美白化粧水のおすすめアイテム15選【成分別】

透き通るような白いお肌は、女性の永遠の憧れです。美白は1日にしてならず。
でもどうやって美白化粧水を選べばよいかわからないという人も多いかもしれません。

今回は、

  • 美白化粧水の効果的な使い方
  • 美白成分
  • 成分別おすすめ美白化粧水

をご紹介します。美白化粧水のいちばん効果的な使い方もあわせて、ぜひ最後までご覧ください。

美白化粧水の効果的な使い方は?

せっかく美白化粧水を使うなら、いちばん効果のある方法で使いたいものです。

実は、美白化粧水の効果的な使い方は、とってもシンプルです。「それくらい当たり前」と思われることも含まれているかもしれませんが、当たり前なことを毎日コツコツ積み重ねることが、美白への近道なのです。

顔全体に使うこと

そもそも美白化粧水の最大の目的は、「シミの予防」です。できてしまったシミをなかったことにするというよりは、これからできるであろうメラニンを減らすことが目的なのです。そのため、シミの上だけに美白化粧水を付けるのではなく、顔全体に使う必要があります。

また、美白化粧水には「今あるシミをこれ以上濃くしない」という役割もあります。シミがすでにできてしまった部分にも、シミがない部分にも美白化粧水を使う価値はありますよ。

UVケアを怠らないこと

UVケアは美白対策の基本中の基本です。いくら美白化粧水をしっかりと使っていても、基本のUVケアを怠ってしまっては、意味がありません。UVケアと美白化粧水によるお手入れをセットで行うことが美白への近道となります。

日差しの強い夏だけでなく、1年中UVケアをしっかりと行いましょう。日焼け止めを塗ることはもちろん、日傘や帽子、長袖を1枚羽織るなど、続けやすい方法でUVケアができると良いですね。

日焼け直後は使わないこと

美白化粧水の成分の中には、刺激の強いものが含まれている場合もあります。日焼け直後のお肌は、バリア機能が弱まり乾燥してしまっています。そのような状態のお肌には、美白化粧水は刺激が強すぎる可能性があります。

日焼け直後は、肌のほてりを鎮めること、美白よりもしっかりと保湿することの2点を心がけましょう。そしてお肌がいつもの調子に戻ってから、美白対策を再開するとよいですね。

洗顔後すぐに使うこと

洗顔後、5分以内には化粧水を付けましょう。特に入浴後は、水分が蒸発しやすく、肌内部は秒単位でどんどん乾燥してしまいます。時間が空いてしまうと、化粧水がお肌に浸透しにくくなってしまうため、洗顔後はできる限り早く化粧水を付けたいものです。

「タオルで顔を拭いたら、すぐに化粧水をつける」というシンプルな積み重ねが、お肌の状態を変えてくれるでしょう。

洗面所にスプレータイプの化粧水を置いておくと、プレ化粧水としてすぐに使えるので、おすすめですよ。

使用頻度は守ること

美白化粧水に含まれる成分の中には、使用頻度や使用期限が決められている場合があります。例えば、ハイドロキノンのような刺激の強い成分は、長期間使用することができません。

ハイドロキノンは、皮膚科で診察を受けてから処方される場合もあるのです。

肌トラブルを避けるためにも、市販品の場合でも商品説明をしっかりと読み、使用頻度を守って使いましょう

美白化粧水の選び方は?

美白化粧水を選ぶ際は、どの美白成分が含まれているかを確認することが大切です。美白成分にはたくさんの種類があり、その役割もさまざまです。

自分の肌悩みに合った成分を配合した美白化粧水を選びたいですね。

それでは、代表的な美白成分をご紹介します。

ビタミンC誘導体:抗酸化作用・メラニン還元作用

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCがお肌に吸収されやすいように加工した成分のことです。ビタミンC誘導体は、肌の老化の原因となる、活性酸素を取り除く抗酸化作用が期待できます

また、メラニンの生成を抑えると同時にメラニンを排出し、シミなどの色素沈着の改善を促します。アンチエイジングに欠かせない成分のひとつと言えるでしょう。

コウジ:天然由来で低刺激

コウジとは、味噌や醤油、日本酒を造る際に使われるコウジ菌から抽出された美白成分です。メラニンの生成を防ぐ働きを持っています。

コウジの最大の特徴は、天然由来成分のため、刺激が少ないことです。敏感肌の人も、安心して使えることは嬉しいですね。

プラセンタエキス:美白・血行促進作用

プラセンタとは、哺乳類の胎盤に含まれる成分です。「若返りの成分」とも言われ、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。メラニンの生成を抑える働きがあるため、美白効果が期待できます

