初めてマツエクをするときに知っておきたいこと

綺麗な女性は目元からとよく言われますね。そんな中でも、マツゲに着目したマツエクというのがはやっています。マツエクを始める前に知っておかなければいけないマツエクに関する知識を学んでから、その後のケアに役立てましょう。

マツエクをするときに気になること


マツエクをすると決めるときにマツエクにかかる費用や施術時間などがあります。マツエクをサロンなどで施術してもらうのに1回あたりの費用がどのくらいかかるのかは知っておきたいものです。それと1回の施術でどのくらい時間がかかるのかも知っておかないとマツエクを行うためにサロンに行く時間が必要になります。そのときにかかる時間は大切です。さらにマツエク完了後にどのくらいの間付けられるのかも重要です。これらの時間や期間に付いて一般的なものを紹介します。

マツエクはどのくらいもつのか

マツエクを行ってからその後どの程度の期間付け続けることが出来るのでしょうか。持続期間が短ければ、折角苦労して付けたマツエクが意味がありません。ある程度の間持ってくれないと困ります。実際にマツエクを付けてからどのくらいの間持つのかそれは、3週間程度です。3週間というのは毛周期に大きく関係しています。毛周期には、成長期・退行期・休止期というのがあってこの周期が3週間程度となります。マツエクは自まつ毛に装着するものなので、装着した自まつ毛が抜け落ちるときに一緒にマツエクも落ちてしまいます。

マツエクにかかる時間や費用

マツエクをサロンで行ってもらうときに費用とその時間はどのくらいかかるのでしょうか。実際にサロンでマツエクを行ってもらうのに、費用として1回100本あたり5000円程度で出来ます。サロンによっても費用に差はありますが、平均的にはこのくらいかかかります。では100本のマツエクを施術するときには1時間から1時間30分程度かかります。これもサロンによって若干変わってきますが一般的な時間がこのくらいになります。

マツエク施術にかかる時間はどれくらい?マツエクの流れはどんな感じ?

マツエクを長持ちさせる秘訣


マツエクを行ったあとに少しでも長い期間付け続けて痛いものです。マツエクを長期間もたせるためにはいくつかポイントがあります。マツエクを付けたあと、決して目元をこすらないようにすることが重要です。目元をこすってしまうといくらグルーで付けているといっても剥がれてしまいます。

あと、化粧を落とすときにクレンジングで洗い流しますが、そのときのクレンジングにはオイルクレンジングは使わないようにします。マツエクのグルーが油で分解されてからマツエクが剥がれてしまいます。そのためにノンオイルクレンジングを使うようにします。寝るときにも注意が必要です。練るときにうつぶせになってから寝ないようにします。

マツエクのデザインはどうする?

マツエクを付ける目的は何なのかも重要です。ただ単にマツエクを付けるのではなく、どんな目元にしたいのかでマツエクの付け方なども変わってしまいます。マツエクを付けることでどんな目元にしたいのかを初めてに決めてからしないとイメージと違う目元になってしまいます。マツエクを付けることで変えられる印象別のデザインについて詳しく紹介します。

キュートな目元にしたい


マツエクを付けてからキュートな目元にしたいと思っている女性は多いのではないでしょうか。キュートな目元にするためのマツエクのポイントはまずは本数です。本数は1000本というのがキュートな目元にする理想的な本数です。あとはカールの度合いが重要です。カールを出来るだけ付けることでキュートな目元に見えます。大きなカーブを付けることでお人形のようなキュートな目元に変身します。

セクシーさを演出したい

マツエクでセクシーな女性の目元にするのに必要なポイントは、目頭から目尻にかけてエクステを長くしていくことです。目頭と目尻でエクステの長さを変えて、目頭の方は短めにして徐々に目尻に向かって長くしていきます。そうすることでセクシーな女性へと変身できます。カールを強くかけてしまうとセクシーさが半減するので、カールの度合いはJカールくらいで抑えて自然なカーブを付けるようにします。

