石鹸ネットでふわふわ泡のできあがり!おすすめネット10選

肌トラブルに悩まされている人はスキンケアを他の人以上に行っている人もいるでしょう。きちんとスキンケアをしていても肌トラブルが解消されない場合、洗顔の泡立て不足が原因になっている可能性があります。洗顔料はしっかり泡立ててから顔を洗わないと逆効果になりかねないのです。

ここでは、

についてまとめてみました。

ふわふわ泡で洗顔するメリット


ふわふわ泡で洗顔をすると気持ちいいですよね。しかし、それだけでおすすめされているわけではありません。ふわふわ泡で洗顔するメリットがあるからこそおすすめされているのです。こちらでは、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

肌をこすらずに済むため肌に優しい

洗顔の時、特に気をつけたいのが手と肌の摩擦です。ふわふわ泡で洗顔をすることで、泡がクッションの役割を果たしてくれるので肌の摩擦を軽減することができます。肌の角質層は0.02mmと言われているのでとてもデリケートなのです。そのため、肌を強くこすることで乾燥などの悩みの原因となってしまいます。

濃密な泡が汚れをしっかり吸着する

洗顔する女性
ふわふわ泡で洗顔をすることで、濃密な泡が汚れをしっかりキャッチしてくれます。キメ細やかな泡は皮脂や古い角質、ホコリ、毛穴汚れなどを吸着させて落としやすくしてくれるのです。しっかり泡立てることによって、汚れを落とすという本来の役割を果たせるため、肌を清潔に保つことができます。

石鹸ネットを使えば簡単にふわふわ泡が作れる

ふわふわ泡を作ろうとしても、なかなか上手くいかないこともあるのではないでしょうか? 洗顔料によっては濃密な泡が作りづらいものもあります。そんな時は石鹸ネットを活用しましょう。石鹸ネットに洗顔料をつけることで簡単に濃密泡をつくることができます。石鹸ネットは100円ショップでも販売されているので、まずは安いもので試してみるのもいいのではないでしょうか。

ふわふわ泡ができる♡おすすめの石鹸ネット


ふわふわ泡を作るための相棒としておすすめしたいのが石鹸ネットです。しかし、簡単に石鹸ネットと言ってもさまざまなものが販売されています。こちらではふわふわ泡が作れると人気の高い石鹸ネットについて見ていきましょう。

小久保 洗顔用 泡立てネット

 

洗顔料をつけて泡立てることで、肌に優しい濃密な泡を作ることができます。まるでホイップクリームのような泡なので肌触りもよく、しっかり汚れなども吸着してキレイな肌に導いてくれます。口コミ評価も高く、予想以上に濃密な泡を作れたと評判です

貝印 洗顔用泡立てネット

 

簡単にふわふわの泡を作ることができる石鹸ネットです。コンパクトで場所も取らないスリムタイプなので使い勝手が良く、コストパフォーマンスも良い石鹸ネットとして多くの愛用者がいます。ふわふわでもちもちの泡がしっかりと皮脂汚れなどを落としてくれると評判の良い石鹸ネットです。

DHC泡立てネット

 

スキンケアコスメで有名なDHCが販売している石鹸ネットです。キメ細かくてクリーミィな泡を作れると評判であり、石鹸ネット自体が大きく広がって空気をたっぷり含ませられるギャザー仕様となっています。石鹸ネットに関わるものはすべて国内生産にこだわっているので、利用者も安心して使うことができます。

純銀 泡立て 洗顔ネット

 

石鹸ネットはどの製品でも同じだと考えていませんか? 確かに結果的な効果は同じと言えるかもしれませんが泡を作るまでの速度や濃密さ、キメ細かさなどは石鹸ネットによって大きな差が出てきます。特にこちらの純銀泡立て洗顔ネットは抗菌防臭機能があると言われている「純銀の糸」が採用されているのです。

銀の糸の効果によって清潔さを保ち、毛穴の奥までキレイに洗い上げるふわふわ&もちもちの泡を作りだしてくれる洗顔ネットなのです。

コットンラボ 洗顔用 泡立てネット

 

