唇にニキビ?危険な信号を見極めて正しいケアを!

冬になり乾燥が進むと唇がいつの間にかカサカサとなっていることがあります。秋から冬にかけては特に空気が乾燥するので唇が荒れてしまうのです。でも実は唇のカサカサですが、乾燥だけの問題ではなく別に問題があります。

食生活の乱れ、唇のよごれ、摩擦・・いろいろな原因が唇の乾燥につながっているのです。原因を理解しいつもプルプルな唇でいられるように対処することも必要となります。

唇があれる原因

唇が荒れる原因の一つは乾燥です。空気中の水分が少なくなり湿度が低くなっていくと、いつもより唇が荒れやすくなります。でも、それだけではないのです。確かに空気が乾燥すると唇は荒れますし、また皮膚にも水分が少なくなっていることを感じます。ただ乾燥していない季節でも、いつの間にか唇がボロボロになっていることもあるのです。

食生活のバランスが悪かったり、体調不良がそのまま唇の変化に現れることもあります。唇も日焼けをするので、紫外線にさらされた状態になるとどうしてもカサカサになるのです。紫外線は顔や腕などで気を使いますが、唇も日焼けするので、対策を練ることも必要となります。紫外線や乾燥のほかにも、唇が荒れてしまう要因はい来るかあるのです。日常生活の中にある要因になります。その原因は以下のようなものとされているのです。

唇に赤い斑点ができる原因と対処法!

唇トラブルの1つに、赤い斑点がいつの間にかできていることがあります。ふと鏡をのぞいて唇にできものが発症していると、その日1日気…

汚れや摩擦が原因で唇がダメージを受ける


唇の汚れ、摩擦も唇の乾燥につながるといわれているのです。辛い物を食べてしばらくすると、唇がカサカサしているような気がします。刺激物が唇から落としきれないので、跡から香辛料などで痛くなるのです。

またリップメイクがそのままになってしっかりクレンジングしなかったことで唇が痛んでしまうこともあります。食事の後、ティッシュでこするなど摩擦も負担となるのです。食事をした後、キレイに唇の汚れを落としたら、リップなどをぬって保湿します。女性によってはそのままカラーを塗り重ねる人がいますが、下地としてリップを塗ってから口紅のカラーをのせる方が唇の健康のためにプラスになる事です。

食生活の乱れがそのまま唇にダメージが出る


食事の内容、つまり摂取する栄養素に偏りがあることで、唇の状態が悪くなることもあります。バランスのいい食事をしている人は唇の色もキレイですし、状態もいいのです。水分を適度により、野菜やタンパク質、ミネラルなど、人が生きていく上で必要な栄養素と、美容にプラスとなる性要素を理解し食事に活かしている人は、唇も髪の毛も皮膚もいい状態となっています。でも栄養バランスの悪い食事をしている人は、皮膚、髪の毛、唇などをみるとよくわかるのです。

美しい唇に必要な成分となるコラーゲンの元になるのはタンパク質、こうした栄養素を積極的に摂取することも必要なことです。まずはバランスのいい食事を心がけます。コラーゲンやヒアルロン酸等の栄養素をなかなか摂取できないという場合、サプリメントなどから摂取することもできるのです。

乾燥により唇の皮膚があれる


唇が荒れる原因のもっとも大きな理由が乾燥です。角質層が薄い唇は繊細で刺激に弱い部分になります。刺激に弱い部分なので乾燥などが進むとその影響を極端に受けることになるのです。唇が水分を失うと即、荒れてしまうので、リップや保湿効果のある成分などを塗布し、守る事が必要となります。

唇の構成の中に水分を残しにくく、不足しやすいのでどうしてもちょっとしたことで乾燥するのです。デリケートな部分ということを理解しておく必要があります。角質層に負担がかかっているということは、イコール皮膚の状態もよくないかもしれないと考えてみることも必要になります。唇の状態が悪いということは、皮膚の状態もよくない、栄養素の補給や水分の補給を考え直すことが必要です。食事内容などを書き出してみるとよく理解できます。

唇の荒れにおすすめの市販薬4選!荒れの原因も!

唇が荒れていると、不健康な印象に見えたり、口紅がうまくのらなかったりと、あまり気分がよいものではありません。できるだけ早く、健…

体調不良が原因で唇に影響が出る


体調が悪いと皮膚に影響し、色が悪くなったり荒れたり、吹き出物がでてくるという経験をされた方もいるはずです。唇は粘膜ですが、同じように体調不良が顕著に出てきます。唇の色が悪いなどは、体調不良をすぐに感じますが、乾燥、縦じわが入っているなどを見ても、体調が悪い?とわかるのです。

内臓の影響を受けやすく、皮脂腺がない部分なのでより体調の変化が顕著なのです。唇の状態が悪い時、体の状態も確認してみると体調がおかしいと感じることもあります。医師等も、唇の色や水分状態などを確認し、それを診察に活かすことが多いのです。唇は健康のバロメーターと考えておくといいと思います。

唇に湿疹ができる理由と予防法!唇の湿疹予防に最適な商品は?

