【ノンケミカルの日焼け止め】製品を選ぶポイントは?

ノンケミカルの日焼け止めについて特集します。ノンケミカルの日焼け止めに関する役立つ情報としてたとえば紫外線吸収剤の使用について日焼け止めのノンケミカルのおすすめ品について等、様々な事柄をご紹介しますので、ご興味のある皆さま、ご参考になさってください。

ノンケミカルについて

紫外線吸収剤を使用していない

ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線吸収剤を使用していません。紫外線吸収剤は紫外線を吸収するので、紫外線を浴びずに済み助かるものですが、かなり肌にとっては刺激が強いのです。余りに刺激が強いものですと、肌の弱い人にとっては余り良くないものになり、肌荒れを引き起こす可能性もあります。

ノンケミカル化粧品の日焼け止めですと、紫外線吸収剤を使用していないので、刺激が少ないです。このように刺激が少ない日焼け止めならば、肌の弱い人は安心して使えます。

紫外線散乱剤は肌に優しく紫外線を反射

紫外線散乱剤はノンケミカルと表示されていて有機化合物ではありません。そして、刺激が少ないため、肌に優しく紫外線を吸収するのではなく、反射してUVAとUVBのどちらも防ぐことができます。また、紫外線吸収剤とは違って構造が壊れにくいものですから、効果は長持ちするのです。

但し、デメリットとして白浮きしやすかったり、ベタベタしたりということがあります。それでも、改善されつつありますから、今後ますます良いものが出て来そうです。今後に期待できます。

赤ちゃんにも使える

ノンケミカルの日焼け止めは低刺激なので、赤ちゃんにも使えて安心です。赤ちゃんでも日焼けをすることがあるので日焼け止めは必要ですが、刺激の強いものを使ってはいけません。その点、ノンケミカルのものですと低刺激ですから安心して赤ちゃんにも使えるというわけです。

赤ちゃんにも使えるような日焼け止めはノンケミカルのものが出ていますので、探してみてください。かわいい赤ちゃんの肌を日焼けから守りたいものです。

お肌に優しい

ノンケミカルの日焼け止めは、お肌に優しいものでクレンジング剤を使わなくても落とせます。逆にノンケミカルではないものですと、刺激が強いため、肌の弱い人が使うと肌が荒れてしまうのです。ですから、お肌の弱い人、敏感肌の人はノンケミカルの日焼け止めを使う方が賢明でしょう

肌の弱い人はインターネットで「ノンケミカルの日焼け止め」で検索してみてください。どのようなものがあるのか確認し、表示を見て選ぶと良いです。これから、その選び方をご紹介しますので、ご覧ください。

日焼け止めでノンケミカルの選び方

低刺激処方がされていると肌にダメージを与えない

低刺激処方がされている日焼け止めはおすすめです。なぜならば、わざわざ低刺激処方がされているのであれば、その日焼け止めは刺激が少なく安全なものということですから、肌へのダメージは防げます。特に肌が弱い人や敏感肌の人は刺激の強い日焼け止めはトラブル回避のために避けた方が良いのです。

その点、ノンケミカルでさらに低刺激処方がされているのであれば、肌にダメージを与えることはないでしょう。安心して使える日焼け止めになりますから、リゾート地等に行く際には携帯したいものです。

ナノ粒子化されていないものを選ぶ

ナノ粒子化されているような日焼け止めは、選ばない方が良いかもしれません。というのも、ナノ粒子化はまだ安全性が確立されているとは言い難いものになっているからです。そもそも、ナノ粒子は紫外線散乱剤のデメリットである「白浮き」を防ぐものなのです。
そのため、日焼け止めに使う場合もあります。

実は、日焼け止めに目に見えないほどに小さいナノ粒子が混ざっている場合、毛穴等から肌に入り込む可能性があるのです。そうなると、その粒子が蓄積されると体に良くない作用をしてしまう可能性も否定できません。そういったことを考えるとやはり、ナノ粒子化のものは避けるべきです。

