青のアイシャドウのメイク方法3選!透明感の寒色アイシャドウの使い方はコレ

目元をクールに彩ってくれる青いアイシャドウですが、やや主張の強い色味で、メイクに取り入れるのは難しいと思っていませんか?しかし、選ぶアイシャドウやメイクのやり方次第で、透明感のある女性らしいきれいな目元にすることも可能。

そこでこの記事では、青のアイシャドウを使った上手なメイク方法や、おすすめのアイシャドウを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

青色のアイシャドウが似合うのはこんな人

画像引用元:latte

青色のアイシャドウは、どちらかと言えば、くっきり二重の人よりも、一重や奥二重の人の方がよく似合います。

青色のアイシャドウは、肌との色の違いによりはっきりと発色し、華やかな目元になります。そのため、元々二重でぱっちりとした目の人だと、かえって派手になりすぎる可能性も。一重や奥二重で、目元をもっと華やかに彩りたい場合、青色のアイシャドウはおすすめのアイテムと言えるでしょう。

青色アイシャドウのメイクの仕方

青色系のアイシャドウを使ったアイメイクのやり方を紹介していきます。とても簡単なので、ぜひ参考にしてみてください。

白いアイシャドウをアイホール全体に乗せる

まずは太いチップに白いアイシャドウを適量付け、まぶたのアイホール全体に塗っていきましょう

薄い水色のアイシャドウを二重幅に塗る

次に、細いチップに薄い水色のアイシャドウを適量付け、二重幅にだけ塗っていきます

ラメの強い薄めのブルーを目じりに塗る

続いて、ラメの強い薄めのブルーを細いチップに適量付け、目じり辺りに広めに塗っていきましょう。

濃いブルーをアイラインのように塗る

濃いブルーを細いチップに適量付け、まつ毛の生え際のすぐ上に、アイラインを引くように塗っていきます。さらに、目じりの下にも塗っていきましょう。

アイブラシで全体をぼかす

フサフサの柔らかいアイブラシを使って、塗ったアイシャドウ全体をぼかしていきます。そうすると、自然なグラデーションになりきれいに仕上がります。

完成

青色系のアイシャドウを使ったアイメイクが完成です。

今回使用したアイテムは「ヴィセ リシェ ジェミィリッチアイズBL-5」

宝石のようなまばゆい輝きが特徴。やわらかなグラデーションが作れる4色セットのアイシャドウです。乗せ方によって、華やかにも落ち着いた仕上がりにもなるのでおすすめです。

アイシャドウをのっぺりと塗らないように注意

青系のアイシャドウは、特に濃いめの色は広範囲にのっぺりと塗るのはNG。青を主張しすぎると目だけ浮いてしまったり、派手な印象になってしまいます。

青系のアイシャドウは、ポイントとして部分的に色を乗せるのがベストです。ポイント使いで青を潜ませる事で、光の加減や見る角度によってふと見える青がより美しく感じるでしょう。

チークやリップは主張が強くないものを選ぼう

青系アイシャドウを使うと、目元がより印象的になって個性をアピールできる分、その他のメイクはなるべく控えめにした方が、全体的なバランスが整います。主張の強いパーツが多いと濃いメイクになってしまうので要注意。

顔全体のメイクを薄めに仕上げる事で、青のアイシャドウが一層映えて美しい目元になるでしょう。

青系アイシャドウをモデルが徹底比較レビュー!

