ホルモンを出させるだけのストレス状態を作り出すのは大変であって、加圧トレーニングは効率的に適しているストレス状態を作り出せます。

怪我からのリハビリにも有効

加圧トレーニングが怪我のリハビリに効果的であるのは、軽い負荷で効果的なトレーニングを行えるからです。疲労感が少なく、筋肉や関節の痛みが少ないのも大きいといえるでしょう。怪我や病気によって筋肉が急激に衰えてしまったときに、加圧トレーニングはリハビリや筋肉維持に有効となります。加圧と除圧を繰り返すことで、血流を促して痛みの物質や疲労物質を流しやすくできます。ダイエットや筋力アップといった部分はフィーチャーされる加圧トレーニングであるものの、怪我からのリハビリにも有効な確かな理由があります。

筋肉が錯覚を起こす

筋肉が錯覚を起こすのが加圧トレーニングの肝となる部分です。加圧によって血流を抑制して負荷をかけることで、脳の錯覚を利用してトレーニング効果を高めることができます。結果として、少ない労力でハードな筋トレを行った同じような効果を得られます。通常のトレーニングの場合は、筋肉を酷使するという作業を経由しないといけないものの、加圧トレーニングの場合はショートカットできるということです。

成長ホルモンの分泌促進効果

加圧トレーニングには成長ホルモンの分泌促進効果があります。これは、成長ホルモンは筋肉が疲れていると判断したときに、多く分泌される仕組みであるからです。加圧トレーニングの最中は当然ながらその部分の血流は悪くなっており、その状況で筋トレを行うと乳酸が蓄積していきます。一部分の筋肉内の乳酸濃度が急激に高まると、筋肉内の感覚神経が脳に筋肉の疲労を伝え、脳は成長ホルモンを分泌します。

成長ホルモンは血流に乗って分泌されるものの、全身に分泌されていき、決して一部分だけではありません。加圧トレーニング後にベルトを外すと、一気に血流が元に戻って溜まっている血管内の老廃物が流されて血行が良くなります。筋肉の疲労は無酸素運動によってもたらされ、乳酸は無酸素運動によって作られていきます。体内に増加すれば、筋肉が疲れていると勝手に判断し、成長ホルモンを盛んに分泌するようになります。

加圧トレーニングは筋肉が無酸素運動をしやすい状態を作り出すものです。成長ホルモンの増加によって筋肉の成長を促し、脂肪を分解させるのが特徴となります。筋肉質な体を作ることができて、理想的ボディーを作れる理由に繋がっていきます。しかも、激しいトレーニングを必要としないのが大きいです。筋肉質な体になれば、基礎代謝量がアップし、自然とカロリーを消費しやすく、さらには太りにくい体になっていきます。食べても太りにくく、ちょっとした運動もカロリーを消費しやすくなるのがどれだけ大きいことであるのかは理解できるでしょう。

エネルギー代謝を引き上げるために必要な事

血管の強化


年齢を重ねると血管は衰えて拡張や収縮機能が低下していきます。血流が悪くなることで細胞の機能は低下し、新陳代謝が衰えて老化の進行に繋がってしまうため、血管の強化は大きなテーマといえるでしょう。加齢によって血管が硬くなると、血液を押し出す力を失ってしまい、最終的には動脈硬化に繋がる場合もない訳ではありません。血管の弾力性を取り戻すためには、血管内皮細胞から生まれて血管を若返らせる働きを持つ一酸化窒素が重要になります。

手軽に血管を鍛える方法はなかったものの、加圧トレーニングによって血流を低輝度に制限し、血管の拡張や収縮機能を取り戻すことができます。年齢が若い方ならまだしも、年配の方にとっては非常に気になる問題であるのは間違いありません。継続的な加圧トレーニングで固くなった血管が一酸化窒素によって弾力を取り戻すことになります。

自宅で正しい加圧トレーニング

加圧トレーニングには専用の道具が必要であるものの、必ずしもジムで行わないといけない訳ではありません。専用の道具があれば、自宅で加圧トレーニングを行うことができます。ただ、注意しないといけないのは独断と偏見で行わないようにすることです。専門の知識を持っている人の助言を仰ぎながら行うのが加圧トレーニングの基本中の基本となります。自宅で正しい加圧トレーニングを行うためには何を意識すれば良いかを知れば、求めている効果を得られる近道になるでしょう。

専用の道具が必要

専用の道具を使って筋肉を圧迫し、加圧トレーニングの効果を得られるものであって、必ず専用の道具は必要になります。加圧トレーニングを行うにあたって必要な専用の道具はトレーニングジムや通販サイトを活用して簡単に購入可能です。ただ、加圧トレーニングで必要な道具であっても、人それぞれ設定は異なります。 加圧の設定をしないといけないため、専門の方や加圧トレーニングに関する知識が深い方に行ってもらうしかありません。自分の体に不適切な設定のまま加圧トレーニングを行うと、満足ができるだけの効果を得るのは難しいです。体に深刻な影響が出てしまうこともない訳ではありません。

