アイプチしてるとバレてしまうポイントとバレない使い方について

アイプチにもいくつかの種類はあるものの、アイプチはバレやすいのは否めません。のりやテープなどタイプによっても見え方は変わってきます。アイプチしているのに全くバレない人もいれば、いかにもな印象を与えてしまう人もいます。アイプチとバレないようにするにはどうしたらいいか?バレやすい人の特徴と、バレにくいポイントを紹介します。

ぱっちり二重がアイプチだとバレてしまうポイント

せっかく理想のぱっちり二重を作ってゴキゲンなのに、いきなり「アイプチ?」と言われたらいい気分も台無しです。こういう場合二重をつくることだけに気を取られてしまい、自然に見えるということを忘れていることが原因です。

二重幅を広くするほどぱっちり見えることから、ついつい欲張ってしまいがちです。元もまぶたの状態にもよりますが、二重がアイプチとバレてしまう人にはいくつか共通点があります。バレる理由がわかれば、それを回避することでバレないアイプチのコツが分かってきます。

不自然な二重は目を閉じるとバレる

ぱっちり二重でデカ目に見せたいというのは、アイプチ愛用者なら誰もが思うことでしょう。思い切って整形手術をすればずっとぱっちり二重でいられますが、そう簡単ではありません。アイプチは落とせばもとに戻りますが、つけている間は理想の二重でいられます。

不自然に見えてしまう人の多くは、欲張りすぎて二重幅を広く取りすぎている、のりをつけすぎダマになっている、テープの色や幅がまぶたに合っていないなどの理由があります。目を開けているときはまだいいのですが、目をつぶると引き攣りや引っ張られた感が見えてしまいアイプチとバレやすいのです。

まぶたのラインがテカってバレちゃう

のりやテープにもいろんな種類があるので一概には言えませんが、元々ないものをつけているのでテカリでアイプチとバレてしまうケースは少なくありません。のりは最初は白くても乾くと透明になるので、目立ちにくい印象です。塗る位置や幅によっては、瞬きしたり目を閉じたりした際、ラインがテカリやすいです。テープは透明だと目立ちにくい印象ですが、角度によってはテープテカリが目立ってしまいます。

汗でアイプチがはがれかかってバレバレ

のりもテープも、乾いた状態のまぶたに使うことを前提として作られています。季節によっては汗をかきやすくなりますし、皮脂の分泌量が多い人は皮脂でアイプチが崩れてしまいます。こうなるとメイクも崩れやすくなりますし、何よりアイプチが途中で取れてしまったら大変です。汗をかきやすい人や、汗を掻く季節には特にアイプチは取れやすくなるので注意してください。

アイプチしているのがバレないコツ

どんなに口コミで高評価のアイプチも、正しく使わないとアイプチしているのがバレバレということにもなりかねません。アイプチしていてもバレない人は、バレないコツを知っているのです。そういう人のいいところは大いに真似しましょう!アイプチ初心者がやってしまいがちなことと、アイプチしているのがバレないコツを紹介します。

アイプチは一度に塗らず薄く何回かに分けて塗る

朝は時間に追われバタバタしてしまいます。アイプチをする際も、時間がないからと適当にしていると、人から見たとき不自然でアイプチバレバレということになりかねません。

急いでいるときでもアイプチは一度で仕上げようと思わない方がいいでしょう。特にのりタイプのアイプチは一度にたくさん塗ってしまうと、乾くまでに時間がかかりますしダマになりやすいです。まぶたにダマができれば、いかにもアイプチしています!と言わなくてもバレてしまいます。

コツは薄く塗り乾かしてからまた塗る、これを2回~3回繰り返すことです。うす塗りなら重ねてもダマになりにくく自然に見えます。

アイプチを塗る範囲は目頭から1/3が黄金比率

くっきり&パッチリな二重を作りたいと、アイプチをたっぷり塗ってしまうとダマになるだけでなく、まぶたが引っ張られ不自然に見えてしまいます。二重ラインができても、不自然な引き攣りがあると美しく見えません。
アイプチは目頭から目尻までガッツリ塗るのではなく、目頭から1/3の部分に薄く塗るのがポイントです。まぶたの中心に半月ラインをつくるイメージを思い浮かべるとわかりやすいです。目頭と目尻まで広げすぎると突っ張った感が強調され不自然に見えます。半月の真ん中辺りに二重ラインをつくると自然に仕上がります。

