鏡で肌をみる女性

大人でも遅くない!歯の矯正をするメリット・デメリットとは?

歯の矯正は子どものためだけのものではありません。歯ぐきが柔らかく、歯が動きやすい子どものころに始めるのが最適だとされておりますが、大人でも矯正できる範囲のものであれば、矯正を行うことは可能になります。

わたし達は、毎日何かしらの食べ物を食べて生きております。ですが、歯のかみ合わせが悪いと、きちんと咀嚼できず、そのまま飲みこんでしまう人も少なくありません。

小さいころ、ご家族や保育園、幼稚園の先生たちから、よく噛んで食べてくださいと言われませんでしたか。よく噛んで食べる。これは、至極当たり前のことですが、身についた習慣でなければ、なかなかできることではありません。

大人でも歯の矯正をするメリット

わたし達が食べた食物は、胃から腸へと届いていきますが、咀嚼された食物は消化しやすく、内蔵への負担を減らす働きがあります。ですが、咀嚼せずにそのまま飲みこんでしまった食べ物は、胃や腸でなんとか粉砕し消化しやすくしようと、一生懸命に働かなければなりません。その結果、身体に大きな負担をかけてしまうのです。

食べ物をきちんと咀嚼できない場合は、きちんと咀嚼できる状態をつくりましょう。かみ合わせは、歯の矯正を行うことによって、身体のバランスが整えられ、肩こり、腰痛が楽になったと言う人も少なくありません。

虫歯の予防につながる

咀嚼する。ただこれだけのことで、虫歯予防につながることをご存知でしょうか。食べ物を食べることは、わたし達人間にとっては、健康に生きていくための最低条件になりますが、ただ食べるだけでは虫歯の予防にはつながりません。

口の中に入った食べ物をきちんと咀嚼すること。これに尽きます。食べ物が口の中に入ると、唾液の中に含まれている唾液アミラナーゼなる消化酵素が発生します。実は、この消化酵素こそが、虫歯予防につながる酵素になります。

また、わたし達の口の中は酸性に近づくことによって、虫歯になる原因菌が増殖することが分かっておりますが、その増殖を抑えてくれるのが、唾液になります。唾液は、虫歯の原因となる酸性成分、食べかす等を自然に洗い流し、歯に付着する汚れを防ぐ役割を持っております。この作用こそが、虫歯予防につながるというわけです。

ちなみに、食後すぐ歯磨きをしてはいけない。なぜか、都市伝説のように取り上げられる話がありますが、この伝説は、間違いです。確かに、食中、食後は、唾液の分泌が活性化され、虫歯になりにくいとされておりますが、口の中に食べかすを長時間置いたままにするよりは、早々に歯磨きを行うことをおすすめします。虫歯の原因菌の発生、増殖を抑えることこそが、虫歯予防の基本と言っても過言ではありません。

食事がしっかり摂れる

わたし達大人の歯は、上、下合わせて32本。親知らずを抜いている人ならば、28本から30本でしょうか。ちなみに、上下8種類の歯があり、中切歯をはじめ、側切歯、犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯等の名称が付けられております。

歯は、上、下にあることによって、食べ物を咀嚼することができる仕組みとなっております。この当たり前のことができなければ、食べ物を美味しく食べることができません。食べ物をしっかり摂るということは、長く健康で暮らせるということにもつながります。咀嚼できない、または、かみ合わせが悪く、そのまま飲みこまざるを得ない状態が続く場合は、健康的な生活をおくるためにも、歯の矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

口臭を防止できる

自分では気づきにくい口臭。エチケットのためと思い、口臭予防のサプリ、ガム等で息を整えても、その爽やかな息が長く続く保証はありません。誰にも気兼ねせず、大きな口を開けて笑う、近距離での会話も不安なく話せるといった状況をつくるためには、歯の状態を整え、口臭が発生しない口内環境をつくることが大切になります。