人によって異なる設定差

加圧トレーニングの際にかける圧は人それぞれ異なるものです。さらに、かける圧はその時々によって異なるため、変えていかないといけません。適切な設定のものを手に入れた上で加圧トレーニングを行う必要があります。自宅で加圧トレーニングを行うのであれば、この点を考慮した方が良いでしょう。現実的ではないと考えるのなら、やはりジムに足を運ぶのが望ましいといえます。

負荷が大きいのがマイナスに作用する

加圧トレーニングを行う上で多くの方が考えるのは、負荷を大きくすれば、効果も大きくなるというものです。加圧トレーニングはあくまでも適切な圧をかけて行うべきもので、自宅の場合は当然圧を強くしがちといえます。負荷を大きくすることで、短時間であっても非常にきつく感じるトレーニングになってしまう可能性もない訳ではありません。

また、貧血症状が出ることも、毛細血管が破裂して内出血が起こる可能性もあります。適切な加圧トレーニングを行うにしても起こりえることで、不適切な加圧トレーニングならなおのことこういった諸問題が発生しやすくなります。負荷を大きくすることがプラスに働く訳ではなく、マイナスに作用する点を覚えておかないといけません。

長くても時間は30分程度


15分~20分程度でも十分内容の濃いトレーニングを行えるのが加圧トレーニングの特徴になります。そのため、長くても時間は30分程度にすべきです。筋力が落ちている方は同時にスタミナも低下しており、無理をしてしまうと結果的に継続できない理由になります。自宅での加圧トレーニングの際に注意すべき点のひとつです。

専門家の意見を聞いてからスタートすべき訳

加圧トレーニング自体のやり方は知っていても、適切な圧をかけるといった問題点があります。そのため、専門家の意見を聞いてからスタートすべきといえるでしょう。自己流で加圧トレーニングを行うと、様々なトラブルが考えられます。理想となるのはやはり経験を積んだトレーナーとマンツーマンで行っていき、継続していけるプログラムを組んでもらうことです。

加圧トレーニングの圧力の目安

適切圧は人それぞれ異なるもので、加圧トレーニングを行う上で頭に入れておかないといけません。対象者の年齢やトレーニング目的に応じて合わせる基本圧と適切圧は全く異なるものです。自己流で圧力を設定してしまうと、満足ができるだけの効果を得るのは難しいため、圧力についての知識を深めることが重要になります。

年齢によって異なる圧力

加圧トレーニングの目安となる圧力は年齢によって異なるものです。高齢者の場合は腕が40~60、脚が60~90となります。中高年は腕が60~90、脚が90~130で、一般は腕が90~130、脚が130~260です。そしてアスリートは腕が130~180、脚が160~220となります。もちろん、あくまでも目安であって、専門資格を持つ加圧トレーナーが対象者にどの基本圧を適用するかを判断します。

一般かアスリートか

一般とアスリートは基本圧が高いです。どちらが適しているかどうかは対象者の反応を見ながら専門資格を持つ加圧トレーナーが判断します。アスリートの場合は特に基本圧が高く、対応を間違ってしまうと継続して加圧トレーニングを行うのが難しくなってしまいます。

定期的に再設定が必要

適切圧は対象者にとって最適な圧の強さです。その時適切圧であっても、その後も同じであるとは限りません。定期的な再設定が必要であるという事実を覚えておかないといけないものです。筋肉量の増加、結果の増加、体調、心肺機能増強などによって変わっていくのを専門のトレーナーと見極めていきます。加圧トレーニングを行う上で質の高いものにしていくための決め手になるといえるでしょう。

専門のトレーナーが適切圧を見極める

基本圧についての知識を得るのは簡単であるものの、適切圧に関しては全くの別物です。適切圧は専門のトレーナーが対象者の反応を見ながら決めていくもので、その時によって変わっていきます。ご自身では一般に該当する圧の強さであったとしても、専門のトレーナーが中高年に該当する圧の強さを選択した場合、従わないといけません。適切圧を選択してこそ、満足ができるだけの効果を得られるのが加圧トレーニングです。

まとめ

いうまでもなく、体長はその日によって変わっていくものです。絶好調といえる日もあれば、不調の日もあるでしょう。加圧トレーニングを行う上で意識すべきは、体調を考慮しての適切圧です。体調が悪いのに普段と同じ圧の強さでは不十分であるのは理解できるでしょう。

ジムの場合は専門のトレーナーが合わせてくれるものの、自宅での加圧トレーニングの場合は自分で合わせないといけません。体調を考慮せずに加圧トレーニングを行うのは危険であるといえるでしょう。体調を考慮した上でコントロールし、加圧トレーニングを行うようにするのは、満足ができるだけの効果を得られる理由になります。