青系アイシャドウを、Feelyのモデルが実際に使ってみて比較レビューしました。今回は3種類のアイシャドウの紹介です。

ヴィセ リシェ ジェミィリッチ アイズ BL-5

まずは、「ヴィセ  ジェミィリッチ アイズBL-5」のそれぞれの色をレビューしていきます。

ケース左上の白いアイシャドウ

手の甲に乗せた感じでは、かなりラメがキラキラしています。薄く伸ばしていくと透明な感じになり、ラメが残ります

ケース右上のブルー系のアイシャドウ

結構ラメが大きめでザクザクしています。爽やかなブルーの色が可愛いです

ケース右下の薄い水色のアイシャドウ

ラメは細かく、マットな発色の水色です。目元を明るくしてくれる印象です。

ケース左下の濃いブルー

こちらもラメは細かく、濃いネイビーの色あいです。同じくマットな発色です。

キャンメイク アイニュアンス21

次に、「キャンメイク アイニュアンス21」のそれぞれの色をレビューしていきます。チップが附属されていないので、手持ちのアイブラシで塗っていきます。

ケース一番下の白いアイシャドウ

先程レビューしたヴィセ のジェミィリッチアイズにくらべて、黄味がかった色合いです。ゴールドが少し入っている印象です。

ケース左上の薄いブルー

かなり薄づきで、画像の左から2番目のブルーラメが細かく、左から3番目のブルーよりはラメが多いです。

ケース右上の濃いブルー

左から4番目のブルーに比べて、少し濃いブルーになります。キャンメイク アイニュアンス21の他の2色より、ラメの量が若干少なくマットな発色です。

KATEダークローズアイシャドウBU-1

続いて、「KATEダークローズシャドウBU-1」のそれぞれの色をレビューしていきます。

ケース左の白いアイシャドウ

かなりラメが細かく、他の2つの白いアイシャドウに比べて、少し青みがかった白です。

ケース真ん中の青いアイシャドウ

ラメが細かく真っ青な色あいです。その他のブルー系の色に比べて、一番青みが強いです

ケース右上の黒いアイシャドウ

他の暗めのブルーに比べて、黒が一番強い色味です

今回紹介した3つのアイシャドウを、モデルが実際にアイメイクで使用した感想は以下の通りです。

ヴィセ ジェミィリッチアイズBL-5・・・薄く広げるとマットな仕上がりで、色味が可愛いのでどんなシチュエーションでも使いやすい。
KATEダークローズシャドウBU-1・・・色を混ぜてグラデーションを作るときれいで、個人的には一番好きなアイシャドウです。
キャンメイク アイニュアンス21・・・ポイントメイクに使ったり、時短で使いたいときに重宝しています。

青系アイシャドウの選び方

青色アイシャドウは、ラメが多く入ったものを選ぶようにしましょう。ラメで目元がキラキラと輝き、青く仕上がった綺麗な目元をより爽やかに見せてくれます。

また、ラメが光を取り込んで青みをほどよく飛ばし、違和感のない、肌に溶け込むような色合いに見せてくれるでしょう。

おすすめの青系アイシャドウ14選

青と言っても色んな種類の青色があります。ここでは、おすすめの青色アイシャドウを紹介していくので、ぜひ好みの色を見つけてください。

ヴィセ アヴァン シングルアイカラー DISCO (025)

ひと塗りでしっかり発色してくれるアイシャドウ。同シリーズで全36種類ものカラーがあるので、単色だけでなく、組み合わせて絶妙な色に仕上げる事も可能です。 多彩な色と質感で、簡単になりたい目もとを叶えてくれるおすすめの商品です。

キャンメイク アイニュアンス21

キャンメイク アイニュアンス21 ロイヤルブルー 3g

ラメとパール、それに偏光パールが配合されているので、青系メイクが苦手という方もデビューしやすい商品です

3色のグラデーションを利用すれば青系メイクも失敗なし、さわやか系のブルー系アイメイクが作れるでしょう。目のきわに一番濃い青を入れると印象的な目元になります。

インテグレート ピュアビッグアイズ

インテグレート ピュアビッグアイズ (アイシャドウ) BL775 3.3g

はっきりした印象の青ではなく、灰色が混ざったようなくすんだ色なので、目を大きくみせたいという人におすすめ。

光を印象的に利用できるピュアシャイニングパールが入っていて、黒目を拡大できるパールがカラコンをしなくても大きな黒い瞳を作ってくれます。

ペールブルーもアイス系のくすんだ色なので使いやすく、ホワイトやクリームなどのカラーも利用出来るようになっています。

キスミーフェルム 明るい目もとアイカラー

キスミーフェルム 明るい目もとアイカラー05 ブルー系 1.5g

むらさきが強めのブルー系アイシャドウで使いやすく、明るい目元を印象的に作ってくれます。

瞼全体、アイホール、目の際と、付ける場所が説明されているケースなので、メイクしやすいと評判。非常に肌なじみがよく、色が混ざってもくすみが起こらないのが特徴です。

しっかりフィットしてくれるアイシャドウなので、小じわもくすみもクリアにしてくれます。エイジング世代にもおすすめ!

