アイプチに絆創膏を使ってコスパ良く自然な二重を作る方法とは

憧れの二重が、アイプチ絆創膏を使用すれば簡単に作れるって知っていますか?コスパ抜群で、自然な二重を作ることができるんです。この記事では、次の内容を紹介します。
  • 絆創膏で二重を作る方法(作り方・つけ方)
  • アイプチに絆創膏を使用するメリット
  • アイプチに絆創膏を使用するデメリット
  • おすすめの絆創膏

憧れのぱっちり二重まぶたが手軽に作れます。仕上がりも自然♡ぜひこの記事をチェックして試してみてください!

一重から二重になりたい!2重にする方法

二重になる方法には、そもそもどういったものがあるのでしょうか。一重を二重にする方法には、大きく分けて以下の3つがあります。

  • メザイク
  • アイテープ
  • 絆創膏(バンドエイド)

それぞれの特徴と、中でも絆創膏(バンドエイド)を使ったアイプチがおすすめな理由を紹介します。

メザイク

メザイクとは、まぶたを一重から二重にするためのアイメイクアイテムです。粘着成分がついた専用のファイバーを、まぶたに貼ることで自然なくっきり二重を作ります。

他のアイメイクアイテムに比べ、取り付けるための難易度はやや高め。代わりに見た目は非常に綺麗に仕上がります。アイシャドウなどとの併用も可能です。

アイテープ

アイテープとは、まぶたに貼り付けて一重を二重にするアイメイクアイテムです。二重をつくるアイメイクアイテムとして重用されてきた従来の「二重のり」と違い、貼り付けるだけで二重にできることから人気。

アイテープの貼り方や太さによって、二重の大きさも調整できます。こうした使い勝手の良さも、アイテープの魅力です。

アイプチテープのおすすめ商品15選!選び方とつけるコツも紹介します

アイプチリキッドテープの特徴と基本的な使い方とは?

絆創膏

絆創膏(バンドエイド)は、アイテープの代用品として人気があるアイメイクアイテム。アイテープに比べて、ごくごく身近なアイテムで安価なのがうれしいポイント。二重のりやアイプチだとすぐに外れてしまったり、思うような二重が作れないという方でも「絆創膏(バンドエイド)ならうまくいく」という声も。

アイプチ絆創膏がコスパ抜群で簡単

アイプチとして絆創膏(バンドエイド)を使うとき、なによりうれしいのは「つけやすくて剥がしやすい粘着力」と「コスパ」。購入した絆創膏は、アイプチ用アイテムとしても普通の絆創膏としても使えます。粘着力が強すぎず、弱すぎないためアイプチ用として非常にちょうどよいです。

絆創膏(バンドエイド)は数百円で、ひと箱につき数十枚~100枚程度入っています。あとで紹介するように、絆創膏はカットすることで、一枚を数回にわたって使用できます。

そのためアイテープよりも圧倒的に安いのです。

頑固な一重でも二重になる?

頑固な一重に絆創膏(バンドエイド)を使う場合は、思うような二重にならない可能性があります。まぶたに対して、絆創膏が思うように食い込まないケースがあるためです。

上は、アイテープの場合でも同様です。頑固な一重の方は、絆創膏やアイテープだけでなく、綿棒でのくせ付けや指マッサージをすることで地道に二重を作る習慣を続けましょう。

二重を作る指マッサージのやり方は、下記の記事で紹介しています。あわせてチェックしてください。

あなたが似合う二重はどれ?二重の種類の特徴と作り方

絆創膏を使用したぱっちり二重まぶたの作り方(付け方)

