アイメイクの方法とは?アイシャドウやアイラインのやり方を学んで目元の印象を変えよう!

もしかすると今のアイメイクのやり方は間違っているかもしれません。アイメイクのやり方次第で、目元の印象はガラリと変わります。
  • アイシャドウの基本の塗り方
  • 基本的なアイメイクのやり方
  • 目が大きく見えるアイメイク法
  • 一重さん向け♡目を大きく見せるアイメイクのやり方
  • おすすめのアイメイクグッズ 3選

について解説していきます。

アイシャドウの基本の塗り方

画像引用元:latte

アイメイクのなかでも、アイシャドウはとても重要なアイテムです。アイシャドウを塗るだけで立体感が生まれ、印象的な目元が手に入ります。ここで、アイシャドウの塗り方について見ていきましょう。

アイシャドウは塗り方の基本を押さえて今っぽい目元に!

アイシャドウはアイホールに塗る

画像引用元:latte

はじめにアイホール全体にアイシャドウを塗っているかどうかで、アイメイクの仕上がりは変わります。アイホールとは、眼球と眼球の上にある骨のくぼみに沿った部分。

目頭側からアイホールを覆うように、目尻に向かってアイシャドウをのせていきます。大きめのアイシャドウブラシを使うといいですよ。アイシャドウの密度が高まるように、ブラシの先端を使い丁寧にのせていきましょう。

仕上げはチップとブラシで美しく


アイメイクを美しく仕上げるためには、チップやブラシを上手に使いこなすことも重要です。パレットに付属しているチップやブラシが使いにくい場合は、自分に合ったものを用意してください。

自然なグラデーションを作りたい部分にはブラシを、アイラインのようにアイシャドウを塗りたい部分にはチップを使いましょう。また、色を濃く出したい時はブラシやチップを寝かさず、先端を使って小刻みにのせていくといいですよ。

ベースでより一層アイシャドウを引き立てる

ファンデーションや口紅を塗る前にも、下地をきちんと作っておくことでメイクが映えますよね。アイメイクの場合も、それは同じ。アイシャドウベースには保湿効果も期待できるので、乾燥を防ぎまぶたがなめらかになります。

またアイシャドウの発色もよくなり、化粧崩れも起こりにくくなります。

基本的なアイメイクのやり方

アイメイクは、ただ塗り重ねるだけでは綺麗に仕上がりません。ポイントをおさえたうえで基本に沿ったメイクをすることで、印象的な目元に仕上がります。ここで、アイメイクを成功させるための具体的な手順を見ていきましょう。

アイメイクの基本を教えます!初心者のためのアイメイクの基本的な手順

指でアイシャドウをアイホール全体になじませる

メディアムカラー寄りのベーシックなベージュやブラウン系のアイシャドウを、指を使ってアイホール全体に伸ばします。オレンジベージュや赤みのあるブラウンが、肌なじみもよくておすすめです。

大きめのブラシでのせる場合もありますが、指を使うことでアイシャドウがしっかりと密着し、ツヤのある仕上がりになります。

下まぶたにもアイシャドウをのせる

アイホールに塗ったアイシャドウと同じカラーを、下まつ毛から5mm位の幅でのせていきます。下まぶたにアイシャドウを塗ることで、彫りの深い目元に見せることができますよ。

アイライナーを目尻に向かって引く

リキッドライナーの先端を使い、上まつ毛の下側からまつげのすき間を埋めていきましょう。目尻より3~4mm程度長めにいれると、目元が横長に大きく見えます。

黒ではなくナチュラルなグレーやブラウンを選ぶと、ヌーディーで自然な感じに目力がアップします。

ビューラーでまつげをカールする

ビューラーは、目の形にきちんとフィットするものを用意してください。目頭から目尻までのすべてのまつ毛をカールさせるのがポイントです。まぶたを挟まないように注意して、根元からしっかりとカールさせましょう。

マスカラを毛先に向かって塗る

まつ毛のカールがとれやすいのは根元部分。マスカラを塗る時には、まず根本にしっかり押し当ててカールを持ち上げるようにしながら毛先に向けて流しましょう。何度も重ねるとダマになってしまうので注意してくださいね。

目が大きく見えるアイメイク法について

大きな瞳は女性の憧れ。でも、たとえ小さな目にコンプレックスを感じていたとしても、決してあきらめないでください。ちょっとしたテクニックを使えば、アイメイクでナチュラルに目元のインパクトを強くさせることができます。

目を大きく見せるためのアイメイク法を見てみましょう。

デカ目を叶えるアイメイク!自然な裸眼メイクがトレンド

ハイライトを使う

アイシャドウにハイライト(明るい色)を使うことで、アイメイクの仕上がりは劇的に変わります。ハイライトは、いれる位置によって様々な表情の目元に見せることができます。

