ヘアオイルの正しい使い方!綺麗なヘアを手に入れよう!

街中で長い髪をなびかせながら颯爽と歩いている女性を見るとついその姿を目で追ってしまいますよね。そんな時に自分の髪を見るとキューティクルがなかったり、枝毛になっていたりしてテンションが下がってしまうなんて事もあります。

髪も肌と同じで、きちんと保湿や栄養を補給しないと乾燥などによりコンディションはどんどん悪くなってしまうのです。今回は太陽などの紫外線ダメージに負けない強い髪を目指すためにヘアオイルを正しく使って美しい髪を目指すための方法をご紹介します。

  • ヘアオイルの概要
  • ヘアオイルの使い方
  • 人気のあるヘアオイル7選

を見ていきましょう。

ヘアオイルとは

ヘアオイルとは髪に使うオイルの事で、その中には髪に良いとされる美容成分が豊富に含まれています。ここではヘアオイルの具体的な役割を説明していきます。

ミネラルオイルで髪表面のコーティング

ミネラルオイルとは鉱油の事で、最も身近なものだとベビーオイルがそれに当たります。ベビーオイルは肌にも優しいことから髪の地肌にも使用する事ができ、そのまま髪にも使用することも可能。

髪にはキューティクルと呼ばれるものが存在し、髪一本一本が層の様になっています。キューティクルは紫外線によるダメージや乾燥により剥がれてしまい、それが髪のごわつきやがさつきの原因となってしまうのです。

髪の表面にオイルを塗ることにより、髪から水分を逃がさず潤いを閉じ込める役割を果たしてくれます。そうする事により、髪の表面は輝き毛先まで潤いのある髪に仕上がるでしょう。

髪のうねりやパサつきを改善する

画像引用元:latte

髪のパサつきを感じる時は、髪全体に洗い流すトリートメントをした後、パサつきを感じる箇所にヘアオイルを使うとしっとりとした髪にする事ができます。

また、湿度が高い時に気になるのが髪のうねりです。髪のうねりの原因は髪に外部からの水分が入り込んでしまうため。

うねりの原因をなくすには、髪の表面をオイルでカバーし外部からの水分を髪に入り込ませないのが得策でしょう。また、オイルをつけてからアイロンやコテを使用すると髪のダメージを増幅させてしまうため、ヘアオイルを使用する際はヘアセットの仕上げに使うのが良いでしょう。

植物性ヘアオイルで髪の毛と地肌のケア

敏感肌の方の中にはベビーオイルでも肌荒れを起こしてしまう人もいるでしょう。そんな方にオススメなのが植物性のヘアオイルです。

最近では美容室でも使われている植物性のヘアオイルは、値段は若干高めなものの、潤いと優しい肌馴染み、そしてオーガニック系の香りに癒やし効果が期待できるため、美髪意識が高い方は植物系のヘアオイルを使用している人が多いようです。

また乾燥でフケ等に困っている人も、植物系のヘアオイルで地肌を保湿し症状を和らげる事が期待出来るのでおすすめ。

高級ヘアオイルになってくるとパッケージもオシャレで一目では植物系のヘアオイルと分からない事もあります。植物性のヘアオイルを購入する際は成分表をきちんと確認してから購入するようにしましょう。

乾燥から頭皮を守ってくれてダメージの進行を止める

ヘアオイルには、頭皮の乾燥を防いだり、傷んだ毛髪のダメージの進行を止める役割もあります。乾燥から頭皮を守るには、お風呂前にヘアオイルで軽くマッサージするのもおすすめ。

洗髪後には、ヘアオイルを髪の毛先中心にしっかり浸透させると、髪の毛がいま以上に傷む事もなく、きれいな髪の毛を維持することができるでしょう。

ヘアオイルの使い方

ここまでは、ヘアオイルの具体的な役割について説明しましたが、ここからは、実際にヘアオイルを上手く使う方法を紹介していきます。

手のひらに適量を出す

 

ショートヘアの方は1滴ほど、ミディアムヘアで2、3滴、ロングやスーパーロングの方は自分にあった量を調節し、適量のヘアオイルを手のひらに乗せましょう。

手のひら全体にオイルを広げるようにゆっくりと両手をすり合わせましょう。その際、手のひらの体温でオイルを温めるようになじませると手のひらに広げやすく、また髪にも浸透しやすくなるのでポイントです。

手ぐしを通しながら、髪の毛の中間から毛先にかけてつける

髪の毛の中間から毛先にかけて、両手で毛束を掴むようにして全体にずばやくオイルを塗ります。その後、髪と髪の間にもしっかりオイルが行き渡るように手ぐしを使ってオイルをなじませていきましょう。

残ったオイルで髪の毛の表面を撫でるようにつける

 

手に残ったオイルで、髪の表面を撫でるようにして髪の毛全体に伸ばします。そうする事で、全体がつやっとまとまりのある髪に仕上がります。

完成!

