日焼け止めは塗り直しが大切◎こまめに塗り直して効果を持続させよう!

紫外線が強い日こそ忘れてはいけないアイテムが、日焼け止めです。
日焼け止めには日焼けを防止する効果だけでは無く、紫外線からお肌を守り、肌トラブルの発生を防ぎます。
紫外線ダメージは蓄積すればするほどお肌にダメージを与え、気がついた時にはシミやソバカス、老化を引き起こしますので、しっかり防ぐ事が重要になります。

そんな大切な日焼け止めですが、日焼け止めと一口に言っても、実は様々な種類がありますので、自分に合っているタイプを選ぶ事が重要です。とはいえ、どんな日焼け止めが良いのかよく分からないという方も多く、選び方を間違えて、大変な事態に陥ってしまう方も少なくありません。日焼け止めにはそもそもどんな種類があるのかを、こちらではご説明します。

また、日焼け止めはただ塗るだけではなく、塗り方もとても重要です。お出掛け前に日焼け止めを塗ったのに、夕方になったら日焼けしてしまっていた、何てことにならないためにも、日焼け止めを塗り直し出来るように、日焼け止めを塗り直すタイミングを考えましょう。おすすめの日焼け止めと、合わせてご紹介します。

日焼け止めのタイプ

飲み薬タイプ

ハローいわたさん(@hallo_iwata)がシェアした投稿

近年人気の日焼け止めが、飲み薬タイプです。日焼け止めというとお肌に直接添付するイメージが有るかもしれませんが、最近では、紫外線防止効果のある成分が含まれた、飲み薬やサプリメントを飲むことで、簡単に紫外線カットが可能になります。もちろん人体に悪影響は無い商品がほとんどで、気軽に飲むことが出来るでしょう。

飲む日焼け止めと呼ばれる事も多く、サプリメントタイプやタブレットタイプなど、飲みやすい粒状で販売されていることが多くあります。サプリメントタイプやタブレットタイプで味もほとんど無い物が多いので、気兼ねなく飲めるでしょう。ただし、何週間か飲み続ける事で効果が現れるタイプが多い為、商品ごとの利用方法や、効果が現れるまでの期間をよくチェックして、購入する事が大切です。

クリームタイプ

矢野ちかこさん(@chikakoyano)がシェアした投稿


非常にポピュラーなクリームタイプの日焼け止めです。非常に様々なタイプが販売されており、初めて使う日焼け止めにこちらを選ぶ方も少なくありません。商品によって、さらさらと使えるタイプもあれば、しっかりと密着するタイプもありますので、肌質や好みに合わせて利用しましょう。

クリームタイプは敏感肌用やキッズ用なども販売されていますので、自分に合っているタイプを選ぶ事が大切です。また、配合されている日焼け止め成分にも様々な違いがあるため、肌に合うかどうか、どんな成分なのかなどを調べてから購入すると、肌ストレスを軽減できるでしょう。

またクリームタイプの場合、お値段ピンキリで、量も商品によって全く異なります。肌馴染みもよくてスッと浸透するタイプもあれば、白浮きしてしまってべたつくというタイプもありますので、使い心地も良く比較しましょう。

ジェルタイプ

yuki ♡さん(@yukii061)がシェアした投稿

毛穴の奥まで密着する、ジェルタイプの日焼け止めです。保湿も同時に行える優れものですので、スキンケアの一環としても活用されることが多いほど、お肌を保湿しながら、日焼け対策が出来ます。難点として水に弱く、すぐに落ちてしまうことが多いですが、近年ではウォータープルーフタイプも販売されていますので、塗り直しをせずとも1日安心のタイプもあるでしょう。

スプレータイプ

alex republic recoさん(@alex_republic_reco)がシェアした投稿


お肌だけでは無く、髪の毛もケア出来る優れものとして人気なのが、スプレータイプの日焼け止めです。こちらはメイクの上からケア出来るタイプも多く、サッと一拭きするだけで、強力に紫外線をブロックします。スプレータイプの日焼け止めであれば、背中などの手が届きにくいところも、丁寧にケア出来るでしょう。