ウィッチズポーチ セルフィーフィックスピグメント

ウィッチズポーチ セルフィーフィックスピグメント 08 ブルームーン

ブルームーンというネーミングがぴったりで、主張しすぎないきれいな青が印象的。目元を涼しげにしてくれるアイシャドウとして人気があります。

ピクメントシャドウ パールコーティング加工方法が採用されているため、瞼に塗るとすぐに密着します。キラキラと金箔のように光るパールセグメントが、印象的な目元を作ります。

アフターファイブにちょっと足して、キラキラを多くしたい時にも活用できるでしょう。

コスメデコルテ AQ MW アイグロウ ジェム

コスメデコルテ(COSME DECORTE) AQ MW アイグロウ ジェム BL980 パープルブルー

青みがかった銀色っぽい色味で、大人っぽい目元が作れるブルー系のアイシャドウです。パール感が程よいので、薄くつけることで普段使いにもピッタリ。

モアリフレクションパウダーが配合されているので、角度によって、また光の当たり方によっても印象が変わります。非常に透明感があるアイシャドウなので、重ねづけでニュアンスを変えたり、グラデーションを付けることも可能です。

ヴィセ リシェ グロッシーリッチ アイズ ネイビー系 BL-7 4.7g

吸い込まれそうな“うるみ目”を演出する4色セットのアイカラー。目元を真珠のようなうるんだツヤめきで彩ってくれる、おすすめの商品です。お手ごろ価格なのに発色も良く、肌に馴染みがいいので使いやすいです。

エスプリーク セレクト アイカラー BL900 ブルー系 1.5g

ダイヤを砕いたダイヤモンドパウダー配合、つけたてのピュアな色・ツヤ・輝きが続くアイカラーです。ヒアルロン酸・アミノ酸誘導体・リン脂質(保湿)配合。無香料。

ラメの感じが上品でデートにもぴったり。これ単体でグラデーションも簡単に作れるので重宝します。

ソフィーナ オーブ ブライトアツプアイズ 531 ブルー系

まぶたベースのあとに、 2色シャドウをブラシで一度にさっと塗るだけ。 くすみ・小じわが気になる目もとも明るくはっきりと仕上げます。時短で仕上がりもきれい、密着度もよてく忙しい朝の味方です。

マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ GR162 青いバカンス 1g

吸いこまれそうな奥行きのある目もとをかなえるアイシャドウです。 ひと塗りでまばゆく発色し、光の効果で目もとが立体的に生まれ変わります。簡単にキラキラの目になり、上品で可愛らしい色でコスパも良いのでおすすめです。

コフレドール アイシャドウ ヌーディインプレッションアイズ 03 ブルーベージュ

3Dツヤベースの繊細な光の重なり合いで陰影がうまれ、アイホールの立体感きわだつ印象的な美形の目もとへ。すーっと肌に馴染んでツヤと陰影を与えるヌーディパールが配合されています。

ふんわりとした色味なので、これ一つでトレンドメイクが簡単にできます。

ケイト ヴィンテージモードアイズ BU-1 華やかなターコイズブルー アイシャドウ

ヴィンテージカラーで目のフレームを広げて、シックで抜け感のある大きな目元をかなえてくれるアイシャドウ。クールなくすみ色がきれいで、肌の色によくなじみます。シックでおしゃれな雰囲気に仕上がるのでおすすめの商品です。

インテグレート ワイドルックアイズ BL221 2.5g

2色のフォルミングカラーの効果で、くっきり大きな目もとへ導くアイシャドーです。 ナチュラルな立体感を演出し、目もとのフォルムを強調。 パウダーレス感覚でまぶたにフィットし、ふんわり発色します。

パールのような印象で色持ちもいいです。ブラウンのライナーと合わせると目がぱっちりとなるのでおすすめ。

リンメル プリズムパウダーアイカラー 011 グレイッシュブルー 1.5g

ひと塗りでしっかり発色し、やわらかくまぶたに密着するので、目頭・目尻・下まぶたなど、ワンポイントで入れて、アクセントカラーとしても楽しめます。セクシーなキラキラの目元になり、粉落ちもないので使いやすくおすすめです。

ブルーアイシャドウを使ったトレンドメイク

ブルーアイシャドウを使ってトレンドメイクすることも可能です。どのようなポイントに気をつければうまくメイクできるのか、詳しく見ていきましょう。

アイライン風に使う

瞼にカラーをのせて使うよりも、濃いめのブルーの場合、目の際にアイライン風に利用すると美しく仕上がります。アイラインに青を使う事で、さわやかな印象の目になるでしょう。

