馬油でシミに効果が出るまでの期間は?おすすめ商品や使用方法について紹介

馬油(バーユ)とは、馬の皮下脂肪を原料にして作られた固形の油脂のこと。手にのせるとすぐにさらっとした液体になり、肌によく浸透します。肌の保湿のためのスキンケアアイテムとして使われている馬油ですが、シミにも効果が期待できる、と注目を集めています。

馬油が肌にどのように働きかけるのか、馬油の使用方法、おすすめの馬油などについて解説していきます。

馬油に期待できる美容効果

馬油はオレイン酸やパルミチン酸、パルミトレイン酸などの良質な成分を豊富に含む、とても優れたスキンケアアイテムです。まずは馬油の主な働きについて見ていきましょう。

あわせて読みたい

馬油を使って自分の肌に美容効果を出せる環境を作りましょう!

続きを読む

抗酸化作用や殺菌作用で肌へのダメージを防止

馬油は動物性の油脂にもかかわらず、若さを維持するために必須の高度不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。また、牧草を主食とする馬の馬油にはa-リノレン酸がたっぷり。馬油を肌に塗り浸透させることで、肌を酸化から守り肌の炎症など鎮めてくれるのです。

このような背景から、馬油には肌の老化を防ぐ働きがあるといわれています。

浸透力が高いので美容成分の即効性が高い

馬油は人間の皮脂と非常によく似た構成をしているので、皮下組織の深くまで浸透させることができます。なので、皮膚の内部から細胞を活性化させることができます。また皮膚の表面にも薄い油膜が張られるので、肌のうるおいを保つことができます。

べたつきもなくサラッとなじむので、とても扱いやすい優秀な美容液といえます。

血行促進して肌の質を上げる

馬油でマッサージすることで、肌の奥深くまで浸透した馬油の成分が細胞を刺激し、血流を高めます。血行促進の働きは肌のターンオーバーを促すので、肌は透明感を増し、健やかな状態を維持できるようになるでしょう。

炎症を抑えてニキビなどを防止する

皮脂とよく似た成分である馬油で肌に膜を張ることによって、肌のバリア機能が高まります。炎症やかゆみをともなうようなニキビ部分は、皮膚が熱を帯びている状態。その部分に馬油を塗りフタをすることで、患部の酸素が追い出されて炎症がおさま流と言われています。

馬油のシミへの効果の理由

馬油は肌の保湿にはもってこいですが、それ以外にシミを防ぐ効果も期待できます。30代以降の肌は、乾燥しやすくなるだけでなくシミも気になりだします。馬油のシミへの作用について、詳しく見ていきましょう。

血行促進&代謝を上げてシミを退治

馬油をこまめに塗りマッサージを続けると、皮膚の細胞が活性化し血流が促進されます。血流が促進することで肌のターンオーバーが正常に行われるようになり、肌の老廃物が排出されて正常な肌の状態を保つことができます。

シミは、堆積したメラニン色素などの老廃物。年齢を重ねるにつれ肌に老廃物がたまりやすくなり、シミを加速させる活性酸素も増えていきます。馬油は活性酸素からも肌を守ってくれるのです。

肌に潤いを与えて肌バリアを上げる

馬油は抗酸化作用が期待できる不飽和脂肪酸がたっぷり。馬油を肌の奥まで浸透させることで、馬油の油膜が外部の刺激から肌を守ります。

肌トラブルの原因は、バリア機能が正常に働かなくなること。馬油の良質な油分を肌に与えてあげることで、肌のバリア機能は高まり、シミのできにくいみずみずしい肌に生まれ変わるのです。

馬油がシミに効果を発揮するまでは半年から一年

馬油を塗ったからといって、一日や二日でシミが薄くなるわけではありません。もちろん保湿力が高いのでしっとり感はすぐに感じることができるでしょう。シミに対する良好な変化は、塗り始めてから半年から一年はかかります。

地道に毎日のスキンケアにとり入れていくことで、少しずつ肌に変化が起こるはずです。

馬油でシミが濃くなってしまう?

馬油を使うようになってからシミが濃くなってきた、と感じる方もいるようです。

馬油の働きによって新陳代謝が高まると、たまった老廃物が肌の外に出ようとします。その結果、一時的にシミが濃くなったように見えるのです。

あきらめずに馬油を塗り続けることで肌は透明感を増し、少しずつシミが目立たなくなっていくでしょう。

馬油のシミに効果的な使い方

馬油は質の良い美容成分をたっぷり含んだ、とても優れたスキンケアアイテムです。保湿クリームとして毎日使い続ければ、肌はうるおいを増し、シミを防ぐことができるかもしれません。ここで、馬油のシミに対する効果的な使い方について見ていきましょう。

シミが気になる部分に馬油をたっぷり塗る

敏感肌や乾燥肌の方はバリア機能が弱いので、シミもできやすいもの。口の中にも使えるほど安全な馬油100%・無添加のアイテムを使えば、他の乳液やクリームでは肌に合わない、という敏感肌の方でも毎日たっぷり塗ることができます。

馬油は嫌な油の匂いもまったくないので、スキンケアに使っても安心。シミのできやすい部分やうっすらシミができている部分に、贅沢に塗り込みましょう。

馬油を使ったクレンジング&洗顔をして肌のバリア機能を高めシミを防ぐ

アトピーや肌トラブルを抱えている方にとって、自分に合ったクレンジング剤や洗顔料を見つけるのは困難です。でも赤ちゃんの肌にも使えるぐらいやさしい成分の馬油なら、肌をやさしくケアしながらクレンジング剤や洗顔料の役割を果たしてくれます。

