乾燥肌のそばかす対策にはリキッドタイプのファンデーション

CCクリームとBBクリームの違いを知って賢く使い分けましょう

メイクをするときに欠かせないのが、化粧下地です。BBクリームからメイクの仕上がりが変わったのを実感する人が増える中、CCクリームの登場によりさらにメリットが増えています。どちらも同じように思われがちですが、実はちょっと違います。CCクリームとBBクリームの違いや、どんな効果があるのかを紹介します。

CCクリームのカバー力の特徴

CCクリームは、カバー力がありながら肌色の補正をしてくれる効果が期待できます。CCクリームのCCというのは、CareとControlから来ています。Careはスキンケア、Controlは肌色の補正を意味しています。

CCクリームより少し前にブームとなったBBクリームも、高いカバー力が注目されました。メイクに取り入れることで、仕上がりがかなり変わります。CCクリームはBBクリームが進化したスグレモノとも言えます。CCクリームにはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

化粧下地の機能

CCクリームの特徴を説明する上で欠かせないのが、化粧下地としての機能です。ファンデーションを塗る前に使うことで、ファンデーションでは隠しきれないシミやくすみをカバーしやすくなります。BBクリームと似ているので間違われやすいのですが、CCクリームもBBクリームも化粧下地です。

メーカーによっては単体でナチュラルメイクとして使えるものもありますが、CCクリームだけでメイクの完成とはなりません。化粧下地を使うことでファンデーションをよりきれいに仕上げることができるのです。

カラーコントロールの機能

名前の由来にもなっているControlは、肌色補正のことを指しています。目の下のクマや顔全体のくすみが気になるとき、ファンデーションを塗ってもクマやくすみはカバーしきれないことがあります。ファンデーションの間にコントロールカラーを使うと、クマやくすみをカバーできます。

CCクリームには肌色補正機能があるので、悩みに合わせて色を選ぶと顔色をワントーン明るく見せてくれます。光を拡散する効果のあるパウダーや、パールを配合したものは肌色補正の他に透明感を出す効果も期待できます。

ナチュラルなメイクカバー

CCクリームはカバー力がない、こういう声を聞くことがあります。これはCCだけで済ませてしまう人に多いようです。CCクリームは化粧下地として使うものですから、下地だけでメイクは完成しません。BBクリームの中には、単体でナチュラルメイクが完成するものがあるため勘違いされやすいのです。

ナチュラルメイクにもCCクリームは役立ちますが、化粧下地として使うのでその後にファンデーションを塗ってベースメイクが完成します。薄づきでもしっかりカバーしてくれるので、ナチュラルに仕上げたいときにおすすめです。

BBクリームのカバー力の特徴

BBクリームはカバー力が高いことで一躍大ヒット商品の仲間入りを果たしました。BBクリームの名前の由来は、Blemish Balmの頭文字をとったもので、傷を修復するという意味があります。

今でこそメイク用品として欠かせないものとなっていますが、元々は皮膚科のみで処方されていました。ニキビの炎症やニキビ跡、事故や怪我で顔に傷がある人のために使われていました。ニキビ跡や傷を隠す、傷を修復する、炎症が起きているときに刺激を受けないよう肌を保護するという目的で使われていました。

カバー力の高さが注目され、一般にも販売されるようになります。メイク用品として販売されているBBクリームは、ファンデーション以外にも化粧下地や美容液、コンシーラーや日焼け止めなどの機能を兼ね備えた多機能ファンデーションです。

日焼け止めと化粧下地の機能


BBクリームは1つでいくつもの機能を兼ね備えた、多機能ファンデーションであるところも特徴です。BBクリームには、化粧下地と日焼け止めの機能が含まれています。メーカーによる違いはありますが、多機能であるところも特徴の一つです。面倒なステップが1回で済むので時短メイクが可能になります。

ファンデーションの機能

BBクリームは化粧下地として使いますが、ファンデーション機能も兼ね備えているので普段使いならBBクリームだけでベースメイクを完了させることができます。しっかりメイクをしたいときは、BBクリームを下地にして上からファンデーションを塗ると、よりきれいに仕上がります。