口臭のもっとも大きな原因は、歯並びの悪さによるものになります。歯並びが悪いと、食べ物のかすが歯ブラシで落としにくく、口中に残る可能性が高くなります。口中に残った食べかすは、虫歯リスクを高めますが、その虫歯が口臭の原因となることも少なくありません。

更には、前歯が大きい、前歯が出っ歯の状態になっている人も、口臭の危険性が高くなります。歯が大きいとどうしても口が開いてしまい、口中が乾燥しやすくなるために口臭が発生しやすくなります。歯の矯正は、歯並びを変えるだけでなく、口内の乾燥を防ぎ、口臭をも予防してくれるのです。

歯の矯正のデメリット

歯の矯正を検討する際、費用面、痛み、見た目の悪さ、健康な歯を抜く恐れがある等のデメリットがあり、矯正を諦めてしまう人も少なくありません。

その中でも、もっとも大きなデメリットは費用面だと考えますが、矯正にかかる費用は、医療機関によって、基本料、処置料等が異なっており、一概に、いくらだとは断定できません。ですが、現在のトータルの相場料金は80万円から100万円と言われております。

ちなみに、治療費の支払い方法には、その都度支払う処置料支払いとトータルでの支払いとなる総額支払いの2つの方法が一般的です。但し、医療機関ごとに支払い方法が異なりますので、矯正を相談される際は、費用の支払いについても相談されておくことをおすすめします。

保険適用外となり費用がかかる

なぜ、矯正は高額な費用がかかるのか。それは、保険適用外となっているため、健康保険が適用されないからになります。矯正にかかる費用の相場は、トータルで80万円から100万円とされておりますが、費用面で不安がある人は、予約時、費用について相談をしておきましょう。その際、トータルで支払うのか、治療ごとに支払うのかについても問い合わせておくと良いでしょう。

ちなみに、矯正は、審美的な意味合いが強いということによる取り決めから、保険適用外となっておりますが、デメリットばかりではありません。条件がありますが、その条件を満たしておれば、矯正にかかった費用のうち、いくらかは還付金として返還される制度を利用することができるのです。それが、医療費控除になります。

医療費控除は、現金で支払ったものだけでなく、クレジットカードやローンを利用した場合にも適応されます。ローンを組んだ際は、領収書が発行されない場合がありますが、その場合は、ローン契約時の契約書のコピー、クレジットカード会社の領収書を添付すれば、控除手続きが行えますので、捨てずに取っておきましょう。

また、生まれつきの先天疾患をもつ人が歯の矯正を行う場合には、保険適用となり、窓口の負担が軽減されるという制度を利用することができます。例えば、永久歯が生まれつき生えていない、歯がすべて生えそろっていない、唇に形成異常がみられることによって歯並びが悪い等の場合になります。

痛みが出ることがある

歯の治療は、どのような治療でも痛みをまったく感じないということはありません。虫歯の場合、虫歯が神経まで達していなくても、削る反動が歯ぐきに伝わり、それが痛みになり、長く続く場合も少なくありません。ですが、その場合は虫歯の治療が終われば、徐々に痛みは引いてきます。

矯正を行う際に発生する痛みは、器具を装着した日から1週間ほどで徐々に痛みは軽減されてきますが、長く続く人も少なくありません。そんな時は、治療を受ける医師に早めに相談しましょう。痛みが続くことで、健康面に負担をかけては、何の意味もありません。

健康な歯の抜歯をすることがある

歯の矯正は、歯に器具を装着して歯並びを整える方法になりますが、その際、健康な歯を抜かなければならないことがあることをご存知でしょうか。健康な歯を抜くとなれば、どなたでも不安に思うもの。なぜ、歯を抜かなければならないのでしょうか。

一般的に抜く歯は、親知らずと呼ばれる歯になります。親知らずを抜く場合は、他の歯が重なりあっている、後方へ移動させなければならない等の理由によるものです。親知らずを抜いたからといって、歯と歯の間にスペースができることはありませんので、ご安心ください。
ちなみに、歯ぐきに対する悪影響や、かみ合わせに違和感を生ずることもありません。

