マスカラコームを使ってアイメイクを美しく仕上げるためのコツ!

マスカラをうまく塗りたいと思っている人にはぜひ読んでもらいたい、コームを使ったマスカラの塗り方を詳しく紹介しています。コームの上手な使い方やおすすめのコームなども紹介しているので参考にしてはどうでしょうか。

マスカラコームを使うメリット


マスカラコームを使うといろんなメリットがあります。マスカラコームを使ってアイメイクマスカラ自体の仕上がりがよくなります。その仕上がりがどのようによくなるのかを詳しく紹介します。それぞれメリットがいくつかありますが、その中でどんなものがあるのかを見ていきます。

マスカラのダマを防ぐ

マスカラを塗るときにマスカラ自体がダマになることがありますが、マスカラコームを使うとこのダマが出来にくくなります。まつ毛の上でダマになってしまいますが、このダマ防止にコームは有効です。マスカラを塗るときにうまく塗りにくくてダマになってしまうことがありますが、この問題点はマスカラコームを使うことで解消してくれます。

マスカラコームはきれいにまつ毛全体にマスカラを広げてくれて、ダマにならないようにきれいに塗ることが出来ます。コームタイプは1本1本が完全に独立しているのでダマにならないようになっています。

マスカラ液がムラになりにくい


マスカラを塗るときにダマになるのと同じくらい大変なのが、ムラにならないように塗ることです。マスカラを塗るときにコームを使うとムラなくまつ毛全体にきれいに塗ることが出来ます。マスカラをムラなく塗るにはコームを使うと便利ですが、コームの使い方にも注意が必要です。コームを使ってマスカラを塗るときに、まつ毛の塗る順番によってムラを無くすことが出来ます。

まつ毛の根元を最初に塗ってから中から毛先へと塗っていくことが、ムラなくマスカラを塗る方法です。まずは、まつ毛の根元を塗り徐々に毛先のほうへ塗っていきます。これだけ気をつけていればマスカラコームでムラなくきれいに塗ることが出来ます。

仕上がりがよりナチュラルになる


マスカラを塗るときにコームやブラシを使ってマスカラを塗りますが、塗った後の仕上がりという面で考えると、コームを使ったほうがまつ毛1本1本に塗っていけるのできれいにマスカラを塗っていけます。ダマが出来そうになったときでもコームで塗り広げることが出来ます。

マスカラコームの上手な使い方

マスカラをきれいに塗るためにマスカラコームを使うと最高に仕上げることが出来ます。マスカラコームをどのようにして使えば、きれいな仕上げになるのかを見てみます。コームを使えばそれなりの仕上がりになると思っている人におすすめの塗り方を紹介します。

塗り方を替えるだけで魔法のコームに早変わりです。コームの使い方を替えるだけで見違えるようなマスカラの仕上がりになります。ちょっとしたことですが、これだけ守ればすばらしい仕上がりのマスカラに仕上げることが出来ます。コームの使い方を詳しく見ていきましょう。

マスカラが乾く前に使う


マスカラコームを使うことでダマにならないように、まつ毛1本ずつ分けてから塗っていけます。ダマになりそうなところはうまく広げていって、きれいに塗り広げることが出来ます。マスカラコームを使ってもうまく塗れないこともあります。コームを使うタイミングが重要になります。マスカラを塗ってから時間が経ってしまうと乾いてしまいます。

乾いた後にコームで一生懸命ダマを取ろうとしてもうまく出来ません。コームを使うにしてもマスカラが乾燥する前に塗り広げていかなければ仕上がりはよくなりません。マスカラの仕上がりを良くするには、マスカラが乾く前に必ずすることが重要です。それさえ守っていればきれいな仕上がりになります。

根元を持ち上げてキープさせる


マスカラをきれいに塗るには、まつ毛全体にどのようにしてから塗ればいいかで決まってきます。まつ毛の根元の部分は非常に重要です。根元にどれだけきれいに塗るかで見栄えが変わってきます。

そこで、まつ毛の根元をしっかりと持ち上げてから塗るようにすれば中まできれいに塗ることが出来ます。そこで出来るだけコームを使ってからマスカラを塗ることできれいに塗れます。根元を持ち上げてキープさせることできれいなまつ毛を保つことにもなります。

動かす速度は一定にする

気付きにくいことですが、マスカラを塗るときにコームで塗っていくとムラが出来てしまってうまく塗れないという場合は、マスカラを塗るときの速度に注意しましょう。マスカラを塗る速度が一定でないとムラが出来てしまいます。遅く塗った部分は濃くなり早く塗った部分は薄くなります。そうなると折角コームを使っていても、ムラのあるマスカラになってしまいます。

そこで、コームでマスカラを塗るときの速度を一定に保ちながら塗っていくとマスカラ自体がまつ毛全体に均等に塗れていきます。均等に塗るには速度を一定にするということです。マスカラの速度を一定に塗れるようになれば、きれいに仕上げることが出来ます。

マスカラ用コームのおすすめ

マスカラの仕上がりをよくするためには、コームを使ってから塗るのが一番です。そんなコームの中で、たくさんの人が使っていて性能が抜群の商品を3つ選んでから紹介します。まだコームを使ったことがない人にはおすすめのコームです。

マスカラコーム (金属タイプ )ピンク KQ3038


マスカラコーム (金属タイプ )ピンクは金属製のコームできれいにわかれていて安定してマスカラを塗り広げるには最適なコームです。まつ毛の根元からしっかりとマスカラを塗っていけて、毛先まできれいに塗り広げることが出来ます。

金属性だから安定した塗り方が出来てムラも少なく出来ます。色とデザインも女性には任人気で、性能面とデザインの両方で気に入ること間違いありません。ムラが出来たりダマが出来たりしてyうまくマスカラが塗れないという人にはおすすめのコームです。

NO89 メタリックマスカラコーム


NO89 メタリックマスカラコームは700円程度とリーズナブルな価格で提供されています。NO89 メタリックマスカラコームの一番の特長は、コームの先端部分が斜めにカットされていてスムーズにマスカラのダマを取ることが出来ます。コンパクトで携帯することが出来るので、外出先でもマスカラをきれいに塗ることが出来ます。使うときには、先端が斜めにカットされているので皮膚に刺さらないようにしましょう。すでにたくさんの人がNO89 メタリックマスカラコームを利用していて評判もよく、初めてコームを使おうと考えている人におすすめの商品です。

【日本製】 金属 マスカラコーム ブラック (MK-700BK)


金属 マスカラコーム ブラックは日本製で品質は保証できます。2つ折にすることが出来てコンパクトになっているので、携帯して外出先でもマスカラを塗るときに使えます。2つ折にしたときには7.7cmとなっていて、伸ばしたときには12.5cmと手にフィットしやすいコームです。本体はPC樹脂で出来ていてコーム部分はステンレス製となっています。高品質な化粧筆「熊野筆」の産地として有名な熊野町で営業している、志々田清心堂が販売している高品質のマスカラコームです。

まとめ

マスカラを塗るときにどの道具を使ってから塗れば、最適なのかを見ていくとコームを使うときれいに仕上げることが出来ます。実際にマスカラをうまく塗るためにはコームをどう使えばいいのか詳しく紹介しています。今からコームを使おうかと思っている人には、一度見てからどのコームを使うかを決めるときの参考にしましょう。

マスカラのダマを無くすためやムラなくマスカラを塗ることが出来るコームを選びましょう。今まで使っているマスカラでも仕上がりを替えることができます。