唇がひどく荒れてカサカサになってかぶれていると思ったら、湿疹ができていたという経験はありませんか。唇に湿疹ができる原因に多いも…

内臓からの信号もある唇の状態

唇の状態が悪い時、もしかすると内臓からの黄色信号なのかもしれないのです。唇は皮膚ではなく粘膜ですが、皮脂腺がないからこそより一層、体調の変化が影響する部分となります。

唇がやけにカサカサすると思う時、もしかすると内臓が悪い状態かもしれないのです。おかしいと思うときには医療機関を受診する事も必要になります。例えば唇の色が悪い場合、血液の流れが悪いと考えられますし、唇のシワが多すぎると思うときには、内臓疾患ということもあるのです。実際に唇の様子がおかしいので検査を行い、内臓系に疾患が見つかるということもあります。

薄い唇をきつく閉じた状態だと肝臓等に異常がある場合もある


胃腸と一続きと考える事ができる唇、口から摂取した食べ物は胃腸に影響する、つまり口は胃腸の始まりともいえるのです。何時もふっくらしている唇なのに、なんだか薄くぎゅっと閉じたような印象と感じることもあります。

この場合、肝臓、腎臓などの状態がよくないといわれています。塩辛いもの、卵などを摂取しすぎるとこのような状態になるのです。肝臓は解毒を行う大切な臓器になります。腎臓は体に不必要なものを排泄する重要な器官です。こうした重要な臓器に異常がでるということは、そのほか、体内に強く影響する事にもなります。唇というのは内臓の様子を理解できる重要な要素というわけです。

上唇が乾いている場合は胃腸等に異常がある場合もある


下唇はそうでもないのに、上唇だけが乾くという場合、胃が荒れている証拠といわれています。胃に極端な負担がかかっているとこのような状態になるのです。

咀嚼して食べることを意識し、酸っぱいものも取り入れた食事にします。青菜なども食事の中に取り入れると熱を冷ます食事ができ胃腸の状態を良くするはずです。酢の物などを取り入れたり、酢の物などが苦手という場合、酢を余り感じないドリンクなどもあるので利用してみると唇の状態がよくなると思います。自分の食事のとり方なども一度見直してみる事が必要です。

下唇に縦皺を多く見かける場合は生殖機能等に異常がある場合もある

下唇に縦のシワがかなり多い地感じるときには、生殖腺ホルモンの衰え、また生殖機能が低くなっている事が考えられます。年齢を重ねた人の唇をみると、縦じわが多いと感じることもあるのです。

体内の水分量が低くなってもこうした状態が起こります。唇は健康のバロメーターというわけです。縦じわが多くなっている場合には、体に何か問題がないか、ほかに症状がないかをよく考えてみることも必要になります。内臓に問題がある時にも、唇にシワが多くなることもあるようです。

いつより唇が厚くなっていれば消化器等に異常がある場合もある


いつもより唇が厚いと感じる場合、消化器系に異常、負担がかかっている事が考えられます。大腸が緩み、消化器官や呼吸器などもうまく機能していないのです。

上唇が膨らんだ状態はカロリー摂取過多とも言われるので、肥満に足を踏み込んでいる状態になります。欧米食から和食へ・・・変換が必要です。

唇の中心部分がぼやけている場合は心臓等に異常がある場合もある


唇の輪郭は、健康な人ほどしっかりとわかるといいます。しかし心臓に異常があると唇の中心部分の輪郭がぼやけるのです。心臓のほかに、膵臓、胃などが不調な証拠といわれているのです。

場合によっては生殖機能が衰えているということもあるので、唇の中心の輪郭が崩れていないか、よく観察してみることも必要になります。甘いもの食べすぎで膵臓などに負担がかかっても、こうした状態になるようです。

唇にニキビができる原因

唇にニキビが発生するととても痛いですし、見た目にも気になります。女性は特にメイクをするので、唇にできもの、ニキビなどがあるとメイクする気にもならない事があります。

どうしてニキビが唇にできるのか、そこにはいくつかの理由があるのです。例えばストレス、乾燥、汚れなどになります。その要因を知り唇にニキビができないようにすべきです。

