今年こそ焼けないために!日焼け止めを選ぶときは《SPF》を確認しよう!

日焼け止めは、紫外線から肌を守り、肌が日焼けするのを防ぐ役割があります。日焼け止め商品には、クリームタイプ、ジェルタイプ、スプレータイプ、パウダータイプなど、いくつかの種類に分かれており、ドラッグストアなどで、数多くの商品が販売されています。このように、まったくタイプの異なるテクスチャーが多種多様に存在する理由とは何でしょうか。

日焼け止めを購入するときには、使う目的や肌質、商品の特徴をふまえて選択する必要がありますので、日焼け止めのそれぞれのタイプの特徴や、日焼け止めに表示されている「spf」の意味について、知っているようで実はあまりわかっていないという人のために、紹介したいと思います。日焼け止めは毎日使うものなので、正しく理解しておくことが大切です。

日焼け止めのタイプについて


日焼け止めといえば、クリームのイメージが強いですが、ジェルタイプ、パウダータイプ、スプレータイプ、他にも乳液タイプやミストタイプなど、様々な商品が存在します。それぞれメリットや特性が異なりますので、自分の好みや肌質、生活習慣に合わせて使いわけるようにしましょう。

ジェルタイプ

ジェルタイプの日焼け止めは、塗布後の肌がベタづかず、サラッとした使い心地です。日焼け止めによくあるベタつきが苦手な人におすすめです。透明で伸びもよく、少量でも広範囲に使えるテクスチャーですので、全身に使う人も多く、また、その清涼感から、夏の暑い季節に使用する人が多いようです。石鹸で簡単に落とせるのでお肌に負担を与えません。また、白浮きしませんので、化粧下地としても使用できます。

ジェルタイプの日焼け止めは、クリームのようなベタつきが苦手、時短で全身に塗りたい、白浮きが気になる、このような人におすすめのタイプになります。

ジェルタイプの日焼け止め!特徴と選び方は?

パウダータイプ

最近種類が豊富になってきたのがこのパウダータイプです。ファンデーションと同じような見た目ですが、日焼け止め効果がしっかり入っていますので、しっかりと紫外線をブロックしてくれます。

パウダータイプの大きな特徴は、メイクの上からでも塗ることができることと、サラサラとした仕上がりにできることがあげられます。そのため、何度でも日焼け止めを塗り直すことが可能で、フェイスパウダーと同じように、メイクの最後の仕上げに使用することも多いようです。また、比較的肌にやさしい成分でできていますので、敏感肌の人やニキビ肌の人、小さいお子さんにもおすすめできます。

スプレータイプ

日焼け止めのスプレータイプは、その使いやすさと手軽さが特徴です。シュッとスプレーするだけで、紫外線対策ができますので、スポーツやレジャーの時にも重宝します。また、メイクの上から、また、髪の毛にも使えますので、全身の紫外線対策ができることになります。クリームタイプのように、手で伸ばす必要がないため手が汚れず、背中のような手が届かない部分にも塗ることができます。

朝の忙しい時間にもササッと使うことができます。日焼け止めスプレーを選ぶ時には、できるだけ肌の刺激が少ないように、無香料・無着色・パラベンフリー・クレンジング不要などの表示があるものを選ぶとよいでしょう。

タイプ別!おすすめ日焼け止めスプレー5選

クリームタイプ

日焼け止めの代表といえばクリームタイプです。クリームタイプの主な特徴には、しっとりとした仕上がり、ウォータープルーフが多く、水に強い、保湿力・防水性に優れ、メイクが落ちにくいということがあげられます。

クリームタイプの日焼け止めは、絶対に焼きたくない、乾燥が気になる、スポーツやレジャーなど、外で相当な紫外線を浴びるとき、毎日メイクをする、というような人におすすめです。日焼け止めをすると、肌が乾燥しやすくなってしまうため、肌トラブルを避けるためにも、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどの高保湿成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めクリームの特徴!コレは乾燥肌の人に欠かせない日焼け止め!

日焼け止めのspfについて


日焼け止めに必ずついてまわる「spf」について、数字が大きいほどいいのだろう、とだけ思っている人も少なくありません。「spf」や「PA」の表記は、日焼け止めの効能の判断指標になります。用途や肌質によって、選ぶべき数値が変わってくることがあります。spf・PAの意味について、ある程度は理解しておくとよいでしょう。

日焼けの影響が出る時間を遅らせる

よく目にする「spf」の表記は、Sun Protection Factorの略になります。紫外線防御指数とも呼ばれますが、紫外線B波からの防御力を現しています。日焼け止めを使用した時に、使用しなかった場合と比較して、日焼けの影響が出る時間をどれくらい遅らせることができるかを示す数値です。

人によって異なりますが、10~20分程度で日焼けは始まるとします。20分で日焼けが始まる人のケースでいうと、SPF10の日焼け止めなら、20分×10倍=200分となり、つまり、日焼けが始まる時間を20分から200分に遅らせることができます、ということを示しています。勘違いしやすいですが、効果がどれくらい持続するかの指数ではなく、防御力の数値ということを覚えておきましょう。

