マッサージクッションが人気?!自分に合ったマッサージクッションの選び方!

居間に置いてあると、非常に便利なクッションですが、日本の家屋も今や洋風化していき、畳のある部屋がとても珍しいものとなっています。

マッサージクッションとは、見た目は普通のクッションでありながら、マッサージの機能を持っているもので、家の居間や寝室あるいは勉強部屋など、どこにでも持ち運びのできるものです。

マッサージクッションが人気の理由

手軽に持ち運びできることから、老若男女を問わず大人気となっているマッサージクッションですが、見た目は通常のクッションとは変わらず、寝そべってまくら代わりにしたり、腰に当てて使うなど、使い方も様々で臨機応変に利用できることが最大の特徴と言えるでしょう。日本でも、古来からクッションに近いものがあり、畳の上で使う座布団は古くから日本にある調度品の一つで、日本人であれば誰しもご存じのことでしょう。

本来の座蒲団は、クッションほど柔らかなものではなく、客人などを招く場合、直接床に座らせるのは失礼に当たり、座蒲団を利用していました。また、中にわたなどの綿生地が使われるようになってくると、子供のおしめを取り換える際に使われたり、二つに折ってまくら代わりにしたりと、現代のクッションのように自由に使われるようになってきたのです。

手軽な価格

実は、マッサージ機の発明は、日本人の手によるものでした。世界で最初のマッサージ機は、現在のフジ医療器の創業者である藤本信夫氏が、1954年に製作したもので機械遺産として認定されているものです。このマッサージチェアは、あんま機とも呼ばれ、初期のものは背もたれから 2本のアームが突き出ており、単純にモミ玉の間隔が電動機の力で狭まったり、広がったりするといった程度のものでした。

しかし現在では、マッサージチェアは、もみほぐす・たたく・指圧などの効果や、これらを組み合わせた強弱による様々なマッサージが、まるで専門家が行うようにリアルに体験できる優れものです。しかし、優れた機能性の高いマッサージチェアは非常に高価なもので、三十万円近くする機種もあるようです。その点、マッサージクッションは、大掛かりな機能などを必要としませんので手頃な価格なのです。

デザイン可愛い

にゃーこさん(@hina_ymst)がシェアした投稿

マッサージクッションは、クッション機能を主体として利用するために、調度品として部屋などに見合ったものでなくてはなりません。マッサージチェアは、存在感があり椅子として使えるものですが、単体であるということからも、居間に置くと邪魔になるといった意見も見られるようです。その点、マッサージクッションの場合、普通のクッションと同様に、座布団代わりに使ったりソファーの背もたれや足元に置いたりと、様々な使い道が考えられます。

現代の日本人の部屋は、フローリングの広まりと同時に、西洋風の家具が受け入れるようになってきました。その一つがソファーであり、このソファーに合わせるために、マッサージクッションのデザインも、お洒落に変化していったのです。中には、デザインの可愛らしいものも多く、若い女性たちが好むキュートなマッサージクッションも、多く見かけられるようになりました。

オフィスでも使える

マッサージクッションの機能は、価格が安いからと言って、決して機能が悪いとは言えません。実際に、始めたばかりのマッサージクッションの機能は、簡単に振動を起こすものだけでしたが、現在は柔らかなもみ玉が付けられ、手もみの気持ちよさを味わうこともできます。また、このマッサージクッションを椅子において使用することによって、マッサージチェアと同様に、腰のマッサージや背中のマッサージなどを行うことができます。

さらに、もみ玉の位置を調節することで、どこでも自由にマッサージが可能となります。最近では、もみ玉にヒーター機能なども取り付けられ、ぬくもりを感じながらマッサージを受けることができます。特に、残業やオフィスでの仕事が多い方などは、こうしたマッサージクッションを持ち込んでおくと、いつでも手軽に気の向いた時にマッサージが行えますので、気軽なリフレッシュが堪能いただけます。

テレビを見ながら気軽に使える

maicoさん(@maico10)がシェアした投稿


マッサージクッションの特徴は、クッションと同様に扱えるというところにあります。しかも、普通のクッションよりも万能性があり、手で持ち運びのできる大きさだからこその、手軽な利用法があるのです。少しお行儀が悪いといわれてしまうかもしれませんが、テレビを見ながら気楽に使えるというのも、マッサージクッションの魅力の一つで、マッサージを行うついでに寝そべってしまえば、もうお行儀が悪いとは言わせません。

寝そべることで、手軽に行うことのできるマッサージには、首や肩あるいは背中などは、マッサージクッションに乗せるだけでも、簡単なマッサージが行えます。また、立ち仕事が多い方などは、足の裏やふくらはぎがこってくるもので、乗せるだけでマッサージのできるクッションは、非常に便利の良いものとなります。場所を固定したい場合は、ほかのクッションやタオルなどを利用すると、簡単に固定することができます。

マッサージクッションの選び方

インターネットのブロックや口コミなどでも、非常に評判のマッサージクッションは、単なるマッサージをグッズというだけではなく、機能的にも優れたものが見られるようになってきました。マッサージクッションの良さは、どこでも気軽に持ち運びが可能というところです。自宅でも、テレビを見ながらあるいは勉強をしながらと、自由に使えることができますので、家族同士で使い合うのも仲良くなる秘けつと言えるでしょう。