コーティング剤が使用されているものを選ぶ

実は、ノンケミカルの日焼け止めに配合されている紫外線散乱剤には残念な欠点があります。それは、紫外線があたることで老化、サビのもとになる活性酸素が発生することですが、そうなることは良いことではありませんから避けたいものです。直接そのような活性酸素に触れないためには、紫外線散乱剤のコーティング剤が必要となります。

コーティングは合成ポリマーやシリコーンで行い、酸化チタンなどが肌に触れないようにします。こうすることで、日焼け止めはさらっとしてのびのよいものになりますから、コーティング剤を使用している日焼け止めは優秀なのです。

日焼け止めでノンケミカルの商品を紹介

2e ドゥーエ 日焼け止め

資生堂 2e ドゥーエ 日焼け止め SPF50+ PA+++ 40g

「2e ドゥーエ 日焼け止め」は、紫外線吸収剤が苦手な人、敏感肌の人やお子様にぴったりです。紫外線散乱剤のみ使用のノンケミカル商品で肌に充分な保湿を与え、乾燥から肌を守ります。また、紫外線防止剤の働きで紫外線A波、B波からも肌をしっかり守り、日焼けさせません。

肌の弱い人でも、ひりひり感なく使えるのは嬉しいところです。肌に優しい日焼け止めと言えます。

アンドフリー センシティブUVジェル

アンドフリー センシティブUVジェル 50g

「アンドフリー センシティブUVジェル」は水のように軽いジェルで、紫外線防止効果の高いノンケミカルの日焼け止めです。クレンジング剤を使わなくても落とせるというのも嬉しいところで、石鹸のみで落とせますからお風呂に入ったときに簡単に落とせます。また、白く残らないので化粧の下地として使っても良さそうです。

べたつきなく使え、肌に良くなじむと口コミで好評です。1404円という低価格にもかかわらず、肌に優しいだけでなく日焼け止めとしての効力を発揮してくれるのは有り難いことでしょう。

オルナ オーガニック ベビー

オルナ オーガニック ベビー 日焼け止め 0歳の赤ちゃん~キッズ・こども用 紫外線吸収剤不使用 ノンケミカル 「 無添加 *1 合成香料・合成着色料不使用 」「 毎日使える優しいuvケア 」50ml

こちらは「オーガニックベビー」という商品名からわかるように、赤ちゃんのための日焼け止めで0歳からキッズまで使えるのです。母乳を手本に作られた商品で、植物由来の保湿成分で赤ちゃんのもちもち肌を健やかに保ちます。赤ちゃんを日焼けから守るためにベビーカーで外出するときにはこまめに塗り直しをしながら、たっぷりと塗ってあげてください。

赤ちゃんに塗る際は、肌に合うかどうか見極めるために腕の内側に塗って赤くならないかどうか確認するという「パッチテスト」をすると良いでしょう。何と言っても生まれて間もない赤ちゃんですから、このように慎重にした方が何かにつけて安心です。

サンメディックUV デイプロテクト ノンケミカル クリーム 顔・首用

サンメディックUV デイプロテクト ノンケミカル クリーム 顔・首用 30g SPF31+ PA++

「サンメディックUV デイプロテクト ノンケミカル クリーム 顔・首用」は無添加の肌に優しい商品です。肌荒れ防止成分とうるおい成分配合なので、肌荒れせずに使え、潤いが持続します。また、資生堂独自の「光スタミナ技術採用」なので、紫外線をずっと浴びていても防御力が続くのです。

このように高い紫外線防御力を期待できる商品なので、炎天下での子供の運動会やスポーツの試合の応援には最適です。こうした応援は知らず知らずのうちに日焼けしてしまうものですから、この商品のように防御力の高い日焼け止めで紫外線をしっかりカットしましょう。

まとめ

ノンケミカルの日焼け止めは肌に優しく、赤ちゃんにも使えます。また、紫外線吸収剤よりも刺激の少ない紫外線散乱剤を使用していますので、多少白浮きやベたつきがあるのですが、かなり改善されています。そこで、今回はベタベタしないような商品をご紹介していますのでご参考になさってください。

ノンケミカルの日焼け止めはうるおいを保ち、肌の乾燥を防ぎながらも日焼け止め効果も期待できます。肌の弱い方、敏感肌の方はご参考になさっていただければ、幸いです。