ストレス等の精神的な面のダメージを受けてニキビができる


ストレスを受けると唇の乾燥がひどくなるといいますが、ホルモンバランスも乱れます。それによって、唇、口の周りにニキビができるのです。

ストレスを受けることで自律神経がバランスを失います。するとホルモンバランスも崩れてニキビなどの不調がでてくるのです。

唇が乾燥してしまい水分量がなくなってニキビができる

唇の乾燥が継続すると、カサカサと皮がむけるほかにニキビの原因となることがあります。乾燥した状態をそのままにしておくと、よりニキビができやすくなるのです。

唇が乾燥している時は水分不足も考えられます。そのため、意識して、冬場でも定期的に水分を取ることが必要です。

口周りの状態が汚い状態のためニキビができる

辛い物が好き、粘つきのあるものが好きという人は唇に汚れが残りやすいといわれています。汚れが残るとどうしてもニキビができやすくなるのです。

香辛料などの刺激物が好きな人は、食事の後、しっかり唇を清潔にすることを心がけます。清潔にしてから薬用リップなどを塗っておくと安心です。

体調が思わしくないときに肌バリアが弱まりニキビができる

体調が悪いといろいろなところに支障をきたしますが、肌のバリア機能も衰えます。するとニキビ、また肌の乾燥がひどくなり、唇にも影響するのです。

体調不良に気が付かない人もいますが、唇をみると理解できます。唇の状態が悪い時には、体内で不調が起きていうと考えるべきです。

唇にニキビができないようにする予防方法

唇にニキビが発生しないようにするためにどうしたらいいのかも理解が必要になります。ストレスをためない、唇を常に清潔に保つなどです。

こうした予防策をしっかり考えておくことで、唇の健康、また体調管理ができます。唇にニキビができたら何かおかしいと感じることも必要なのです。

ストレスを溜めない毎日を送る

ストレスをまったく受けない生活というのは無理ですが、ストレスをためないように何か手段を持つことはできると思います。カラオケに行くとか、スポーツで思い切り汗をかくなどです。

ストレスをためない毎日を送ることで、唇や皮膚の状態もよくなります。ストレスをためないということは、体にとってもとても影響がある事なのです。

唇周りは必ず洗顔時に綺麗にする


洗顔やクレンジングの時、アイメイクはしっかり落としても、唇って結構おざなりになりがちという人が多いといいます。唇にリップカラーを塗れば、当然のことながら、クレンジングが必要です。

洗顔の時にも、丁寧に洗い、保湿するということが必要になります。唇もケアが必要なのです。

食生活や生活習慣の改善


胃腸の影響を強く受ける部分なので食生活に気を付ける事や、生活習慣の改善も必要になります。食生活は特にしっかり考える必要があり、水分をたっぷりとるということも必要です。

睡眠不足は美容の大敵、これは唇にもいえる事になります。水分保持、栄養摂取、さらに睡眠をしっかりとりホルモンバランスを整えることも必要です。

唇をケアしてくれる商品

唇をケアしてくれる商品はとても多く、キュートなものもあります。持っていることで心がうきうきするようなケア商品もあるのです。

唇をケアしてくれるこうした商品を持っていることで、いつでもどこでも利用できます。唇がカサカサすると思う時、すぐに利用できるものを持っておくべきです。

唇の皮をむく癖のある方へ。原因と対策!

男性が思わずキスしたくなるような、ぷるぷるツヤツヤの唇に!女性なら、ふっくらしたツヤのある唇を1度は目指したことがあるのではな…

ベキュア ハニーラスターS ハニー

蜂蜜は唇にいい効果がある、これは昔から言われています。蜂蜜、ローヤルゼリーがたっぷり配合され、保湿効果の高い商品です。

「ベキュア ハニーラスターS ハニー」は日中も夜も唇を健康的に保ってくれます。透明タイプなのでメイクにも響かない優れものです。
ベキュア ハニーラスターS ハニー 6.3g(唇用美容液)

メンターム薬用スティックレギュラー

定番中の定番、やはり薬用リップといえばメンターム薬用スティックレギュラー、これは皆さん1本持っているのでは?と思うリップになります。2本入りとなっていてリーズナブル、数本持っているという人も多い商品です。

唇の流れ、乾燥を予防するリップ、ベーシックなタイプとなっています。口紅の下に塗ることで、下地としても利用できるのです。
メンターム薬用スティックレギュラー2個パック

DHC 薬用リップクリーム

DHC 薬用リップクリームは、オリーブオイルが配合されていて、唇を守ってくれるリップとなっています。DHC商品はとにかく売れ行きがいいようです。無香料、無着色、パラベンフリーと、安心して利用できます。

アロエエキス、オリーブバージンオイルが配合されて、しっかり唇が潤うのです。カサカサがひどいという人は、この商品を利用すると、すぐに改善されます。
DHC 薬用リップクリーム

保湿効果がたっぷり♡口コミで人気のリップクリーム厳選5

女子にとってリップクリームは必需品♡唇が荒れやすい人にとっても、リップクリームは欠かせないアイテムですよね♪ですが今や数多くの…

メンターム 薬用メディカルリップバーム

唇の皮がむけるなど、唇の状態が悪いという場合、メンターム 薬用メディカルリップバームを利用するとすぐに治ると評判です。口角がきれると非常に痛い・・・でも、アラントインやビタミンB6、ビタミンEなどがしっかり潤いをくれます。

ひどく唇が荒れている人には、この商品がぴったりです。外仕事の男性なども愛用されています。
メンターム 薬用メディカルリップバーム 8.5g

まとめ

唇が一旦カサカサになると、しっかりリップなどで保湿しない限り改善できないのです。よりひどくなって最終的にひび割れて出血します。そうなると本当に痛くて、食事もしみる状態になります。

唇が美しい事は女性にとってなくてはならないことで、唇のケアをしっかり行うことでメイクが決まるのです。カサカサ唇は女性として魅力が半減します。乾燥する季節でもいつでも、唇が常に美しくあるようにケアが必要になります。