【アネッサの日焼け止め】日焼け止めの特徴は?

日焼け止めのアネッサをご存知でしょうか。今回は、アネッサの特徴、選び方、おすすめ商品についてご紹介します。

日焼け止めに興味のある方、アネッサを購入したいと思われる方はご参考になさってください。

日焼け止めアネッサの特徴

ウォータープルーフなのでプールや海でも流れ落ちない

アネッサはウォータープルーフになっていますので、プールや海でも流れ落ちることがなく、便利です。逆にすぐに水に流れ落ちてしまうような日焼け止めであれば、しょっちゅう塗り直さないと効き目がなくなってしまうものですが、アネッサのようにウォータープルーフであるのならば、水に強いのでそう頻繁に塗り替える手間はいりませんから楽できます。

夏はプールや海に行くという機会が多いでしょうから、このようなウォータープルーフの日焼け止めは必要です。特に泳ぐのが大好きという人、子供が小さいので一緒に水に入るという人には最適。また、海やプールに行かなくても夏は何もしなくても汗をかきますし、汗といっしょに日焼け止めが落ちてしまいますから、このように流れ落ちないものは助かります。

光スタミナ技術で紫外線から肌をしっかり守る

光スタミナ技術は資生堂独自のものです。どのようなものかといいますと、多くの日焼け止め商品にある「スタミナダウン」が起こりにくいという技術で、資生堂独自の「スタミナ技術」の研究、開発により生み出したものになります。つまり、紫外線吸収能力という紫外線を浴び続けた時の防御成分が低下しにくいということです。

そのような日焼け止めですと、従来のもののようにすぐに防御力が低下してしまうことがないので、嬉しいものですし、それだけ日焼け止めの能力が高いということですから、安心して使えます。秋にイベントがある、結婚式の予定があるなど様々な理由で、日焼けしたくないという人にとっては最適の日焼け止めです。

アクアブースター技術で汗や水に触れると効果が高くなる

さらに、アクアブースター技術で汗や水に触れると効果が高くなるということもありますから、夏に室外プールや海等で遊ぶ場合は嬉しい効果を得られます。たいていの日焼け止めは汗や水で取れてしまいますから、このような技術は画期的ですし、使う人にとってはこの上なく嬉しいものです。

このような技術で作られた日焼け止めですと、夏休みなどに思いきり海や室外プールで遊べます。特に、小さいお子様のいらっしゃる方は安心できるでしょう。どうしても子供のみで水に入れるわけにはいきませんから、ママも一緒に入るでしょうが、その際に日焼け止めが流れ落ちるということがないというわけです。そうなると、安心して子供と思い切り遊べることは間違いなしでしょう。

ブロック膜で紫外線防止と美肌を対応

ブロック膜で紫外線防止と美肌を対応するというのも、嬉しいことです。ブロック膜で紫外線を十分に防止してくれれば、日焼けしないですみますから、紫外線によるシミ、そばかすの防止にもなります。そうなると、シミ、そばかすのない美肌でいられるのです。

女性にとってシミ、そばかすは敵ですから、アネッサのようにしっかりと防御してくれるのであれば、ぜひとも使いたいと思うのではないでしょうか。シミ、そばかすのない美肌でいられればメイクのノリもいいでしょうから、お化粧も楽しめますし、夏が終わってからの秋、冬のファッションも気兼ねなく楽しめます。

日焼け止めアネッサの選び方

肌に対する刺激が少ないものを選ぶ

敏感肌の人は特に刺激に弱いでしょうから、刺激の少ないものが良いです。アネッサで刺激の少ないタイプのものは「パーフェクトUVマイルドタイプ」。こちらはさらさらマイルドの低刺激タイプなので、赤ちゃんや子供にも使えますから、敏感肌の人も安心して使えそうです。アルコール、パラベン(防腐剤)、鉱物油を使用していないというのも、安心のポイントになります。

このように低刺激ですが、水や汗には強い「アクアブースター」機能はありますから、夏休み等のレジャーに使うのには最適です。海や室外プール、リゾート地で活躍できる日焼け止めといえるでしょう。

継続して使用できる価格帯のものを選ぶ

アネッサの価格は大1200円くらい~3000円くらいと差がありますので、継続して使用するのにふさわしい価格にもこだわってみると良いでしょう。一般的にそれほど高い物ではないのですが、値段の高い安いは人の感覚にもよりますし、住んでいるところの物価の基準によっても違います。つまり、アネッサの中で一番値が張る3000円をとってみても、人によって「安い」と思うか「高い]と思うかです。

