アウトバストリートメントを使うことによる効果とは!?おすすめのアイテムもご紹介!

最近、女性向けのファッション雑誌などで度々紹介されている「アウトバストリートメント」というものをご存知でしょうか?

一昔前までは、本当に一部の方しか知らなかったアウトバストリートメントですので、今でもあまり美容系の情報に興味がないという方は、聞いたことがないという方も珍しくありません。こちらでは、これまでアウトバストリートメントについて知らなかったという方にもわかりやすくアウトバストリートメントを紹介します。

アウトバストリートメントの基礎知識

アウトバストリートメントのメリットや使い方をご紹介する前に、先ずは、そもそもアウトバストリートメントとはどのようなものなのかをご紹介します。

アウトバストリートメントとは?

アウトバストリートメントは、お風呂の外で使うトリートメントの事です。アウトバスはお風呂の外という意味なのです。基本的にトリートメントは、浴室の中でシャンプーの後に使い、水洗いをするタイプです。一般的なトリートメントは界面活性剤が主成分になっております。

界面活性剤は、つけたまま放置してしまうと頭皮に痒みや痛みが現れる成分です。そのため、つけた後に流さなければいけませんので、トリートメントはお風呂の中で使うのが一般的です。そのため、アウトバストリートメントに対して、お風呂の中で使うトリートメントは、インバストリートメントと分けてカテゴライズされております。

アウトバストリートメントの特徴

アウトバストリートメントは、洗い流さないタイプのトリートメントになっております。アウトバストリートメントには色々な種類があります。アウトバストリートメントは、オイルタイプだけでなくクリームタイプ、スプレータイプなど色々なテクスチャーの物があります。効果や使い方は様々です。

また、一般的なお風呂の中で使うトリートメントと違い主成分であるカチオン界面活性剤が殆ど配合されていません。そのため、洗い流さなくても頭皮に影響が少なくなっているのです。

他にもアウトバストリートメントは、トリートメント効果を持ったスタイリング剤として扱われている側面もあります。乾燥している季節などに、髪がパサついて広がってしまう方などもアウトバストリートメントをつける事でスタイリングしやすくなるのです。

アウトバストリートメントの期待できる効果

アウトバストリートメントには色々な効果が期待できます。多くの方がアウトバストリートメントを使う事によってパサついた髪の毛がサラサラになったり、まとまりが良くなったりといった効果を期待を期待しています。他にも傷んだ毛先のダメージの補修であったり、ゆるくなったパーマを強く出したり、失われた髪の毛のツヤを出すなどの目的で使われています。

色々な種類のアウトバストリートメントがありますが、基本的には、外部からのダメージを防ぐ効果が期待できたり、傷んだ髪の毛を補修してくれたり、髪の質感を良くするような効果が期待できます。

外部からのダメージを防ぐ

アウトバストリートメントをつける事によって、色々な摩擦であったり、ドライヤーの熱などの刺激から髪の毛を守ってくれる効果が期待できます。外部からのダメージが多い夏の紫外線や冬の乾燥などの原因のダメージを軽減させる効果が期待できるのです。

傷んだ髪の毛を補修する

アウトバストリートメントは、傷んだ髪の毛を補修する効果も期待できます。アウトバストリートメントには、髪の内部に不足している水分を髪の表面をコーティングする事によって水分の蒸発を防ぐ事ができます。また、アウトバストリートメントには保湿成分やミネラルなども配合されておりますので、傷んだ髪の毛を健康的にすることができるのです。

髪の毛の質感を良くする

アウトバストリートメントには、髪の毛につける事で髪の毛の表面が覆うことで油分の膜ができます。そのため、髪の毛の表面の摩擦を減らす事ができますので指通りをよくする効果が期待できます。そのため、アウトバストリートメントをつける事によってパサついた髪の毛がしっとりする事ができます。

アウトバストリートメントの正しい使い方

アウトバストリートメントは、一般的なトリートメントと違い、洗い流す必要がありません。そのため、非常に気軽に簡単に使う事ができるのですが、意外に間違っている方も多くなっております。そこでこちらでは、まずはアウトバストリートメントの使い方をご紹介します。

使うタイミング

アウトバストリートメントを使うのに最も適しているのが入浴後です。アウトバストリートメントは、できるだけヌーディな時につける必要があります。そのため、一日の汚れが取れて邪魔するものがない入浴後がアウトバストリートメントの効果を最大限に出すタイミングになります。

タオルドライ

アウトバストリートメントをつける前にタオルドライをしっかりと行う必要があります。アウトバストリートメントをつける際に髪の毛に水分が付いている場合には、アウトバストリートメントが薄まってしまいますので、アウトバストリートメントの成分が浸透しにくくなってしまい効果が半減してしまいます。

しかし、いきなりドライヤーなどを使ってしまうとダメージが大きくなってしまいますので、タオルドライは優しく挟みこむように軽くおさえて水分を吸い取るようなタオルドライにしてください。くれぐれも強く擦ったり、強くたたいたりしないように注意してください。