あまりしっかりメイクをしたくないときや、休日などはBBクリームだけでもきちんとメイクしている感があります。

医療用で開発されたしっかりしたカバー

BBクリームは薄づきなのに、しっかりと欠点をカバー出来るのも特徴の一つです。元々は医療用として開発されたものというのが理由です。ニキビ跡や傷があると、メイクをしても隠しきれないことがあります。隠したい一心で厚塗りをしてしまうと、不自然ですし肌への負担も大きくなってしまいます。コンプレックスになることも多い、こうした悩みを解消すべくBBクリームは開発されたのです。

CCクリームとBBクリームの使い分け方

CCクリームとBBクリームは、似ているようで違います。肌の悩みに合わせて使い分けることができます。CCクリームとBBクリームの使い分け方を紹介します。

くすみが気になる人はCCクリーム

CCクリームはカバー力だけで見ると、BBクリームには劣るものの、肌色補正効果があります。くすみやシミが気になるときは、CCクリームがおすすめです。顔色をワントーン明るく見せてくれます。光を拡散するパウダーや、パール入りのものは透明感やツヤを出したいときにおすすめです。

アウトドアやオフィスでナチュラルメイクはCCクリーム

CCクリームは化粧下地として使います、ただの化粧下地だけでなく日焼け止め効果を含むものも多く販売されています。アウトドアだけでなくオフィスでも窓から入る紫外線で、肌に刺激を与えるので、紫外線対策にも使えます。使う場所により、SPFやPAの数値を選べばメイクに紫外線対策を取り入れることができます。

シミ・そばかすをカバーしたい人はBBクリーム


美白ケアに力を入れていても、既にできてしまったシミやソバカスは簡単には消せません。シミやソバカスには、カバー力の高いBBクリームがおすすめです。シミやソバカスを一つ一つコンシーラーで隠すとかなり時間がかかります、BBクリームなら、顔全体に塗るだけで気になるところを隠せます。

しっかりメイクやフォーマルな場所へ行くならBBクリーム

BBクリームはカバー力の高さも魅力ですが、他にもいくつかの機能を兼ね備えています。化粧下地、美容液、コンシーラー、日焼け止め、ファンデーションなど多機能だからBBクリームだけでメイクのほとんどを仕上げられます。普段使いならBBクリームだけでもいいでしょう。

フォーマルな場所に行く際、ベースがきちんと完成しているので後はファンデーションを塗ってポイントメイクをすればどこに行っても恥ずかしくないきちんとした印象のメイクになります。

おすすめ商品

CCクリームとBBクリームは種類が豊富だから、選ぶときに迷ってしまいます。人気がある中からおすすめを紹介します。

新複合成分としてデイソフトオーラホワイト採用【エスケーツー(SK-II)アトモスフィアCCクリームSPF50/PA+++30g】


肌に潤いを与え、キメを整える効果が期待できます。微粒子パウダーやSK-II独自成分を配合しているので、肌本来の美しさを導き出して欠点をしっかりとカバーしてくれます。
エスケーツー(SK-II) アトモスフィア CC クリーム SPF50/PA+++ 30g[並行輸入品]

肌にやさしくしっかりカバー【ドクターシーラボBBパーフェクトクリームホワイト377+30g多機能ファンデーション化粧下地】

ドクターズコスメとしての信頼と実績から、BBクリームの中でも特に人気の高いブランドです。紫外線が気になる季節におすすめの、SPF50/PA++++という国内最高数値の日焼け止め効果があります。カバー力がありながら、肌に潤いを与えてくれるところもポイントです。
ドクターシーラボ BBパーフェクトクリーム ホワイト377+ 30g 多機能ファンデーション 化粧下地

霧島名水を独自製法により配合したビタミンC還元水を使用【luceCCクリームプラセンタ配合(国内製造)天然水使用のCCクリーム30g】

ケア成分として、主役級美容成分を配合した贅沢なCCクリームです。国内製造という安心感と、使い心地の良さが人気の理由となっています。カバー力もあるのでナチュラルに仕上げたいときにおすすめです。コスパがいいので気軽に試せます。
luce CCクリーム プラセンタ配合【国内製造】天然水使用のCCクリーム 30g

まとめ:CCクリームとBBクリームの違い

CCクリームとBBクリームは、化粧下地という共通点があるものの、使う目的や効果も違っています。肌の悩みに合わせて使い分けができます。