吸盤フック付きの石鹸ネットで、浴室の壁にぺたりと貼り付けておけば簡単に保管ができます。手に馴染みやすいサイズで使い勝手も良いのが特徴です。吸盤フックは清潔な抗菌ネット保管に便利なので、比較的使いやすいと言っても過言ではないでしょう。

保管もできる♡ポーチタイプの石鹸ネット

石鹸ネットと言っても、さまざまなタイプがあります。一般的なものは石鹸ネットのみのタイプですがポーチタイプの石鹸ネットがあることは知っていますか? 保管もできるため旅行などにも持っていけるので多くの女性がポーチ付き石鹸ネットを活用しています。こちらでは、ポーチ付きの中でも特に人気が高い製品について見ていきましょう。

Keepjoy 泡立て ホイップ お風呂 あわあわ石けんネット

 

ポーチとカラフルな石鹸ネットが10個ついているタイプの製品です。写真で見ると丈夫さに不安が残るのですが、実際に使ってみると意外と丈夫なので簡単に破けることはありません。2重のキメ細かいネットがしっかりとしていて丈夫さと泡立ちの良さに良い評判があります。石鹸ネットはポーチにまとめておくことで、バッグの中でも散らばりません。

YATSUYA せっけんネット

 

まるでアカスリのような印象を与える石鹸ネットです。実際に洗顔のために石鹸ネットを購入する人も多いのですが、調理器具を洗うものとしても優秀だという口コミが多く、お櫃やフライパン、ザルなどを洗うために購入している人もいます。もちろん洗顔目的で購入している人が多いのですが、泡立てるだけではなくさまざまな活用方法があるようですね。

ただし、本来の使い方は「石鹸ネット」なのでそれ以外の使い方で破けてしまうなど壊れても保証対象外となるので注意しましょう。

小久保 ソープインホイッパー

 

泡立てやすさに定評があるソープインホッパーです。洗顔石鹸をネットに収納したまま吊り干しすることができるので、石鹸の収納場所に困っている人にもおすすめです。少量の石鹸でもマシュマロのようなふわふわ泡を作ることができるので、石鹸が長持ちすると答えている人もいました。

ただ、石鹸を収納したまま吊り干しする場合はしっかり水気を切っておかないと清潔な保管とは言えないので気をつけなければいけません。水気が残ってしまうと雑菌が繁殖するなど不衛生な状態になるので注意してください。

石原商店 バブルポーチ

 

女性が好みそうなショッキングピンクのネットが印象的な石鹸ネットです。オーガンジーとナイロンネットの2重タイプになっていて、石鹸を収納できるポーチとなっています。ネットに入れたまま水を含ませることで簡単にクリーミィな泡を作ることができます。

石鹸を無駄なく最後まで使えるアイテムとして人気が高く、リピーターとして購入している人も多くいます。難点としてはドラッグストアなどで販売していないところが多い部分でしょうか。インターネットの通信販売で購入できるので問題ありませんが、破れるたびに購入している人は届くまでに時間がかかるかもしれませんね。

linlinkk 作りの石鹸バブルネット

 

メッシュ素材の石鹸ネットです。石鹸を入れて軽く揉むだけでふわふわの泡を作ることができます。サイズも手のひらに収まる程度なので使いやすく、使い終わった後は水気をしっかり切っておけば石鹸を中に収納したままでも問題ありません。小さくなった石鹸でもしっかりと泡立てられるので石鹸を無駄なく使いきることができます。

まとめ

洗顔料を泡立てないまま洗ってしまうと、顔に大きな負担をかけてしまうことになります。特に敏感肌や乾燥肌など刺激に弱い肌の持ち主は悪影響がすぐに出てしまいかねません。そうならないためにも、ワンクッション置く意味でふわふわの濃密泡を作ってから洗顔を行ってください。ふわふわの泡を作ることで顔に残っている埃や皮脂汚れなどもしっかり吸着させることができます。

洗顔料の中には泡立てやすいものもありますが、ほとんどはふわふわになるまで泡立てられないも野ばかりと考えましょう。そんな時におすすめしたいのが石鹸ネットです。洗顔料をつけたり、ネットの中に石鹸を入れることで簡単に濃密な泡を作ることができます。顔の皮脂汚れなどを取るため、刺激を与えすぎないためにも石鹸ネットを活用してふわふわ泡で洗顔をするようにしましょう。