マスカラがにじまないためにはどうすれば良いの?にじんでしまう原因と対策とは?

せっかくのアイメイクも、マスカラがにじんでしまっては台無し!

そこで、マスカラがにじんでしまったときの原因と、にじまないようにするための方法を詳しく紹介しています。

マスカラがにじまないようにする方法を知って、もっとアイメイクを楽しみましょう!

モデルがオススメするにじまないマスカラ・マスカラトップコートはこれ!使い方も紹介

まずは、Feelyのモデルが普段愛用している、オススメのにじまないマスカラとマスカラトップコートをご紹介!

ミッシュブルーミン01

保湿・ダメージケア成分などの9種の美容液成分配合で、まつげ1本1本を包み込むまつげ美容液です。上向きカール処方で、どんな時でもくるんとしたまつげをキープ。

この上にマスカラを重ねれば、カールキープ下地としても使えます。

モテマスカラ テクニカル1

乾燥やまつエクによるダメージをケアしながらツヤを与えます。白浮きしないブラックパールとファイバー入りのヌードマスカラです。マスカラの繊維落ちやにじみを防ぎ、さり気なく長さをUPします。

マスカラを塗る

普段マツエクをしている人は、お湯で落とせるマスカラがおすすめ。マツエクが取れないように、優しく塗っていきましょう。根元から毛先に向かって、軽くとかすようにマスカラを塗ります。

トップコートを塗る

マスカラを塗った後は、必ずトップコートを塗りましょう。トップコートでマスカラをコーティングすることで、しじみにくくなり、カールも持続するので、長時間のお出かけでもしっかりとキープしてくれます

横から見るとこんな感じ!

右目のみマスカラを塗っていますが、しっかりとカール力がアップしているのが分かります。にじみにくくなるだけでなく、くるんと可愛いカールのまつ毛になれるので、ぜひ実践してみてください。

マスカラがにじんでしまう原因とは?


マスカラがにじむ原因は様々です。原因が分ければ予防策も考えられるので、マスカラがにじむ原因について詳しく見ていきましょう。

汗をよくかく

汗をかくということは、当然目の周りにも汗をかくわけで、マスカラにも影響してきます。マスカラは汗などの水分に弱いため、汗に触れてしまうとにじんで落ちてきてしまいます。

涙目になる・目薬を良く使う

涙腺がゆるい人は、涙が出たときにその水分がまつ毛にまで浸透してしまって、マスカラをにじませる原因となります。さらに、コンタクトを装着している人は目薬をよく差すので、その目薬がマスカラをにじませることにもなるでしょう。

化粧品にオイル分が多く含まれている

マスカラのにじむ原因として、使う化粧品なども影響することがあります。乳液やクリームなどは油分を多く含んでいるような商品もあり、使った後に油分が肌になじむ前に目の周りに付いてしまって、マスカラがにじんでしまう原因にもなります

マスカラをにじませたくない時には、一緒に使う化粧品にも気を使わなければなりません。

マスカラを選ぶときのポイント

にじまないマスカラにするために、マスカラを選ぶときの重要なポイントについて、詳しく見ていきましょう。

フィルムタイプ・ウォータープルーフタイプを選ぶ

マスカラをにじまないようにするためには、スカラ自体がにじまないような処方になっている物を選ぶ事が、一番の近道でしょう。

フィルムタイプ・ウォータープルーフタイプのマスカラは、油分や水分に強い成分で作られているので、にじみも最小限に抑えられます。

繊維が入っていないものを選ぶ

マスカラには、まつ毛を簡単にボリュームアップさせるために、繊維が含まれている商品が多いです。しかし、繊維は少しの刺激で取れやすく、目の周辺に付きやすいでしょう。目の周辺に付いた繊維が、汗や皮脂などと混ざってにじんでしまいます。

にじまないマスカラを望む人は、なるべく繊維が入っていないものを選ぶようにしましょう。

速乾性で選ぶ

マスカラをにじませないためには、速乾性のあるマスカラを選ぶといいでしょう。速乾性があれば、汗などで塗れてもすぐに乾いてくれるので、それだけマスカラがにじむリスクも軽減されます。

