乾燥肌にぴったりの化粧水の選び方・おすすめのプチプラ化粧水!

肌はやっぱり綺麗な方がいい。

これは、女性も男性も同じでしょう。

自分の肌に合ったスキンケアアイテムでお手入れしましょう。

スキンケアアイテムの中には、お手頃価格で購入できて続けやすいものも多数あります。

まずは、こういったものから生活に取り入れて大切なお肌のお手入れを始めてみませんか?

化粧水をもっと効果的に使う方法

どんなに良い化粧水であっても使い方が間違っていたら、せっかくの成分も台無しです。ですから、一番効果的な方法でお手入れを続けてみましょう。

洗顔した後やお風呂上りは、できるだけ早く化粧水を使ってお手入れするのがオススメです。洗顔後は、どんどん肌から水分が抜けていくので、それをガードするためにも早めの化粧水が必要なのです。

また、化粧水後に乳液などを使いたい方は、化粧水がある程度吸収された後に肌にのせるようにするのがコツです。肌の上で化粧水と乳液が混ざり合わないように注意してください。

手で化粧水を包み込むように押さえる

洗顔後、適量の化粧水を肌に乗せたら、その上から両手で顔を包み込むようにして押さえると、肌になじみやすくより効果が期待できます。この時、乱暴に化粧水を肌に叩きこむようにしてはいけません。優しくお手入れしてください。

化粧水をつけすぎない

化粧水は適量を使うようにしましょう。たくさん化粧水を使ってしまうと、益々乾燥してしまうこともあるからです。また、肌はもともと良い状態になろうとするパワーが備わっています。それなのに、必要以上のスキンケアをしてしまうと、益々症状が悪化してしまうこともあるのです。肌が持つ機能が上手く働かなくなってしまうこともあるからです。

ですから、適量を丁寧に使うようにするのがポイントです。また、化粧水のつけ忘れがないように、アゴの下の方まで塗るようにしましょう。

化粧水と併せて美容液で保湿する


化粧水は、肌を整えることを目的に使用するものです。しかしながら、これだけでは十分なケアができません。必要に応じて、美容液を利用しましょう。特に乾燥肌の方は、徹底した保湿が必要です。美容液を使えば、肌に必要な栄養成分を与えることができます。もちろん、保湿効果も更に期待することができます。

オススメしたい美容成分は、天然保湿因子と同じような作用が期待できる「ヒアルロン酸」や、角質層で油分や水分を保つ働きがある「セラミド」。また、不足すると肌の老化だけでなく乾燥も招いてしまう「コラーゲン」などがあります。この他にも効果が期待できる成分や美容液が多数ありますので、自分の肌に合ったものを見つけてみてください。

乾燥肌の人のための化粧水の選び方

肌が乾燥すると、肌荒れやしわ、たるみ、くすみなど様々なデメリットがあります。一見乾燥していないように見えるニキビ肌も、乾燥が原因になっていることがありますので、やはり保湿を見直すことが必要になってきます。乾燥肌の方は、保湿力に優れている化粧水を選び、できるだけ肌の乾燥をもたらすような成分を取り入れないように工夫することも大切です。

保湿力が高いセラミド配合入りを選ぶ

保湿効果が期待できる成分はいくつかあるのですが、セラミドもその中の一つです。セラミドには、肌を外部から守る働きをしてくれる成分です。また、角質層の奥で水分を保つ働きもしています。セラミドが減少すると、こういった働きが衰えてきます。そのため、乾燥しやすくなりシワやくすみ、たるみなどを引き起こします。

特に30代以上の方は、不足しないように注意が必要です。セラミドが減ってくる年齢だからです。保湿効果が高いセラミドで、しっとりとした肌を目指しましょう。セラミドは、ヒアルロン酸をキープする働きもある成分です。お肌のハリや弾力をキープさせ、紫外線を含む多くの刺激から大切な肌を守ってくれます。

肌を乾燥させる成分配合の物を避ける

肌の乾燥を避けるには、良い成分が含まれている化粧水を選ぶのはもちろんですが、反対に肌によくない成分を避けることも大切です。化粧水の中にはお肌を乾燥させやすい成分が含まれているものもありますので、チェックしてから選ぶことをオススメします。たとえば、「エタノール」もその一つです。エタノールは、蒸発しやすい特徴があるため、時に肌の水分も一緒に蒸発させやすくしてしまうこともあるのだそうです。

もちろん、人によっては問題なく使い続けることができます。しかし、こういった特徴があることも覚えておくと良いでしょう。

低刺激のものを選ぶ

一見乾燥しているように見えなくても、内側が乾燥しているタイプの方もいます。これを「インナードライ肌」と言います。インナードライ肌は、むしろテカリが感じられることもあるのに、肌の内側はカサカサしています。それに気が付かず、更に一生懸命洗顔してしまい、症状を悪化させてしまいます。エタノールをはじめ、肌に刺激が強いタイプの化粧水を使ってしまうと、今よりももっとインナードライが進んでしまうこともありますので中が必要です。ヒノキチオールなども刺激が気になる成分です。また、他にも保存料や防腐剤、香料などもできるだけ避けた方が安心です。

人それぞれ、肌に違いがあります。中には他の人にとっては問題ない成分であっても、自分には合わないと感じるようなものもあるかもしれません。この場合は、合わないと思われる成分を避けた方が安心です。

乾燥肌におすすめ!プチプラの化粧水

綺麗で健康的な肌の為に、自分に合った化粧水を選ぶことが大切です。しっかりと保湿してくれるものを選びましょう。そして、正しい使い方で続けてください。お手頃価格で試すことができる化粧水も、多数ありますのでご紹介します。

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOPが含まれている、セザンヌ スキンコンディショナー高保湿。角質層で良い働きをしてくれます。500mlとたっぷりサイズですから、思いっきり使ってお手入れできるのではないでしょうか?香料、着色料、鉱物油がふくまれていないことも嬉しいところです。乾燥から大切な肌を守ってくれます。

デュプレール セラミド化粧水 500ml

デュプレール セラミド化粧水 500ml

とろりとしていて、肌になじみやすい特徴があるデュプレール セラミド化粧水。肌にハリと潤いをもたらし、乾燥から肌を守ってくれます。クロレラエキス、アロエベラ葉エキス、ローマカミツレ花エキスなど天然由来の成分を含んでおり、ダブルセラミドによってふっくらとした肌に導いてくれます。

 

明色化粧品 セラコラ 超しっとり化粧水 180mL

明色化粧品 セラコラ 超しっとり化粧水 180mL

こちらは、超乾燥肌の方にオススメしたい化粧水です。ナノコラーゲンとトリプルセラミドが配合されている、しっとりタイプのアイテムです。ハリと潤いを与えて、乾燥や刺激から肌を守ってくれます。

 

まとめ

自分に合ったスキンケア化粧品を選ぶこと。これが、綺麗な肌の為に一番大切なことです。化粧水もそうです。保湿してくれるものを選び、丁寧にケアしていきましょう。また、乾燥肌の方は、できるだけ肌に優しい低刺激のものを選ぶこともコツです。お手頃価格で購入できる良い化粧水もあります。