メイクの上からも日焼け対策ができる!今年の夏は、日焼け止めパウダーを使おう!

紫外線が強くなる季節には、毎日の日焼け止めが欠かせませんが、中でもパウダータイプの日焼け止めは、そのテクスチャーのために、クリームやミルクとは使い方が異なります。一番大きな特徴としては、メイクの上からでも日焼け止めの効果を塗り直しができることがあげられます。

日焼け止めパウダーは、通常の日焼け止めと比べて幅広い使い方ができますので、とても便利なコスメアイテムですが、使い方を間違えると、十分な効果が得られなくなりますので、正しい使用方法について知っておくとよいでしょう。ここでは、日焼け止めパウダーのメリットや選び方について紹介したいと思います。使い方をマスターして、紫外線に負けない肌つくりを目指しましょう。

日焼け止めパウダーについて

夏目頌子さん(@shokonatsume)がシェアした投稿


日焼け止めパウダーは、UVパウダーとも呼ばれ、日焼け止め効果のあるパウダーのことをいいます。パウダーファンデーションと混同しがちですが、効果が異なりますので、しっかり区別しておきましょう。日焼け止めパウダーは、日焼け止めとしての効果はもちろん、いろいろ便利な使い方ができますので、1つ持っていると重宝するコスメアイテムです。では、その使い方について紹介します。

メイクの仕上げやファンデーションの代わりとしても使用可能

日焼け止めパウダーは、パウダー状ですので、メイクの仕上げやファンデーションの代用として使用することができます。サラッとしていますので、ベタつきやテカリを抑えてくれる上に、本来の働きである紫外線対策にも効果を発揮しますので、とても便利です。化粧直しにも使えますので、何度でも日焼け止めの塗り直しができます。

手軽に重ね付けをして日焼け防止

他の日焼け止めと大きな異なる点は、日焼け止めパウダーは、メイクの上からでも日焼け止めの塗り直し、重ね付けが、手を汚すことなくできることです。一般的に日焼け止めは、2~3時間おきにこまめに塗り直しが必要ですが、メイクをした顔には、日焼け止めクリームやミルクを塗り直すことは実質不可能か、メイクをベースから塗り直す必要があります。

上から重ねて塗ることができるパウダータイプならではのメリットです。さらに、パウダータイプは、余分な皮脂を吸収してくれますので、肌をさらさらにして化粧崩れを防いでくれる効果もあります。紫外線が強い季節の強い味方と言えるでしょう。

ヌーディメイクとしても使用可能

日焼け止めパウダーは、ヌーディメイクとしても使用できます。ヌーディメイクとは、つまり、スキンケアをした後、お肌にそのままのせる方法です。日焼け止めパウダーだけでは不安に思う方もいるかもしれませんが、実際には、日焼け止めパウダーだけで、しっかりと紫外線をブロックしてくれます。パウダーが余分な皮脂を吸収し、いつまでも肌はさらさらしていますので、ベタつかず快適な環境を保ちます。

中には、パウダーだけでは肌が乾燥してしまうという人もおられるでしょう。日焼け止めパウダーは、しばらくすると肌にしっとりなじみますので心配無用です。それでも水分が足りない、カサカサ感があると思う場合には、パウダーをのせる前のスキンケアの段階で、しっかり保湿しておくとよいでしょう。あるいは、保湿成分配合の日焼け止めパウダーの使用がおすすめです。

肌が荒れにくい

日焼け止めパウダーは、天然ミネラルが主成分のため、防腐剤などの添加物不使用のものがほとんどです。また、クリームタイプのように、べったりと毛穴を塞ぐこともありませんので、肌への負担も軽減されます。よって、肌が荒れにくく、敏感肌や小さい子供の肌にも安心して使用できます。肌にやさしい成分で、そのまま直接塗ることができるため、子供の日焼け止め対策にも活躍します。さらに、パウダータイプは、油分も少ないので、ニキビ肌の人にもおすすめです。

一般的に、日焼け止めクリームはクレンジングをしてオフする必要がありますが、油分を含まないパウダータイプの場合には、洗顔フォームだけで簡単に落とすことができ、肌に負担がかかりません。

日焼け止めパウダーの選び方

@cosme____eがシェアした投稿


日焼け止めパウダーは、どのように選べばよいのでしょうか。選び方のポイントについて見てみましょう。

価格帯で経済を圧迫しないものを選ぶ

日焼け止め対策は、日差しの強い季節のみならず、年中必要になります。また、2~3時間でこまめに塗り直しが必要になりますので、減りも早くなる可能性があります。買い替えのサイクルが早い場合には、経済的に圧迫されないものを選ぶようにしましょう。

高額な商品を買ってしまっても、次に同じものが買えなければ同じ効果を得ることはできません。また、高額な商品でなくても、しっかりと紫外線から肌を守ってくれる、日焼け止めパウダー商品はあります。ずっと長く使用できる価格帯であることがポイントになります。

