短髪に合う人気ワックスはこれ!

スタイリングに欠かせないワックスは多種多様あって選択肢は豊富ですが、反面どれを撰んだら良いのかわからないという声も、よく耳にします。

今回は短髪でもかっこよく決められるワックスにポイントを絞ってまとめてみました。髪をなかなかうまくまとめられなくて苦労している男性必見です。

短髪に合っている髪型について

ソフトモヒカン

昭和30年代に一大ブームを生んだモヒカンスタイルは、左右の毛を完全に刈り上げて中央にだけ髪を残すというもので、深紅カラーやグラデーションでぎんぎらぎんに染めたトップヘアを、がっちりとかためて立たせるという、かなりインパクトの強いスタイルになります。都会を中心にこのヘアスタイルにまとめた若い男性たちが、町にあふれてモヒカン族とも呼ばれました。

ソフトモヒカンは基本が同じでももう少し印象を柔らかくしたもので、ラインナップが豊富ですからまとめ方によっては、誠実な印象や爽快なイメージを与えます。ベリーショートタイプの代表的なスタイルで、男気を残しながらもおしゃれに決めたい人にオススメです。ごく標準的なビジネスマンでもよく見かけます。タイプによってワックスかジェルあるいはグリースを使い分けてまとめる事ができます。

オールバック

川島豪さん(@lipps.gokawashima)がシェアした投稿


オールバックは往年の人気ヘアスタイルで、今でも公式の場所でこのスタイルにしている男性が多いというのも、男らしさを前面に出しているところに魅力があるからなのでしょう。どのヘアスタイルよりも清楚さがあり、仮に崩れてきても男の色香を漂わせ親しみやすさが加味されます。中にはわざと前髪を崩してチャーミングさをアピールしている人もいます。女性からの好感度がとても良いという点も人気を集めている理由の1つです。

あまりがっちりとかためるよりは、ふんわりと柔らかめにまとめるのがこつなのですが、俳優のようにかっこうよくまとめるのは意外と難しいヘアスタイルでもあるのです。作りにくく崩れやすいヘアスタイルの定番ですから、このスタイルでまとめてみたい人はプロ美容師に依頼する方が無難です。もしも自分でやりたい時は、ドライヤーで最初に前髪に充分にくせをつけてから、トップとサイドにギャップを引き立たせるように、手で流しながらドライヤーをかけていきます。さらにヘアアイロンでしっかり髪にくせをつけてから、グリースなどでかためます。最後はクールドライをかけて完成です。

オールバックも今はいくつものパターンが生み出されていて、若い世代でも人気が再燃しています。社会人になったらぜひ一度は挑戦してみてください。

アシメントリー


アシメントリーとは左右非対称な状態をさしていう言葉で、ヘアスタイルで言えば左右の髪の長さをあえて変えてセットした状態になります。ベリーショートの代表的なスタイルの1つで最もスタイルしやすい事から、子どもの間でも時々みかけるようになりました。

定番のヘアスタイルにオリジナリティを持たせたい時に、よく利用されますが、やり過ぎると女性から不評を買うこともありますから、前髪やサイドにワンポイント加える程度に抑えるのが、好感を持ってもらえるこつです。パーマやツーブロックと組み合わせてセットされるのが、一般的です。もちろん他の髪型と合わせてもOKで、応用範囲が広い点が特徴です。ワックスやグリースをうまく使えば、崩れにくくなります。

ツーブロック

岡本 英己さん(@eikivellgo)がシェアした投稿


ツーブロックはおしゃれに決めたい男性の間で人気のヘアスタイルであり、インパクトもそれなりにあって個性を引き立たせたい時には特にオススメのスタイルです。複数のアイドルタレントや俳優たちが、このスタイルを率先してやっていた事から、一気に人気が広がりました。要はトップからバックにかけて髪を残して、襟足から耳上までのサイドもしくはバックを完全に刈り上げた状態になっていればいいのです。頭部の中で2ブロックは刈り上げる事になり、残す髪の長さや垂らし方にルールがありませんから、応用範囲は無限大ですし、他のヘアスタイルとの組み合わせも気儘にできます。