日焼け止めの塗り直しについて

外に出ることが多い場合は2時間に1回は塗りなおしたほうが効果的

外に出る機会が多い場合は、最低でも2時間に1回は塗り直しをした方が良いでしょう。密着力が低いタイプ、紫外線カット効果が低いタイプは特に、時間と共に簡単に、皮脂や汗で流れ落ちてしまいますので、注意が必要です。

プールなどの水辺にいく場合は特に、こまめに塗り直しをしないと、簡単に日焼けをしてしまいます。ウォータープルーフタイプであれば大丈夫ですが、一般的なタイプの場合は、こまめに塗り直しをしましょう。

メイクをしている場合はメイクをきちんと落としてから塗り直し

メイク下地として活用出来る日焼け止めクリームも多々ありますが、メイクをした後に日焼け止めを塗り直すという場合は、一度メイクを全てオフしてから、塗り直すようにしましょう。そのまま日焼け止めを塗り直すと、塗りむらが出来てしまい、きちんと紫外線カットが出来ません。メイクをしたまま出来るスプレータイプの日焼け止めなどで有れば問題ありませんが、普通の日焼け止めの場合は、きちんとオフする一手間を忘れないようにしましょう。

朝の10時から15時の間は紫外線の強さが強いので塗り直しを的確に行う

朝の10時から15時の間は、紫外線が最も強いため、定期的に塗り直しを行いましょう。汗をかいてしまったという場合は特に、すぐにでも塗り直しすることが大切です。

こまめに塗りなおすことが完璧な日焼け止め対策には必要

奥山瑞穂 ..♡さん(@mizumizumizuho2)がシェアした投稿

日焼け止めに重要なのは、こまめに塗り直しをすること。お出掛け前に塗るだけでは不十分な可能性が高いため、出来るだけこまめに塗り直しをして、日焼け対策をしましょう。

日焼け止めで人気のあるスプレータイプを紹介

KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー ピュアシャボン SPF50+ PA++++

KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー ピュアシャボン SPF50+ PA++++ 50g

KOSEの人気日焼け止めスプレーシリーズです。顔や体、髪の上からも支えるスプレーで、
ピュアシャボンの香りが優しく鼻腔をくすぐります。SPF50+、PA++++の最強紫外線カットアイテムなので、絶対に焼きたくないという方にピッタリ。

 

La Roche-Posay

La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) 【敏感肌用*キッズ用日やけ止めスプレー】 アンテリオス キッズ ミルク SPF50+/PA++++ 200mL

キッズや敏感肌など、デリケートな肌質の方でも使える、ミルクタイプの日焼け止めです。非常に優しい仕上がりなのに、SPF50+、PA++++という最強紫外線カット率が魅力。

 

ビベッケの全身まるごとサラサラUVスプレーキングサイズ SPF50+ PA++++

ビベッケの全身まるごとサラサラUVスプレーキングサイズ SPF50+ PA++++ 300g

デザインがアメリカナイズされていてとてもキュートな日焼け止めスプレーです。使い心地サラサラで全身に使えるタイプになります。SPF50+、PA++++ですので、絶対に焼きたくないという強い意志を持っている方にもピッタリ!

 

KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー フレッシュシトラス SPF50+ PA++++

KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー フレッシュシトラス SPF50+ PA++++ 50g

KOSEが誇る人気の日焼け止めスプレーです。スプレータイプなのでメイクの上や髪の上からも使いやすく、塗り直しも簡単。シトラスの香りが爽やかに、さらさらとべたつかずに使える日焼け止めになります。

 

まとめ

日焼け止めにはこのように様々な種類があります。飲むタイプ、塗るタイプ、スプレータイプまでありますので、自分に合っている、自分が使いやすいと感じる日焼け止めを活用して下さい。日焼け止めによって配合されている成分も異なりますので、色々と比較をしてみましょう。