自分の肌の環境に合わせたものを選ぶ

日焼け止めパウダーの選び方として、自分の肌質を把握しておく必要があります。乾燥肌には、保湿成分が多く含まれるもの、しっとりとした仕上がりになるものがおすすめ。敏感肌には、あまり多くの成分が含まれない、シンプルなものや、ケミカル成分を含まないものがよいでしょう。そして、混合肌の場合には、1種類にしぼらず、部分使いができるようにいくつか揃えておくと便利です。保湿効果の高いものや、重ね付けがしやすいものがおすすめです。

脂性肌の場合には、とにかく皮脂を増やさないことが大切になります。油分の少ないもの、ミネラルファンデーションを選ぶとよいでしょう。ニキビ肌、あるいはニキビになりやすい肌の場合には、アクネ菌のエサとなる油分が少ないものがおすすめです。肌にパウダーを残さないように、石鹸でもオフできるような肌への負担を最小限にできるものがおすすめです。肌荒れを起こしている肌には、すでに炎症が起こっている状態ですので、肌の負担が少ないものはもちろん、肌にやさしい成分のもの、余分な成分を含まないシンプル処方のものにしましょう。

毛穴のつまり、黒ずみが気になる人は、角栓の酸化や色素沈着が原因ですので、こちらも油分が少ないもの、あるいはミネラルタイプを選ぶようにしましょう。肌質・悩み別におすすめの日焼け止めパウダーについて、それぞれの肌に合ったタイプを選ぶことで、肌に負担をかけずに紫外線を防止できます。

美容成分が配合されているものを選ぶ

日焼け止めのパウダータイプは、乾燥しやすいというデメリットがあります。それを補うために、美容成分や保湿成分がたっぷり配合されているものを選ぶようにしましょう。保湿成分には、主にヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、植物エキス、EGFなどがあります。美容成分や保湿成分が充実している日焼け止めパウダーは、お肌への負担が少ないのでおすすめです。また、香料・着色料・界面活性剤など不使用かどうかも確認してください。よりお肌にやさしい商品を選ぶことが大切です。

日焼け止めパウダーの商品を紹介

日焼け止めパウダーのおすすめ商品について紹介します。

ウルトラヴィヴィッド UVパウダー クール

ウルトラヴィヴィッド UVパウダー クール 13g

ウルトラヴィヴィッド UVパウダー クールは、SPF50・PA+++、クーリング成分配合のUVパウダーです。汗をかいたらすーっとする爽やかなつけ心地が特徴で、サッとつけるだけで、日焼けも汗のベタつきも防いでくれます。顔や首、上、足など全身に使用可能。スキンケア発想のUVパウダーです。優しいパフでつけるだけで、さっと紫外線対策ができ、塗り直しも簡単です。うるおい成分コラーゲン配合。オレンジオイル・ラベンダーオイル配合。

 

ウルトラヴィヴィッド UVパウダー

ウルトラヴィヴィッド UVパウダー13g

ウルトラヴィヴィッド UVパウダーは、パウダーでありながらSPF50・PA+++を実現した、スキンケア発想のUVパウダーです。さっとつけるだけで、日焼けも汗のベタつきも防ぎ、顔・首・腕・足の全身に使用することができます。優しいパフでサッとひと塗り、手軽にUV対策、塗り直しも簡単です。うるおい成分コラーゲン配合。オレンジオイル・ラベンダーオイル配合。微粒子ラメ配合、綺麗な美肌を演出するノーマルタイプです。

 

Powdered Sunshine

Powdered Sunshine(パウダードサンシャイン サンスクリーン)LUSH SPF15 PA++

LUSH Powdered Sunshineは、お肌になじませて紫外線をブロックする、軽い使い心地の日焼け止めパウダーです。持ち運びしやすく、簡単に塗り直し、重ね付けができます。天然の日焼け止めとも称されるカラミンパウダーに、セサミオイルを加え、より健やかな肌の環境を整えることで、紫外線に負けないお肌へと導いてくれます。フレッシュな香りのレモン・ライム・パチョリのエッセンシャルオイルもプラス。(SPF15・PA++)2時間毎につけ直すと効果的です。

 

サラ ボディパフパウダー UV サラの香り

サラ ボディパフパウダー UV サラの香り

サラ ボディパフパウダー UV サラの香りは、汗ばむ肌も、日焼け止め後のベタつく肌も、サラサラの美肌に整えるボディパフパウダーです。SPF20・PA++、肌を明るく見せるホワイトクリアパウダー配合、コラーゲン(保湿)、皮脂吸着パウダー配合。90種類以上の天然エッセンス配合で、爽やかで、女性らしい品のある、清楚でやさしいフローラルの香り。美白とUVカット効果に優れた日焼け止めパウダーです。メイク効果で肌を白くみせます。

 

まとめ

日焼け止めパウダーは、ナチュラルメイクやメイクの仕上げに、日焼け止めの重ね付けなど、パウダータイプならではのたくさんの使用方法があります。メイクの上から塗り直せることが大きなメリットですので、1つ持っているととても重宝する日焼け止めです。ご自身の肌質に合う日焼け止めパウダーを選ぶようにしましょう。