ウォーキングダイエットのメリットは?より効果的な正しい歩き方で痩せよう!

最近は、日本人の方の中でも健康ブームが加速しており、市民マラソンであったり、たんぱく質が豊富なサラダチキンなどがどのコンビニでも売られるようになっているなど、とにかく健康志向の方が増えてきました。そんな健康志向の方から注目を集めているのがウォーキングです。ウォーキングは、若い方だけでなくご年配の方にも大人気となっておりますので、非常にチャレンジしている方が多いスポーツです。

こちらでは、これからウォーキングにチャレンジする方にもおすすめなウォーキングダイエットのメリットなどについての情報をご紹介します。ウォーキングは、非常に効果的なダイエットですが、しっかりと正しいやり方で行わなければ効果が期待できません。

また、ウォーキングの注意点なども合わせてご紹介しますので、これからウォーキングダイエットにチャレンジしようと思っている方は、チャレンジする前に必ずチェックするようにしてください。

ウォーキングダイエットのメリット

ウォーキングダイエットにチャレンジしようと思っている方は、最初にウォーキングダイエットにチャレンジしようとする時には、ウォーキングダイエットにはどのようなメリットがあるのかをしっかりと理解してからチャレンジするのがおすすめです。

ウォーキングのダイエットのメリットを知れば、よりモチベーションのアップにも繋がりますので、真面目に取り組む事ができ、ダイエット効果が出やすいという事も考えられます。こちらでは、沢山あるウォーキングダイエットのメリットの中から、特に大きなメリットをご紹介します。

いつでも気軽に始められる

ウォーキングダイエットのメリットで最も大きいのが、いつでも気軽に始められるという事です。例えば、ランニングなどは、筋力が無いと怪我をしてしまう恐れがありますので筋トレから始めなければ行けなかったりもしますし、水泳などはスポーツジムなどに通うといった事も必要になります。

しかし、ウォーキングダイエットでしたら、ウォーキングダイエットをはじめるまでのハードルがかなり低くなっておりますので、誰でも気軽に始める事ができます。ダイエットによって気軽さはとても重要なポイントになりますので、ウォーキングダイエットの大きなメリットだと言えます。

費用がほとんどかからない

ウォーキングダイエットの二つ目のメリットとしては、やはり費用が殆どかからないという所だと思います。ウォーキングは、ウォーキングシューズや簡単なウェアを用意するだけで気軽に始める事ができます。また、ウォーキングシューズやウエアも消費が少ないのでかなり長く持たせる事ができます。

スポーツジムでの運動などでは、入会費や月額使用料などがかかりますので、やはり出費はかさんできます。しかし、ウォーキングでしたらそういった出費を極限まで控える事ができますので、費用がかからないといったコストパフォーマンスの高さも魅力的なダイエットになっております。

誰でもいつでもできる

ウォーキングの三つ目のメリットとしては、誰でもいつでもできるという事です。ランニングなどの場合には、個人の体力であったり、筋力などによって出来る人というのが限られてきます。また、水泳なども泳げる人が限定になりますし、もちろん毎月の会費を支払う事ができる方という縛りもあります。

しかし、ウォーキングでしたら、どなたでも自分のペースを守りながら楽しむ事ができます。ウォーキングをしながら周囲の風景を楽しむことができますので、四季それぞれの魅力を楽しむ事もできます。夫婦で話しながら楽しくダイエットをする事ができるという手軽さもウォーキングダイエットの魅力になっているのです。

ウォーキングがランニングと違う点

ウォーキングダイエットと比較される事の多いランニングダイエットですが、実は内容は大きく異なります。そのため、ウォーキングダイエットとランニングダイエットの違いについてしっかりと把握しておくというのはとても重要なポイントになります。

そこでこちらでは、ウォーキングダイエットとランニングダイエットの違いについてご紹介します。ウォーキングダイエットとランニングダイエットの違いについてしっかりと理解した上で、自分にとってどちらがより効果的なダイエットであるのかをしっかりと選ぶのがダイエットを成功させるポイントになります。