アイプチはしっかり乾かすのが基本

これものりタイプにありがちなミスです。急いでいるときにやってしまうのが完全に乾いていないのにラインを決めてしまうことです。完全に乾かさずにラインをつくると、のりがヨレてしまい不自然な引き攣りや、ダマができてしまいます。
こうなるとアイプチを落としてやり直さない限り、1日中不自然なままで過ごすことになります。時間がないときは早く乾くよう、なにかであおいで風を当てるか、ドライヤーの冷風を当てると早く乾きます。

アイプチをした時のアイメイクのポイント

アイプチは自然に仕上げたつもりでも、角度によってはテカってしまったり、瞬きをしたときにテープが見えてしまったりということがあります。これはアイプチを使う以上避けられないことですが、メイクにひと工夫加えると目立つのを防ぐことができます。

メイクが長持ちするメイクの上からアイプチ

アイプチをし終わったら、その上からアイシャドウを重ねると目立ちにくくなります。のりやテープの上にアイシャドウを重ねると、アイシャドウの持ちも良くなるというメリットが生まれます。直に塗るよりもワンクッション置くので、発色も良くなります。

ポイントは肌の色に近いブラウン系を使うことです。ベージュやホワイトのように薄い色だとのりやテープが強調されるので、少し濃い色を使いましょう。ブラウンを乗せその上にベージュのグラデーションというように、薄い色は後から使うとアイプチが目立ちにくくなります。

アイプチのテカリ防止には上からフェイスパウダーを

アイプチのテカリも、不自然になる理由です。濃い目のアイシャドウを塗ると、目立ちにくくなりますが、濃いアイシャドウがNGという場合は、フェイスパウダーでテカリを抑えるといいでしょう。テカリがなくなるだけでも、だいぶ目立たなくなります。

おすすめ商品

アイプチライフを楽してくれる、目立ちにくくて使いやすい商品を紹介します。

バンドエイドタイプのナチュラルカラーアイテープ【BWナチュラルアイテープ素肌タッチのふたえテープENT350(テープ×30回分、スティック×1本)×6個セット】

バンドエイドのように薄く、粘着力のあるテープです。素肌の色に近づけているので瞬きをしても目立ちにくいのがポイントです。しっかりつくのに剥がすときに痛くないから安心です。専用のスティックが付いていますが、手でもつけられます。幅は少し浅めですが、より自然に見せたいときにはおすすめです。
BW ナチュラルアイテープ 素肌タッチのふたえテープ ENT350 (テープ×30回分、スティック×1本)×6個セット

ぱっちり二重がバレにくい【秘かに二重!極細両面二重テープ40枚入日本製】

アイテープは太さや厚みによっては、かなり目立ってしまいます。目立ちにくさを追求し、極細&極薄のテープに仕上げているからとにかく目立たない!と評判です。医療用接着剤を使用しているので、まぶたへの負担を軽減できます。水や汗にも強いから、長時間理想の二重をキープできるでしょう。
秘かに二重! 極細両面二重テープ 40枚入 18-787

SPV45077 アイリッドフィックスウォータープルーフ

ウォータープルーフで汗をかいても長持ちするのりタイプのアイプチです。口コミでも人気の商品なので、汗でアイプチ がはがれてしまった、という方には安心です。

SPV45077 アイリッドフィックスウォータープルーフ

最初は失敗することの方が多いので、30枚入っていても1ヶ月持たないことも…。5個セットなら150枚たっぷり入っていますので、最初は少しくらい失敗しても安心です。アイテープの中でも目立ちにくく、使いやすいとなかなかの高評価です。初心者にも使いやすいので、初めてのアイテープにいいかもしれません。

まとめ:アイプチとバレない使い方のポイント

アイプチは目立ちやすい印象ですが、ちょっとしたコツさえわかっていれば目立たずきれいを維持できます。どれも簡単な方法ですから、初心者の方にも実践しやすいでしょう。コツがわかれば後は簡単、目立たずバレにくく仕上げることができます。