歯の矯正の主な種類

歯の矯正には、様々な方法があります。現在、もっとも利用されている一般的なものから、気になる部分だけを矯正する部分矯正、最新式の矯正まで、分かりやすく説明します。

表側矯正・ラビアル矯正

ラビアル矯正とは、別名ブラケット矯正とも言われる、もっとも一般的な方法になります。矯正の仕方は、歯の表側にブラケットと呼ばれる器具とワイヤーを使い装着する矯正になります。ちなみに、ブラケットには、メタルブラケットをはじめ、セラミックブラケット、プラスチックブラケットがあります。

費用は、80万円から。治療期間は、2~3年かかり、中学生以上の年齢の人におすすめの矯正となっております。メリットは、確実に矯正できる、微調整が可能、他の矯正に比べ費用が安い等があり、反対に、デメリットは、口内炎になりやすい、装着した日から1週間ほどはワイヤーがきつく、口が動かしにくい、ブラケットが気になり食事がしにくい等が挙げられます。

裏側矯正・リンガル矯正

リンガル矯正は、見た目を気にする人におすすめの矯正になります。歯の表側に器具を装着するラビアル矯正と違い、歯の裏側に器具を装着しますので、矯正していることを他人に知られずに治療を行うことができます。

装着後すぐは、どうしても歯の裏側にあるブラケットが気になり、違和感を生ずる人もいらっしゃいますが、1週間から10日ほどで徐々に慣れ、食事の際も気にせず食べることができるようになります。が、デメリットが二つ。1つは費用が割高になること。もう一つは歯磨きがしにくいことになります。

インビザライン

インビザラインは、1997年に開始された最新式の歯科矯正治療になります。アメリカにあるアライン・テクノロジー社が開発した装置になり、形状は、歯を覆うようにかぶせるタイプのマウスピース型器具となっております。

マウスピース型矯正装置は、現在まで、全世界340万人を超える実績をもちます。フル矯正だけでなく、部分矯正を希望される患者の希望にも対応する幅広い対応力、柔軟性の高さが魅力の矯正法となっております。ちなみに、治療にかかる費用は、フル装備の場合、80~100万円、部分矯正の場合は30万円~になります。

メリットは、4つ。まず、歯にはめるマウスピースは透明になり、また、ブラケットのような器具やワイヤーを装着する必要がありませんので、矯正を行っていることに気づかれにくいと利点があります。

続いて、非常に薄くて柔軟性のある滑らかな素材が使用されているため、患者の歯にピタッとフィットするために、ブラケットのような痛みはありません。

次に、ブラケットの場合、一度装着すれば、よほどのことがない限り、取り外すことはできませんが、インビザラインは自由に取り外しが可能。歯磨き、食事の際等、取り外したい時に、取り外すことができます。

最後に、ブラケットの場合、装着する際、ワイヤーを用いますが、金属アレルギーをもつ人には使用できませんでした。ですが、インビザラインはプラスチック素材となっており、金属は用いません。金属アレルギーの人にも、安心して受けられる治療となっております。

では、インビザラインの治療の流れについて説明します。まず、カウンセリングを受けます。その際、歯並びのチェック、費用、治療期間について説明があり、患者からの相談、問い合わせにも対応してくれます。レントゲン等で撮影を行い、今後の治療について、再度説明があります。次に、マウスピースの装着になります。

装着後は1か月ごとに1度の通院があり、その都度、マウスピースの確認、調整等の処置を行います。その際、装着に何かしらの疑問、不安等がある時は、相談しておきましょう。その後は、治療の進み方にもよりますが、2週間に1度、もしくは3週間に1度のペースでマウスピースの付け替えを行います。治療期間は2~3年。1日20時間以上の装着が推奨されております。

