アイブロウパウダーを使うメリット&使い方!おすすめのプチプラアイテム!

メイクは顔の印象をがらりと変えてくれますが、その中でも特に顔の印象を変える最も重要なポイントが眉毛です。メックアップアーティストにも、顔の印象の約80%は眉毛の色や大きさ、形で決まると言われているほど、眉のメイクは重要なポイントです。

アイブロウパウダーを使えば、眉メイクの仕上がりにグッと差が出るからこそ、使い方はしっかりとおさえておきたいもの。

  • アイブロウパウダーの使い方
  • アイブロウの種類
  • アイブロウパウダーの基礎知識
  • アイブロウパウダーを使う効果
  • アイブロウパウダーの種類
  • アイブロウパウダーの選び方
  • プチプラブランドの人気アイブロウパウダー

についてご紹介します。

基本的なアイブロウパウダーの使い方

まず、基本的なアイブロウパウダーの使い方の手順とコツを見ていきましょう。

1.アイブロウブラシで眉毛の長さを確認する
2.眉山〜眉尻をブラシで書いていく
3.眉頭から眉尻に向かって、だんだんグラデーションになるように埋めていく

アイブロウブラシで眉毛の長さを確認する

アイブロウする前に自分の顔のパーツのサイズから眉毛の長さを確認しておくと綺麗な眉毛を描く事ができます。

アイブロウブラシの持ち手の先端を持ち、小鼻のすぐ脇と目頭のすぐ内側に当たるようにブラシを添えます。その先のライン上から眉頭を描くと良いでしょう。

さらに今度は小鼻のすぐ脇と目尻のすぐ外側にアイブロウブラシが当たるように添えます。その先のライン上を眉尻の終わりの目安にするとバランスの良い眉毛を描くことができるでしょう。

眉山〜眉尻をブラシで書いていく

アイブロウブラシの先端に明るめの色のアイブロウパウダーを適量つけ、眉山辺りから眉尻にかけて少しずつパウダーを乗せていきます。その際、必ずパウダーは少量ずつ付けるようにし、描く際も強く押し付けないようにしましょう。そうすることで細かく色の濃淡を調整しながら描くことができ、失敗も少なくなります。

眉毛の一番のポイントである眉山から描くようにすると眉毛全体のバランスが上手に描きやすいので覚えておきましょう。

眉頭から眉尻に向かって、だんだんグラデーションになるように埋めていく

次に、眉頭から眉尻に向かって少しずつアイブロウパウダーを乗せていくようなイメージでグラーデーションを作っていきます。濃い目の色を眉頭と眉尻の間に乗せ、ブラシでぼかしながら描きましょう。

眉頭に濃くはっきりと色を乗せてしまうとキツイ印象になってしまうので、少しずつぼかしながら描くのがポイント。全体のバランスを整えながら眉尻に向かってグラデーションができるように伸ばしていったら完成です。

ワンランク上♡垢抜けするアイブロウの使い方

アイブロウの使い方をさらに深めると、目元から垢抜け感を演出することができます。

エクセルのアイブロウペンシルで眉尻を書き足します

アイブロウペンシルで眉尻をまず書き足します。眉尻を書き足すと、ムラが生まれます。ムラができないように、眉の隙間をペンシルで書き足しましょう。

ブラシで整える

眉をスクリューブラシで整えます。ブラシで馴染ませることで、眉全体の仕上がりが自然になります。

眉マスカラでふんわりとした質感を作る

眉マスカラをブラシでのせます。今回使用しているのは、ヘビーローテーション。お湯で簡単にオフできて、ふんわりとした質感を作れます。

しっかりとアイブロウペンシルで眉を描いた後に使うと、すぐにニュアンス眉に変わります。

アッシュ系の眉にしたいなど、眉にニュアンスをつけたい方はアイブロウペンシルと眉マスカラのセット使いがおすすめです。

完成!

今回使用したアイテムはこちら。

アイブロウの種類

アイブロウにアイテムには様々な種類があります。詳しく見ていきましょう。

パウダータイプ

パウダータイプのアイブロウは、アイブロウの中でもトップクラスの人気アイテムです。アイブロウパウダーが得意としているのは、雑誌などでも人気のあるふんわりとしたナチュラル系の眉毛。

様々なアイブロウの中でも特にカラーバリエーションが多いので、自分の髪の色に合わせて色を選んだり、複数の色を混ぜ合わせて自分の髪色に近い色を作り上げたりする事ができます。