 

ヘアオイルを順序良く髪全体に馴染ませる事ができれば完成です。しっかり毛先のパサつきが抑えられ、女性らしい潤いを保ったまとまりのある髪になります。

人気のあるヘアオイルの商品を紹介

ここまでヘアオイルの使用法や特徴について説明しましたが、ここからは、おすすめの人気ヘアオイルを紹介していきます。

ナプラ N.ポリッシュオイル

ナプラ N. ポリッシュオイル 150ml

ごま油、サンフラワー油、シアバターなどが、髪にとってとても良いとされる栄養成分が多く配合されたヘアオイルです。

使い続けることによって潤い、コシ、ツヤを与え芯からしなやかな髪に。手に残ってしまったオイルはそのまま体に馴染ませてしまえば、保湿オイルとしても使用する事が出来ます。

ベルガモットの香りで疲れた体と心に元気を取り戻してくれるでしょう。

ウテナ ゆず油

ゆず油 無添加ヘアオイル 60mL

ゆずから抽出した天然のオイルを使用しています。その他植物原料のみで髪に優しい成分で作られており、髪に付けるとふんわりと優しいゆずの香りに包まれます。

値段も安価のため、試しやすいのも嬉しいところ。ただし柑橘系の油であることから、頭皮に湿疹や腫れ物がある際は傷口にしみたり炎症を悪化させてしまったりする可能性があるため、体調に注意して使用してみて下さい。

モロッカンオイル モロッカンオイルトリートメント

モロッカンオイル モロッカン オイル トリートメント 100ml/3.4oz

最も潤うヘアオイルとしてとても人気のあるオイルです。主成分としてアルガンオイルが使用されており、ビタミンEも豊富に含んでいるため、ひどくダメージのある髪やごわついた髪のボリュームをどうしても抑えたい方にはオススメです。

どんな髪質の方にも合うので、髪質が硬い方やなかなか自分にあったヘアオイルが見つからない方は是非一度お試し下さい。

ルグラナチュレ ヘアオイル

ルグラナチュレ ヘアオイル

美しいボトルが目に留まりやすいこちらのヘアオイル。4種類の髪保護成分が配合されており、オイルでもべとつかずサラッとした使用感が大変人気です。使用すると翌日にはまとまり感のある髪になっている事でしょう。

上品なホワイトフローラルの香りなので、お出かけ前の気分を盛り上げるために使用するのもおすすめです。

サラ まっすぐアイロン用オイル

サラ まっすぐアイロン用オイル

毎日ヘアアイロンを使用する人にはとても嬉しいヘアオイルです。ヘアアイロンを使用する際は、髪がダメージを受けるため美容液等を使う必要があります。

このヘアオイルは髪を補修しながら熱を利用しまっすぐに整えてくれます。爽やかなサラの香りと、甘いローズの香りのサラスイートローズの2種類から香りを選ぶ事が出来ます。

ロレアル ミシックオイル

ロレアル ミシックオイル 100ml

スタイリストからもお墨付きのこのオイルは痛んだ髪をしなやかに補修し、つやつやと芯から輝く髪に仕上げてくれます。優美な香りが心を癒やしてくれ、上質な気分にしてくれるでしょう。

ディアジャングル ディープモイスト ヘアオイル

ディアジャングル ディープモイスト ヘアオイル 50ml

ジャングルに生息する植物であるアボガドやアサヤシ等9種類のジャングルオイル配合。みずみずしいスィートフローラルの香りのヘアオイルです。また、髪にも浸透しやすく、熱から髪を守り、髪を内側から強くしてくれます。

まとめ

今回はヘアオイルの正しい使い方、その魅力を多数紹介しました。ヘアオイルにも豊富な種類があります。自身の髪の状態や質によってヘアオイルを変えてみると目指したい髪質に近づく事が出来るでしょう。幾つになっても髪が綺麗な人は美しく見えるものです。ヘアオイルを正しく使い、芯から輝く美しい髪を目指しましょう。