使用する人によってspfの効果は違う

体質、肌質、様々な要因で、人によって日に当たり始めてから日焼けが始まる時間は異なります。例えば、色白の人は20分、普通肌の人は25分、褐色の人は30分とも言われています。つまり、同じ日焼け止めを使用したとしても、日焼け止めが始まる時間が違えば、spfが示す効果は違ってくるということになります。

spfの数値は、大きい数であるほどいいかといえば、シーンによって異なります。「どれだけの時間を遅らせることができればいいか」つまり、必要な時間だけ遅らせることができれば、紫外線防止は可能になります。あくまでspfは「遅らせる時間」であり、「効力の強さ」ではない、ということを理解しましょう。

UV-Bを防止する力の値

UV-Bとはつまり、紫外線B波のことを意味しています。地上まで届く紫外線にはA波(UV-A)とB波があり、UV-Bは、波長が短くエネルギーが強いという特徴があります。日焼けの際、肌表面を傷つけ、赤みや炎症の原因となるのはこのUV-Bであり、シミやそばかす、色素沈着、皮膚がんの要因となります。ただし、UV-Bの場合は、波長が短いため、帽子や衣類、日傘などで予防することができます。

一方、UV-Aは、波長が長く、紫外線としてのエネルギーは弱いのですが、通過性があるという特徴を持っています。肌を焦がすような日焼けはありませんが、肌の奥の方まで届きますので、コラーゲンを破壊して、たるみやシワを引き起こす原因となる可能性があります。UV-Aは太陽が照っていない時でも雲や窓ガラスを通過しますので、室内にいたとしても対策が必要になります。

日焼け止めでもspfに拘った商品

日焼け止めの中でも、spfに拘ったおすすめの商品について紹介します。

オルビス(ORBIS) パーフェクトUVリキッドファンデーション ナチュラル02 30mL SPF50/PA++++

オルビス(ORBIS) パーフェクトUVリキッドファンデーション ナチュラル02 30mL SPF50/PA++++

オルビス(ORBIS) パーフェクトUVリキッドファンデーション ナチュラル02は、さらさら美肌が10時間も続く高SPFのリキッドファンデーションです。汗や皮脂がファンデーションと混ざることなく放出され、時間がたってもくずれにくく、軽いつけ心地でピッタリフィットし、つけたてのような美肌を保ちます。ドーナツ型の成分を採用し、均一に光を拡散することで、毛穴やシミが目立ちにくい美肌を作り出します。無油分・無香料・近赤外線カット成分配合、SPF50・PA++++。ナチュラル02:平均的な肌色

 

フィス 美白 化粧下地

フィス 美白 化粧下地 「 顔 用 保湿 日焼け止め 」「 毛穴 にきび くずれ防止 」「 ウォータープルーフ SPF30 PA ++ UV カット 」「 プラセンタ 配合」25g

フィス 美白 化粧下地は、しみ、くすみ、毛穴を今すぐ消したい人におすすめのスキンケア効果のある美白化粧下地です。日本人の肌を徹底分析し、肌の悩みをカバーするナチュラルベージュで、血色のいい健康的な肌色に見せてくれます。美白と美白に拘り、プラセンタ・プルーン分解質により、シミ・そばかすの原因であるメラニンを「作らせない・運ばせない・受け取らせない」この3つの対策で徹底的にガードします。

コラーゲン・ヒアルロン酸で、古い角質を除去して、角質層からお肌の組織をフォローします。潤いを与えてハリのあるお肌へ導きます。お肌の悩みをナチュラルベージュの化粧下地がムラなく伸びて、しっかり密着カバーします。SPF30・PA++。吸収剤フリー、合成色素フリー、パラベンフリー。

 

オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)スーパー 50g SPF50+/PA++++

オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)スーパー 50g SPF50+/PA++++ ◎全身用日焼け止め◎

オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)スーパーは、オルビス最強のUVカット力を持ち、白浮き、ベタつき、乾燥を防ぎ、軽い塗り心地が特徴の全身に使える日焼け止めジェルです。特殊な粉体を採用、汗や海水に触れることで、粉体同士がぎゅっと凝縮、膜がより強固になってカバー力を強めます。汗や水に強い上に、水分を味方につけるという、今までにない新発想の日焼け止めとなります。みずみずしいテクスチャーで、伸びがよく、白浮き・乾燥を防ぐジェルタイプです。高SPFでありながら、美容液のような快適な塗り心地を実現しました。スーパーウォータープルーフ。無香料・無着色・酸化しやすい油分不使用・界面活性剤フリー。SPF50・PA++++。

 

Larネオナチュラル UVホワイトプロ SPF24 PA++

Larネオナチュラル UVホワイトプロ SPF24 PA++ 30ml

Larネオナチュラル UVホワイトプロは、ヘチマ水や月桃水、ローズなどの自然素材を10種類以上配合。紫外線をカットしながら、肌荒れを防ぎ、透明感のある肌へと導く美容液のようなUVローションです。白浮き、ベタつきがなく、簡単にサッと塗れます。化粧下地にも。合成界面活性剤・合成防腐剤・紫外線吸収剤・パラベン・BG・合成香料不使用。SPF24・PA++。

 

まとめ

spfとは、紫外線防御指数のことで、どれくらいの時間日焼けを遅らせることができるかということを示しています。日焼け止めを購入するときは、数値が大きいものではなく、用途に必要な数値のものを選ぶようにしましょう。