マツエクの持ちを長くする方法とは?少しでも持ちを良くしてマツエクを楽しむ

マツエクの持ちを少しでも長持ちさせたいと思っている人には必見!装着するエクステの種類や太さ・長さなど細かく紹介しています。

あとは、マツエクを付けた後に必要な毎日のメンテナンスをどうするかについて詳しく説明しています。

マツエクの持ちを良くする方法について

マツエクを装着したいと思ってサロンでマツエクの装着をしてもらったときにその後のメンテナンスをどうしたらいいのか全くわからない人は結構います。その中で、サロンの人がマツエクのメンテナンス方法を教えてくれるところも合えば、全く何も教えてくれないところもあります。マツエクを施術した後にどんなことに注意してメンテを行えば、マツエク自体が長持ちするのか詳しく紹介します。

今まで知っていそうで知らなかったマツエクのメンテナンス方法について紹介しています。折角つけたマツエクなので出来るだけ長持ちさせたいのは誰もが願っていることです。そこで、自分で簡単にできるメンテナンス方法を少し紹介します。エマツエクをしてからマツエクが持つきかんはや買う3.4ヶ月となっています。

専用の美容液でコーティング

マツエクをしてから自まつ毛を少なからず傷めています。自まつ毛を傷つけてしまった場合はそのままの状態では何も変わりません。まつ毛に栄養を与えてから出来るだけまつ毛を保護していかなければいけません。そこで出てくるのが美容液です。美容液をまつ毛に与えてからまつ毛だけではなくまぶたにも栄養を与えて絵健全なまつ毛を維持していく必要があります。

マツエクだけではなく、自まつ毛やまぶたにも栄養を与えてくれるのがまつ毛専用の美容液です。マツエクをしたからと言ってまつ毛に栄養を与えてくれるわけでもなく、まつ毛を正常に保ってくれるわけでもありません。マツエク後は出来るだけ多くの栄養を与えるために美容液を塗る必要があります。

洗顔した後はしっかりと乾かす

マツエクをした後に毎日の洗顔をしていきます。洗顔後にマツエク自体を乾かす必要があります。マツエクはきれいに乾かしていかなければ、マツエク自身の持ちが悪くなってしまいます。洗顔後にマツエク自身も乾かす必要があり、そのときにどのような乾かし方をするのかが重要になります。まずは、マツエク後の洗顔をした後に乾かせばマツエク自身が長持ちしますがそのときのマツエクを乾かすにはドライヤーを使えば簡単に乾かせます。

ただし、ドライヤーを使うときには温風と冷風がありますが、冷風を使ってからマツエクを乾かす必要があります。そうすることでマツエク自信を傷めることもなくきれいに乾かしてマツエクを長持ちさせることが出来ます。ドライヤーの冷風で乾かすには、マツエクの下から冷風で1分程度当てることできれいにマツエクを乾かすことができてカール自体も維持することが出来ます。洗顔するときにオイルを含むクレンジングでは絶対に洗顔しないようにします。オイルはマツエクには大敵なのでその点だけは注意が必要です。

専用のコームで解かす

マツエクを付けてから出来るだけ長期間付けていたいと思うときは毎日のマツエクの手入れが大切です。きちんとマツエクの手入れをしていくことが長持ちさせるためのコツでもあります。毎日の手入れと言ってもそんな難しいことをするわけではありません。まつ毛専用のコームを使ってからマツエクを整えるだけでOKです。

特別に何かするわけでもなく、髪の毛を整えるのと同じように、まつ毛専用のコームを使ってから自まつ毛とエクステを一緒に整えていくだけでいいのです。それにプラスしてマツエクに美容液を付けていけばマツエクを出来るだけ長い期間維持することが出来ます。マツエクはつけただけでは長持ちさせることは出来ません。出来るだけマツエクを毎日手入れしていくことが大切です。

マツエクの持ちがいい種類とは

マツエクを装着して持ちがいい種類とはどんなマツエクになるのでしょうか。マツエクには長さ・太さ・カールの3つがポイントになります。この3つを道がいいマツエク選びに最適なものを選べば、マツエク自体が落ちることなく長い期間持たせることが出来ます。マツエクには持ちがいい長さ・太さ・カールと言うものがあるので、1つずつ見ていきましょう。

長さは地まつ毛プラス2mm

マツエクの長さはどのくらいのものをつければもちがいいのか気になるところです。マツエクを付けただけでは長く持たせることは出来ません。どんなマツエクを付けるかも重要で、出来るだけ長持ちするようなマツエクをつけることが大切です。それには、マツエクの種類や太さなども重要で、自まつ毛に合ったマツエクを付けることが出来るかによってマツエクの寿命を長くすることが出来ます。

長さは自まつ毛の長さに比例したエクステを付ける必要があります。自まつ毛が8mmの場合10mmと、自まつ毛の長さにプラス2mmすることで理想的なエクステを付けることになります。自分のまつ毛の長さを測ってからその長さプラス2mmと言うエクステを付けるようにしましょう。それでエクステの長さは大丈夫です。