また、アイブロウパウダーは色の濃淡を調整する事も簡単なので、メイク初心者の方でもグラデーションを利用して立体感のある眉毛を作る事ができます。

ペンシルタイプ

丸顔さんのアイブロウのポイント

ペンシルタイプの名の通り、鉛筆タイプのアイブロウです。細かい作業を得意としているアイブロウで、眉毛の薄い部分に必要な量を書き足すことによってバランスをとったり、ぼやけがちな眉のフォルムを強調したりする際に使われます。

1本1本細かく眉毛を書き足すようなイメージで使っていくと、失敗も少なく自然な眉毛に仕上げることができるでしょう。

リキッドタイプ

リキッドタイプのアイブロウは、とにかくしっかりとした線を出したい時に使います。意志の強いキリッとした印象の眉毛に仕上げる時には、リキッドタイプのアイブロウがおすすめ。眉毛が特に薄い部分などに効果的に眉毛を作り上げる事ができます。

マスカラタイプ

マスカラタイプのアイブロウは、元々生えている地眉の色を変えたい時に使うアイブロウです。マスカラのブラシがコーム状になっているものもありますが、このタイプは特に濃い眉メイクをしたい時に使えます。

アイブロウパウダーの基礎知識

様々な種類のアイブロウの中でも特に使いやすいのがアイブロウパウダーです。こちらでは、これまでアイブロウパウダーを使った事がない方のために、アイブロウパウダーの基礎知識をご紹介します。

アイブロウパウダーとは?

そもそもアイブロウパウダーとはアイシャドウのようなパウダー状のアイブロウの事です。アイブロウパウダーの先端に付いているブラシやチップを使って眉毛を描きます。

定番のペンシルタイプのアイブロウが、ハッキリとしたラインを描くのに適しているのに対して、アイブロウパウダーはふんわりとした自然な感じの眉毛に仕上げる事ができます。

アイブロウパウダーのメリット:柔らかい仕上がり

画像引用元:latte

人気のあるアイブロウパウダーには色々なメリットがあります。特に大きなメリットは仕上がりの柔らかさ。パウダータイプのアイブロウなので、量を調整する事ができ、ふんわりした自然な形の眉毛を作り上げる事ができます。

また、アイブロウパウダーは色の濃淡の調節が容易なので、眉のメイクが苦手なメイク初心者でもレベルの高い仕上がりになるでしょう。

アイブロウパウダーのデメリット:こすると落ちやすい

アイブロウパウダーのデメリットは、しっかりと書く事ができないため、こすると落ちやすい事です。そのため頻繁につけて調整する必要も。

また、慣れるまでは濃い色に仕上げるのが難しい、細かく色を重ねるので時間がかかるなどのデメリットもあります。

アイブロウパウダーを使う効果

画像引用元:latte

ここからは、アイブロウパウダーを使うとどのような効果を期待できるのかという疑問にお答えしていきます。

ナチュラルなアイメイクができる

画像引用元:latte

アイブロウパウダーは、ふわっとしたナチュラル系の眉毛を描ける所が人気です。初心者でも濃淡の調節がしやすくなっており、ナチュラルメイクをしている方にとって最適なアイブロウです。

また、眉毛を描くのが苦手なメイク初心者の方でも、簡単にナチュラル系のメイクをする事ができるのでおすすめ。

産毛のような眉が描ける

アイブロウパウダーは、ペンシルタイプのアイブロウパウダーとは違いまるで産毛のような柔らかな眉毛を作る事ができます。そのため、立体的なボリュームのある眉毛を作る事ができるでしょう。

柔らかい印象になる

画像引用元:latte

アイブロウパウダーは色の濃淡をつけやすいので、初心者でも柔らかい眉毛を作りやすいです。単色で使う事もできるし、複数のアイブロウパウダーの色をミックスして使うこともできるので、より自分の髪の毛の色に合わせた自然な眉毛を作る事ができるでしょう。

アイブロウパウダーの種類

色々なタイプのアイブロウパウダーを複数所有し使い分ける事で、簡単に理想通りの眉毛を作る事ができます。こちらでは、様々なタイプのアイブロウパウダーの特徴や良さをご紹介します。

パレットタイプ

パレットタイプのアイブロウパウダーは、複数のカラーがセットになっているアイブロウパウダーです。複数の色を組み合わせて自分好みの色を作り上げる事が出来るのでとても便利。また、パレットタイプのアイブロウパウダーの中には、ノーズシャドウとして使えるものもあり一石二鳥です。

