アイメイクの方法とは?やり方を学んで目元の印象を変える

アイシャドウの塗り方について

アイメイクはアイシャドウの塗り方次第で仕上がりが左右されると言っても過言ではありません。

それくらい重要視されるアイメイクですが、やり方を学べば、どなたでも望み通りの目もとを手に入れることができます。

どのようなことに注意すれば、綺麗な目もとをつくることができるのでしょうか。

アイシャドウはアイホールに塗る

@romi699667がシェアした投稿

アイシャドウは単色使いでも、パレット使いでも、基本は同じです。まず、第一に行うことは、アイホールにアイシャドウを塗るという作業になります。ちなみに、アイホールとは、目のくぼみになります。

更に、詳しく説明します。目を軽く閉じてみましょう。その閉じた目を中指の腹を使って、優しくまぶたを触ってみてください。眼球の形にそってくぼみができていませんか。目頭から目じりにかけて丸い線ができていますが、その線と閉じた目のまつ毛のラインを結んだ内側の円がアイホールになります。このアイホールにアイシャドウを塗ることによって、立体的な目もとをつくることができます。

仕上げはチップとブラシで美しく

yuiさん(@yui_yui__5)がシェアした投稿


アイシャドウパレットには、そのコスメメーカー、ブランドが使いやすさ、付け心地等を研究し、これだと認めた付属のチップ、ブラシ等がセットされております。パレット自体が小さい時は、チップ、もしくはブラシもそのサイズに応じたものとなるため、小さくてうまく塗れないと不安もしばしば。そんな時は、アイシャドウ専用のブラシ、チップを購入しましょう。

チップ、ブラシの使い方は、アイシャドウの仕上がりに大きく影響します。使いやすさを重視して選ぶことは大切なことになりますが、敏感肌、肌の弱い人は、ブラシの毛質にも注意することをおすすめします。毛先が肌に触れるたび、チクチク痛む、その刺激でニキビを発症、ニキビが悪化したと言う人も少なくありません。気になる人は、コスメ専用のブラシ、チップを扱うショップ等で天然毛を使用したブラシを買い求めることをおすすめします。

ちなみに、今話題のブラシは、グラデーションが綺麗に仕上がると評判のブレンディングブラシになります。海外コスメブランドから発売されているブラシになりますが、肌に優しい天然毛、チクチクしない毛先、持ちやすく使いやすい、毎日使ってもヘタレない等、高評価の口コミが投稿されている人気商品となっております。

さて、アイシャドウの塗り方についてですが、基本はブラシを使って少しずつ塗っていくことになります。チップではアイシャドウの塗り方にムラができ、綺麗な目もとをつくることが難しく、メイク初心者の人にはハードルが高いかもしれません。

まずは、小さめのブラシを用意しましょう。使い勝手を理解した後は、毎日使って慣れること。ブラシを使うことになれた後は、好みのアイシャドウを使い、練習しましょう。慌てず、焦らず、時間をかけて塗り重ねていくことをおすすめします。

ベースでより一層アイシャドウを引き立てる

毎日のスキンケアは、クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリームと使う順番が決まっております。それは、アイシャドウも同じこと。洗顔を済ませ、スキンケアを終えたら、メイクの下地をつくります。その際、アイメイクの下地もつくっておきましょう。

アイメイクの下地とは、ベースメイクになります。ちなみに、化粧下地とベースメイクは似て非なるもの。まったく違いますので、ご注意ください。ここでいうベースメイクとは、アイメイクのベースとなるアイテムを塗ることになります。

ベースを塗る目的は、アイシャドウの発色をサポートすること、また、アイシャドウのモチを良くすることになります。メイク崩れを防ぐためにも、ベースを塗ってから、アイメイクを行いましょう。

基本的なアイメイクのやり方とは

アイメイクの基本は、目をぱっちりと見せること。基本的なやり方は定められておりません。好みの塗り方で、まったく問題ありません。ですが、綺麗に塗れるアイメイク法と言われるプロがもつ技術があります。それが、いわゆる基本的なアイメイクのやり方になります。

基本的なアイメイクとは、アイシャドウで立体的な目もとを、ビューラーでまつ毛をしっかりとカールし、アイライナーでアイラインを引き、目を大きく見せることになります。その基本を一つずつ、詳しく説明していきたいと思います。