太さは0.1mmから0.12mm

マツエクの長さがわかったら次に必要なのがマツエクの太さをどのくらいにするかです。マツエクの太さも、出来れば自まつ毛の太さに合わせてからつけるようにすればマツエクの持ちがよくなります。太さも時まつ毛の太さに合わせる必要があり、一概には何ミリと言うことはできません。欲張ってから出来るだけ太いエクステをつけてしまうとまぶたが重く感じて瞬きをするのさえきつく感じます。

出来るだけ太いエクステを付けて見栄えはよくなりますが、持ちという面で考えるとそうはいきません。自まつ毛よりも太すぎるエクステを付けてしまうと施術後にすぐに抜けてしまいます。折角付けたエクステが抜け落ちてしまっては意味がありません。エクステの理想的な太さは自まつ毛と同等の太さのものを付けなければいけません。そうするとエクステがなかなか抜け落ちなくて長持ちさせることが出来ます。

カールはJカールで

エクステを長持ちさせるにはもうひとつエクステの種類も影響します。できるだけエステの持ちをよくしたいのであればカールが弱いものを付けるようにします。カールが弱いエクステは、自まつ毛との接着面が広くなり落ちにくくなります。

落ちにくくなれば長持ちさせることができると言うことです。エクステの中で出来るだけ待ちをよくするための最適な種類はIカールです。Iカールであれば真っ直ぐのエクステになるので自まつ毛とグルーで接着させてしっかりと接着できるので一番持ちがよくなります。正し、Iカールの場合は真っ直ぐなエクス手なので、見た目はあまりよくありません。折角エクステをつけたのであれば、見栄えもよくする必要があります。

そこでおすすめなのがJカールのエクステです。Jカールであれば程よくカールがかかっていて、ナチュラルなカールとなっています。Jカールはカールがそこまでかかっていないので、自まつ毛に接着するときも接着面を確保できるので、エクステと自まつ毛をつけたときにしっかりと接着できます。カールと接着の両方を考えるとJカールが程よくカールしていて接着性も非常に高くなります。

おすすめのグッズ

マツエクを長期間維持していくためには日頃のメンテナンスが必要になります。メンテナンスの中でも、美容液を塗ることでマツエクを長期間維持し続けて自まつ毛も一緒に健全な状態で維持していくことが出来ます。そんなマツエクの為にも必要な美容液を厳選して2つピックアップしています。

ヒルコス まつげエクステ まつ毛保湿コーティング美容液 新・アイラッシュ革命 11mg(透明タイプ)

ヒルコス まつげエクステ まつ毛保湿コーティング美容液 新・アイラッシュ革命 11mg(透明タイプ)
ヒルコス まつげエクステ まつ毛保湿コーティング美容液は、マツエクを長持ちさせるためには欠かせない美容液です。毎日つけていれば、マツエク自体長く持たせることが出来ます。ヒルコス まつげエクステ まつ毛保湿コーティング美容液は、アルコールに敏感な方やアルコールを使ってはいけないような人が使うには最適な美容液となります。

美容液は肌に潤いをもたらしてくれて、マツエクをコーテイングしてくれて水や汗などから保護してくれます。水や汗をしっかりとガードしてくれるのがヒルコス まつげエクステ まつ毛保湿コーティング美容液で、女性には人気の美容液となります。出来るだけ毎日塗ってから表面をコーティングをしっかりと行ってくれて水や汗などからも守ってくれます。まつ毛のトリートメントとして使っていけるので、いつでもトリートメント効果を味わうことが出来ます。

まつエク まつげ美容液 helcos ヒルコス アイゾーン革命 ( 保湿成分配合 ) ( 5mL ) ( 12本 )

まつエク まつげ美容液 helcos ヒルコス アイゾーン革命 ( 保湿成分配合 ) ( 5mL )
まつエク まつげ美容液 helcos ヒルコス アイゾーン革命は、マツエク用の美容液で痛んだ毛に潤いと栄養を当ててくれます。美容液本来の役割である潤いと栄養はまつエク まつげ美容液 helcos ヒルコス アイゾーン革命には豊富に栄養素が含まれていて、機能性保湿成分ワイドラッシュというものを11%も含んでいる美容液です。

エクステ専用の美容液なのでオイルフリーとなっていて、自まつ毛に塗っても問題ありません。痛んだマツエクや自まつ毛にも栄養を与え続けてくれるマツエクを少しでも長もちさせたい人にはおすすめの美容液です。

まとめ

折角マツエクをつけても長持ちしなければ意味がありません。そこでマツエクを長持ちさせるためのマツエク装着後のメンテナンスでいくつかポイントがあります。そのポイントを詳しく紹介しています。

マツエクを長持ちさせるのに最適なマツエクを選ぶのに太さ・長さ・カールの強さなども考えていけば、長期間付けた状態を維持することが出来ます。マツエクを長い期間維持するための最善の選択をしてからつけることでベストの選択が出来ます。その選択をする為の選ぶべきマツエクの条件を紹介しています。

あとはマツエクを維持していくときに毎日のメンテナンスとして、マスカラや美容液を継続して使うことで、よりマツエクだけではなく自まつ毛自体も健全な状態で維持していくことも出来ます。マツエクを長く付けておくのに必要な野は正しい方法を見つけることです。今回はマツエクを長持ちさせる情報が紹介されているので参考にしましょう。