マツエクにビューラーを使う場合のコツや注意点7

マツエクにビューラーを使うときには注意が必要です。マツエクに使えるビューラーには専用のものが必要となりその点に付いて詳しく紹介しています。実際の使い方についても紹介しているので参考にしましょう。

マツエクにビューラーって使ってもいいの?


マツエクを付けてからカールをかけたいと思ってから、ビューラーを使うのは大丈夫なのでしょうか。通常のビューラーではマツエク自体に悪影響を与えてしまうので使ってはいけません。マツエクにビューラーをかけるには特別なものを使用します。そのときに使うビューラーについて詳しく紹介します。マツエクを傷つけないようにするための防止策についても紹介します。

普通のビューラーはNG

マツエクにビューラーはNGです。というのは一般的に使われているビューラーを使ってはいけません。一般のビューラーを使うとエクステが折れたりします。それだけではなく、エクステ自体が取れてしまう可能性もあります。一般的なビューラーは使用しないようにしましょう。ビューラーの種類にはマツエク専用のビューラーも揃っているので、そのビューラーを使ってからマツエクのカールを行えばきれいな目元を作ることが出来ます。

使いたい場合にはホットビューラーを

マツエクに使えるビューラーというものはあります。ホットビューラーはマツエクでも使えます。ホットビューラーであればマツエクを折る心配もありませんし、マツエクが抜けることもありません。ホットビューラーでも使い方があります。マツエクにホットビューラーを使うときにはマツエクが乾いた状態でかけるようにします。マツエクにカールをかけるときには根元から順にかけていくようにします。

まつ毛美容液などを使って傷みを防ぐ

マツエクにホットビューラーをかける前にエクステを保護するために、まつ毛美容液を塗ると傷が出来るだけ少なくて済みます。そのためにまつ毛美容液は重要で、必ずホットビューラーをかける前にまつ毛美容液を塗るようにしましょう。

ホットビューラーの使い方のコツ

マツエクにホットビューラーをかけるときにもいくつか注意点があり、それを守らないとうまくマツエクにカールをかけることが出来ません。マツエクは乾いた状態でなければマツエクにトラブルがおこったり、目にも悪い影響を与えてしまいます。ホットビューラーを使うときの注意点を詳しく紹介します。

ホットビューラーの使い方・注意ポイントをしっかり抑えて美まつげを作ろう!

顔の中でも注目を浴びやすい部位は目元です。そのため目元をメイクなどで印象的な感じにしていくことが大切になります。中でもまつ毛は…

まつ毛とマツエクが乾いた状態で使用する

マツエクにホットビューラーをかけるときに注意しなければいけない点があります。マツエクが濡れた上体でかけてしまうとホットビューラーによって水分が目の中に入ってしまうことになると大変です。さらに、加熱されてからマツエクが折れてしまったり抜けてしまったりしてしまいます。そうならないようにするためにも、マツエクは乾いた状態でホットビューラーを使うと安心出来ます。

根元から順番にあてていく

ホットビューラーをマツクエにかけるときには、順番が重要となります。はじめにかけるのはマツエクの根元からかけていきます。マツエクの根元から順番に真ん中から毛先に順番にかけていくことできれいなカーブを作ることが出来ます。このときに注意しなければいけないのが、ビューラーが熱くなっているので火傷などに注意が必要です。

やさしく丁寧にカールする

マツエクにホットビューラーでカールをあてていくときにはゆっくりとあせらずかけていくようにします。そうしなければ途中でエクステが折れてしまったりしてしまいます。出来るだけやさしくゆっくりとかけていくことが大切です。

ホットビューラーを使う時の注意点

ホットビューラーを使うことでマツエクにもカールをかけることが出来ます。ただし、いくらホットビューラーでも使うときには注意して使わなければいけません。そこでホットビューラーを使うときの注意点や使う時間などについて説明しています。

火傷をしないように気をつける

ホットビューラーを使っているときにまぶたや皮膚などにあたってしまうと火傷してしまいます。まつ毛なので細かな作業となります。手元が狂ってしまって皮膚に付けてしまわないように注意が必要です。ホットビューラーを使うときには一番重要なのが、火傷にならないようにすることです。折角マツエクにカールをかけることが出来ても手元が狂ってから熱いビューラーをまぶたやその周りに付けてしまって火傷になってしまうのはよくありません。

長時間使用するとまつ毛をいためる原因に

マツエクには長時間ホットビューラーを使ってしまうとマツクエだけではなく、自まつ毛自体も傷めてしまう可能性があります。マツエクと自まつ毛のどちらにも悪い影響をあたえるのが長時間のホットビューラーの使用です。長時間マツエクにビューラーを使うことでマツエクが折れたり抜けたりしてしまいます。そうならないようにするために。できるだけ短時間でホットビューラーを使い終わるようにしましょう。

まつ毛の温度が下がってからマスカラを塗る

カールさせたマツエクにマスカラをつけたいと思って、ホットビューラーを使い終わってからすぐマスカラを使うのは間違っています。熱いマツエクに対してマスカラを塗ってしまうと折角のカールが取れてしまいます。そのため、マツエクにマスカラを塗りたいのであれば、熱が冷めていないマツクエは避けて、温度が冷めてから塗るようにしましょう。

おすすめ商品

マツクエにきれいなカールを付けたいときに使えるホットビューラーを3つ紹介します。それぞれ特長があり、速攻で使えるものからより機能が充実しているまつ毛専用のビューラーがあります。どれも評判で女性の間では人気の商品ばかりとなっています。一度試してみるとそのよさがわかるのではないでしょうか。

充電式 まつげドライヤー 【美ルル ホットボーテ<belulu hotbeaute>】


充電式 まつげドライヤー 【美ルル ホットボーテ<belulu hotbeaute>】は充電式のまつ毛専用のドライヤーで、冷風と温風のどちらも使うことが出来ます。髪の毛のドライヤーのように温風と冷風を使い分けてからまつ毛を傷つけないようにしながらカールをかけることができます。使いやすくて傷めないまつ毛専用のドライヤーです。ビューラーとは違いますが、きれいにカールして上向きの美しいエクステに替えることができます。エクステだけではなく自まつ毛も一緒にきれいなカールを付けてくれてぱっちりな目元になります。

日立 まつげカーラー アイクリエ ホットコーム


日立 まつげカーラー アイクリエ ホットコームはまつ毛専用のホットカーラーで価格もリーズナブルになっていて、若い女性には人気のカーラーです。温度検知機能が付いていて、使う適温を検地してくれるので初心者でも簡単に使うことができます。メインとポイントヒーターが付いていて、ポイントヒーターで細部までしっかりとカールをかけることが出来るホットカーラーが日立 まつげカーラー アイクリエ ホットコームとなっています。胆4のアルカリ電池を入れれば使えるのでコードがなくて使いやすいカーラーとなっています。

Rooro マスカラ用ホットカーラー ホットマスカーラ


Rooro マスカラ用ホットカーラー ホットマスカーラは先端には特注のポリマー加工がされていてマスカラが着きにくくなっています。使用後にマスカラが残りにくく、さっと拭き取るだけで簡単に取れます。加熱時間も短くなっているので、準備時間も短くて済みます。自まつ毛のカールにもむいていますし、マツエクにも私用できる優れものです。

まとめ

マツエクを付けたあとにカールを付けてからきれいな目元にしたいときにビューラーを使いたければ専用のホットビューラーを使いましょう。ホットビューラーの使い方にはいくつかポイントがあって正しい使い方について詳しく紹介しています。できるだけ、マツエクを傷つけないできれいなカールをつけるためによく読んでから実際にやってみましょう。