身体への負担が少ない

ウォーキングダイエットとランニングダイエットの違いで最も大きいのが身体への負担です。ウォーキングダイエットの方が当然ながらランニングダイエットよりも身体への負担が少なくなります。ウォーキングダイエットとランニングダイエットでは、移動する速度が大きく異なり、ウォーキングダイエットの方が速度が明らかに遅くなっておりますのでひざや脚にかかる負荷が非常にすくなくなっております。

基本的に、ウォーキングダイエットとランニングダイエットは、アスファルトの上で行いますので、下半身にかかる衝撃の差は、ウォーキングダイエットとランニングダイエットではかなり大きくなります。その中でも特にひざへの負担は大きくなっており、筋肉が出来ていない方がチャレンジすると、ひざを壊しやすくなっております。ランニングなどの故障の大半はひざですので、ウォーキングは、それらの故障が少ないというのはかなり魅力的だと言えます。

また、ひざの故障のリスク以外にも足首やふくらはぎ、太もも、アキレス腱などを故障するリスクも少なくなっておりますので、これまであまり運動をしてこなかった方には、ウォーキングダイエットの方がおすすめになります。

通勤時などにもチャレンジできる

ウォーキングとランニングの違いと言えば、やはりチャレンジできるタイミングの多さだと言えます。ウォーキングとランニングは、汗をかく量が全然違いますので、服装の事を考えると、ランニングは気軽にチャレンジする事ができないと言えます。例えば通勤時に最寄りの駅までの道のりをランニングしてしまうとスーツやYシャツが汗で濡れてしまいますので通勤中はランニングする事はできません。

しかし、ウォーキングでしたら、そこまで汗をかく事もありませんので、通勤中でも十分に行う事ができます。また、ビジネスバッグがあってもランニングと比べて邪魔になりにくいので、通勤中でもチャレンジしやすくなっているのです。ランニングの場合には、しっかりと着替えてランニングをするための時間を確保しなければいけないといった事がありますが、ウォーキングの場合には、思い立ったらすぐにチャレンジできるといった気軽さがあるのです。

続けやすい

ウォーキングダイエットとランニングダイエットを比べてみると、1回あたりの負担がかなり異なります。ウォーキングダイエットとランニングダイエットでは、ウォーキングダイエットの方が身体的にも精神的にも負荷が非常に少なくなっておりますので、毎日コンスタントに続けやすいといったメリットがあります。

ダイエットに失敗してしまう方の大半が、続けるのが大変で継続できずに途中で断念してしまう事にありますので、続けやすいというのはかなり大きなメリットになります。ランニングダイエットは、効果があるのですが、やはり継続しにくいのでどうしても途中で断念してしまいがちです。また、怪我などによって継続しにくいという事もあり、ダイエットの成功率はウォーキングダイエットと比べて低くなっております。

ランニングダイエットよりも効果は少ない

ウォーキングダイエットとランニングダイエットを比べると、ウォーキングダイエットは、ランニングダイエットよりも汗をかかないなど負担が少なくなっておりますので、ダイエット効果は低くなっております。そのため、短いスパンでダイエット効果を実感したいという方の場合には、ウォーキングダイエットは向かないかも知れません。ウォーキングダイエットは、長期的に行うダイエット法になります。

ウォーキングダイエットの正しい歩き方

ウォーキングダイエットを行う場合には、正しい方法で行う必要があります。ウォーキングダイエットは、単純に歩けばよいと思われている方も多いと思いますが、間違った方法で行ってしまうと、怪我の原因になってしまったり、効果的なダイエットを行う事ができなくなってしまいます。

しっかりとダイエット効果が期待できるようなウォーキングをするために、ウォーキングダイエットにチャレンジする前に、正しいウォーキングの方法をマスターしておきましょう。こちらでは、ウォーキングの正しい方法をご紹介します。