商品説明などをしっかりと確認し、速乾性があると謳っている商品を選ぶのがベストです。

マスカラがにじまないための対策

出来るだけマスカラをにじませないようにするためには、いくつか対策が考えられます。それらの情報を詳しく見ていきましょう。

パウダーファンデーションを使う

マスカラをするときに一緒に使う化粧品に注意しましょう。マスカラを少しでもにじまないようにするためには、パウダーファンデーションを使うことがおすすめ。

マスカラを塗る前にパウダーファンデーションを塗り、肌の表面の水分や油分を出来るだけ少なくします。そうすることで、マスカラがにじむのを防ぐ事ができるでしょう。

トップコートを使う

マスカラの上にトップコートを塗ってコーティングすることで、マスカラのにじみを抑えることが出来ます。トマスカラをにじまないようにするだけでなく、まつ毛のカールを持続する効果やツヤを出す効果も期待できるのでおすすめです。

にじまないマスカラ用トップコートのおすすめ10選を紹介

マスカラがにじまないようにするために、マスカラにトップコートを塗るのがおすすめ。そんなトップコートを厳選して、10商品ほどピックアップしてみました。

マスカラコーム (金属タイプ )ピンク KQ3038


マスカラを保護してにじまないマスカラへと変身させてくれるトップコートです。マスカラをにじませないだけではなく、ダマになりにくいのも特徴。携帯がしやすいように折りたたみ式になっています。

エテュセ アイトップコート アイカラー BE(ヌードベージュ) 6g


マスカラの上にコーティングするだけでマスカラの持続性を上げることが出来ます。さらにカールの持ちをよくしてくれたり、発色もよくなるでしょう。

ドラマティカルアイズ 形態記憶トップコート 6g


資生堂が販売している形状記憶のマスカラ用トップコートです。水分や油分からマスカラを守ってくれて、マスカラがにじまないようにコーティングできます。

DHCアイブロー&マスカラコート

アイブローやマスカラの落ちやにじみを防ぎ、美しい仕上がりを長時間持続させるコート剤です。“キープコート成分”を含んだ速乾性の高い透明ジェルが、眉毛やまつ毛をすばやくコーティングしてくれます。

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) マスカラフィクサー パーフェクトラッシュ

ボリューム、カール、コーティング(にじみ防止)を1本でこなす、マスカラベース&トップコート。 マスカラを塗った後、完全に乾燥させてからトップコートとして使用すると、マスカラのにじみを防ぎ、艶やかなまつ毛に仕上がります。

クラランス(CLARINS) マスカラ ダブル フィックス マスカラ[並行輸入品]

新配合のオレンジフラワー由来の透明フィルムが、まつ毛をしっかりコートし、マスカラを一塗りでウォーター&シーバムプルーフにするマスカラトップコート。つけたての美しい仕上がりをキープし、いつでもどこでも美しい目元でいられるでしょう。

キャンメイク クリアコートマスカラ01 クリア 4.8g

クリアコートマスカラ&トップコート。2Wayで使える透明マスカラです。コーティングしたマスカラがにじまず落ちにくいのが特徴。パンダ目の心配もないので、おすすめの商品です。

リンメル マジカル カールロック マスカラベース & トップコート (5.5mL)

トップコートとしても使えるので、マスカラのにじみ防止に効果的。下がりがちなまつ毛も、徹底的にカールアップ&ロックします。くるんとカールした美まつ毛が1日中続く、マスカラベース & トップコートです。

ANNA SUI マスカラプライマー&トップコート 5g [152592] [並行輸入品]

水・汗・涙に強いウォータープルーフタイプで、マスカラのにじみを防ぎ、美しいまつ毛をキープします。 カールアップとセット力に優れたカールセットワックスを配合し、まつ毛に適度な硬さとハリを与えてくれるでしょう。

マキアージュ フルビジョン グロスコート マスカラ (ウォータープルーフ) 5.5g

濡れたようなつやで包んで、まつ毛を自然に長く伸ばすグロス&コートマスカラ。いつものマスカラの後に使えば、にじみを防いで、つやや持ちを高めます。まつ毛補修・保湿成分配合です。

まとめ

せっかく綺麗に塗ったマスカラが、にじんでパンダ目になってしまったらガッカリですよね。マスカラがにじまないようにするためにコーティングしたり、使用するマスカラを変えたりなど、対策を練る必要があります。

原因に合った対処をして、にじまないマスカラメイクになるよう心がけましょう。