目の下のシワができる原因とシワへの効果的なアプローチ

2018/03/02

目の下にシワができると、メイクをしてもなんとなく決まらなかったり、年を取って見えることもあります。筋力トレーニングや日頃のケアで目の下のシワは改善することもできます。

ここでは、

についてまとめてみました。

目の下にシワができる原因

実は、普段何気なく当たり前のようにしている生活習慣が目の下のシワを作っているのが現状です。何気なくしている生活習慣も、目の下のシワにつながっていくのでしっかりと原因を把握し、今から改善しましょう。

お肌の乾燥

目の下のシワをよく見てください。ちりめんジワと呼ばれる細かなシワがある人、それは肌が乾燥しているからかもしれません。乾燥肌が気にならない人でも、目元は皮膚が薄いこともあり、水分を抱え込むことができずハリを失ってしまいます。そうすると目元の肌そのものが乾燥してカサカサになり、小じわになってしまいます。

乾燥による小じわは、少しケアすれば改善することが期待できる反面、放置しておくと酷いシワになりかねません。そのため、シワがあまり目立たないうちに対処しましょう。肌が乾燥しがちな冬場や紫外線などの刺激が強い夏場など、乾燥のリスクはいつでもありあす。

洗顔や目をこするなどで生じる刺激

しっかりメイクを落とすことは大切で、特に目元はマスカラなどたくさんのメイクを施しがちです。そのため、洗顔時にたくさんこすりすぎて肌にダメージを与えてしまうことがあります。強いクレンジング剤を使用する人などはこの傾向があります。

肌へ刺激をすると角質層が傷ついてしまい、水分が逃げだすので乾燥を引き起こします。結果的に肌にダメージを与え、しわにつながります。クレンジングだけでなく、目をこする癖がある人も注意しましょう。目をこする原因となる派手なアイメイクも控えたほうがよいかも知れません。

スマホやパソコンによる眼精疲労

パソコンやスマートフォンの長時間使用によって、目の疲労、すなわち眼球疲労や眼精疲労を感じている人も少なくありません。このような眼精疲労は、目の周りの血行不良を引き起こします。

目の周りの皮膚も他の部分と同じように血行が悪くなることで肌の代謝が低下します。血行の滞留は水分や栄養分がいきわたりにくくなり、乾燥は肌の傷みによるシワにつながります。生活習慣により目の下にシワができるのは、パソコンやスマホの長期使用などの眼精疲労とそれに伴う姿勢の悪さが原因となることもあります。

一方で目の周りも肌と同じようにコラーゲンなどの保湿に関わる成分は加齢によって減少していきます。そのため、目のシワの原因ともなる乾燥に注意しましょう。

目の下のシワに効果的な基礎化粧品

目の下のシワに効果的な基礎化粧品
乾燥による比較的小さなシワは、基礎化粧品で丁寧にケアをすることで改善に近づけます。目の下のシワによい基礎化粧品を集めてみました。目の下のシワが気になる人はぜひ使用してみましょう。目の周りの皮膚は弱いので、目の周りや口角など、デリケートな部分にも使える化粧品を選ぶようにしましょう。

肌ラボ 極潤α スペシャルリンクルクリーム

乾燥による小じわを目立たなくする美容クリームで、高度な技術で角質層の細胞レベルに働きかけます。肌にハリを与える低分子化エラスチンという潤い成分と、肌の上でうるおいネットを形成するヒアルロン酸を配合し、ピンとはじくような肌にしてくれます。肌に密着するので皮膚が薄い目元にピッタリです。

使い心地もよく、何より保湿力があるので乾燥が原因で目の下のシワがある人にも最適です。

なめらか本舗 リンクルアイクリーム

目元の潤いに特化したリンクルアイクリームで、気になる部分に塗るだけの簡単ケアです。イソフラボン含有の投入発酵液という保湿成分を使用しており、しっかりと保湿しながらもべたつきません。美白成分も配合されています。

小さなチューブで目の下をピンポイントに塗ることができます。敏感肌の人も利用できるイソフラボンのやさしい成分のクリームです。

目の下のシワに効果的なシワとりグッズ

目の下のシワができてしまった・・・気になる場合はシワとりグッズを使用して、気になるシワを一掃しましょう。毎日少しのケアで自動的に目の下のシワを気にならないようにする好評なシワとりグッズを紹介します。血行が促進され、肌全体がきめ細やかになると期待されています。

OMNI(オムニ)アイスラックハルカ

 

1日3分、目元に貼るだけで集中ケアしてくれすっきりとしたハリのある目元にしてくれます。このようなケアは、毎日継続することが大切です。目の下のシワはもちろんのこと、目の下のクマ、たるみ、むくみ、目じりのシワなど目元のトラブルを一掃すると好評です。

ワンタッチで簡単に装着でき、重みもなく、心地よいタッピング振動で毎日のケアが快適です。目をつぶっていると心地よくなり、寝る前に使うと心地よい眠りに誘ってくれます。ゆっくり時間をかけてしわをケアしたいと思っている人におすすめです。

Sunmay 電動 目元ケア 美容器

マイナスイオンで美容成分を浸透させ、角質層まで導入することができる美容器です。肌環境を整え、コラーゲンの再生を促進するので目元を若々しくハリのある肌にしてくれます。