部分矯正

プチ矯正とも言われる部分矯正は、全歯の矯正治療を行うには不安が募る、費用面で心配がある、今すぐ気になる部分だけを矯正したい等の人におすすめの矯正になります。メリットは、短期間の治療で済むこと、低価格で治療できること、ブラケットを装着する負担が少ないこと等が挙げられます。

ちなみに、前歯のみの部分矯正を行った場合、治療費は20~30万円、治療期間は3~60か月となっております。

矯正について分かる!おすすめ書籍

矯正を行う前に読んでおきたい。矯正のいろはが分かる書籍を紹介します。まずは、矯正について、勉強しましょう。読みやすい、人気の、ベストセラーの1冊をおすすめします。

パーフェクト・スマイル 審美歯科


総合ポータルサイトで大人気のパーフェクト・スマイル 審美歯科は、東京港区白金において、歯科医院を営む園延昌志氏、園延妙子氏著作の単行本になります。分かりやすく読みやすいイラスト入りの文面は、矯正のことだけでなく、虫歯、歯周病の説明、表情筋のトレーニング等、自信もって笑える口元、笑顔が似合う顔がつくれる1冊となっております。

口元美人化計画


吉野敏明著の口もと美人化計画は、可愛い表紙が印象に残る1冊となっております。顔のゆがみを直す簡単ストレッチをはじめ、美人の口角UPトレーニング、たった半年で終わる痛くない超スピード矯正、輝く笑顔をつくるお手軽・瞬間ホワイトニング等、口元美人になるための秘策が1冊にまとめられております。

読者からは、素晴らしいのひと言、満足できる1冊だった、分かりやすく図入りで説明されていて読みやすかった、意識が変わった等、高い評価をもらう1冊となっております。ちなみに、こちらの書籍は、電子書籍でも読むことができます。

歯列矯正がよくわかる本―歯並び大作戦


福原達郎氏が書かれた歯列矯正がよくわかる本―歯並び大作戦は、2006年出版。10年を超えるベストセラーとなる、人気の1冊となっております。その人気の理由は、自院の宣伝のために出版される人が多い中、矯正治療の怖さを真摯に伝えているから、になります。矯正には様々なメリットがありますが、その反面、デメリットも多く、そのデメリットの怖さを丁寧に説明している書籍は、この歯列矯正がよくわかる本―歯並び大作戦の他にはないかもしれません。

子どものための矯正歯科―早期治療が賢い選択(ベスト)


矯正について書かれている書籍は数々発売されておりますが、鈴木純二氏が書かれた子どものための矯正歯科―早期治療が賢い選択(ベスト)は、お子さまの歯並びが気になるご両親に向けて、矯正の大切さを書いた書籍になります。

矯正をしなければならない歯並びとは、また、どういった方法があるのか等について、分かりやすく説明された1冊となっております。

後悔しない歯科矯正 (小学館101新書)


増田美加氏著の後悔しない歯科矯正(小学館101新書)は、女性医療ジャーナリストが患者の立場になって、歯科矯正について解説した1冊になります。矯正の基本的な用語ほか、矯正の症例(良い例・悪い例)が掲載されておりますので、矯正の基本を知りたい人はもちろん、何を基準に選べばよいのか、矯正歯科選びに迷われている人にもおすすめの書籍となっております。

まとめ


昔の人は魚や野菜中心の食生活をおくった人が多く、十分過ぎるほどのカルシウムが摂れておりました。が、今はそうはいきません。虫歯のない子どもが増えていると耳にしますが、虫歯にならないように気をつけているだけで、歯そのものが強いわけではありません。そのため、歯並びが悪くなりやすく、前歯が出っ歯になっている、歯が小さく重なってしまった等の悩みをもつ子どもが増え、そのまま大きくなった人も少なくありません。

小さいころに叶わなかった矯正は、大人になってもチャレンジすることができます。健康的な毎日をおくりたいあなたにおすすめします。