アイプチとメイクはどっちが先?初心者でも失敗しないアイメイクとは

アイプチを使用しても、もちろんメイクもOKです。いつもと同じメイクをすることができます。しかしちょっとした手順を間違えると、メイクも二重もうまくできないなんてこともあるのです。ここではメイクとアイプチについて考えてみましょう。

アイメイクが先?それともアイプチが先?

基本的にはアイメイク→アイプチの順番がよい

アイプチで二重にしたいと思っている女性も多いと思います。でもメイクもいつものようにしたいのも当然です。そこでアイプチを使用してメイクもする場合は、基本としてアイメイクをしてから、アイプチで二重をつくることがおすすめです。

しかしアイプチで二重にしてからアイメイクをすると、どうしてもまばらについてしまいます。そのためそれを隠そうとどんどん厚塗りになっていき、最後にはパンダのような汚れた目になってしまうことも。リキッド(のり)タイプの場合は、折り返しタイプはいくら塗った部分が乾いても、その部分にうまくメイクが乗りません。

また皮膚同士をくっつけた二重であっても、メイクによってその部分がずれてしまったり、メイクの色がくっついた部分に入り込んで、逆にアイプチを使っていることが目立ってしまうということもあります。テープタイプなどはテープの縁の部分にメイクの色が強く付いてしまうと、逆に目立ってしまうこともあります。

ファイバータイプも使用してからメイクをすると、せっかくきれいについていたファイバーが取れてしまうことも。上手にパウダー系のメイクをブラシを使用して乗せていくなど慣れた人でなければ基本的にはメイクを先に行った方がおすすめです。

確かにアイプチは皮脂などの油分や汚れなどのない肌に使用する方が断然長持ちしますが、強力な接着力の強いタイプを使用すれば、1日しっかりメイクの上からでも長持ちするはずです。

アイシャドウの前にアイベースを塗るとgood!

もちろんベストはアイプチをした後にアイシャドウを付けるのがおすすめです。そのためアイプチをして二重を作った後にアイシャドウをすぐに塗らず、まずアイベースを塗るようにしましょう。アイベースは肌に直にアイシャドウを付けるより、ムラ無く本来のアイシャドウの持った美しい発色がそのまま付きます。

そのため思ったように付かないからといって、どんどん厚塗りになったりしません。まずアイプチで二重を作った上から優しくアイベースを塗り、それからアイシャドウを付けるようにしましょう。

アイラインはアイプチの後に、ラインを確認しながら描く

アイラインを引く場合はアイプチで二重を作ってから、それに合わせてラインを引くようにしましょう。やはりむくみなど毎日まぶたの状態もさまざまなので、二重を同じように作っても微妙に形や大きさが違うこともあります。そのためラインもそれに合わせなければなりません。

アイプチで二重にした後にアイラインを引くので、硬めのアイラインは皮膚を引っぱって、二重を壊してしまうこともあります。そのためアイラインは液体系やパウダーを固めた鉛筆型のアイラインなど、錬りの柔らかいものを選ぶようにしましょう。パウダーは慣れていないと汚い感じになってしまうので注意しなければなりません。

初心者にありがちなアイプチメイクの失敗例

アイメイクが汚くなってしまう

アイプチを使用すると、アイメイクが汚くなってしまうということがあります。多くの場合はアイプチが剥がれないように、先にアイプチで二重にしてからメイクをすると、どうしても汚くなってしまいます。特にリキッド(のり)タイプのアイプチは、どうしても上手にアイメイクしにくいとも言われています。

そのためアイメイクをしてからアイプチをする場合の注意点があります。まず、まぶたのファンデーションはパウダータイプのものにして、アイプチを使用する前に薄めに付けておきましょう。そしてアイシャドーはパウダータイプのものを薄めに付けておくと、成功しやすくなります。

油分の強いクリーム系のファンデーションや、クリームアイシャドーを先に付けると、さすがに強力なアイプチでも取れやすくなるので、パウダー系を薄く付ける程度にしましょう。また濃い色のアイシャドーはできるだけ避ける方が失敗しません。

