したまつげのマツエクがすごい!意外な効果とメリット・デメリット

下まつ毛のエクステをしたことがなかった人には、おすすめの情報が提供されています。下まつ毛にもエクス手を装着することで意外な効果があり、実際にしたまつ毛のエクス手のオーダー方法についても詳しく解説しています。

したまつげのエクステのメリット

下まつ毛にエクステを付けることで目元をより強調できて、可愛らしさや女性らしさを表現することが出来ます。下まつ毛にエクステを付けることで具体手金どんな効果gあるのかを見ていきます。その意外な効果には驚かされることでしょう。

自然で大きな目元になる


上まぶたにエクステをするだけではなく下まぶたにもエクステをするとことで、目元をよりくっきりと見せてから可愛らしさがアップします。下まぶたにエクステを付けても、見た目はエクステを付けていると感じることもなく自然に見えるので、下まぶたにもエクステを付けてから目を大きく見せましょう。

若々しく見える

エクステを付けるだけで見た目が実年齢よりも若く見てもらえます。さらに下まつげにエクステを付けることで、可愛らしさや女性らしさを強調することが出来て年齢よりも若く見てもらえて、気持ちまでもが若返ります。

小顔効果がある


目元を大きくすることで顔の中に目が占める比率が上がってから、顔自体が小さく見えます。エクステを付けることで目元を大きく見せられて、見た目の顔の大きさが実際の大きさよりも小さく見えます。エクステを装着することで小顔効果が出てきます。特に上まつげだけではなく下まつげにもエクステを付けると、小顔効果があるので下まつげにもエクステは付けたほうがいいでしょう。

パンダ目にならない

上まつげだけにエクステを付けた場合、マスカラなどを塗ると水・涙・汗・皮脂などによってマスカラがはげてしまって、目の周りににじんでからパンダ目になってしまうことがあります。その場合、下まつげにもエクステを装着してコーティングをすることで、水・汗・涙・皮脂などによってマスカラが落ちにくくなりパンダ目を防ぐことが出来ます。

したまつげのデメリットはもちが悪いこと!

通常、エクステは上まつ毛にしか付けませんが、下まつ毛の特長として毛の長さが上まつ毛と比べると短くなっています。まつ毛が短いとまつ毛に負荷がかかると取れてしまいす。下まつげにエクステを装着すると、エクステの重みでまつげが取れる可能性があり、取れたときには少ない下まつ毛なのでバランスが悪くなって見た目が悪くなります。

下まつ毛にエクステを装着した場合、まつ毛自体に上まつ毛のような強さがないのですぐにエクステ自体がはげてしまいます。下まつ毛には支える力が少なくて、エクステを支えるだけの力がそこまではないということになります。

上まつ毛にエクステを付けるイメージで下まつ毛にエクステを付けてしまうと、どうしても長く持つのではないかと勘違いしてしまいそうですが、それは間違った考えで下まつ毛は上まつ毛のようには力が強くないということを考えてからマツエクをする必要があります。

セルフマツエクのやり方


一般的にマツエクはサロンで施術してもらうと、きれいにマツエクできて失敗する恐れも余りありません。ただ、お金がかかるので自分でマツエクをしたいと考える人にはマツエクセットなどが販売されているので、セルフマツエクは可能です。実際にセルフマツエクを行っている人も多数いるので、実際にセルフマツエクを行ったら材料費だけで済み格安でマツエクが出来ます。セルフマツエクのやり方の手順について詳しく解説していきます。

あわせて読みたい

セルフできる!マツエクを上手に付けるやり方のコツとは!?