アイライン風で二重協調メイク

画像引用元:latte

アイライン風にブルーのアイシャドウを効果的に使うと、二重を強調したアイメイクになります。

目尻にポイントとして

アイラインの後、ブルーのアイシャドウを目じりにポイントとして入れても非常に魅力的な目になります。二重で瞳が黒いという人は、目尻の下にラインを引くようにポイントで青を入れると非常に涼しげです。

ブルべさんにおススメ☆アイメイク

画像引用元:latte

ブルーベースの人は、アイホール全体に薄いブルーのアイシャドウを乗せると抜け感が出るのでおすすめです。

ブルーアイシャドウでデカ目メイク

目を大きく印象的に見せたいという時、まずはアイホールにごく薄いブルーをのせます。次に、瞳の上部分に少し濃いめのブルーをラインを引くように乗せて、その上からアイラインを引くようにしましょう。

そうすると、目が大きくぱっちりと見えるトレンドアイメイクになります。

カラコンとシャドウで相乗効果に♪

画像引用元:latte

青系のアイシャドウを使った場合、カラコンを入れてよりアンニュイな雰囲気に仕上げるのもいいでしょう。

カラーマスカラとの合わせ技

画像引用元:latte

アイシャドウを青系にした場合、統一感を出してマスカラも青系を使えば、青が一層映えるメイクにすることも可能です。パーティーなどでより印象的にしたい場合は、目尻に薄いブルーを細めに流すように入れましょう。

ブルーは和服にもよくあうので、マスカラだけブルー系にしてもきれいに仕上がります。

つけまつげ×濃い目シャドウでドール風メイク♡

画像引用元:latte

濃いブルーのアイシャドウを使った場合、マスカラやアイラインもしっかりと濃くメイクして統一した方が、全体のバランスも整いやすいでしょう。

同系色グラデで透明感メイク

画像引用元:latte

同系色のアイシャドウできれいにグラデーションを作ると、透明感のある目元が演出できます。

モードな雰囲気のブルーグレーシャドウ

画像引用元:latte

ブルーグレーのアイシャドウを使って、モードな雰囲気の大人っぽい目元に仕上げるのもおすすめ

くるりんまつげの愛されメイク

画像引用元:latte

明るいブルーのアイシャドウをいかして、まつげをくるんとカールさせることで愛されメイクが完成します。

下瞼メイクで目力協調☆

画像引用元:latte

下まぶたにハイライトブルーを効果的に使うことで、目力もアップして垢抜けたアイメイクになるでしょう。

ペールトーンを選んで色素薄め風メイク

画像引用元:latte

ブルーのペールトーンでアイメイクし、ナチュラルな雰囲気のおとな可愛い仕上がりにしましょう。

青いアイシャドウは難しい?

青いアイシャドウは、日本人の肌の色と合わせづらく、敬遠している人も多いです。最後に、青色アイシャドウが本当にアイメイクに使いにくいのかどうか見ていきましょう。

顔色が悪く見える

黄色系の肌色が多い日本人は、青いアイシャドウを塗る事によって、くすんだイメージになって顔色が悪く見えることもあります。選ぶ色や塗り方によって左右される部分も多いので、色選びやメイクの仕方には気をつけましょう。

ブルーベースならどんな青もOK

画像引用元:latte

ブルーベースの人は、青系の色味が違和感なく使えるので、どんな青でも似合いやすいでしょう。透き通る白い肌に鮮やかな青色がよく映えるので、積極的に使っていきたい色です。

イエローベースの人は色を選ぶ

イエローベースの人は、基本的に黄色系の色が映える顔色なので、青のアイシャドウを取り入れたい場合、色味をよく考えて選んだ方がいいでしょう。少しグリーンに近い薄い青色や、白っぽい青色だとよりいいでしょう。

リップやチークの色にも注意

画像引用元:latte

青いアイシャドウで、真赤な口紅、濃いピンク色のチークを乗せると、ちぐはぐメイク・バブル時代のメイク、というイメージに仕上がってしまいます。

アイシャドウに青をもっていくときはアイメイクがポイントとなるので、口紅の色、チークの色は抑え目にした方がいいでしょう。

まとめ

青系のアイシャドウというと、バブル時代のような昔懐かしいメイクに感じる人もいるでしょう。しかし、使うアイシャドウの色や他のメイクとの組み合わせで、今風のトレンドメイクも簡単にできます。

この記事でおすすめしたアイシャドウやメイク方法などを参考にして、ぜひ青いアイシャドウを使った美しいアイメイクに挑戦してみてください。