アイシャドウで立体感を出す

アイシャドウの最大の目的は、目もとに立体感を出すことになります。その他にも、目もとにツヤを出し、まぶたの乾燥を防ぐこと。また、目を大きく見せること。更には、目の形をメイクで補正し、ぱっちりとした印象深い目もとをつくることになります。

立体的な目もとをつくるにはある程度の技術が必要になりますが、昨今、人気のアイシャドウパレットは、説明通りにカラーを配置していけば、アイメイク初心者の人でも手軽に立体的目もとをつくることができます。プロが行うような高度なテクニックは要りませんので、ご安心ください。

立体感をつくるには、目もとの陰影が重要ですが、アイシャドウパレットであれば、アイメイク初心者の人でもそう難しい技術は必要ありません。ですが、単色のアイシャドウで立体感を出す場合には、かなりのテクニックが必要になります。

単色を使う場合についてですが、まずはアイホール全体に色を入れていきましょう。続いて、目じりへ。目頭から目じりにかけて塗っていきたい気持ちは分かりますが、目頭が濃くなる可能性があるため、目じりから目頭に入れていくことをおすすめします。いったん目を開け、まぶたと目じりから目頭に入れたラインを確認します。その境目に、更に色を乗せれば、完成です。

ビューラーでまつげをカールする

えりさん(@kerokeri142)がシェアした投稿

アイシャドウを塗ったら、必ず、ビューラーでまつ毛をカールさせましょう。アイメイクが綺麗に仕上がっても、まつ毛が下向きでは、ぱっちりとした大きな目はつくれません。まつ毛を上向きにさせることによって、目が大きく見える効果もあるのです。まつ毛を根元からしっかりと立ち上げた後は、マスカラで仕上げることを忘れずに。

ちなみに、ビューラーはコスメコーナーでもスーパーでも売っておりますが、力を入れずにしっかりとしたカールがつくれるビューラーが欲しい人は、コスメブランドから発売されているビューラーを手に入れましょう。仕上がり具合に大きな違いがあります。ぜひ、お試しください。

アイラインで目を大きく見せる

___mikik___さん(@___mikik___)がシェアした投稿


アイラインを引いた目と引いてない目。アイメイクを行う際、片方の目のみアイラインを引いてみてください。目の印象、大きさに違いがあることが分かります。ちなみに、アイラインはブラックが一般的でしたが、昨今はナチュラルメイクが主流となり、ブラウンのアイライナーでアイラインを引く人が増えております。

ブラウンのアイラインで目が大きく見えるか。実は、ブラックのアイラインは、目の際に影ができるため、目を小さく見せてしまう恐れがあります。ですが、ブラウンのアイラインは、目のまわりをぼかす効果があり、その効果が目を大きく見せてくれるのです。まだ、お試しでない方は、ぜひ、一度トライしてみてください。

目が大きく見えるアイメイク法について

少しでも目を大きく見せたい。女性の願いは深刻、切実です。整形手術を行えば、いっとき痛い思いをしますが、その後の人生、目の大きさに悩むことはありません。ですが、整形手術は怖いもの。誰でもが、我慢できる痛みではないかもしれません。

そんな時は、迷わず、目を大きく見せるアイメイク法を習得しましょう。アイメイク法は、一度習得してしまえば、その後、度々悩むこともありません。目を大きく見せる3つのアイメイク法を紹介します。

ハイライトを使う

のぼり もえ🐩💗さん(@moe_nobori)がシェアした投稿


目を大きく見せるコツは、アイシャドウパレットにセットされているハイライトカラーをうまく使うことになります。ハイライトカラーは、アイホールの中央に入れることが多いのですが、目頭を丸く包むように入れる、また、涙袋に入れることで、立体感のある目もとがつくれます。この立体感が、顔に陰影をつくり、目を大きく見せてくれます。

中間色を使う

アイシャドウの基本は、アイホールに塗るハイライトカラー、引き締めのシェードカラー、それに、グラデーションの要となるミディアムカラーになります。このミディアムカラーが中間色と言われる色になりますが、使い方は、アイホールにハイライトカラー、目頭から目じりにかけて引き締めのシェードカラー、最後にミディアムカラーになります。