ナチュラルに見せたい

マツエクでナチュラルな目元となると、普通の女性らしい目元にしたいということで本数・長さカールなどは全てほどほどにするということです。あまり目立ち過ぎない程度の本数にしてカールもごく普通でJカールかCカール程度で抑えていきます。本数は100本未満にしておいてあまりエクステが目立たないようにします。

サロンでマツエクをする時の注意点

マツエクをするときにサロンにいってからマツエクをしたいのであれば、サロン選びにはポイントがあります。エクステをする前にやっておかなければいけない注意点もいくつかあります。これらを踏まえてからサロンに行ってマツエクを行ってもらうことで気に入るマツエクを実現できます。サロン選びから準備段階でやっておかなければいけないことを詳しく見ていきます。

信頼できるサロンを選ぼう


マツエクを施術してもらうためにサロンに行く場合、やってもらうサロンは充分に検討してから決めないと粗悪なマツエクを施術されてしまうと後が大変です。出来れば知り合いが通ったことがあってトラブルのないようなサロンがあればそこに行くようにしましょう。

アイメイクは落としておく

サロンでマツエクを施術してもらうときには、事前にアイメイクは落としておきます。アイメイクをしたままマツエクを施術してしまうと、アイメイクの影響で剥がれやすくなります。折角お金をかけて行ったマツエクが無駄になってしまうので、マツエクを行う前には必ずアイメイクはきれいに落としておく必要があります。そうすることでマツエクを長く付けていくことが出来ます。

コンタクトの場合は、コンタクトケースを忘れずに

マツエクを施術してもらうときにコンタクトをしている人は、はずしてから施術をすることになります。万が一施術中に目の中にグルーなどが入ってしまった場合にコンタクトを付けていると、目に重度のトラブルが発生しかねません。施術前にはコンタクトをはずさなければいけないので、コンタクトケースは持っていく必要があります。

マツエク施術後のケアにおすすめの商品3選!

マツエク施術後のケアに関して必要な関連書品について優れたマスカラとクレンジング商品を3つほどピックアップして紹介します。どの商品もマツエク使用後に利用できるマスカラとクレンジングとなっています。性能や使い方を見てから自分に合ったものを使ってみましょう。

スカルプDボーテ ピュアフリーマスカラ(ブラック)


スカルプDボーテ ピュアフリーマスカラ(ブラック)はマスカラですが、きれいにまつ毛にコーティングをしてくれるのでマツエクをしている人が使うと長持ちさせることが出来ます。美容液のようになっているので肌にも良くて、マツエク利用者がマスカラを付けるのには効果的なスカルプDボーテ ピュアフリーマスカラ(ブラック)です。

ラッシュピュア ディープクレンジング 400ml


ラッシュピュア ディープクレンジングはアイメイクをやけ小を落とすときに使える高品質のクレンジングです。マツエクを付けている人でも利用できるノンオイルのクレンジングとなっています。低刺激の柔らかジェルで出来ているので肌にも優しいクレンジングオイルとなります。まつ毛美容液と美肌成分が入っていてマツエクにも肌にも優しい成分が多く含まれています。

 

オルナ オーガニック クレンジング ジェル


オルナ オーガニック クレンジング ジェルはマツエクした状態でクレンジングをしてもOKとなっています。効果としてニキビや毛穴ケアがされていて、肌をキレイにすることも出来ます。化粧による肌荒れなどを防いでくれてマツエク利用者でも使える優れたクレンジングです。

まとめ


マツエクをするときに気になるのが施術時間やどのくらいの持続期間があるかです。マツエクをするときに気なるポイントについて詳しく紹介しています。サロンでマツエクをするときに注意しなければいけない点なども解説しています。初めてマツエクをしようと思っている人は必見の情報が満載となっているので、まずは情報を集めてマツエクに関する知識を身につけましょう。