手のひらに広げる

タオルドライが終わったら、アウトバストリートメントを手のひらに適量出します。その後、両手を合わせるようにして手のひら全体に馴染ませます。手のひらに馴染んだら、指と指の間までしっかりとアウトバストリートメントを馴染ませます。

付けるのは毛先から

アウトバストリートメントが手に馴染んだら、毛先から揉み込むようにつけていきます。毛先が最も痛みやすいので、より効果的に髪の内部にアウトバストリートメントの成分がしっかりと浸透しやすくなっております。毛先の部分に十分アウトバストリートメントがつけられたら、そのまま髪の中間部分にアウトバストリートメントを広げます。そのまま根元付近に伸ばしていきます。毛先から根本に行くにつれてアウトバストリートメントをつける量は減っていきます。

アウトバストリートメントは、頭皮に付いてしまうと毛穴が詰まってしまったり、頭皮ニキビなど肌荒れの原因になりますので、頭皮にアウトバストリートメントが付かないように注意してください。

ドライヤーのかけ方

アウトバストリートメントがしっかりと付ける事ができたらドライヤーを使って髪の毛を乾かします。アウトバストリートメントには、ドライヤーの熱から髪の毛を守る効果がありますので通常よりも髪の毛が痛みません。しかし、全くダメージがないというわけではありませんので、ドライヤーの使い方にもコツがあります。

ドライヤーの機種によって温度や風量などのパワーが違いますので、ドライヤーと髪の毛の距離に注意が必要になります。髪の毛がドライヤーの熱で高温にならないように最低でも20センチ以上は離してドライヤーをかけてください。

仕上げにトリートメントを少量付ける

ドライヤーで髪の毛が乾いたら、最後に本の少しだけアウトバストリートメントをつけます。ドライヤーによって過度に乾燥してしまった部分を補修するといった意味合いがあります。しっとりとした質感にしあがりますのでおすすめです。

アウトバストリートメントの主な種類

アウトバストリートメントには色々な種類があります。アウトバストリートメントを購入する前に、アウトバストリートメントにはどのような種類があるのかをしっかりと確認しておきましょう。

オイルタイプ

アウトバストリートメントで最も多いのが、このオイルタイプです。油分が多く含まれておりますので、アウトバストリートメントの中で最も髪の毛をコーティングする力がつよくなっております。また、比較的簡単に髪の毛にツヤ感を出す事ができますので、縮毛強制やパーマ、カラーなどで傷んでいる方などにおすすめのアウトバストリートメントです。

ミストタイプやエッセンスタイプ

ミストタイプやエッセンスタイプのアウトバストリートメントは、保湿効果が最も高いタイプのアウトバストリートメントになります。例えば、朝起きて朝シャンをする時間が無い場合などに、寝癖を簡単に直したい時などに効果的です。また、湿気の強い時期などに髪の広がりを抑えるスタイリング剤などに使い方もできます。

ミルクタイプやクリームタイプ

ミルクタイプやクリームタイプのアウトバストリートメントは、アウトバストリートメントの中で最もさらっとしています。そのため、軽めの仕上がりを求めている方におすすめです。冬場など乾燥している季節に自然なまとまりを求めている方におすすめのアウトバストリートメントになります。

アウトバストリートメントの選び方

アウトバストリートメントといってもかなり沢山の製品がでています。そのため、どのアウトバストリートメントを購入するか迷ってしまう方も多いと思います。アウトバストリートメントは、それぞれのテクスチャーや効果によって三つのタイプに分類する事ができます。それぞれのアウトバストリートメントは、適切な髪質がことなります。こちらではアウトバストリートメントのタイプ別、対応している髪質などの情報をご紹介しますので、新しくアウトバストリートメントを買おうと思っている方は、ぜひ参考にしててください。

オイルタイプがおすすめの方

オイルタイプのアウトバストリートメントは、髪の毛をコーティング力が最も強いアウトバストリートメントです。そのため、ドライヤーの高温の熱や髪の毛同士の摩擦などの外部ダメージから髪の毛を守る力に特化しています。オイルタイプのアウトバストリートメントは、ヘアアイロンやコテを頻繁に使っている方におすすめです。

ミルクタイプやクリームタイプがおすすめの方

ミルクタイプやクリームタイプのアウトバストリートメントは、髪の毛にうるおいを与える効果があります。そのため、しっとりとしてまとまりのある髪の毛を維持する事ができます。そのためミルクタイプやクリームタイプのアウトバストリートメントは、髪の毛の水分が足りずに乾燥しがちな方や、乾燥しすぎてしまっていて髪の毛が広がってしまう方、髪の毛がしっとりとさせたいという方に最適です。

ミストタイプやエッセンスタイプがおすすめの方

ミストタイプやエッセンスタイプのアウトバストリートメントは、着け心地が非常に軽いという特徴があります。また、髪の内部に栄養成分を浸透させる力に長けております。その為、ミストタイプやエッセンスタイプのアウトバストリートメントは、髪の毛にツヤを出したいという方や、くし通りを良くしたいという方におすすめです。

アウトバストリートメントの注意点

アウトバストリートメントを使う方は、より効果的に使えるように正しい使い方をする必要がありますが、思い通りの髪質にするために注意して欲しいポイントがあります。こちらでは、初めてアウトバストリートメントを使う方に覚えておいて欲しい注意点をご紹介します。