また、血行促進作用もあり、老廃物をスムーズに排出し、お肌の老化を抑制する働きも持っています。美白以外に保湿効果も期待できる成分です。

カモミラET:メラニン生成を抑制

花 カモミールカモミラETは、カモミールというハーブの葉から抽出された成分です。メラニン生成の指令を出す「エンドセリン」という情報伝達物質を抑制することで、美白効果を発揮します。

また、抗菌作用・抗炎症作用があるので、ニキビの予防・改善にも効果が期待できるでしょう。ニキビケアと同時に美白もできることは魅力的ですね。

ハイドロキノン:チロシナーゼを阻害

ハイドロキノンは、メラニンの前段階物質である「チロシナーゼ」の働きを阻害することによって、美白効果を示す物質です。美白成分が強い分、刺激も強いため、使用する際は商品説明をしっかり読むことが必要です。

アメリカではよく使われる美白成分ですが、日本では2001年に化粧品に使えるようになりました。最近認可された成分と言えますね。

ビタミンC誘導体入りの美白化粧水3選

ビタミンC誘導体は、美白成分の中でも最も代表的な成分です。アンチエイジングの効果も期待できるので、今すぐスキンケアに取り入れたいですね。

そんなビタミンC誘導体入りの化粧水を3つご紹介しましょう。

スキンコンディショナー ローションVC

ローションパックに適した、少しとろみのある化粧水です。無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性なので、安心して使えます。500mlと大容量で、お顔にもボディにもたっぷり使えます。べたつかず、スッとお肌に染み込むシンプルな化粧水のため、プレ化粧水として使う方も多いようです。

ドクターシーラボ VC100エッセンスローション

浸透型ビタミンC誘導体を従来品と比較して200%と高濃度に配合したリッチな化粧水です。とろみがあり、美容液のような濃厚さが特徴です。美白だけでなく、ハリや弾力アップにも効果が期待できます

美白化粧水でありながら、しっかりと潤うので、乾燥肌の人にもおすすめです。爽やかなグレープフルーツの香りで、リラックスしながら美白ケアができますよ。

プロステージ VC100

とろりとしたテクスチャーで、保湿力の高い化粧水です。お肌の透明感を高め、毛穴を引き締める効果が期待できます。刺激やべたつきがないので、安心して使えますよ。

美白には時間がかかるので、コスパが良く続けやすいこともポイントです。ニキビに効果ありとの口コミも多数あります。

コウジ入りの美白化粧水3選

天然由来の美白成分「コウジ」を配合した美白化粧水。刺激がなく、しっかり潤うことが特徴です。

優しい使い心地のため、幅広い年代の方が使えることも魅力のひとつです。ほんのりとした日本酒の香りも楽しめそうですね。

譽國光 こうじの恵 化粧水

日本酒を最大限配合した化粧水です。さらっとした付け心地で、お肌にスーッと浸透します。パラベンや鉱物油などの余計な成分が入っていないので、安心して使えます。

また、香料を使っていないので、日本酒の自然な香りがしますよ。くすみが取れて、お肌が白くなるという口コミが多くあり、美白効果が期待できそうですね

糀肌 古町糀製造所 糀肌けしょうすい

白糀コメエキスを配合した化粧水です。白糀コメエキスとは、糀から抽出された天然由来の保湿成分。さっぱりとした使い心地ながら、ハンドプレスでなじませるとお肌がしっとりします。お肌がふんわりと柔らかく感じられますよ。

クセや刺激がなく、使いやすいので幅広い肌質の方におすすめの化粧水です。ほんのり甘い日本酒の香りが漂い、リラックス効果もありますよ。

米美糀 モイストローション

お米の力で潤いを贅沢に届ける化粧水です。コラーゲン、セラミド、プラセンタなど豪華な成分を配合しています。少しとろみのある垂れにくいテクスチャーです。高保湿で、使うたびにみずみずしく透明感のあるお肌へと導きます。ニキビ跡が薄くなったという声もあり、美白効果もありそうですね。

大容量でプチプラなことも魅力です。お顔だけでなく、全身しっかり保湿と美白ができそうです。

プラセンタエキス入りの美白化粧水3選

若返りの成分プラセンタを配合した化粧水です。美白だけでなく、保湿や弾力がアップするなど、多角的にお肌の悩みにアプローチしてくれそうです。

もっちりと潤うという口コミが多数あり、美白と合わせて保湿効果も期待できそうですね。

アトレージュ 薬用 スキントリートメント

プラセンタをはじめとする機能性保湿成分を配合した薬用保湿液です。お肌のバリア機能を整えて、潤いたっぷりのお肌へと導きます。敏感なお肌でも安心して使えます。

少しとろみのあるテクスチャーです。べたつくことなく、スーとなじんで浸透していきます。炎症を抑え、乾燥や肌荒れを防いでくれるので、おだやかなお肌になれそうですね。

Crystal 121 高濃度 EGF 化粧水

海のプラセンタを配合した化粧水です。美容液と同等の贅沢な成分を配合した化粧水で、保湿・美白・ハリなど、さまざまなお肌の悩みにアプローチしていきます。敏感肌の方でも安心して使えるよう、植物成分を多く使っています。

