アイプチしてるとバレてしまうポイントとバレない使い方について

アイプチにもいくつかの種類はあるものの、アイプチはバレやすいのは否めません。のりやテープなどタイプによっても見え方は変わってきます。アイプチしているのに全くバレない人もいれば、いかにもな印象を与えてしまう人もいます。アイプチとバレないようにするにはどうしたらいいか?バレやすい人の特徴と、バレにくいポイントを紹介します。

ぱっちり二重がアイプチだとバレてしまうポイント

せっかく理想のぱっちり二重を作ってゴキゲンなのに、いきなり「アイプチ?」と言われたらいい気分も台無しです。こういう場合二重をつくることだけに気を取られてしまい、自然に見えるということを忘れていることが原因です。

二重幅を広くするほどぱっちり見えることから、ついつい欲張ってしまいがちです。元もまぶたの状態にもよりますが、二重がアイプチとバレてしまう人にはいくつか共通点があります。バレる理由がわかれば、それを回避することでバレないアイプチのコツが分かってきます。

不自然な二重は目を閉じるとバレる

ぱっちり二重でデカ目に見せたいというのは、アイプチ愛用者なら誰もが思うことでしょう。思い切って整形手術をすればずっとぱっちり二重でいられますが、そう簡単ではありません。アイプチは落とせばもとに戻りますが、つけている間は理想の二重でいられます。

不自然に見えてしまう人の多くは、欲張りすぎて二重幅を広く取りすぎている、のりをつけすぎダマになっている、テープの色や幅がまぶたに合っていないなどの理由があります。目を開けているときはまだいいのですが、目をつぶると引き攣りや引っ張られた感が見えてしまいアイプチとバレやすいのです。

まぶたのラインがテカってバレちゃう

のりやテープにもいろんな種類があるので一概には言えませんが、元々ないものをつけているのでテカリでアイプチとバレてしまうケースは少なくありません。のりは最初は白くても乾くと透明になるので、目立ちにくい印象です。塗る位置や幅によっては、瞬きしたり目を閉じたりした際、ラインがテカリやすいです。テープは透明だと目立ちにくい印象ですが、角度によってはテープテカリが目立ってしまいます。

汗でアイプチがはがれかかってバレバレ

のりもテープも、乾いた状態のまぶたに使うことを前提として作られています。季節によっては汗をかきやすくなりますし、皮脂の分泌量が多い人は皮脂でアイプチが崩れてしまいます。こうなるとメイクも崩れやすくなりますし、何よりアイプチが途中で取れてしまったら大変です。汗をかきやすい人や、汗を掻く季節には特にアイプチは取れやすくなるので注意してください。

アイプチしているのがバレないコツ

どんなに口コミで高評価のアイプチも、正しく使わないとアイプチしているのがバレバレということにもなりかねません。アイプチしていてもバレない人は、バレないコツを知っているのです。そういう人のいいところは大いに真似しましょう!アイプチ初心者がやってしまいがちなことと、アイプチしているのがバレないコツを紹介します。

アイプチは一度に塗らず薄く何回かに分けて塗る

朝は時間に追われバタバタしてしまいます。アイプチをする際も、時間がないからと適当にしていると、人から見たとき不自然でアイプチバレバレということになりかねません。

急いでいるときでもアイプチは一度で仕上げようと思わない方がいいでしょう。特にのりタイプのアイプチは一度にたくさん塗ってしまうと、乾くまでに時間がかかりますしダマになりやすいです。まぶたにダマができれば、いかにもアイプチしています!と言わなくてもバレてしまいます。

コツは薄く塗り乾かしてからまた塗る、これを2回~3回繰り返すことです。うす塗りなら重ねてもダマになりにくく自然に見えます。

スポンサーリンク

アイプチを塗る範囲は目頭から1/3が黄金比率

くっきり&パッチリな二重を作りたいと、アイプチをたっぷり塗ってしまうとダマになるだけでなく、まぶたが引っ張られ不自然に見えてしまいます。二重ラインができても、不自然な引き攣りがあると美しく見えません。
アイプチは目頭から目尻までガッツリ塗るのではなく、目頭から1/3の部分に薄く塗るのがポイントです。まぶたの中心に半月ラインをつくるイメージを思い浮かべるとわかりやすいです。目頭と目尻まで広げすぎると突っ張った感が強調され不自然に見えます。半月の真ん中辺りに二重ラインをつくると自然に仕上がります。

アイプチはしっかり乾かすのが基本

これものりタイプにありがちなミスです。急いでいるときにやってしまうのが完全に乾いていないのにラインを決めてしまうことです。完全に乾かさずにラインをつくると、のりがヨレてしまい不自然な引き攣りや、ダマができてしまいます。
こうなるとアイプチを落としてやり直さない限り、1日中不自然なままで過ごすことになります。時間がないときは早く乾くよう、なにかであおいで風を当てるか、ドライヤーの冷風を当てると早く乾きます。