続きを読む

地まつげを整える

セルフマツエクを行うときに最初にやらなければいけないのが自まつ毛を整えることです。マツエクを装着する自まつ毛をしっかりと整えておかなければ、エクステをうまく装着できません。最初に洗顔してから顔全体をきれいにして、化粧なども落としておきます。

マスカラなどを塗っている場合は必ず落としておかなければいけません。まつ毛に油分が残っているとグルーでエクステを接着するときに接着できません。グルーの接着力を高めるためにも化粧はきれいに落としてから、まつ毛もきれいに洗い流しておく必要があります。

下まぶたにテープを張る

下まぶたはサージカルテープで固定します。エクステを付けるときに目元が見えやすいようにするために必要な準備となります。下まぶたと同時に上まぶたもテープで固定します。コレでまつ毛の1本1本がきれいに見えるようになり、エクステを付けやすくなります。しっかりとテープでまぶたを固定しておかないとマツエクの途中で外れてしまってはマツエク自体がうまく出来ない可能性が在ります。

人口まつげにグルーをつける

準備が完了したらエクステにグルーを付けていきます。グルーを付けるにはグルー専用のトレーに取り出してからエクステに付けていきます。そのときにグルーを付けすぎないように適量を付けるのがコツです。つけすぎるとダマになってしまって自まつ毛にうまく接着できなくなるので注意が必要となります。

地まつげの根本から1~2mm上につける

エクステを自まつ毛に付けていきます。まずは左手で付けたいまつ毛をツイザーで掻き分けていきます。ツイザーがない場合は、細めのピンセットでも大丈夫です。掻き分けたまつ毛に右手でグルーを付けたエクステを付けていきます。

付けるときに、自まつ毛の根元より1~2mm程度上にエクステを付けていきます。つけたいまつ毛を掻き分けるところは細かな作業となるので注意が必要です。うまく掻き分けが出来なければエクステをつける事が出来ないので注意深く掻き分けていく必要があります。

したまつげエクステのオーダー方法


上まつ毛のエクステをサロンでオーダーするときはしやすいのですが、下まつ毛のマツエクをしたいときにどのようにオーダーしたらいいのかがわからないことだらけです。下まつ毛のマツエク自体あまり聞きませんし、事例として情報が少ないので自分が下まつ毛をどうしたいのかがわからないまま、サロンへ行ってからマツエクの施術をしてもらうことになります。

実際に、したまつ毛のマツエクをオーダーするときに必要なことを具体的に紹介していきます。実際に施術してもらう手順で見ていくとしたまつ毛のマツエクをしたいときにどうすればいいのかがわかります。

まずは両目20本から

下まつ毛のマツエクをしてもらうときに、どのくらいの本数をマツエクすればいいのかを決めなければいけません。その場合、マツエクに使用するエクステの本数は両目で20本というのが妥当な本数となります。まずは、片目10本ずつをマツエクしていくとパッチリな目元を演出することが出来て、自まつ毛を落としたりしない最大の本数となります。片目10本ずつでも充分に目元が華やかになるので、下まつ毛のマツエクはお勧めです。

0.1mmから試すのがおすすめ

下まつ毛にマツエクをするときにエクステの本数と同じくらい重要なのがエクステの太さです。下まつ毛に付けるエクス手の太さは1mmというのが妥当な太さではないでしょうか。普通、上まつ毛に比べてから下まつ毛は細くなっていて、上まつ毛と同じような太さのエクステをつけると自まつ毛が落ちてしまう可能性が高くなります。自まつ毛を落としてしまわないように持ちこたえきれるのが1mmということで、まずは1mmから始めましょう。

まとめ

マツエクを行うときに上まつ毛は一般的に行うので誰もがどうすればいいのかを知るための情報がたくさんあります。ただ、マツエクをするときに、下まつ毛までもマツエクするという考えがあまり普及していないため、下まつ毛をエクス手するときの詳細な情報がないので、その下まつ毛のマツエクをするうえでどのようにすれば言いのか、マツエクをすることでどんな効果があるのかを詳しく解説しています。

今からマツエクをしようと思っている人は、こちらに下まつ毛のマツエクについての情報を参考にして実践してみてはどうでしょうか。