CCクリームの使い方の順番と綺麗に仕上げるためのコツとは?

CCクリームは、BBクリームと同じように考えられがちですが、特徴が違います。BBクリームはカバー力にすぐれていて、CCクリームはケアとコントロール力に優れています。CCクリームにはどういうメリットがあり、どんな風に使えばいいかを紹介します。

CCクリームとは?

一世を風靡したBBクリームの次に注目されるようになったのが、CCクリームです。BBクリームと似ている印象ですが、なりたい肌によって選択肢は変わってきます。CCクリームは、スキンケアをしながら肌をきれいに見せるという効果が期待できます。CCクリームの特徴をもう少し詳しく紹介します。

CCクリームは「Care」と「Control」(ケアと調整)

CCクリームは、CareとControlの頭文字を取り名付けられました。Careはスキンケア、Controlは肌色をコントロールして明るく透明感のある肌に導くという意味があります。メーカーによっては、Color・Controlとしている場合があります。これについては明確な定義がないため、どちらの意味でも使われています。

CCクリームとBBクリームの違い

未だにどっちを選べばいいかわからないという人も多いようです。自分にはどっちがいいのかを決めるときに役立つ、CCクリームとBBクリームの違いを説明します。

CCクリームは、Care(color)・Controlで、肌のトーンを調整し明るく見せる効果が期待できます。ケア成分を配合しているので、メイクしながらスキンケアができるのもポイントです。化粧下地ですが、すっぴんのような仕上がりになるのでナチュラルメイクをしたいときにおすすめです。

BBクリームは、BlemishとBalmの頭文字からこう呼ばれています。元々は皮膚科でニキビ跡や傷跡を隠すために処方されていました。カバー力が高いので、欠点を隠したいときに便利なことから、一般にも市販されるようになっています。カバー力が高いので、薄づきでもかなり欠点をカバーできます。しっかりメイクではないときは、BBクリームだけでもいいくらいしっかりとカバーしてくれます。

CCクリームの使い方

CCクリームは、化粧下地とコントロールカラーの効果があります。BBクリームはどちらかというとしっかりとしたつけ心地ですが、CCクリームは軽いつけ心地です。ファンデーションの前に使うことで、色ムラやくすみをカバーしてくれるので、肌色がワントーン明るくなり透明感も出ます。

BBクリームは単体でも使えますが、CCクリームは休日なら単体でもいいかもしれませんが、基本的には下地として使います。基礎ケアの後、ファンデーションを塗る前にCCクリームを塗りベースを整えます。その後にファンデーション、フェイスパウダーを重ねるとよりきれいに仕上がります。

指で顔のパーツごとに置いてから伸ばしていくのがコツ

 

CCは薄づきが基本です。最初は顔のパーツに何箇所か置き、内側から外側に伸ばしていく印象で使いましょう。できるだけムラにならないよう、丁寧に伸ばしていきます。指で顔全体に塗った、仕上げにスポンジを使い、油分を取るイメージで軽く押さえていきます。

顔全体に広げて軽くパッティングしてなじませる

指で広げるときはベタ塗りするよりも、指の腹で軽くパッティングするようなじませるときれいに仕上がります。ムラにならないよう、目の周辺や小鼻の周り、生え際まで丁寧になじませるのがポイントです。顎の下は首との境目がはっきりすると不自然なので、軽くぼかすようにするといいでしょう。

シミやクスミ・気になる部分は薄く二度づけしてカバー

一度塗りでもある程度はカバーできますが、シミやクスミが目立ち気になる部分には二度つけもおすすめです。ただし塗りすぎないよう薄づきを意識してください。

ベースメイクにCCクリームを使う時の順番

CCクリームはBBクリームとは役割が違うので、使う際は正しい順番を覚えておくことが大切です。順番を間違えると、CCクリーム本来の良さを発揮できなくなってしまいます。

最初に化粧水やクリームで基礎化粧をする

メイク前の基礎ケアはCCクリームに限らず、BBクリームでも普通のファンデーションでも全て共通しています。洗顔後は肌が乾燥するので化粧水で水分補給、乳液や美容液で潤いと栄養を与えましょう。

化粧下地としてCCクリームを使う

基礎ケアが済んだら、いよいよCCクリームをつけていきます。CCクリームは化粧下地として使いますので、その後にファンデーションを塗ることを想定し、厚塗りにならないようにします。

