乳液とクリームの違いとは?乳液かクリームで迷った時の選び方

乳液とクリームは目的としてはどちらも潤った肌をキープすることです。また油膜を張って肌を保護することも目的となります。しかし乳液とクリームは、目的は同じでも、それぞれ異なる特徴を持ちます。

そこで、ここでは

についてまとめてみました。それぞれの特徴をよく理解した上で、季節や肌質など自分のニーズに合った方を選びましょう。

乳液の特徴


乳液の特徴は非常に使いやすいという点でしょう。化粧水の後に季節を問わず乳液を塗ることによって肌の乾燥を防ぐことができます。つけ心地もさっぱりとしているため、重たく感じることもないでしょう。ここではそうした乳液の具体的な効果についてまとめました。

サラッとしたテクスチャー

乳液はとてもさらっとしているのが特徴です。水分の割合が多く、肌馴染みが良いのがメリットと言えるでしょう。つけ心地も重くないので、乳液をつけた後でクリームを重ねて付けるという方法も可能です。乾燥が気にならない時期の場合は、クリームはつけずに乳液だけでも十分でしょう。基本的に水分が多いため、オイリーな肌の方でも気にならずに使えるのも特徴といえます。

肌を柔らかくする効果がある

乳液にはお肌を柔らかくする効果が期待できます。水分と油分がバランスよく配合されているため、肌を柔らかくする柔軟作用があるのです。肌を柔らかくしてリラックスを促し、肌そのものの美しさを引き立ててくれます。乾燥によってゴワついてしまうお肌のケアとしても最適です。

クリームの特徴


クリームは乾燥しやすい時期にとても役に立つアイテムとなります。基本的には乳液よりもしっかりと保湿をしてくれるので、乾燥肌の方や、季節によっては欠かせないでしょう。乳液と同じ目的を持ちながらも、クリームならではのメリットをご紹介します。

しっとりとしたテクスチャー

クリームは乳液にくらべてしっとりとしたテクスチャーです。そのため乳液よりも少しべたつきを感じるかもしれません。ただし、それだけ保湿力が乳液よりも高いため、乾燥しやすい時期においては不可欠のアイテムとなるでしょう。乳液とクリームを重ねて塗ることによって、さらに効果を上げることもできます。

肌のうるおいをキープする効果がある

クリームは保湿力がとても高いので肌の潤いをキープする効果を期待できます。空気の乾燥した季節やエイジングサインが気になる時など、クリームをしっかりとなることによって、肌の調子を整えることができるでしょう。もしも乳液と一緒に使う場合には、化粧水と美容液を塗った後で乳液をつけ最後にクリームを使うことによって、クリームの強みを最大限に生かすことができます。

乳液?クリーム?迷った時は

自分の肌には乳液とクリームどちらがいいのだろうとお悩みの方は、自分の肌の状態や季節の状況に合わせて選ぶとよいでしょう。ここでは、タイプ別に最適な選び方をまとめました。

オイリースキンなら乳液

オイリースキンの方は、油分の少ない乳液がおすすめです。オイリー肌の方は、少しでもべたつくのを避けたいあまり、どうしても乳液をつけたいと思えないこともあるでしょう。化粧水だけでさっぱりと仕上げた方が気持ち的には楽かもしれません。しかし、化粧水だけでは保湿を行うことはできず、結局お肌が乾燥することによって余計な皮脂が出てきてしまいます。そのため、多少べたつくような感覚を覚えたとしても、乳液を使った方が良いのです。ただしクリームほどの油分は必要ありません。油分の少なめの乳液を選びましょう。

また年齢に応じても乳液の種類を変えていくこともおすすめです。20代まではさっぱりタイプの保湿効果が低めの乳液でも大丈夫ですが、30代を過ぎたらなるべく保湿効果の高い乳液を使った方が良いでしょう。もともとオイリー肌のためにべたつきが気になるという方は、化粧水に混ぜることやティッシュで優しくオフするなどしてべたつきを抑えることも効果的です。

