便秘を引き起こす9つの原因と便秘に効果のあるツボ10選

便秘を引き起こす9つの原因と便秘に効果のあるツボ10選

便秘になるとお腹もポッコリしてしまいますし、肌トラブルの原因にもなりますよね。改善したいと思っている方はたくさんいると思いますが、いったいどうすれば便秘を改善できるのでしょうか。

ここでは、

  • 便秘を引き起こす原因
  • 便秘を解消する方法
  • 便秘を解消する効果的なツボ

などをご紹介します。

便秘を引き起こす原因

便秘を引き起こす原因
便秘の原因はいろいろ挙げられます。生活習慣が乱れていると便秘になりやすいですし、過度のストレスや食生活の乱れも便秘を引き起こしてしまうのです。運動不足やダイエットなども便秘の原因になることがあるので、注意しなくてはなりません。

生活習慣の乱れ

人によって生活習慣は異なりますが、それが便秘を引き起こすこともあります。例えば、排便の習慣があまりない方だと、どうしても便秘になりやすいです。規則的な排便の習慣をつけることが、便秘を解消する第一歩ですね。

また、毎日夜更かしをしている方も要注意です。夜更かしをしてしまうと、自然と睡眠時間も短くなりがちですし、睡眠の質そのものも下がってしまいます。それがストレスとなり、便秘の原因になることも少なくありません。

過度のストレス

「ストレスと便秘に何の関係が?」と思った方もいるでしょうが、実は関係大ありです。ストレスは精神面はもちろん、肉体にもさまざまな影響を与えます。交感神経や副交感神経のバランスが崩れやすくなり、それが腸の活動低下を招くのです。

ストレスが溜まる原因はさまざまですが、仕事が忙しすぎる、人間関係がうまくいかないといったときに溜まりやすいですね。また、ムリなダイエットをしていると、食べたい物も食べられずストレスが溜まってしまうことがあります。

食生活の乱れ

食生活の乱れ
1日に1食しか食べていない、栄養の偏った食事を続けている、という方だと便秘になりやすいと言えます。食事はきちんと1日3食摂るべきですし、栄養バランスの整った食事を摂るのが便秘の改善に効果が期待できます。

便秘に悩まされているのなら、積極的に食物繊維を多めにとる必要があります。普段から野菜をあまり食べず、肉や炭水化物ばかり摂っている方は要注意ですよ。食物繊維を摂取する機会が少なくなると、排便がスムーズに促されなくなります。

摂取する水分量の不足

ダイエット中の方によく見られますが、太るからと水をあまり飲まないようにしていると、便秘に繋がります。水を飲んでも太ることはありませんし、むしろ便秘を改善するには積極的に飲まなくてはなりません。

水をたくさん飲むことで、腸の中の老廃物も柔らかくなります。便秘は、腸の中で固くなった老廃物が溜まっているような状態です。この状態だと排便が促されにくくなるのです。水をたくさん飲むことで老廃物も柔らかくなり、腸の動きも活発になります。

運動不足

仕事がデスクワークの方だと、運動不足になりやすいですね。また、自宅でお仕事をしている方だと、部屋にこもりっぱなしということも多くなりますし、自然と運動不足になります。運動不足は腸の働きを鈍らせるので、便秘の原因となりやすいのです。

腸の中に溜まっている老廃物を排出するには、押し出すための筋力が必要となります。老廃物を押し出すための腹筋力は、普段から意識的に使っていないと、衰えてしまうのです。腹筋力が衰えないよう、日ごろから意識的に運動を取り入れるべきですね。

食事時間が不規則

食事時間が不規則
いつも決まった時間に食事をしているでしょうか?もし、食事をする時間がバラバラなら、それが便秘の原因なのかもしれません。腸は内臓の中でもリズムを大切にする臓器です。そのため、不規則な生活になると自律神経のバランスを乱してしまいます。

自律神経のバランスが乱れてしまうと、腸の動きが衰えてしまい便秘の原因になるのです。朝起きる時間や寝る時間、食事をとるタイミングなどがバラバラという方ほど便秘になりやすいので、注意してくださいね。