しっかりと潤いますが、べたつかないので、混合肌や脂性肌の方にもおすすめです。

つむぎ プラセンタ化粧水

国産馬サラブレッドの馬プラセンタと植物性プラセンタをブレンドして配合した化粧水です。このブレンドにより、プラセンタ特有のにおいを抑え、使いやすく工夫しています

とろみのある化粧水で、ハンドプレスでなじませると、手にお肌が吸い付くようになります。しっかりと保湿されていることを実感できます。べたつかずにモチモチしたお肌になれますよ。

カモミラ入りの美白化粧水3選

カモミラエキス配合の化粧水は、お肌を優しく整えてくれます。敏感肌の方や、お肌が荒れてむずむずしがちな方にもおすすめです。

爽やかで清涼感のある使い心地の化粧水が多いので、さっぱりとリフレッシュしたい時にも使えそうですね。

肌研 薬用 極潤 スキンコンディショナー

カモミラエキスなどの和漢植物エキスを含んだ化粧水です。さらに抗炎症成分配合なので、ニキビや肌荒れを防いでくれます。しっかり潤い、荒れがちなお肌を健やかに導いてくれると言えるでしょう。

お肌にのせると、スーッとした清涼感を感じます。べたつかずに潤うので、肌荒れにも効果が期待できそうですね。コストパフォーマンスもよく、惜しみなく使えるので、ローションパックにもピッタリです。

リシャン 薬用美白化粧水ミスト

9種類の植物エキスやコラーゲン、ヒアルロン酸、美白成分などを配合したミストタイプの化粧水。さっぱりとした使い心地がお好みの方におすすめです。細かいミストが気持ちよく、フローラルの香りでリフレッシュできます。

お風呂上りや、乾燥を感じたとき、メイク直しの時にシューッとひと吹きすれば、乾燥や皮脂によるべたつきを抑えてくれます。ひとつ持っておくといろいろなシーンで使えて便利ですね。

アトレージュAD+薬用クールローション

メントール配合のミストローションです。クールでスーッとした使い心地ですが、しっかりと潤いも残してくれます。4つの植物エキスを配合しているので、お肌を穏やかに整えます。むずむずする敏感なお肌でも安心して使えます

清涼感があるので、夏場やお風呂上りの使用が特におすすめです。爽やかな使い心地で気分もリフレッシュできそうですね。

ハイドロキノン入りの美白化粧水3選

美白効果の高いハイドロキノンを配合した化粧水です。「美白の即効性を感じた」という声も多く、一度は使ってみたいですね。

ハイドロキノンは美白効果が高い分、刺激が強い場合があるので、注意が必要なこともあります。

ソワン・ドー 肌用スプリングウォーター

ハイドロキノンを1%以下で配合したミストタイプの化粧水です。ハイドロキノンは刺激の強い成分のため、1%以下の優しい配分量にしています。安心してお使いいただけますよ。

天然水をそのままボトリングしており、粒子の細かい水のミストがお肌にしっかりと浸透します。シュッとひとふきでミストが顔全体に広がる設計です。化粧水前のプレ化粧水として、朝の寝癖直しとして、いろいろな用途で使えます。細かいミストがとっても気持ちいいですよ。

アンプルール ラグジュアリー ホワイトシリーズ

新安定型ハイドロキノンを配合した透明感高浸透ホワイトローションです。浸透力が高く、お肌の深くまで美容成分が染み渡ります。使い続けると、お肌のトーンが明るく変わってきます。くすみが取れてお肌の明度が上がる効果が期待できますよ

とろりとした化粧水で、もっちりと潤います。

プラスリストア TPNa ローション

浸透力の高い化粧水です。肌荒れによるお肌の赤みを防いでくれるので、日焼けの後やレーザー治療の後にも安心して使えます。しっかりと潤いを届け、乾燥しにくい肌に導きます。

まとめ

美白化粧水を選ぶときに着目したい成分や、成分別のおすすめ美白化粧水をご紹介しました。

自分にピッタリの化粧水をいちばん効果のある使い方で使用したいものですね。

ぜひこの記事を参考にして、色白美白肌を手に入れてください。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。