デュアルタイプ

エクセル パウダー&ペンシルアイブロウEX PD05 グレイッシュブラウン

デュアルタイプのアイブロウパウダーは、ペンシルタイプのアイブロウとパウダータイプのアイブロウが一本になった使いやすいアイブロウパウダーです。

ふんわりと自然な感じで仕上げる場合にはパウダータイプで作り、しっかり仕上げたい部分や細かい作業をしたい場合にはペンシルタイプを使用するなど、一本で使い分ける事が可能です。外出用の化粧ポーチの中でも場所を取らないので、デュアルタイプのアイブロウパウダーが一本あると便利でしょう。

チップタイプ

エテュセ チップオン アイブロー ピンクブラウン 2g

チップタイプのアイブロウパウダーは、アイブロウブラシがいりません。そのままチップで描くことができるので利便性が高いです。アイブロウパウダーの中でも短時間で完成させることができるので、朝の時間がない時や外出先でささっと直す時などに最適。メイク直しの為に化粧ポーチに常備しておくようにしましょう。

アイブロウパウダーの選び方

一言でアイブロウパウダーといってもチップタイプやパレットタイプ、ペンシルタイプなど様々な形があります。こちらでアイブロウパウダーの選び方をアドバイスします。

眉毛が薄い方:チップタイプやアイブロウパウダーがおすすめ

画像引用元:latte

眉毛が薄い人の場合には、アイブロウパウダーの中でもチップタイプやアイブロウパウダーがおすすめでしょう。

チップタイプのアイブロウパウダーの場合、横に構えて眉毛を上からなぞるように描くだけで簡単にナチュラル系のふんわりとした眉毛を作り上げる事ができます。

最近は太眉が人気なので、自分の眉毛よりもやや濃い目のブラウンカラーのパウダーを使うとトレンドにあった眉毛を作る事ができるでしょう。

濃い眉毛の方:デュアルタイプがおすすめ

元々の眉毛が濃くしっかりしている人の場合は、少しずつ色を重ねられるデュアルタイプがおすすめです。あまり濃すぎる眉毛だと顔の印象も堅くなってしまうので、デュアルタイプのアイブロウパウダーで明るめの色をふんわり乗せるといいでしょう。

形にクセがある方:パレットタイプがおすすめ

画像引用元:latte

眉毛が途中で途切れてしまっていたり、眉毛の生え方にクセがあったり、左右の形が明らかに違っているような場合には、色々な色がセットになっているパレットタイプのアイブロウパウダーがおすすめです。

複数の色のアイブロウパウダーを使う事で、平坦になりがちな眉毛に立体感を出す事ができるので、自然な形の眉毛を作ることができるでしょう。

基本的にはグラデーションを意識して眉メイクをするのがおすすめ。眉頭は淡い色で作成し、眉の中央から眉尻に行くにつれて徐々に濃い色を使いましょう。

プチプラブランドの人気アイブロウパウダー

最後に、アイブロウパウダーの中でも特に気軽に使えて愛用者も多い人気のプチプラアイブロウパウダーをご紹介します。

キャンメイク ミックスアイブロウ 04 グレイッシュブラウン 2g

キャンメイク ミックスアイブロウ 04 グレイッシュブラウン 2g

日本人の眉毛に合わせやすいほんのり赤みのあるカラー。ふんわりとしたナチュラル系のメイクを作りやすいです。

ケイト アイブロウ デザイニングアイブロウ3D EX-5 ブラウン系

ケイト アイブロウ デザイニングアイブロウ3D EX-5 ブラウン系

女性に大人気のKATE(ケイト)から発売しているアイテムで、ブラウン系のグラデーションを作りやすいです。目尻まで繊細に描けるアイブロウブラシ付属で、細かい部分も描き分ける事ができます。

セザンヌ ノーズ&アイブロウパウダー 01

セザンヌ ノーズ&アイブロウパウダー 01

アイブロウパウダーとしてだけでなくノーズシャドウにも使う事ができます。非常に合わせやすい三色のパウダーを組み合わせて、自分好みのカラーを作る事ができます。太目の眉毛でも薄めに乗せて軽さを出す事ができるでしょう。

セザンヌパウダーアイブロウRオリーブブラウン

セザンヌパウダーアイブロウRオリーブブラウン

自然なやわらかさのある眉毛を作る事ができます。非常にリーズナブルな価格なので、最初に購入するアイブロウパウダーとしても人気があります。

まとめ

眉毛はメイクの中でも、特に顔の印象を変えてしまう重要なパーツ。アイメイクと同様に気合いを入れて作成する事によって、メイクの出来も各段にアップします。この記事でおすすめした様々なアイブロウパウダーを使って、自分の理想の眉毛に一歩近づけるようメイクしてみてください。