のりタイプのアイプチの場合、アイプチがテカってしまう

アイプチの前にメイクをしておく方が失敗しにくいと言われていますが、とはいってもアイプチがテカってしまうことも。特にテープやファイバーなら、その上から軽くパウダー系のファンデーションなどを軽く塗って目立たなくできます。

しかしリキッド(のり)タイプのアイプチの場合は、テカリがあっても後から下手にメイクをするとよれたり、剥がれたり、ムラになって汚くなったり失敗のもととなってしまいます。そのためテカリを隠すためにはパウダー系のファンデーションや、あまり濃くないカラーのパウダー系アイシャドーをブラシで軽く付けるようにしましょう。

アイプチがすぐに剥がれてしまう

特にリキッド(のり)タイプは二重にしてからメイクをすると、よれたり剥がれたりしやすくなります。またリキッド(のり)タイプだけでなく、テープ系やファイバー系のアイプチでも、オイル系の強いファンデーションなどの上から使用すると、剥がれやすくなってしまいます。

そのためアイプチを使用する部分はファンデーションもアイメイクもせずに、二重にしてから軽くパウダー系のメイクをすると剥がれにくくなります。

初心者が参考にしたいアイプチメイクの極意

初心者の場合はアイプチ→アイメイクの順でもOK

失敗のないアイプチメイクの場合はメイクをしてからアイプチで二重を作る方が失敗が少ないと言われています。当然この方法ではアイプチの保ちは少し低下しますが、現在接着力の強いタイプのアイプチもあるので、そのようなタイプを使用すれば特に問題はありません。

しかし初心者はそれでも失敗しやすいので、アイメイクをせずまずアイプチできれいな二重を作ってしまい、その上からメイクをするようにしましょう。もちろんこの方法は注意をしてメイクすることが必要になります。しかしアイプチに慣れるまではアイプチをしっかり付けて、きれいな二重を作ることが優先順位として大切になります。

アイシャドウは薄くのせて、アイプチの部分に触れないように

初心者のアイプチメイクとして、メイクをしてからのアイプチも難しいし、逆のアイプチの上からメイクも結構難しいかも知れません。そこでまずアイプチで二重をしっかり作り、アイプチの部分には触れない程度にアイシャドウなどをのせることからスタートしてみましょう。

アイシャドウは塗らずに口元にポイントをおくメイクもアリ!

アイプチメイクがどうしてもうまくできないときには、まずアイメイクをせず、口紅などをポイントにしたメイクもアリです。二重がしっかりできれば、わざわざアイメイクをしなくても魅力的な目になるはず。あとは真っ赤なリップもいいのでは?

おすすめ商品

オペラ アイプチN


瞬きしてもつっぱらない「オペラ アイプチN」は、付けていることを忘れてしまうほど軽い感じです。ウォータープルーフタイプだから水にも負けずに長時間二重をキープします。またテカらずに、付けていることは誰にも気づかれません。もちろん上からメイクもOK。塗ったところがテープのようになって、まぶたを押し上げてくれます。

ローヤルアイム EX エクストラ【二重まぶた化粧品】


しっかりまぶたを織り込むことのできる「ローヤルアイム EX エクストラ【二重まぶた化粧品】」。自然に二重を作りたい人におすすめです。もちろん密着させて二重ラインを作ります。どちらもお好みで使い分けOKです。ウォータープルーフタイプでしっかり密着。専用のリムーバーもセットなので、無理なく落とすことができます。

BW ナチュラルアイテープ 素肌タッチのふたえテープ ENT350


バンドエイドのような自然なカラーの目立たない「BW ナチュラルアイテープ 素肌タッチのふたえテープ ENT350」。アイメークしなくても、アイプチと分からない自然さが魅力です。片面だけ粘着するタイプでメイクする人には透明タイプもおすすめです。専用スティック付きで、アイプチ初心者にもおすすめです。

まとめ

アイプチメイクをする場合、初心者はまずアイプチで二重を作り、アイメイクはアイプチの部分を避けておく方が成功率が高いようです。二重作りが慣れてきたら、メイクをしてから二重を作ってみましょう。それでも何回も練習して、慣れなければなかなか難しいかも知れません。とにかく無理をせずに慣れることからスタートしましょう。