目を大きく見せたい場合は、アイシャドウを塗ったあと黒目の真上にあたる部分にハイライトをのせましょう。これによって、アイホールの丸みが強調されます。立体感が生まれるので、目がパッチリ大きく見えますよ。

中間色を使う

アイシャドウで美しいグラデーションを作るには、ハイライトカラー(明るい色)、シェイドカラー(濃い色)、中間色であるミディアムカラーが必要です。ハイライトカラーとシェイドカラーだけでは境目がなじまず、綺麗なグラデーションにはなりません。

中間色はハイライトカラーとシェイドカラーのつなぎ役。アイホールに中間色をいれたら、ブラシでぼかしてなじませましょう。

目のキワには濃い目のアイシャドウを

濃い色(シェイドカラー)のアイシャドウは、目のキワに沿ってアイラインのように細めにいれることで目元が引き締まります。上まぶたと下まぶたの目尻部分に少し濃い目にいれると、さらに陰影がうまれて目が大きく見えますよ。

チップを寝かさないようにして丁寧に塗ると、発色がよくなります。

一重さん向け♡目を大きく見せるアイメイクのやり方

画像引用元:latte

一重まぶたでも、アイメイクのやり方次第で一重ならではの魅力的な目元をつくることができます。上手にアイシャドウやアイライナーを使いこなして、パッチリの瞳を手に入れましょう。一重さん向けのアイメイクのやり方を紹介します。

アイシャドウをアイホール全体になじませる

少しだけ濃いめのベーシックなカラーを選び、チップかブラシでのせていきます。発色よくさせるために、ブラシは寝かさずに使いましょう。アイホールを覆うようにして、ふんわり塗るのがポイントです。

目尻から4mm程度長く、アイライナーを引く

上まつ毛のすき間を丁寧に埋めるようにして、先端を使いながらアイライナーをスッと伸ばしていきます。ボコボコとラインがはみ出さないように注意してください。

目を大きく見せたいからといって、太いアイラインをひくと不自然になってしまうので気をつけましょう。

目尻のラインはやや太めに仕上げるのがコツ

目尻部分と目尻から3~4mm伸ばした部分だけ太いラインにするとメリハリが生まれて、目を大きく見せることができます。涼しげなのに表情のある、魅惑的な目元になりますよ。

下まぶたにもアイシャドウをのせる

下まつ毛から5mmほどの幅で、下まぶたにうっすらとアイシャドウをのせます。幅を広く塗ってしまうとクマのように見えてしまうので気をつけましょう。

アイシャドウの色のトーンは、肌の色より少しだけ暗めにすると自然な感じで彫りが深く見えます。

おすすめのアイメイクグッズ 3選

アイシャドウにも様々な商品があるので、どれを選べばいいのか分かりませんよね。使い方次第で、日常使いもデートの時のメイクでも使える万能のアイシャドウを3点紹介します。どれも女性からの評判のいい、おすすめのアイテムですよ。

ケイト アイシャドウ ブラウンシェードアイズN BR-3[セピア]

ケイト アイシャドウ ブラウンシェードアイズN BR-3[セピア]

発色のよさが魅力のアイシャドウ。SNSでも女性たちがこぞって絶賛しています。

落ち着いた色味ですが、ラメが入っているので若々しい印象に仕上がります。肌に合わせやすい5色が自然なグラデーションをつくり、立体感のある彫りの深い目元を完成させます。ベーシックなカラーなので、普段使いにもピッタリ。

濃いめの色をアイライン代わりに使うことも可能。リピートする女性はとても多いです。

キャンメイク アイシャドウベースRB ラディアントブルー 2g

キャンメイク アイシャドウベースRB ラディアントブルー 2g

コンシーラーやハイライトとして使うことで肌が一段明るくなり、アイメイクの映えるベースが整います。ラメ感はなく、しっとりとした使い心地。

こちらのアイシャドウベースで下地を作ってからアイシャドウを塗ることで、アイメイクの仕上がりはぐんと美しくなりますよ。くすみ消しとしても使えるので、すごく重宝します。

【ルナソル】 スキンモデリングアイズ#01

ルナソル スキンモデリングアイズ01 Beige Beige(アイシャドウ)

使いやすいベージュカラーを基調とした4色がセットになった、話題のアイシャドウ。一見地味に見えるカラーですが、さっとひと塗りするだけでセクシーで上品な深みのある目元に仕上がります。

シチュエーションによって塗る色の組み合わせを変えることで、違った雰囲気に仕上げることも可能。落ち着いたなかに華やかさと色気のある目元が手に入る、とても魅力的なアイシャドウです。

まとめ

たとえ一重や奥二重の目でも、アイメイクのやり方次第で美しく印象的な目元をつくることができます。女性の美しさを最大限に引き出すためには、ちょっとしたアイメイクのコツが必要です。

アイメイクの基本的なやり方をマスターすれば、シーンに合わせて表情の違う魅力的な目元が手に入りますよ!

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。