背筋を伸ばす

ウォーキングダイエットを行うためには姿勢がとても大事です。ウォーキングダイエットにチャレンジする場合には、背筋をしっかりと伸ばして歩く事が重要になります。筋力が弱い方の場合には、どうしても猫背になりがちです。猫背になってしまいますと、呼吸がししにくくなってしまったり、視線が下に落ちてしまいますので、スピードも下がってしまいます。他にも猫背よってウォーキングダイエットのポイントとなる腕を振る動作がしにくくなってしまうなどのマイナスな面があります。

猫背になってしまうとウォーキングで消費されるはずのカロリーも抑えられてしまいますので、ダイエット効果もすくなくなってしまいます。ウォーキングダイエットをする場合には、しっかりと背筋を伸ばしてウォーキングするように心がけてください。

足の動かし方

ウォーキングダイエットでは、足の動かし方も重要なポイントになります。ウォーキングでは、基本的にかかとから着地し、つま先で蹴り出すようにするのがポイントになります。蹴り出す力を調整したり、歩幅を調整する事によって負荷を変えることができますので、最初は蹴り出す力も少な目にしつつ、歩幅もあまり広げないようにしてウォーキングしてください。基本的には、普段歩くスピードよりも少し速いスピードからはじめてください。歩幅を調整するといっても普段の歩く不幅よりも短い歩幅では意味がありませんので注意してください。

ウォーキングが慣れてくると、足にかかる負担も少なくなりますので、歩幅を広げたり、蹴り出す際になるべく後ろに蹴り出すようにするとより身体への負荷が高まりますので、カロリーの消費を高める事ができますのでダイエット効果を高める事ができます。また、足の動かし方によって、ウォーキングのスピードも調整する事ができますので無理のないスピードを維持できるように調整してください。

大きく早く腕を振る

ウォーキングの正しい方法としてポイントとなるのが腕の振り方です。ウォーキングダイエットの時には、普段歩くときよりもしっかりと腕を前後に振ることが重要になります。ウォーキングダイエットは、普通に歩くスピードよりも速く歩く必要があります。腕を前後にしっかりと振ることによって、歩幅が自然と大きくなりますのでウォーキングのスピードもアップする事になります。

ウォーキングダイエットで腕を大きく振ると、二の腕のシェイプアップにも効果的です。ウォーキングダイエットというと、どうしても歩幅などの下半身に注意が集まりやすいのですが、腕をしっかりと振ることを意識すると、腕や肩周り、背中の筋肉などもすっきりとする事ができますので、ウォーキングダイエットの時にはしっかりと腕を振る事を意識するように心がけてください。

20分以上歩く

ウォーキングダイエットを行う場合には、どれくらいの時間ウォーキングするかがとても重要になります。ウォーキングダイエットは、体調であったり筋力などにもよって個人の負荷がことなりますが、基本的には20分以上ウォーキングするのがおすすめです。ウォーキングは、ダイエットに効果的な有酸素運動になっております。その為、脂肪燃焼が開始されるまでに時間が必要になります。つまり脂肪燃焼が開始される前にウォーキングを止めてしまっては、効果的なダイエットができないという事になるのです。

脂肪燃焼が開始されるのが、歩き始めてから20分と言われております。ウォーキングを開始してから20分が経過すると、身体に付いてしまっている脂肪が燃焼され始め、歩く為に必要なエネルギーとして消費されはじめます。そのため、ダイエット目的でウォーキングをする場合には、最低でも20分以上は継続してウォーキングする必要があるのです。1日30分程度はウォーキングをするようにすると徐々に脂肪が少なくなっていきますので、ぜひチャレンジしてください。

時間帯は夕方から夜がおすすめ

ウォーキングダイエットをする場合には、夕方から夜に行うのがおすすめです。この夕方から夜にかけての時間帯は、体温が丁度下がりはじめる時間帯になっておりますので、ウォーキングダイエットを行う事によって、体温が下がるのを防ぐ事が出来ます。