ダイエットなどによる食事量の減少

ダイエットでは食事量をコントロールするので、1日の食事量がかなり少なくなることもあります。朝に食べない、1回の食事量を大幅に減らすといったことをすると、便意のリズムを狂わせてしまいそれが便秘に繋がります。

また、トータルでの食事量が少なくなると、摂取する食物繊維の量も少なくなってしまいます。食物繊維は腸内に溜まった老廃物の排出をサポートする働きがあるので、摂取量が少なくなると便秘になってしまうのです。

便秘を解消する方法

便秘を解消する方法
便秘を解消するためには、規則正しい生活を送ることが最初の一歩です。また、栄養バランスの整った食事を摂ることも大切ですし、定期的な運動も欠かせません。ここでは、便秘を解消するための方法をまとめてみました。

規則正しい生活を送る

腸はリズムを大切にする臓器なので、規則正しい生活を送ることが大切です。まずは、朝起きる時間やベッドに入るタイミングなどをきちんと決めることから始めてみましょう。最初はうまくいかないかもしれませんが、続けているうちに慣れてきますよ。

また、毎日排便する習慣をつけるようにしてください。朝食を食べてから少し時間を置いて、トイレに座る癖をつけてみましょう。最初のうちは座っても排便できない、ということが続くかもしれませんが、これも慣れです。「忙しい朝にそんな時間はない」という方もいるでしょうが、起きる時間を少し早くすればいいだけですよ。

栄養バランスのとれた食生活

ダイエットのために朝食を抜く、夜は食べないというのはやめましょう。栄養バランスが偏ってしまいますし、何より食事量が減ることで排便がスムーズにできなくなる恐れがあります。1日3食が基本で、栄養バランスを意識してください。

便秘を解消したいのなら、野菜を中心とした食事がおすすめですね。野菜を中心に、たんぱく質や炭水化物、脂質などをバランスよく摂りましょう。野菜をたくさん摂るのは、食物繊維を摂取するためです。食物繊維をたくさん摂取すれば、腸内の老廃物を排出するのを助けてくれます。

定期的に運動をする

定期的に運動をする
朝ウォーキングをする、週に3回ほど筋トレをするなど、運動をする習慣をつけてください。スポーツに取り組んでみるのもいいですね。自分が楽しいと思えるスポーツなら、長続きしやすいので習慣にもしやすいですよ。

忙しすぎて運動どころではない、という方もいるでしょうが、ちょっとした工夫で日常生活に運動を取り入れられます。1駅区間だけ歩く、駅のエレベーターやエスカレーターは使わず階段を利用するといったことです。腸の中の老廃物を押し出すのは腹筋力なので、腹筋を中心に筋トレするのもおすすめですね。

定期的に運動をすることで、腸の働きを活発にできるだけでなく、ストレスの発散効果も期待できます。体を思いっきり動かすのは気持ちがいいですし、気持ちもリフレッシュできますよね。ストレスも便秘の原因となるので、運動をすることでダブルの効果が期待できるでしょう。

便秘に効果的なツボを押す

人間の体には、無数のツボがあります。ツボを刺激することでさまざまな効果が得られると言われていますし、便秘改善に効くと言われるツボもあります。手や足を中心にこうしたツボがあると言われているので、日ごろから意識的に刺激してみましょう。

ツボを押して刺激することで、腸にアプローチして便意を起こりやすくできると言われています。個人差はあるでしょうが、毎日続けることで効果が見えてくるかもしれません。

便秘を解消!手のツボを押してみよう

便秘を解消!手のツボを押してみよう
便秘を解消するためのツボをご紹介したいと思います。人体には数多くのツボがあり、中には便秘解消に効果的と言われるものもあります。ここでご紹介するのは、手にある間使、合谷、温溜といったツボです。詳しく見ていきましょう。

間使

「かんし」と読みます。これは手首にあるツボで、腕の内側の中央部分にあります。手首からだいたい指4本分くらいのところが目安となります。親指を使ってグッと押すマッサージを、2~3分程度行ってみましょう。お腹が張って苦しい、といった症状に効果的だと言われています。腸の動きを活発にできる効果が期待できるようですね。