シリコーンタイプに注意

アウトバストリートメントを選ぶ場合には、シリコーンが配合されているかどうかを必ずチェックしてください。シリコーンタイプのアウトバストリートメントによって皮膜が張られていると、皮脂などの油脂が付着して簡単に流れなくなってしまいます。シリコーンと油脂が吸着する事によって、酸化安定の割合が低い油脂が毛の髪の表面に残りやすくなってしまうのです。

一般的なお風呂で使うインバストリートメントなら、髪の毛に残らないように洗い流す事ができるのですが、アウトバストリートメントは流す事ができません。洗い流さないままに長時間つけっぱなしになってしまうと油脂が酸化して髪の毛から嫌な臭いがしたり、髪質がベタベタするようなリスクがあります。特にロングヘアの方は、臭いが強くで安いので、アウトバストリートメントを選ぶ際にはノンシリコーンを選ぶべきだと言えます。

毛髪軟化効果のあるタイプに注意

毛髪軟化効果のあるアウトバストリートメントもさけるべきです。毛髪軟化効果のあるアウトバストリートメントは、油脂がたっぷりと含まれております。アウトバストリートメントに含まれている油脂の大半は酸化する油脂となっております。確かに髪の質感は改善しますが皮膜蓄積も起こりやすいのでさけるようにしてください。

使用量に気を付ける

アウトバストリートメントを使う場合には、使用する量にも注意が必要になります。アウトバストリートメントのメーカーにもよりますが、ショートヘアの方は、1プッシュから2プッシュ、セミロングヘアの方の場合いは、2プッシュから3プッシュ、ロングヘアの方の場合には3プッシュから4プッシュ程度を目安にしてください。ただし、メーカーによって使用量の幅がありますので、あくまで目安程度に考えてください。また、髪質によって必要な量も異なりますので、症状に合わせて量を調整してください。

頭皮に付けない

アウトバストリートメントを使う場合には、絶対に頭皮に付けないように注意してください。アウトバストリートメントが頭皮に付いてしまうと、肌荒れや毛穴の詰まりの原因になってしまいます。さらに頭皮にアウトバストリートメントが付いていると抜け毛が増えるなど薄毛に繋がることも考えられますので注意してください。

濡れた髪用と乾いた髪用

アウトバストリートメントには、濡れた髪用と乾いた髪用があります。アウトバストリートメントを購入する場合には、どちらのタイプのアウトバストリートメントかどうかを確認してから購入するようにしてください。髪の状態に合わせて開発されておりますので、使い方をチェックした上で購入してください。

仕上がりを求めすぎない

アウトバストリートメントは、仕上がりに重点を置くと、逆に髪の毛にダメージを与えてしまう事に繋がります。理想の髪の毛に仕上げようと、アウトバストリートメントを大量につけてしまったり、頻繁につけてしまうなどすると、変な臭いがしたり、髪の毛がベタベタとしてしまう恐れがあります。徐々に使っていくことによって確実に髪質は良くなっていきますので、推奨されている使い方以外を行わないようにしましょう。

ノンシリコンが特徴のおすすめアウトバストリートメント

初心者の方にも使いやすいノンシリコンが特徴のおすすめアウトバストリートメントをご紹介します。購入の際の参考にしてください。

【 Amazon 新着ランキング 第1位 】オルナ オーガニック 無添加 ヘアオイル 【 洗い流さない トリートメント 】( 髪 オイル ヘアトリートメント さらさら アウトバストリートメント )80ml *1

【 Amazon 新着ランキング 第1位 】オルナ オーガニック 無添加 ヘアオイル 【 洗い流さない トリートメント 】( 髪 オイル ヘアトリートメント さらさら アウトバストリートメント )80ml *1
オルナ オーガニック ( ALLNA ORGANIC )から発売されている「オルナ オーガニック 無添加 ヘアオイル」は、オイル系のアウトバストリートメントの中でも仕上がりが軽くサラサラとした仕上がりが特徴です。髪の毛がベタつくのが苦手な方におすすめです。

ゆず油 無添加ヘアオイル 60mL

ゆず油 無添加ヘアオイル 60mL
ウテナから発売されている「ゆず油 無添加ヘアオイル 60mL」は、さわやかなゆずの香りが人気のアウトバストリートメントです。髪の毛が広がりやすい方もしっとりとまとめやすい髪質に変化する事ができます。

EARTHEART 22油プラス1 ヘアオイル

EARTHEART 22油プラス1 ヘアオイル
EARTHEART (アースハート)から発売されている「EARTHEART 22油プラス1 ヘアオイル」は、全国チェーンしている美容室が開発したオリジナルのアウトバストリートメントです。オイル系のアウトバストリートメントの中でも仕上がりがサラサラしていますので素人の方にも使いやすいアウトバストリートメントです。

まとめ

アウトバストリートメントは、使い方さえマスターすれば、劇的に髪質を改善する事ができます。自分の髪質や髪の状態に合わせて適切なアウトバストリートメントを選べるようにしっかりと吟味しながら購入するように心がけてください。