フェイスパウダーはブラシが最適!選び方とおすすめブラシまとめ!

フェイスパウダーをつける際にパフを使うという方は少なくありません。しかしながらフェイスパウダーはブラシを使うことによってさらに効果をアップさせることも可能です。

そこで、

  • フェイスパウダーをブラシを使ってつける際の様々なメリット
  • 目的別のおすすめの毛の種類
  • 形やシーンでの選び方
  • おすすめブラシ

をご紹介します。

フェイスパウダーはブラシを使おう!

フェイスパウダーは、ブラシを使ってつけていくことをおすすめします。その理由として挙げられるいくつかの点をまとめました。

パフでつけると粉をつけすぎてしまう

フェイスパウダーはベースメイクの最後に仕上げとして使うパウダーです。しかしパフでつけてしまうとフェイスパウダーの粉がつきすぎてしまいます。

粉が多くついてしまうと、乾燥を引き起こす原因にもなってしまい肌に多くのダメージを与える可能性もあります。そのためフェイスパウダーをつけるにはパフではなくブラシがおすすめなのです。

自然な仕上がりならブラシがおすすめ

パフを使ってフェイスパウダーをつけると、細かい箇所もしっかりとまんべんなくつけられるというメリットがあります。

しかし、軽い感じのナチュラルな透明感を出したい場合はブラシを使うほうが良いでしょう。パフを使った後でブラシで余分の粉を落とすという方法でもナチュラルな仕上がりにすることができます。

ブラシを使うと毛穴が目立たなくなる

パフを使うとマット感のある肌を作りやすくなりますが、ナチュラルさが損なわれてしまうという点が問題です。

しかし、ブラシを使うことによってナチュラルでありながら毛穴を目立たなくさせることができるのです。ブラシは細かなところにも対応することができますので、透明感やナチュラルさを調節する場合には特におすすめと言えます。

なりたい肌や目的で毛の種類を変える

フェイスパウダーをブラシを使ってつけていく際に、ブラシの種類にもこだわることによってより自分の理想に近づいたメイクができるようになるでしょう。そこで代表的な素材の特徴と、そのブラシを使用することによって得られる効果についてまとめました。

ふんわり肌なら灰リス毛

ふんわりとした肌にしたいなら灰リス毛がおすすめです。特徴としては、とにかくソフトな肌触りであることや手先が細くてしなやかであるため肌に密着するという点が挙げられます。

カバー力の高さとツヤ肌ならヤギ毛

ヤギ毛のブラシは非常に柔らかく、しっかりと肌にフェイスパウダーを乗せることができます。細かいところまでカバー力がしっかりと高いというのは嬉しいことです。そのようにしっかりフェイスパウダーが乗ることによって、美しいツヤ肌へと変化することができるのです。

セミマットならヤギ・灰リスの混毛

セミマットな質感を目指しているならヤギと灰リスの混毛ブラシがおすすめです。混毛なので、適度なコスパと肌あたりの良さを兼ね備えた素晴らしいバランスのプラシとなっています。

お手入れがしやすいのは人工毛

人工毛は天然毛に比べて非常に手入れがしやすいです。特徴としては余分な油分が含まれていないため非常にツルツルとしています。そのため油分を含んだ化粧品を使う時などには特に人工毛は扱いやすい素材とされているのです。

形やシーンで選ぶ

メイクブラシを選ぶ際には、形やシーンによって使い分けることが大切です。そこで、ブラシの形状とその特徴についてまとめました。

形状で選ぶ:ベーシックな丸平型タイプ

最も基本的なタイプとして一本は持っておきたいのが丸い平型タイプのブラシです。特徴としては、平たい側面がありますので広い面に対してもしっかりとつけることが挙げられます。角度によって粉のつき方を変えることができますので、とても使い勝手の良いブラシと言えるでしょう。

形状で選ぶ:粉含みがよくて塗りやすいきのこ型タイプ

キノコ型のブラシはナチュラルメイクに最適です。粉含みが良く非常に塗りやすいので、肌に軽く滑らすことでベースメイクを均等に薄く塗ることができます。非常にナチュラルな仕上がりにすることができるでしょう。

使うシーンで選ぶ:自宅で使うならしっかり握れる長い柄のタイプ

自宅で使うならしっかり握れる長い柄のタイプがおすすめです。しっかりとベースを作るためにも、多少大きくても握りやすいタイプのブラシが良いでしょう。

使うシーンで選ぶ:外出時に持ち運び便利な繰り出しタイプ

繰り出しタイプのブラシであれば外出する際にも持ち運びに便利です。外出先で度々メイクを直す必要がある場合などは持っておくと便利でしょう。普段自宅でメイクをする際に、ムラなくフェイスパウダーをつけるには適していないかもしれませんが、メイク直しには抜群の威力を発揮します。