塗るときは一度にたくさん出さず、少量ずつ様子を見ながら塗っていき、足りなくなったら途中で足すくらいがちょうどいいです。下地を丁寧に仕上げることで、ファンデーションの仕上がりも変わってきます。

ファンデーションやパウダーでメイクを仕上げる

CCクリームを塗り終わったら、次はファンデーションを塗っていきます。ファンデーションも丁寧に軽く叩き込むようなイメージで仕上げるときれいです。仕上げにはフェイスパウダーを使うと、よりきれいに仕上がります。

CCクリームの選び方・ポイント

CCクリームは化粧下地として使いますが、スキンケアや肌色のコントロールなど重要な役目があります。メーカーによって配合している成分は異なりますので、どんな目的で使いたいかによっても選択肢は変わってきます。CCクリーム選びのポイントを紹介します。

日焼け止めとしても使うならSPFを確認

皮脂のテカリの原因とは?皮脂テカリを防止する人気の化粧下地をご紹介!紫外線やシミやシワの原因を作ります。肌の老化を促進させるので、季節に限らず年間を通して紫外線対策を取るようにしましょう。

日焼け止めとして使う場合は、SPFの数値も要チェックです。日焼け止めは数値が高いほど紫外線ブロクック効果が高まりますが、その分肌への負担も大きくなります。日常使いならSPF30~35・PA++くらいで十分です。真夏の炎天下に長時間屋外で過ごすようなときは、SPF50・PA+++がおすすめです。

エイジングや保湿など用途に合わせチョイス

CCクリームにはスキンケア成分が配合されていますが、どの成分かはメーカーによる違いが大きくなります。基礎ケア化粧品と同じように、ファンデーションや化粧下地も年齢に合わせて変えていくので、エイジングケアが必要ならエイジングケア成分を配合したCCクリームを選んでください。

自分の肌の色と合ったものを選ぶ


CCクリームにもいくつか色の違いがあります。これもメーカーによる違いですが、自分の肌色に合うものを選ぶと仕上がりがよりきれいになります。

色選びも大切ですが、肌色をきれいに見せてくれる光拡散パウダーを配合しているものは、肌に透明感を出す効果が期待できるので、効果などもチェックして選ぶといいでしょう。

口コミの多いおすすめのCCクリーム3選

初めてのCCクリーム選びは、戸惑うことも多いでしょう。そういうときは、口コミが参考になります。口コミで評判がいいCCクリームを紹介します。

新複合成分としてデイ ソフトオーラ ホワイト採用【エスケーツー(SK-II) アトモスフィア CC クリーム SPF50/PA+++ 30g】

コスメブランドの中では、ちょっと高級な印象が強いですがその分クオリティが高く満足度も高いのが特徴です。CCクリームも口コミではかなり高評価となっています。SK-II独自の成分を配合したことにより、肌に潤いを与えつつキメを整え、ワントーン明るい肌に導いてくれます。トリートメント成分を配合しているのもポイントです。
エスケーツー(SK-II) アトモスフィア CC クリーム SPF50/PA+++ 30g[並行輸入品]

密着・薄づきに仕上げる専用ブラシ【ロージーローザ BBCCクリーム専用ブラシ】

プチプラなのにとてもきれいに仕上がると、口コミでも高評価です。きれいな仕上がりを可能にするのは、付属の極細&濃密ファイバーブラシです。手で塗るよりもブラシで塗る方が均一で薄づきに仕上げることができます。
ロージーローザ BBCCクリーム専用ブラシ

霧島名水を独自製法により配合したビタミンC還元水を使用【luce CCクリーム プラセンタ配合(国内製造)天然水使用のCCクリーム 30g】

高級美容成分としておなじみの、プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸、8種類の植物エキスを配合しています。国内製造の安心感があります。水にもこだわり天然水を使用しているので、安心して使えます。成分にこだわったことで、PH3から5の肌に優しいCCクリームになりました。伸びがよく薄づきで、仕上がりもきれいです。
luce CCクリーム プラセンタ配合【国内製造】天然水使用のCCクリーム 30g

まとめ:CCクリームをきれいに仕上げるコツ

CCクリームは化粧下地として使いますが、肌色をコントロールしながらケアもできるというところがポイントです。顔色をワントーン明るく見せたいとき、肌に透明感を出したいときにおすすめです。CCクリームを使うと、メイクの仕上がりが変わるので是非試してみてください。