馬油洗顔は水を使う必要がありません。うるおいを残したまま汚れだけを落とすので、ツヤツヤの肌に仕上げることができるでしょう。

今回使用しているアイテムは「ソンバーユ」

熊本産の上級といわれる馬からとれた油を原料にした、馬油100%の商品です。油臭さや劣化のもとになる不純物はしっかりと取り除かれているので、気になる匂いもまったくありません。

固形タイプですが、肌の温度ですぐに液体になりサラッとなじみます。

毛穴がツルツルになる馬油洗顔の方法

朝の洗顔や、夜メイクを落とした後の洗顔で馬油を使うと、ツッパリ感もなく化粧ノリのいいもちもち肌になります。馬油を使った洗顔の基本的なやり方を見ていきましょう。

1. 馬油を適量手に取り、頬・額・Tゾーン・アゴにのせていく

まずは馬油を顔に、点で置いていきます。体温ですぐに溶けてくるので、手早く置くのがポイント。汚れを落とすと同時に保湿の役割もあるので、馬油は少し多めに(大豆ぐらいの大きさ)使うといいでしょう。

2. 指の腹を使い円を描くようにしてなじませる

なじませる時には、「やさしく」を心がけてください。強くこする必要はありません。指の腹を使い、クルクルとマッサージするように顔全体に広げていきましょう。

3. コットンでやさしく拭き取る

浮かび上がった肌の汚れと余計な馬油を、コットンでそっと拭き取っていきます。この時も、決してこすらないようにしてください。肌を傷つけ、肌に必要な皮脂まで失ってしまいます。力を入れずにやさしく拭き取りましょう。

コットンのままでもいいのですが、敏感肌の方は拭き取り専用の化粧水を含ませたコットンを使うといいですよ。

今回使用しているアイテムは「ソンバーユ 無香料 70ml」

馬油の美容液で人気の商品7選

優れた美容効果が期待できる馬油。試してみたくても、様々なアイテムの中からどれを選べばいいのか分かりませんよね。ここで、馬油の商品の中でも人気のあるアイテムを7つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

馬セラミド美容原液

【紫外線で傷んだ肌に潤いチャージ】馬セラミド美容原液 30ml

うるおいのある肌を維持するために必須のセラミドがたっぷり含まれているので、使い続けることでお肌はしっとりもちもちに。使用した方々は「肌の調子が整った」「もう手放せない」と使用感のよさに満足し、リピートしています。

小じわやほうれい線が気になるエイジング肌の方には、特におすすめ。原液美容液なのでお値段は高めですが、贅沢に高濃度のセラミドが含まれているので、スペシャルケア用として使うといいですよ。

エービーエル 馬油リキッドピュア100

エービーエル 馬油リキッドピュア100(美容液) 30ml

馬油100%なのにお手頃価格なので、クレンジングや洗顔にも気兼ねなく使うことができます。顔だけではなく、全身のボディケアにもたっぷり使えますよ。浸透力も高く、塗った翌日はしっとりもちもちの肌で目覚めることができるでしょう。

リシャン 馬油しっとりスキンジェル さくらの香り

リシャン 馬油しっとりスキンジェル さくらの香り 200ml×2本セット

馬油をベースに、北海道産馬プラセンタや水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸などの肌の保湿に欠かせない美容成分が配合された、高保湿のスキンケアジェル。値段も手ごろなので、エイジングケアとして毎日たっぷり使うことができます。

忙しい朝も、これ一本でスキンケアが完了。桜のほのかな香りも心地いいですよ。

国産 馬プラセンタエキス

国産 馬プラセンタエキス 100% 原液美容液 プラセンタエクラ 30ml /ノー ベル賞受賞成分/完全無添加/オーガニック成分

美肌には欠かせない美容成分として注目の馬プラセンタがたっぷり使用された原液美容液。プラセンタには、肌のターンオーバーに欠かせない9つの必須アミノ酸が全て含まれています。

無香料・無着色の完全無添加

リマーユ プラセラ原液

若々しい肌を取り戻すために欠かせない3つの美容成分「馬プラセンタ・馬セラミド・馬サイタイエキス」を贅沢に配合した原液美容液。肌のターンオーバーの正常化や保湿のために、洗顔後の素肌に直接塗り込みましょう。

とろみのある質感なのに、肌になじませると驚くほどサラッと浸透していきます。

ソンバーユ 液 無香料 55ml

固形タイプが有名なソンバーユですが、この商品は液状タイプ。最も比重の軽い部分のみ抽出し精製された馬油100%の商品です。液体タイプで扱いやすいので、クレンジングや馬油洗顔、全身の保湿ケアとして使うことができます。

独自の製法で気になる油臭もカットされているので、顔にたっぷり塗っても匂いが気になりません。完全無添加なので、安心して使用できますね。

こころうるう美容液

馬プラセンタ・スクラワン・セラミド・リピジュア(ヒアルロン酸の2倍の保湿力)といった、高保湿の美容成分がふんだんに含まれた美容液です。ローズマリー葉エキス・ザクロ果実エキスなどの植物由来のエキスも贅沢に配合。

パラベンやアルコールなど、7つの気になる添加物は全て使われていません。

まとめ

古くから民間療法として利用されてきた馬油。馬油の優れた美容成分は、女性の肌を透明感のあるもちもちの肌へと導きます。まるで高価な美容液のようにすばらしい働きを持つ馬油を使わない手はありませんね。年齢を重ねるごとに気になってくる肌のシミやくすみ予防に、スキンケアのひとつとして馬油をとり入れておくといいでしょう。