体温がある程度高い状態からウォーキングダイエットを始める事によって、低い状態から始める時よりも効率よく脂肪を燃焼させる事ができます。ウォーキングダイエットを効果的に行おうとおもったら、夕方から夜の時間帯を狙ってチャレンジしてください。

雨の時には室内でストレッチなどを

ウォーキングダイエットは、継続する事で効果を最大限に発揮する事ができるダイエットになります。しかし、雨や雪が降っている場合には、身体を冷やしてしまって風邪を引いてしまう恐れがあります。そのため、悪天候の場合には、無理をせずに室内で筋トレやストレッチなどを行って体調を整えるようにしましょう。

無理に悪天候でウォーキングをしても、効果はあまり得られませんし、体調を崩して続ける事が出来なくなってしまう恐れがあります。長期的に考えるのでしたら、悪天候の時にはウォーキングをするのを止めて、室内でストレッチや筋トレを行うようにしましょう。悪天候が数日にわたって続いているような場合には、踏み台昇降など室内でもチャレンジできるダイエットをするのもおすすめです。

夜のウォーキングに必携!おすすめのライト

ウォーキングダイエットをするには、夕方から夜のタイミングがおすすめです。しかし、夕方から夜の時間帯にかけては、日中などの明るい時間帯と違って、どうしても暗いので女性の方の場合には、リスクが高まってしまいます。そこでこちらでは、夜などの暗い時間帯でも安全にウォーキングダイエットをするためにおすすめのアイテムをご紹介します。

ジェントス LEDセーフティバンド 緑 AX-920LG

GENTOS(ジェントス) LEDセーフティバンド 緑 AX-920LG
GENTOS(ジェントス)から発売されている「LEDセーフティバンド」は、腕や足に巻きつける事で発光してウォーキングをしていることを周りの方に知らせることができます。特に夜道など明かりが少ない所では、自転車や車などに視認されにくくなっておりますので、事故に遭いやすくなっております。LEDセーフティバンドがあれば視認されやすいので事故のリスクを減らす事ができるのです。

パナソニック LEDネックライト ブラック BF-AF10P-K

パナソニック LEDネックライト ブラック BF-AF10P-K
パナソニック(Panasonic)から発売されている「LEDネックライト」は、ウォーキングの時に首にかける事で両手をフリーにする事ができるライトになります。ウォーキングでは、両手を振る事がとても重要になってきますので、LEDネックライトなど両手がフリーになるアイテムはとても重要です。

超小型 LED 懐中電灯-Wsiiroon(2組)高輝度 ハンディライト CREE社製 ズーム式 3モード 軍用 停電防災対策

超小型 LED 懐中電灯-Wsiiroon(2組)高輝度 ハンディライト CREE社製 ズーム式 3モード 軍用 停電防災対策
Wsiiroonから発売されている「CREE社製の高輝度 ハンディライト」は、防水効果がありながらも非常に小さく持ちやすいハンディライトです。照射距離が約300メートルという事もあり、かなり暗い場所でもしっかりとした視界を確保する事ができます。ウォーキングコースで極端に暗い所があるような場合におすすめです。

ヘッドライト

LEDGLE LEDヘッドライト 明るさ900ルーメン 3モード点灯 IP68防水仕様 角度調整可能 キャンプ/防災など適用
LEDGLEから発売されているこちらのヘッドライトは、ダイビングやキャンプなどにも使われている本格的なライトです。両手がフリーになりますのでウォーキングにも最適です。街頭が無いような暗い場所がウォーキングコースにある場合などにおすすめです。

まとめ

運動神経がない方や以前はランニングなどをしていたけど、ブランクがあるという場合などには最初はウォーキングがおすすめです。精神的にも肉体的にも負担が少ないので続けやすい上に、ストレス解消効果なども期待できますので、お仕事や家庭でストレスがたまりやすいという方にもおすすめです。正しい方法で効果的なダイエットにチャレンジしてみてください。