化粧水パックをしても逆効果になるのはどんな時?パックに合った化粧水の選び方!

綺麗な肌を目指して、身近なものを使って手軽にできるお手入れ方法があります。いつも使っている化粧水で、今よりももっとコンディションの良い綺麗な肌を目指すことも可能。しかしながら、その際に気を付けておきたいことがあります。身近なもので最高のお手入れをするために、是非注意してみてください。

化粧水パックが逆効果になるNGポイント

化粧水パックで、お肌のお手入れをすることができます。しかしながら、方法を間違ってしまうと、肌にダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。ポイントは、「短時間で!」です。

長い時間パックしている

たっぷりの化粧水を含んだコットンを使うので、無駄にしないようにとコットンがカラカラになるまでパックしてしまう方もいるようですが、これは良い方法とは言えません。なぜなら、あまり長い時間化粧水とコットンを使ってパックしてしまうと、かえって肌を乾燥させてしまうことにつながるからです。オススメの時間は、ごくわずかの時間です。3分~から、どんなに長くても5分まで。これ以上になると、肌が乾きやすくなります。特にサッパリタイプのものをお使いの方は、短めにすることをオススメします。

そしてもう一つポイントがあります。それは、化粧水パックを行った後のケアについてです。パックの後、そのまま放置していてはいけません。肌が落ち着いてきたら、乳液などで肌をケアするようにしてください。メイク前にパックをすれば、いつもよりもメイクが乗りやすくなります。しかしながら、やりすぎたりパックの時間が長すぎたりすると、逆に肌を乾燥させてしまいますので、様子を見ながら慎重に進めていきましょう。

化粧水がそもそも肌に合っていない

長い時間、肌に浸透させるのですから、その分化粧水選びも慎重になった方が良いと言えるでしょう。ですから、どんなに良いと言われている化粧水であっても、初めて使うものを化粧水パックに選ぶのはあまりオススメできません。

ある程度経験があるものを利用した方がより安心して使うことができます。また、肌は環境や年齢などによっても変化してくるので、そのあたりのことも考えながら慎重に試してみてください。

アルコールが入っている化粧水でパックしている

化粧水には色々なものがあります。その中には、アルコールやエタノールなどがふくまれているものもあります。こういった化粧水を使ってパックをすると、場合によっては肌が荒れてしまうこともありますので、避けた方が安心です。

化粧水パックに向いている化粧水

化粧水パックと試してみたい方は、まずはいつも使っているものを利用して行ってみましょう。たっぷりと化粧水を含ませて行うのも良いですし、それが少々不経済であると感じる方は、予め水に含ませたコットンに化粧水を含ませて使う方法もあります。いずれにしても、あまり長い時間行わないようにしましょう。コットンが乾く前に外すようにしましょう。

保水力が高い化粧水

化粧水パックは、保水力が高いものを選ぶのがオススメです。しっとりタイプの化粧水であれば、5分程度パックしてみても良いでしょう。さっぱりタイプであれば、更に短めに切り上げてください。

低刺激の化粧水

できるだけ刺激が少ない化粧水を選ぶのがオススメです。化粧水を選ぶときは、内容を確認して、「エタノール」や「アルコール」が含まれていないものを選ぶのがオススメ。また、紫外線などで日焼けが気になるような時は、更に美容成分があまり入っていないものを使った方が良いでしょう。

自分の肌質に合っている化粧水

自分の肌に合ったものを使うこと。やはり、これが一番のポイントです。日ごろから使い慣れているものを利用して、パックすることがポイントです。肌質は人それぞれです。自分の肌質に合うものを使ってパックしましょう。

更に効果を期待するには?

正しい使い方をすれば、化粧水パックは肌を良くすることができます。ちょっとしたコツをご紹介します。

産毛を剃っておこう

顔の産毛があると、メイクののりも悪くなりがちです。同じように、化粧水パックを行う時も、産毛を放置したままよりも、綺麗に処理してから行った方がより効果が期待できます。ただし、剃りたては化粧しいパックは避けること。肌が落ち着いてから、試してみてはいかがでしょうか。

化粧水を温めて使用する

化粧水パックは、そのままの化粧水を使って行うのが一般的ですが、この化粧水を予め少しだけ温めてから使用すると、人によっては更に効果が感じられる方もいます。一回分の化粧水を、電子レンジなどで少しだけ温めてからコットンに染み込ませます。

たったこれだけで、冷たいままの化粧水を使うよりも肌が理想的になります。しかも、程よく温められた化粧水は肌に心地よく癒やし効果も期待できます。是非一度、試してみてはいかがでしょうか?くれぐれも、化粧水ボトル一本を温めたりせず、一回のパックに使う分量だけを温めるようにいてください。それから、コットンにじっくりと化粧水を染み込ませていきます。

コットンパックにぴったりのおすすめ化粧水

コットンパックで、理想的な肌を手に入れましょう。パックにオススメしたい化粧水がありますので、こちらも是非検討してみてください。

KOSE コーセー グレイスワン リッチモイスチュア ローション (とてもしっとり) 180ml

KOSE コーセー グレイスワン リッチモイスチュア ローション (とてもしっとり) 180ml

こちらは、もっちりとした肌を目指すことができる化粧水です。角層深部まで満たしてくれます。年齢を重ねた方にオススメの化粧水。しっとりとした肌に近づけてくれます。お手頃価格も嬉しいところ。

 

五條の霧水ベーシック(3本セット) 無添加保湿化粧水

五條の霧水ベーシック(3本セット) 無添加保湿化粧水

こちらは、化学合成添加剤が使われていない安心の化粧水です。合成界面活性剤をはじめ、人工香料や防腐剤、酸化防止剤色素なども含まれていません。保湿成分にはヒアルロン酸なども含まれており、しっかりと保湿することができます。また、化粧水だけで乳液なども不要です。

 

リスブラン ノンEローションマイルド 150mL 低刺激性保湿化粧水

リスブラン ノンEローションマイルド 150mL 低刺激性保湿化粧水

お肌が敏感な方にもオススメしたい、リスブラン ノンEローションマイルド。肌への刺激が少なく、無香料、無着色も嬉しいところです。また、日焼けした後のお肌にも使っていただけます。

まとめ

経済的で、いつでも手軽にできる美肌対策。化粧水パックは、短めに行うのがポイントです。あまり長い時間パックをしてしまうと、反対に肌を乾燥させてしまったり荒れたりするので注意が必要です。普段から使っている化粧水を使えば、より安心してパックすることができます。

また、化粧水を温めて使ったり、産毛をキレイに取り除いてから使ったりすることができれば、更に効果も期待することができるかもしれません。