実際に、マッサージクッションを選ぶ場合、色々なメーカーから販売されているということもあって、どのようなものを選んでよいのか迷ってしまいます。ここでは、様々な使い方を考慮して、場面に応じたマッサージクッションの選び方を考えてみましょう。マッサージクッションの選び方は、実際に使う場面も想定して考えるのが最良の方法で、どこで・どのように使うのかを考えていきましょう。

もみ玉の数・間隔

出典:instagram.com

?hl=ja&tagged=%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

マッサージクッションを選ぶにあたって、マッサージの機能の高さを指標にして選ぶのも悪くはないことです。特にマッサージクッションの場合、クッションとしての機能が低い場合も多く、マッサージとして利用するのであれば、マッサージ機能の高さによって、選択する幅を狭めることは逆に良いことでもあるのです。まずマッサージクッションの気持ち良さは、なんといってももみ玉の数・間隔によるものが大きなものです。

現在はこのもみ玉が、稼働することによってリアルなマッサージ効果を得られる、3Dマッサージなるものも開発されており、そのモミごこちはすこぶる気持ちの良いものとなっています。もみ玉は複数個ついている方が、マッサージ効果が高く、現在多くのマッサージクッションには、四つのもみ玉がつけられており、首・肩・背中・腰・太もも・ふくらはぎ等、マッサージクッションを移動することによって、自由にマッサージ行うことができます。

持ち歩きに便利かどうか

マッサージクッションを仕事先や外出先に持ち寄る場合、クッションが持ち運びに適切であるかの選択も重要なポイントとなってきます。マッサージクッションの場合、その電源をコンセントから得る場合も多く、コンセントつきのマッサージクッションは、電源を確保する場所が限られてきますので、必ずしも向いているとは言えません。せっかく使いたいのに、電源がないおかげで使えないといったケースも考えられますので、外出先でお使いになるのであれば、コードレスタイプのマッサージクッションを選んでおきましょう。

また、もみ玉が付けられているタイプのマッサージクッションは、クッションとしてはもみ玉が入っているため硬くて使いにくく、クッションとして枕がわりなどにお使いになる場合は、普通のクッションを購入した方が使いやすいでしょう。現在はコードレスタイプで、充電式のタイプもあり、車の中で使用できるタイプのマッサージクッションもあります。

カバーが取り換えできるかどうか

マッサージクッションは、肌に直接触れて使うことも多いので、できればカバーが取り換えできるかどうかの確認だけはしておきたいものです。特に、かわいらしいぬいぐるみタイプや、首回りや足の平の部分のマッサージをされる方は、直接肌にふれてしまいますので、カバーがなければ汚れてしまいやすくなってしまいます。また、家族で同じものを使う場合も同様に、匂いなどが移ってしまうこともあり、専用のカバーがなければ手短な布などを使って、作ってしまうこともありでしょう。

マッサージクッションは、電源を使って稼働しているために、水に直接触れさせることは厳禁なのです。したがって、基本的に洗うことはできませんので、マッサージクッションを使ううえで、カバーの存在は必要不可欠なものとなってきます。またマッサージクッションの機能が高めで、振動が強すぎる際にも、カバーによって振動を和らげる効果も期待できます。

おきたい場所のサイズに合っているか

マッサージクッションの保管場所として、居間にある椅子やソファーなどの間に置いておくこともしばしばあるものです。しかし、適当に置いていては、家族が普通のソファーと勘違いして、体重をかけて坐ってしまった場合、マッサージクッションがその体重の負荷に耐えられず、壊れてしまう恐れもあります。また、マッサージクッションについているもみ玉などによって、お尻や腰の部分を痛めてしまうこともあり、マッサージクッションの保管場所には、気をつけていく必要があるでしょう。

こうしたトラブルを防ぐため、ソファーや椅子などにマッサージクッションを置く場合、邪魔にならないように立てかけておく必要があるでしょう。また、ごく小さなタイプのマッサージクッションは、置きたい場所に困らない半面、ほかの調度品などにまぎれてしまい、見失ってしまうことも多いもの。そこで、クッションの置き場所は、任意の場所に定めておく必要があります。

プレゼントにも喜ばれる人気のマッサージクッション

マッサージクッションは、年々その機能性も高まり、コードレスタイプも多く、どこにでも気軽に持ち運びできるために、非常にその需要が高まっています。もちろん、マツサージ専用のマッサージチェアは、機能性に非常に優れており、マッサージ効果も非常に高いのですが、ある程度の場所を必要とするために、非常に邪魔になりやすいという難点を持っています。その点マッサージクッションは、おいていても邪魔にならず、保管場所をさほど気にすることもありません。

最近は、ぬいぐるみタイプのマッサージクッションも見受けられ、飾りにもなりますので邪魔になることはないでしょう。さらにいやし効果などもあることで、一人暮らしのお年寄りなどには、たいそう喜ばれるプレゼントにもなることでしょう。もちろん、家族や知人に対してのプレゼントにも最適で、どこでも手軽に利用できることから、その人気はさらに上昇しているようです。

