【オーガニック日焼け止め】特徴と選び方

日焼け止めには様々な種類がありますが、効果が強い日焼け止めを使った時に、肌がかぶれたり、かゆみが出たり、ひりひりと赤みが出てしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか。日焼け止めによっては、効果が強いあまり、お肌への負担が非常に強くなっているタイプもありますので、敏感肌や乾燥肌の方は、利用するアイテム選びに注意が必要です。

敏感肌や乾燥肌、更に、お子様のデリケートなお肌に日焼け止めをつけたいという際には、お肌に優しいオーガニックの日焼け止めが良いでしょう。自然派由来の成分で作られていますので、お肌がデリケートな方でも安心、使っている事を忘れてしまうような、ストレスフリーな状態で日焼けを防げます。

とはいえ、オーガニックの日焼け止めにも様々な種類がありますので、悩んでしまうという方もいるのが現状です。オーガニックの日焼け止めを選ぶ際にはどんなポイントを抑えるべきなのか、おすすめのオーガニックの日焼け止めと合わせてご紹介します。

オーガニックについて

安全性を高める目的がある

オーガニックの日焼け止めクリームによっては、全成分が自然由来の成分で作られている、100%オーガニック商品もあります。こうした商品は通常の日焼け止めとは異なり、お肌に優しい成分しか含まれていませんので、日焼け止めクリームに安全性を求める方にはおすすめです。

お子様が日焼け止めクリームを使う場合には特に、安全性の高い商品を選ばないと、お子様のお肌がボロボロになる可能性があります。紫外線から守ろうとしたのに、その結果お肌を痛めつけることにならないよう、日焼け止めクリームはキチンと選ぶ事が大切です。

肌の健康を維持しながら日焼け止めをしてくれる

オーガニックの日焼け止めはお肌の負担になる成分が含まれていませんので、使えば使う程肌ストレスになるような事も無く、純粋に、日焼けを防ぐ為の目的だけで使えるのが特徴です。お肌の健康を維持しながら日焼け止めを使いたいという方に、うってつけのアイテムと言えるでしょう。

手間がいる分価格が割高

オーガニックの日焼け止めは、通常の日焼け止めとは異なり、含まれて居る自然派由来成分の抽出をしたり、生産過程にも非常に気を配る必要がありますので、価格帯は当然高くなります。ただお値段が高くなる分、それだけお肌に絶大な効果を与え、安心して使えますので、お金を出す価値ある商品と言っても過言でないでしょう。

自然な形で作られたもの

化学成分を使っている通常の日焼け止めとは異なり、オーガニックタイプは、自然の中から取れる物を、自然な形で抽出していきますので、商品も当然、自然な形で作られた物に仕上がります。余計な物を含むこと無い、その自然の形こそ、敏感肌や乾燥肌など、デリケートなお肌の方には大切です。自然な形で作られている物はお肌にも負担をかけにくいため、安心して使えるのが魅力になります。

日焼け止めのオーガニック商品を選ぶ時のポイント

価格帯は継続できるものを選ぶ

オーガニックのアイテムは基本的にお高めの商品が多いため、しっかり価格比較をしないと、家計を圧迫する可能性があります。毎日のように利用する物だからこそ、価格帯は継続できる物を選ぶことが大切です。

商品によって、同じオーガニックのアイテムでも値段が倍以上変わる事もありますので、色々とチェックして見ると良いでしょう。また、商品が販売されている場所によっても、値段が異なりますので、お店同士で比較するのもおすすめと言えます。

無添加のものを選んで使用後もスッキリ

オーガニックの日焼け止めには、添加物が含まれているタイプもありますので、とにかく肌への負担を無くしたいという場合は、無添加アイテムを選ぶようにしましょう。無添加の日焼け止めは使用後もスッキリと使えますので、肌ストレスを受けること無く、心地良く使えます。

ただし、無添加タイプはその分使用できる期間も短い傾向にあります。質がすぐに落ちてしまいやすいので、出来るだけ早めに使い切ることが大切です。保管する際にも、冷暗所で保管するようにしましょう。

肌のへの負担を気にしているならノンケミカルに拘る

お肌への負担を気にしているのであれば、ノンケミカル製品を選ぶ事も大切です。100%自然派由来成分で作られている日焼け止めもありますので、そうした商品を選ぶ事で、お肌への負担をゼロに出来るでしょう。お子さんに日焼け止めを利用する際には特に、ノンケミカルアイテムを選ぶ事が大切です。

自分の使用目的に合わせてSPFやPAの値を元に選ぶ

自分の使用目的に合わせて、日焼け止めの数値、SPFやPAの値を選ぶ事も重要です。これらの値が高ければ高いほど、紫外線シャットアウト効果が高くなります。ですがその分、お肌に負担がかかるタイプも多い為、成分比較も大切です。

日焼け止めでオーガニック商品で人気のあるものを紹介

エルバオーガニックス サンスクリーン

エルバオーガニックス サンスクリーン 75g【正規品】

生後半年の赤ちゃんでも気兼ねなく使える、優しいオーガニックの日焼け止めクリームです。べたつかずにさらさらとしたテクスチャーで、カモミールとラベンダーの香りが、疲れた心もリフレッシュさせてくれます。約10時間もUVカットが出来る、非常に保湿力にも特化した優れものです。

 

リマナチュラルオーガニック

リマナチュラルオーガニック(R) 国産無農薬椿油配合 ミルキィ スタイリングフォーム 200g

べたつかずにのびが良い、オーガニックタイプの日焼け止めクリームです。セージ葉エキスやビルベリー葉エキスなどの各種自然派由来のオーガニック植物エキスを配合。更に、ヒアルロン酸やスクワランなどの潤い成分も配合してありますので、使う度、保湿ケアも行えるのが特徴です。

 

ソレオ オーガニックス

ソレオ オーガニックス 40g

100%天然由来成分で作られたオーガニックの日焼け止めクリームです。完全オーガニックでお肌に優しいのに、ウォータープルーフ使用になっていますので、海辺などの紫外線が強いタイミングでも、心置きなく使えます。塗っても白くなりにくく、べたつかないため、化粧下地にも最適。

 

オルナ オーガニック ベビー

オルナ オーガニック ベビー 日焼け止め 0歳の赤ちゃん~キッズ・こども用 紫外線吸収剤不使用 ノンケミカル 「 無添加 *1 合成香料・合成着色料不使用 」「 毎日使える優しいuvケア 」50ml

赤ちゃんのデリケートなお肌にも利用できる、8つの無添加が特徴の日焼け止めクリームです。各種肌トラブルを引き起こしやすい添加物を一切排除しており、デリケートな赤ちゃんのお肌も日焼けから守りますので、敏感肌の方でも心置きなく使えるでしょう。石けんでも簡単に落とせるタイプで、ラベンダー花エキスやローズマリー葉エキスなどの、自然派由来の保湿成分を配合しており、何かとお肌に優しいアイテムです。

まとめ

オーガニックの日焼け止めは、お肌に優しく、赤ちゃんでも使える商品も多々販売されています。過度な敏感肌の方でも安心して使える商品も多いため、お肌に優しい日焼け止めを探す際には、オーガニックアイテムを中心に見ることをおすすめします。アイテムによって値段も異なりますので、日頃使い続けても、お財布の負担にならないようなタイプを選びましょう。