ブラシ初心者におすすめ!ベーシックな丸平型ブラシ3選

ブラシ初心者の方には扱いやすい丸平型ブラシがおすすめです。そこでおすすめのブラシを紹介します。同じ形状のブラシでも使い心地が異なりますので、自分の気に入るものを見つけましょう。

熊野筆竹宝堂正規品パウダー/チークブラシRR-C3


ヤギの毛を用いたブラシです。非常に柔らかく扱いやすいだけでなく耐久性にも優れています。そして、毛のコシもちょうど良いため初心者の方でもとても扱いやすいブラシと言えるでしょう。

Rownyeonメイクブラシチークブラシ


柔らかく、肌触りがとても優しいブラシとなっています。長い毛ですのでコントロールが簡単で初心者でも扱いやすいブラシと言えます。またプロ愛用率も高く、初心者だけでなく広く受け入れられているブラシとも言えるでしょう。

DUcare化粧筆


高品質のヤギの毛を使った贅沢なパウダーブラシです。そのため肌あたりがとても優しいだけでなく適度なコシもあります。粉含みもとても良いので、初心者の方でもイメージ通りのメイクを行うことができるでしょう。

粉含みがよく塗りやすいきのこ型ブラシ3選

キノコ型ブラシは粉含みがよく、非常にナチュラルな仕上がりが特徴です。その中でも特におすすめの三つをご紹介します。

EMOCCIファンデーションブラシ


高級ナイロンを使用している中で特に人気の高いブラシです。非常に柔らかく弾力性にも富んでいるので、粉含みが良いブラシとして知られています。ブラシの使い方によって広い部分から細かな部分まで一本で対応することができるので、とても使い勝手の良いブラシと言えるでしょう。

晃祐堂きのこブラシ


非常にオーソドックスなキノコ型ブラシと言えます。柔らかいけれど程よいコシによってムラなくフェイスパウダーをつけていくことができるでしょう。ナチュラルな仕上がりにしたい場合は、まずはこのブラシを試してみても良いかもしれません。

Yingxinguangメイクアップブラシ18SSYM


最高品質の合成毛髪で作られています。合成毛髪のため非常に耐久性もあり衛生的であると言えます。スムーズな使い心地で多くの方が利用しています。自然の丸太で作られたハンドル部分も非常に握りやすく、扱いやすいブラシと言えるでしょう。

自宅で使うのにおすすめ!しっかり長い柄のブラシ3選

自宅で使うには持ち運びなどを気にしない、使いやすさ重視のブラシを選ぶことが大切です。短い柄のブラシよりも長い柄のブラシの方が良いでしょう。そこでおすすめの長い柄のブラシをご紹介します。

SixPlus貴族のゴールドパウダーブラシF01


全てのブラシが手作りされているという点が特徴です。しっかりとした長い柄のブラシですので、とても扱いやすいブラシと言えます。ピンクゴールドとマットブラックが合わさったかっこいいブラシであるのもポイントの一つでしょう。

amoore化粧筆パウダーブラシ


とても柔らかく弾力性に富んだブラシです。顔の細部にもしっかりとフィットするので、ムラなくフェイスパウダーをつけることができるでしょう。

SPADE.sファンデーションブラシ

使えば使うほど馴染んでくる不思議なブラシなので、家で使う愛用のブラシとして長く使うことができるでしょう。適度にコシのあるパウダーブラシで塗りやすく、高級タクロンを使用しているので敏感肌の方でも安心して使うことができます。

携帯に便利!サッと使える繰り出しタイプのブラシ3選

メイク直しの時などにサッと取り出して使える繰り出しタイプのブラシの中でも特におすすめの3つをご紹介します。

MAANGEメイクブラシ


キノコ型のブラシです。高級ナイロン繊維を使用しているブラシですので、柔らかく弾力性に富んでいるのも特徴です。たっぷりとした毛量で、肌あたり、使い心地が良いブラシと言えるでしょう。

SUAYLLA新型伸縮メイクブラシ


キノコ型の形状をしたとても使いやすいブラシです。肌触りも非常によく、肌に負担をかけることなくメイクすることができるでしょう。フェイスパウダーだけでなくチークなども対応することのできる万能型のブラシです。

Frcolorパウダーブラシ


高級材質で作られたとても使い心地の良いブラシです。毛先はきのこ形状なのでナチュラルな仕上がりが期待できます。またフェイスパウダー以外にもあらゆるパウダーメイクができる万能型のブラシと言えるでしょう。

まとめ

フェイスパウダーを顔につけるには、パフよりもブラシのほうが自然に仕上がりやすいといえます。自分の用途や好みに合ったブラシを探してみましょう。メイクの仕方を変えるだけでガラッと印象を変えることもできます。