ルルド プレミアム マッサージクッション ダブルもみ LOUrde Massage CUSHION W MOMI [ ブラウン / AX-HCL258 ]

ルルド プレミアム マッサージクッション ダブルもみ LOUrde Massage CUSHION W MOMI [ ブラウン / AX-HCL258 ]

ルルド プレミアム マッサージクッション ダブルもみ LOUrde Massage CUSHION W MOMIは、お好みで選ぶことのできる2色が用意されており、このブラウンタイプとピンクタイプを選ぶことができます。大きさはちょうど、胸からお腹が隠れるような大きさで、強力なもみ玉はかなりのパワーで、十分なモミ心地が堪能できることでしょう。電源は、アダプターをつなげて使うコードタイプで、LEO光つきのヒーター機能もありますので冬場の寒い時期などにも、ひんやりした不快感もなく使いこなす事ができます。

15分タイマーが付けられていますので、途中で寝入ってしまっても安心。省エネタイプですので、月々の電気代もさほど気にしなくてもよさそうです。このマッサージクッションには、専用の取り外しカバーが付けられており、定期的にカバーを取り外し洗うことができますので、非常に衛生的にお使いいただけることでしょう。

ルルドプレミアムマッサージクッションWもみ ブラウン AX-HCL188br

ルルドプレミアムマッサージクッションWもみ ブラウン AX-HCL188br

ルルドプレミアムマッサージクッションWもみは、独自のWもみ作用によって、心地よさも2倍となったマッサージクッションで、まるで八つの指でもまれているかのような、気持ちの良い感覚に陥ることでしょう。大きさは36×36×14cm、真四角でしっかりしていますので、縫い目もしっかりしており、丈夫な作りになっています。

電源はACアダプターによるコードタイプで、簡単操作のワンタッチボタンによって、すべての動作をボタン一つで行うことができます。寒い時期でも使えるヒーター機能は非常に重宝し、冷え症の方などは腰や足の下などに敷いて使うことにより、マッサージ効果と保温効果を味わうことができます。15分タイマー付きで、安全に使うことができますので、就寝時などにお使いいただいても、安心してお使いいただけます。もみごこちも非常に良く、安全性の高さからもお年寄りなどにも安心してお使いいただけることでしょう。

オムロン マッサージクッション ブラウン HM-341-BW

オムロン マッサージクッション ブラウン HM-341-BW

オムロン マッサージクッションは、口コミなどでも評判がよく非常に人気の商品で、色もこのブラウンからピンク・ベージュの 3色から選ぶことができます。大きさは、約幅390×奥行265×高さ105mmと枕ほどの大きさがあり、専用のカバーが付けられていますので、定期的に洗濯することで衛生的にお使いいただける、マッサージクッションとなっています。またこの本体カバーは、別売りでも購入することができますので、交換用に買い置きしておくのも一つの手です。

オムロン マッサージクッションは、非常にコンパクトな設計で、四つのもみ玉が適度なバイブレーションによって、こった個所を揉みほぐしてくれるものです。操作も非常に簡単で、ワンタッチボタンの採用により、マッサージモード・マッサージ+ヒーターモード・電源オフと切り替えることができ、15分タイマー付きですので、お年寄りにも安心してお使いいただけるでしょう。

JHY マッサージ枕 首肩マッサージ マッサージクッション 腰 マッサージ ピロー 正転/反転 赤外線療法 血液循環加速/ストレス解消 ネック首肩背中腰こり解消 両親へのプレゼント 車載 家庭両用 (8球)

JHY マッサージ枕 首肩マッサージ マッサージクッション 腰 マッサージ ピロー 正転/反転 赤外線療法 血液循環加速/ストレス解消 ネック首肩背中腰こり解消 両親へのプレゼント 車載 家庭両用 (8球)

JHY マッサージ枕 首肩マッサージ マッサージクッションは、その価格の安さからも人気となっているマッサージクッションで、安価な価格帯だからと言って、機能が劣っているわけではありません。機能に関して言えば、8個の3Dもみ玉を採用し、さらに自動正反転機能を搭載ているため、まるで人からもまれているような感覚で、そのモミ心地を堪能できることでしょう。

JHYマッサージクッションの優れたところは、ヒーター機能まで取り付けられており、加熱保護装置が標準装備されていますので、15分タイマーあるいは特定の温度を超えると自動的に停止する安全装置が取り付けられていることです。さらに、優れたところは、過度の圧力を受けることにより、過圧保護機能が働きますので、安全性を重視するお年寄りなどには、非常に安心してお使いいただける仕様になっています。ただし、この過圧保護機能によって制約があり、体重をかけすぎたり座ってはお使いいただけません。

まとめ

マッサージクッションが人気となった理由は、まずその価格の安さが挙げられるでしょう。また、安価な価格だけではなく、機能性にも優れており、たかがマッサージクッションと侮れない部分も多いのです。お選びの際には、機能性の高さだけではなく、使い心地も確かめておく必要があるでしょう。