石鹸ネットの選び方とおすすめ商品!

石鹸洗顔をすると、顔がつっぱるから苦手という話をよく耳にしますが、それにはちゃんとした理由があり、石鹸に問題があるわけではありません。あれこれといろいろ手を出してはどんどんお肌に負担をかけて、乾燥やくすみ肌になっていませんか。そんな方は、シンプルな石鹸洗顔を試してみて、原点に戻ってみることをおすすめします。

石鹸は、乾燥肌には向かないというイメージがありますが、実は、肌トラブルに悩む人が、石鹸洗顔にしてから改善するケースも多々あります。ここでは、石鹸に対する正しい知識をもつために、石鹸の効果について紹介したいと思います。泡立てに便利なネットの選び方、おすすめの石鹸ネットも合わせて紹介します。ぜひ参考にしてください。

石鹸の効果について

肌の皮脂汚れや古い角質を落とすのであれば、石鹸がおすすめです。石鹸は天然の界面活性剤である「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」でできていますので、その力は強すぎず、肌にやさしく、不要な汚れだけを取り除いてくれるためです。

化粧水の浸透が良くなる

石鹸は、皮脂を落としすぎることなく、古い角質など、いらないものを除去してくれますので、洗顔後の化粧水や美容液の浸透が良くなります。浸透が良くなれば、いつもの基礎化粧品でも、その効果を実感しやすくなり、たくさんの美容液を塗りたくるケアをしなくても、シンプルケアで美肌を蘇らせることができます。

毛穴を綺麗にしてくれる

毛穴が開いたり、毛穴に角栓が詰まる原因は、皮脂や古い角栓が要因となります。古い角質をほどよく落とすということは、毛穴のトラブルを予防・改善しますので、肌のくすみも徐々にとれ、明るい肌へと整えてくれます。

ニキビケアにも最適

皮脂と古い角質が混ざり合うと、角栓となり、そこにアクネ菌が繁殖してしまうと、ニキビを発症します。赤ニキビや白ニキビなど、炎症の具合でタイプが異なりますが、その原因の元は、「皮脂」と「角質」ですので、石鹸洗顔で、毛穴を清潔・綺麗に保つことで、ニキビ改善や予防をすることが可能になります。

適度な潤いを肌に残してくれる

実は、石鹸を使った洗顔後、顔がつっぱるのは、最初のうちだけ。例えば、石油由来の合成界面活性剤を配合した洗顔料で洗顔をすると、一見、しっとりしたように感じますが、それは、肌にミネラルオイルが残り、しっとりしているような感じにしているだけなのです。

実際には、皮脂を取りすぎていますので、肌はますます乾燥していきます。一方、石鹸は、その合成界面活性剤を含みません。洗浄力が強すぎず、適度な潤いを肌に残してくれるやさしい洗顔料なのです。

石鹸ネットを選ぶ時のポイント

石鹸を泡立てるのに役立つ石鹸ネットを選ぶ時のポイントについて紹介します。

抗菌作用があるものを選ぶ

石鹸ネットは、肌に触れる泡を作るものですので、汚れているネットでは、ちゃんと洗ったつもりでも、逆に肌荒れを起こすことになりかねません。そんな時は、抗菌作用のあるものを選ぶとよいでしょう。もちろん、抗菌作用があるとしても、使用後には、しっかり洗ってネットについた石鹸を落として、通気性のよい所で乾かして、清潔に保管することを心がけましょう。

丈夫なものを選ぶ

石鹸ネットには、様々な素材、大きさがありますが、やはり重要なのは、耐久性です。丈夫な商品を選ぶことで、コスパをあげ、長く使えることになります。特に、シンプルな石鹸ネットに多く用いられる素材のポリエチレン素材のものは、何よりも耐久性重視という方におすすめです。ただし、ポリエチレンには、耐熱性はあまりないのがデメリットになります。

大きいものを選んで泡立てしやすくする

石鹸ネットの表面積が大きいものを選ぶと、泡の量やスピードが変わってきます。表面積が大きい場合、効率よく水と空気と石鹸を、混ぜ合わせることができますので、でき上がる泡が多く、簡単スピーディーに作り上げることができます。

表面積が小さいものだと、石鹸を包み込むことができずに、使いにくさがアップしてしまいます。顔全体を覆うほどの大量の泡を簡単に作るためには、ネットの表面積が大きく、石鹸を包めるサイズがベストです。また、ネットが何重かに重なっているものも、きめ細やかな泡作りに適しています。

リング付きのものを選ぶ

石鹸ネットには、リングがあるものとないものがあります。ネット上部に付いているリングは、使用後に引っ掛けて、しっかり乾燥させるためだけではなく、泡を作った時に、リングに指を入れて、泡を搾り取る時にも必要になります。この動作ができることで、大きな気泡が潰れて、均一できめ細やかな泡にすることができます。

リングではなく、リボン型になったネットもありますが、使い勝手が悪いため、おすすめしません。また、リング状の場合は、ネットを使った後、手が濡れていてもそこを持つことで滑ることなく、簡単に保管用のフックにかけることができます。必ずリング付きのものを選ぶようにしましょう。

人気のある石鹸ネットを紹介

人気のある石鹸ネットを紹介します。

小久保 美容グッズ 洗顔用 泡立てネット ホイップ洗顔

小久保 美容グッズ 洗顔用 泡立てネット ホイップ洗顔

小久保 美容グッズ 洗顔用 泡立てネット ホイップ洗顔は、洗顔料をつけて泡立てるだけで、お肌にやさしいホイップクリームのような泡を作ることができる石鹸ネットです。使用方法は、ネットを濡らして手のひらにのせたら、洗顔料をつけて泡立てます。固形タイプ、クリームタイプ、パウダータイプなど、いろいろな洗顔料に対応しています。

 

洗顔用 泡立てネット

洗顔用 泡立てネット 1個入

洗顔用 泡立てネットは、クリーミーな泡が、手早くたっぷり作れる泡だて石鹸ネットです。洗顔料が気持ちのいいクリーミーな泡になり、泡で汚れや皮脂を包みこんで洗い流してくれます。手になじみ、もみやすいサイズです。清潔な抗菌ネットで、保管に便利な吸盤フックが付いています。

 

DHC泡立てネット

DHC泡立てネット

DHC泡立てネットは、簡単あっという間にキメ細かいクリーミーな泡が作れる石鹸ネットです。大きく広がりますので、たっぷりと空気を含んだフワフワの泡を作ることができるギャザー構造を採用。簡単に豊かな泡が完成。

こだわりのネットは、原料から製品加工まですべての工程が日本国内生産。肌触りのよい、柔らかな風合いで、泡立てる手肌にも余計な負担をかけません。

 

BULK HOMME THE BUBBLE NET

BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット

BULK HOMME THE BUBBLE NETは、4重構造の特大サイズ、泡をより濃く、より強く、瞬時に理想の泡を作ることができる石鹸ネットです。BULK HOMMEの特徴である濃密な泡を、驚くほど簡単に、瞬時に作成します。泡洗顔のスキンケアの効果を最大限にしてくれる石鹸ネットです。

 

まとめ

石鹸洗顔は、肌の角質や脂質を必要なだけ落としてくれますので、洗顔後、浸透が良くなり、毛穴もきれいになりますので、たいへんおすすめの洗顔方法です。

石鹸洗顔には、ネットを利用することで、簡単に良い泡を作ることができますので、リング付きや表面積の多いものを選ぶとよいでしょう。