セットの方法によって多種多様な雰囲気を演出できるのが、ツーブロックの魅力です。たとえば清潔感あふれる好青年風にもなれますし、ワイルドな雰囲気も出せる、真面目なサラリーマン風にも、芸術家風にもなれるのです。それだけに自分にはどのタイプがいいのだろうと悩む事もあり、自分にあったスタイルを決められなくて、挑戦できないという人も少なからずいるのは事実です。

短髪におすすめのワックスの特徴

ウェットタイプで髪にウェーブを付ける

小山 敬介さん(@keisuke.k._.1)がシェアした投稿

ウェットタイプは濡れたようなツヤ感と動きを付けたい時に便利です。特に剛毛な人や短髪だけど毛量がたっぷりあるという人にオススメです。髪が柔らかいとボリューム感が出にくく、ベターっとした感じになってしまいます。毛量がいまいち少なめだけどツヤ感を出したいという人で、なかなか髪がまとまらないという時は、プラスアルファでハードタイプを混合させて使う事も考えてみてください。

この場合ハードの方を倍くらいに増やすと、かっこよくセットできます。さらにファイバー系で伸びが良いものなら、なおオススメです。しっかりと毛先をねじりながら、根本からセットしてください。剛毛や毛量が多い人だと髪が盛り上がりすぎて、まとまりにくい傾向にありますがウェットタイプは、しっかりと髪を抑えて落ち着いた感じに仕上げてくれます。

髪が薄い場合はボリュームアップ効果が出る

毛量が少なくてなかなかボリュームが出せないという時は、マットタイプもしくはクレイタイプがオススメです。クレイタイプというよりはポリマーと呼んだ方が耳に馴染んでいるという人が多いかもしれません。いずれもドライタイプであり髪にボリュームを持たせてしっかりスタイルを維持できますから、すぐベターっとしてしまう事で悩んでいる人は、ぜひ使ってみてください。髪の質にもよりますがハートタイプもしくはホールドタイプと称するものなら、スタイリングも楽です。

適量を使う事が重要です。というのはあまり大量に使いすぎると、毛量が少ないだけに頭皮などの余計な部分が目立ってしまいますから、使い方には要注意です。

艶を出してマット感がでる

ツヤが出るのは水分や油分が多いウエット系のワックスになります。重たくなりがちな髪のボリュームを抑えて落ち着いた雰囲気に仕上げてくれますから、剛毛や毛量の多い人向けです。それならば毛量が少なく軟毛の人はツヤをあきらめなければいけないのかというと、けしてそのような事はありません。軟毛であってもドライヤーを駆使して最初にしっかりと毛を立たせた後で、セット力とキープ力に定評があるジェルタイプのワックスを、毛先にだけ適量使う事で、ツヤ感があってボリュームもあるスタイルをキープする事ができます。

短髪に人気のあるワックスを紹介

ギャツビー ヘアジャム エッジィニュアンス

ギャツビー ヘアジャム エッジィニュアンス 120mL

優れたセット力とキープ力で人気の高いギャツビーの ヘアジャムシリーズです。ふわっと自然な仕上がりにしたい時にオススメです。

ギャツビー スタイリンググリース フリーズバック

ギャツビー スタイリンググリース フリーズバック 100g

世代を超えて人気を集めるグリースワックスの定番です。価格もお手頃です。

ギャツビー ヘアジャム エッジィニュアンス

ギャツビー ヘアジャム エッジィニュアンス<モバイル> 30mL

大人気のギャツビー ヘアジャムシリーズです。価格で撰びたい人にオススメです。ちょっとしたおでかけに便利です。

CaseEden

CaseEden (ケースエデン) コスプレ ウィッグ コスプレ用ウィッグ 刀剣乱舞 愛染国俊 あいぜんくにとし レッド 赤色 赤 ショート ショートヘア ホワイトメルチェ・ウィッグネット2個セット

より完成度が高く自分で好きなスタイルにセットできるのも魅力です。コスプレで愉しみたい人は、ぜひCaseEdenを試してみてください。

まとめ

短髪でなかなかセットが決まらなくてあきらめていた人は、ぜひ自分にあったワックスを見つけて試してみてください。自分にあうワックスが決まらない人も参考にしてもらえれば幸いです。