そういった感覚も大事にしながら、皆さまにとってどのくらいの価格ならずっと買い続けることができるか、よく考えましょう。

紫外線防止の高さをSPFとPAの値で選ぶ

紫外線防止の高さをSPFとPAの値で選ぶようにすると良いです。ここで、SPFとPAについて、ご説明しますとSPFとは、日焼けで肌に赤みや炎症を起こさせ黒化させるUV-Bという紫外線B波をどのくらい防げるかと言う数値で効果指数のことを言います。1~50+まであり、何もつけない場合と比べどのくらい防御できるかを表していますので、数値が大きいほど紫外線防止に優れた力を発揮するということです。

PAは、UV-Aという紫外線A波をどのくらい防げるかという数値になります。UV-Aは日焼けにより一時的な黒化を起こさせ、肌の弾力を失わせる力があるのです。4段階の+マークで示されていまして、+が多くなればなるほど紫外線A波への防御効果が高いということになります。

日焼け止めアネッサの商品を紹介

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター マイルドタイプ

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター マイルドタイプ (SPF50+・PA++++) 60mL

こちらの商品はSPF50、PA++++となっていまして、紫外線防御に優れた力を発揮します。特にデリケートな肌に最適なのは、低刺激のマイルドタイプであるためで、赤ちゃんや子供にも使えるマイルドタイプです。顔にも体にも使えて便利な商品で落とす時は石鹸で落とせるので、気軽に使えます。お風呂に入ったときに、いつもの石鹸やボディシャンプーで体を洗いながら落とせるので、子供に使っても安心です。専用のクレンジング剤を使わなくてはいけないということはありません。

2層タイプなので、良く振ってから使わないと分離してしまいますから、ご注意ください。顔や首等にムラなく丁寧に塗ることをおすすめします。体には手で棒状にとったこちらの商品の適量を、円を描くようにくるくるとムラなく肌になじませましょう。塗る量が少ないと、効力が発揮できないこともありますから、要注意です。お気を付け下さい。

アネッサ フェースサンスクリーンBB ライト

資生堂 アネッサ フェースサンスクリーンBB ライト 30g [ヘルスケア&ケア用品]

アネッサ フェースサンスクリーンBB ライトは強力に紫外線をカットしますので、リゾート地に行く時等に持っていくと安心できる商品です。リゾート地の他でも、お子様の運動会やスポーツの応援やお手伝いの時も炎天下にいることが多いので、このような商品は役に立ちます。汗や皮脂にも強く、ファンデーションの下地に使っても良さそうです。

このように強力な紫外線防止効果がありながら、肌の潤いを損ねることがないというのも安心できるところでリピーターの多い人気商品であることにも頷けます。カバー力もあるので、オシャレを楽しみたい人にも好評です。

アネッサ 美白UVプロテクターA+

アネッサ 美白UVプロテクターA+ 60ml

こちらは日焼け止め効果のある乳液でミルキージェルタイプになるので、なめらかで肌にすーっとなじむのが特徴です。肌のハリ、ツヤをサポートし乾燥防止にもなるので、エイジングケアに力を入れたいと思う女性に最適でしょう。化粧下地として使う事も可能で、落とすときは石鹸や洗顔料等で大丈夫です。

値段も手頃でベタベタせずに使いやすい、肌の色が白くなったということで評判です。この商品を使って夏を過ごしたら、ひと夏の間、日焼けしなかったという人もいますので、気になる方はお試しください。

資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N

資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60ml

アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+Nは、さらっとしたクリームタイプで肌にすっとなじみ、サラサラ感が持続します。汗、皮脂、水に強いサンスクリーンで過酷な日焼けもブロックしてくれるようです。顔にも体にも使え、超微香性なのも嬉しいところで匂いに敏感な人も安心して使えます。

石鹸や洗顔用のクリームやフォームで簡単に落とせますので、体に塗ってもお風呂に入ったときに体を洗いながら落とせるのが嬉しいところです。ものすごく疲れているような時でも落とすのに時間がかからないので、助かります。

まとめ

アネッサの日焼け止めは、ウォータープルーフなので皮脂や汗に強いのはもちろんのこと、海やプールでも落ちません。また、光スタミナ技術で紫外線カットの力が強力ですし、アクアブースター技術で汗や水に触れると効果が高くなるという利点もあります。そして、ブロック膜で紫外線防止と美肌に対応しますので、安心できるでしょう。

肌に優しいマイルドタイプ等、種類は様々ですから、ご自身の肌に合うものを選んでください。また、SPFやPAの値で選ぶ、継続できる価格で選ぶなど、人それぞれの独自の観点で選ぶというのも良いでしょう。このように、アネッサの日焼け止めをうまく利用して、ひと夏を色白で過ごせるように工夫してみませんか。秋になって後悔しないで済みます。