ドライスキンならクリーム

乾燥肌の方はクリームを使用することをおすすめします。乾燥肌の場合はセラミドが配合されている保湿効果の高いクリームを利用すると良いでしょう。また乳液や美容液との併用もおすすめです。イメージとしては、化粧水と美容液でしっかりと整えた肌の状態を、乳液で蓋をして、クリームによってしっかりと保湿力をキープするという使い方です。乾燥肌を改善するためには水分と油分のバランスを整える必要があります。そのため単純に水分量だけを増やしても、乾燥肌の根本的な解決とはなりません。クリームを上手に併用することによってしっかりと保湿していきましょう。

混合肌は部位によって乳液とクリームを使い分ける

べたつきと乾燥を繰り返してしまう混合肌には、乳液とクリームを時期によって使い分けるのが良いでしょう。夏はさっぱりとした乳液、冬はしっとりとした乳液か、さらに乾燥が気になる場合にはクリームを使用するという方法です。そのため年間を通じて同じ乳液やクリームを使うというわけではなく、状況に応じていくつかの種類を使い分けていく必要があります。オイリー肌と同じようにべたつきが気になる場合には、ティッシュでオフすると使い心地も爽やかになるでしょう。

30代以降は水分が足りなくなってきたらクリーム


乳液も年代に応じて保湿力の異なるものを使い分けていく必要があります。とりわけ30代以降はお肌の水分が足りなくなってくる傾向が高いので、クリームを使うと良いでしょう。特に、肌の内部にある潤いを保つためのセラミドという成分が減少することによって、乾燥を引き起こしやすくなります。そこでセラミドが配合されているクリームを使用することによって、乾燥しにくく、アンチエイジングともなるでしょう。

夏はテカりやすいため乳液

夏場は汗によって皮脂が発生しやすい状況にあります。テカりやすいために、さっぱりとした使い心地の乳液を使うと良いでしょう。特に夏は乾燥しにくいので、油分の低めの乳液を使うと使い心地も爽やかです。

冬は乾燥しやすいためクリーム

冬は夏に比べてとても乾燥しやすく、肌の状態も乱れやすくなります。そのため乾燥をしっかりと防ぐためにクリームを使用すると良いでしょう。乾燥が悪化してしまうと大人ニキビや乾燥によるくすみや小じわを引き起こすこともあります。また、乾燥性敏感肌という、水洗顔をするだけでヒリヒリしてしまうトラブルを抱えてしまいかねません。乾燥しやすい時期にはしっかりとした保湿対策を行いましょう。

乳液やクリームを使用する際の注意点

ナイトクリームの効果とは
乳液やクリームは肌の調子を整える上でとても大きな働きをしますが、使用する際には注意点もあります。ここではそうした注意点をご紹介しますので、使用の際には心がけましょう。適切に使うことによって十分に効果を発揮することが期待できます。

しっかりと保湿成分が配合されているものを選ぶ

乳液やクリームを使用する際には、しっかりと保湿成分が配合されているものを選びましょう。先ほど最も肌にとって高保湿な成分にセラミドがあるとご紹介しましたが、特に後ろに1、2、3といった数字が付いているヒト型セラミド配合のものが肌に優しく高い効果が期待できます。

セラミドの他に保湿効果の高い成分としてヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといった成分が挙げられます。保湿にプラスしてエイジングケアもできるクリームもたくさんありますので、そうしたプラスアルファの効果のあるアイテムを選ぶのも良いでしょう。

塗布した後は軽くティッシュオフして余分な油分を取り除く

余分な油分を取り除くためにも、塗布した後は軽くティッシュオフするのを忘れないようにしましょう。ティシュオフの方法としては、三角に折ったティッシュで、気になる部分を押さえ拭きして仕上げていきます。なぜティッシュを三角にするかと言うと、その形が一番手に添わせることができるため、抑えたい部分にしっかりと密着させることができるからです。

まとめ

季節や元々の肌質によって、オイリー肌や乾燥肌など様々なトラブルを抱えてしまうことがあります。そこで、乳液やクリームのそれぞれの強みを上手に生かして柔軟に対応していきましょう。