それだけでなく、うるおい美容液を気持ちよく浸透させるのでストレスも軽減させます。気になる部分に自分でマッサージヘッドを移動してマッサージするので、自分の目元トラブルの原因に特化して使えます。

目の下のシワに効果的なエクササイズ

目の下のシワは、加齢により目を支えている筋肉のはたらきが低下したことにも起因します。そのため、目の周りの筋肉を鍛えることで血流もよくなり、肌もぷるんとしてきます。簡単にできる目の周りを鍛えるエクササイズについて知っておきましょう。

眼輪筋エクササイズ


目の周りの筋肉を、眼輪筋といいます。普段あまり鍛えることのない筋肉なので、意識して鍛えることで目の下のシワを改善できます。

目じりを外側に引っ張り、5秒ほどたったらゆっくりと目を開けます。同じように斜め上や斜め下へ引っ張りましょう。これは、目のたるみを改善するだけでなく、目の下の筋肉を鍛えてシワを改善すると期待されています。2,3分でよいので毎日続けましょう

目の下のたるみ解消エクササイズ


日常にはない動きでマッサージして目の周りの筋肉を鍛えます。これは、目のワイパーと呼ばれていますが、比較的簡単なエクササイズです。

まっすぐに立ったまま、左、右、上、というように目をパッチリ開けてゆっくりと引っ張るように眼球を動かします。1回当たり数秒待ってからこれを5回程度繰り返します。最後に目を閉じて一呼吸置くと終了です。毎日繰り返すようにしましょう。

目の下のシワに効果的なリンパマッサージ


目の下のシワには、リンパの流れもよくなるリンパマッサージが効果的です。老廃物を効果的に排出し、肌に栄養分をいきわたらせ新陳代謝も活発化してくれるからです。目の疲れやたるみにも効くという、目の下のシワに効果的なリンパマッサージを知っておきましょう。

1.両手の中指で目頭から目尻に向かってさする

まず目に覆いかぶさるように中指を当てます。それから両手の中指を使って目頭から目じりに向かってさすります。ゆっくりと押し付けないように指の腹を使ってさするのを、5回繰り返します。強くし過ぎないのがポイントです。

2.中指で軽く目の周りをたたく

それから、中指で目の周りを軽くたたいていきます。目の周りを少しずつ30秒程度叩いていくと、刺激になりリンパの流れもよくなります。目元ケアをしている人は、化粧水やアイクリームに含まれる美容成分も効果的に浸透するでしょう。ただしやりすぎは良くないので、30秒ほど待つようにします。

ツボ押しマッサージでシワを撃退!


目が疲れると目の周りのツボを無意識に押してしまうこともあるでしょう。目の周りにはツボがたくさんあります。ツボを刺激することでエネルギーの循環を高め、シワを改善すると期待されています。目のツボを刺激し血行をよくするだけでなく目の疲労回復にもつなげましょう。目頭から目じりに向かって、という順番でツボをマッサージしていくのがおすすめです。

晴明

晴明(せいめい)と言うツボは、左右の眼がしらの骨の近くにあるくぼみのことです。目が疲れたときには無意識に押している人もいるかもしれません。まずは両手で左右の晴明をはさみこんでゆっくりと晴明を押していきましょう。

このツボは、目の疲れにも良いとされています。目頭の肉と骨の間に細かい穴みたいなところがあるので、軽く動かしながら探してマッサージしましょう。3秒から5秒程度抑えます。

承泣

承泣とはしょうきゅうと読み、目の下、まっすぐ向いて瞳の真下にあります。指一本を横にしたくらい下のツボです。あまり引っ張らないように、指を横にしてまっすぐ押すようにしましょう。

ぴったりフィットしたら左右に動かします。目の下の骨のところにあるツボです。

四白

四白は、しはくと読み、承泣と同じように黒目の下のライン上にあります。ただ、頬骨のところ、すこし承泣の下の方になります。これは、中指と人差し指をたてにしてくるくると回していくようにマッサージします。

強すぎると神経を刺激して視界がぼんやりしてきますので、そうならないようにソフトな力でマッサージしましょう。マッサージを続けていくことで目の疲労にも効くと期待されています。

瞳子膠

瞳子膠とは、どうしりょうと呼びます。瞳子膠は、目じりの斜めのライン上、こめかみの横にあります。人差し指や小指で目じりのほうをマッサージしていきます。目を傷つけないように両手でマッサージしていきましょう。力をあまり込めすぎないのがポイントです。

瞳子膠は、リフトアップをするようなイメージで行うとよいです。笑いジワや小さな小じわも、このマッサージを続けていくことで解消へとつながります。

まとめ

目の下のシワは、どうケアしたらよいかわからない、仕方がないと諦めている人もいるかもしれません。しかし、目の下のシワは乾燥や血行不良などにより起こります。姿勢が悪かったり長時間スマホを使用して目が疲れていると余計にシワになります。

まずは同じ姿勢でいない、毎日の保湿ケアをしっかりするなど生活習慣から変えていきましょう。特に目元の皮膚は薄くてデリケートなので、目元専用の美容器や化粧品を使うのもおすすめです。

また、表情筋を鍛えることで目の周りのハリを取り戻すと期待されています。同様にツボを押すことでも、血流が盛んになり健康的な目元になります。日頃のケアでできることなので、ぜひやってみましょう。

PAGETOP