合谷

「ごうこく」と読みます。手の甲にあるツボで、親指と人差し指の付け根の骨部分にあります。骨が交わっているところの内側にあるので、分かりやすいツボですね。親指で刺激を与えることで、腸にアプローチできます。基本は、親指で押すのですが、手を握るようにしてやると押しやすいです。2~3分程度マッサージしてください。

温溜

「おんる」と読みます。肘と手首の中間地点くらいにあるツボで、ストレス性の下痢や便秘に効果が期待できるといわれています。ストレスや過度の緊張などによって、腸の動きが不安定になっているような方におすすめできるツボですね。腕を掴むようにして、親指でツボに刺激を与えましょう。骨から押し上げるように刺激するのがポイントです。

足にも便秘解消のツボがあります

足にも便秘解消のツボがあります
便秘の改善に効果が期待できるツボは、足にもあります。足だと、梁丘や三陰交、足三里といったツボが代表的ですね。それぞれのツボに特徴や効果の違いがあるので、ここではそれをご説明したいと思います。

梁丘

「りょうきゅう」と読みます。太もも外側の、膝に近い部分にあるツボです。腸の動きを司るツボとなるので、刺激することで腸へのアプローチが可能になるでしょう。便秘改善だけでなく、下痢止めにも効果が期待できます。座った状態で、こぶしの小指側でこするようにして刺激してください。服の上からやると滑りがいいので痛くなりません。

三陰交

「さんいんこう」と読みます。足のくるぶし部分にあるツボで、内側のくるぶしから指4本分上にあります。くぼみに親指を押し当てて、マッサージしてください。上からグーっと押すような感じではなく、左右に動かすようなマッサージをすると効果的だと言われています。

足三里

「あしさんり」と読みます。膝の近くにあるツボで、割りと見つけやすいツボの一つですね。膝からだいたい指4本分ほど下に位置しています。脛の外側に確認できるふくらみのヘリという認識で大丈夫でしょう。親指や中指を使い、グリグリと刺激しましょう。強い痛みを感じるほど力を入れる必要はありません。

お腹のツボは特に効果的!

お腹のツボは特に効果的!
お腹にあるツボは、腸に対してダイレクトにアプローチができると言われています。天枢や大巨といったツボが有名ですね。早く便秘を解消したい、という方におすすめのツボなので、ぜひ覚えておきましょう。

天枢

「てんすう」と読みます。おへその周辺にあるツボで、腸にも近いためダイレクトなアプローチが可能となるでしょう。おへそから指3本分ほど外側にあり、左右に存在します。お腹が軽くへこむくらい、指で刺激しましょう。片方ずつではなく、左右一緒にマッサージしてあげることです。

大巨

「だいこ」と読みます。先ほどご紹介した天枢のツボから、指3本分ほど下にいったところにあります。このツボも、左右両方にあるので覚えておきましょう。腰の骨に両手を置き、その状態で左右のツボを同時に刺激します。グーっと押すようにしてマッサージしてくださいね。

お腹のツボは特に効果的!

背中にもある!便秘解消のツボ
意外かもしれませんが、背中にも便秘改善に効果が期待できるツボがあります。大腸兪、小腸兪などですね。背中にあるツボだと、自分ではマッサージできないのでは、と思った方もいるでしょう。安心してください。一人でもマッサージできますよ。

大腸兪

腰骨の高さで背骨から指2本分くらい外にあるツボです。左右両方にあるツボなので、刺激するときも同時に行います。仰向けになって寝転がり、こぶしを作ってツボにあてます。こぶしの角になっている部分が、ツボにあたるようにしてください。左右にゆっくりと体を揺らすようにして刺激します。

小腸兪

先ほどご紹介したツボから、指2本分下にあるツボです。関節リウマチや坐骨神経痛などに効果があると言われていますが、便秘改善にも効果が期待できるようです。また、月経不順にも効果が期待できるようなので、まさに女性のためのツボと言えますね。マッサージの方法は、大腸兪と同じです。

まとめ

便秘になる原因や、解消方法などについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。慢性的な便秘に悩まされているという方は、まず生活習慣や食生活の見直しを図ってみましょう。その上で、便秘の改善に効果の期待できるツボ押しも実践すると、便秘も早く改善されるかもしれませんね。ツライ便秘を解消して、快適な日々を取り戻しましょう。