ハイライトカラーとシェードカラーでは境がくっきりとし過ぎてしまい、綺麗なグラデーションができません。その境目を綺麗にぼかし、グラデーションをつくってくれる役目をもつのが、ミディアムカラーになります。

なぜ、グラデーションにこだわるのか。その答えは、ただ一つ。グラデーションが目を大きく見せてくれる効果があるからです。色選びに注意して、綺麗なグラデーションをつくりましょう。

目のキワには濃い目のアイシャドウを

最後は、誰もが知っている濃い目のアイシャドウの使い方についてです。濃い色のアイシャドウは太く濃く入れてしまうと、目のまわりに影ができ目が小さく見えてしまうというデメリットがありますが、目のキワに細めに濃い色のアイシャドウを入れれば、ちょうど良い引き締めの色となり、目を大きく見せてくれる効果があります。

ですが、ただ濃い色のアイシャドウを入れるだけでは、ぱっちりとした大きな目にはなりません。引き締めの色を入れる時は、目頭から目じりにかけ、また、まつ毛からまぶたにかけて、縦横のグラデーションができるように入れることをおすすめします。

おすすめのグッズ

これを使えば、綺麗なグラデーションができる。そんな優秀アイシャドウ3点を紹介します。各ブランドが誇る人気商品、人気カラーとなっております。

ケイト アイシャドウ ブラウンシェードアイズN BR-3[セピア]

ケイト アイシャドウ ブラウンシェードアイズN BR-3[セピア]

自然な陰影、立体ツヤ感のダブルの効果で、ホリの深い立体的な目もとを演出するケイト アイシャドウ ブラウンシェードアイズN BR-3[セピア]。ナチュラルな目もとになるブラウン系シャドウは、肌なじみの良い5つのカラーがセットされております。

5つのカラーすべてを使ってのグラデーションほか、2~3種類のカラーを使ってのグラデーションもOK。その時々の気分や場、目的に合わせて組み合わせることもできる自由さが魅力のアイシャドウとなっております。

キャンメイク アイシャドウベースRB ラディアントブルー 2g

キャンメイク アイシャドウベースRB ラディアントブルー 2g

安くて可愛いのに、チープ過ぎない。これ、キャンメイク アイシャドウベースRB ラディアントブルーを褒める愛用者の口コミです。キャンメイクの商品はどれも安い価格で買いやすいことが最大の魅力となっておりますが、それに、機能と効果をプラスしたのが、キャンメイク アイシャドウベースRB ラディアントブルー 2gになります。

ベージュ系を使う人が多い中、こちらのラディアントブルーは、ブルーは使いにくい、アイシャドウの色合いを消してしまうのでは、白っぽいならないか不安だった等のデメリットの口コミも少なくありませんでした。そのデメリットを一変したのが、ある女性が投稿した「くすみが消えた」のひと言でした。目もとのくすみを消し、まぶたをワントーン明るく見せてくれるブルーベースには、ピンク系、ブルー系、パープル系のアイシャドウをおすすめします。

【ルナソル】 スキンモデリングアイズ#01

ルナソル スキンモデリングアイズ01 Beige Beige(アイシャドウ)

ルナソルのアイシャドウの中でも、いちばん人気のアイシャドウと言えば、【ルナソル】 スキンモデリングアイズ#01。ベージュを基調とした4カラーがセットになったアイシャドウとパレットになります。

愛用者の年齢は20代から60代と幅広く、特に、30~40代の働き盛りの女性に人気のあるカラーとなっております。4カラーをすべて使えば、プロ仕様のグラデーションが、ミディアムカラーとシェードカラーの2カラーを使いこなせば、上級者のグラデーションができあがります。長持ちするツヤ感は、ルナソル独自の技術、成分が織りなす大人っぽい輝きが魅力の質感となっております。

まとめ

ぱっちり二重の目は美人の目もとと言われます。一重の目、奥二重の目でも、アイメイクのやり方次第で、目を大きく見せることができます。アイメイクの基本となるベースづくりから、上級者が行うグラデーションまで、分かりやすく説明しました。