それではさっそく、アイプチと絆創膏を使った二重の作り方を紹介しましょう。やり方(作り方)をチェックしてください。

完成系の仕上がりはこちら

Before

アイプチとして絆創膏を使用する前の写真です。両目が一重であることが分かります。

After

完成系の仕上がりはこちら。絆創膏を使った方の目元が、一重からくっきり二重に変わっています。さっそく、やり方(作り方)を解説します。

絆創膏を用意

絆創膏の片側を切り取る

絆創膏の片側を、ガーゼのギリギリ部分で切り取ります

使うのは、このシールの部分のみです。

もう片方も切り取っておきましょう。切り落としたシールの部分は周りを切り取り、正方形の形にします

切り取ったテープの部分を細く切る

切り取ったテープの部分を2~3mm幅程度に細く切りましょう

まぶたの厚さなどで、綺麗に二重になる幅は人それぞれ違います。何回か試して、自分に合う幅を見つけるのが綺麗な二重になるコツです

剥がしてテープの両端を持つ

シールを剥がします。上手に剥がさないとくっついてしまうので注意してください。剥がしたら両端を持ちましょう

自分の二重幅がつきやすい位置に、テープを食い込ませる

シールをまぶたの二重ラインに沿って貼ります。二重幅がつきやすい位置にテープをしっかり貼り付けましょう。この時、視線は下を見下ろすように半目にするのがコツです

余分な端の部分を小さいハサミで切り取る

テープの両端の余分な部分を、眉用などの小さいハサミでカットします

端を少し引っ張るようにして、まぶたを傷つけないように慎重に行いましょう

スティックで形を整える

テープの部分に沿ってスティックで軽く押し込むようにしながら、二重を整えます。テープをしっかり定着させましょう。

アイリキッドで二重を整える

アイリキッドを二重に沿って入れていきます。二重を定着させ、テープのラインが目立たなくなります。

スティックで形を整えながら何度か塗りましょう

完了!

綺麗な二重になっていたら完成です。

今回使用したアイテムはこちら

今回使用したのは、絆創膏(BAND-AID)とAB(オートマティックビューティ) ダブルアイリキッド、眉用のはさみです。所要時間は5分ほど。まばたきしてもナチュラルな二重ができあがります。

アイプチで奥二重をぱっちり二重にする方法

アイプチや絆創膏、アイテープを使うことで、一重だけでなく、奥二重をくっきり二重にすることも可能です。

奥二重をぱっちり二重にする方法は、下記の記事で解説しています。ぜひチェックしてください。

アイプチで奥二重をぱっちり二重にする方法とまぶたのケアとは?

アイプチに絆創膏を使用するメリット

画像引用元:latte

アイプチに絆創膏と聞いて、驚く人もいるでしょう。しかし、絆創膏はもともと傷などを保護するために利用するものなので、肌への負担は少なめです。

半透明タイプなど絆創膏にもいろいろな種類があり、アイプチにするために適した絆創膏は多数。絆創膏を利用するメリットは他にもたくさんあります。

コスパ抜群!

絆創膏は、アイテープや二重ノリを利用するよりもお金がかかりません。絆創膏を細く切って利用するので、1枚で何日も利用でき、コスパ抜群です。ドラッグストアやコンビニなどでいつでも購入しやすく、100円ショップでも手に入ります

アイプチ同等の自然な二重が可能

画像引用元:latte

「絆創膏で本当にきれいな二重ができるの?」と不安になる人もいますが、実際にやってみるととても簡単です。アイテープや二重ノリよりも使いやすく、慣れてくるとさっと理想的な二重を作ることができるでしょう。

アイテープを利用している人も、絆創膏を使ってみてその使いやすさに驚いたという意見がたくさんあります。特に薄いタイプで半透明、伸縮性の高いものを使えば、楽に二重を作ることができるでしょう

目をつぶっても目立たない

半透明のタイプを使えば、目をつぶっても目立ちません。アイテープでもうまく付けないとかなり目立つ場合がありますが、絆創膏はほぼわからなくすることができます。

アイテープや二重ノリで綺麗な二重を作れないという人も、一度、絆創膏を利用してみるといいでしょう

ブラウンのアイシャドウでナチュラルな目元を実現♡

画像引用元:latte

絆創膏で二重を作ったら、アイシャドウはブラウン系のものを使うのがおすすめです。ブラウンを使うことで絆創膏のラインを目立たなくして、ナチュラルな目元を作ることができるでしょう。

さらにペンシルタイプのアイナイナーでまつげの根元を埋めるように描けば、印象的な目元を作ることができます。

モデルのぺこさんも実践!

1児のママになったカリスマモデルのぺこさんも、二重にするのに絆創膏を使っています。ぺこさんはもともと二重だけど、調子が悪い時に絆創膏を使って綺麗な二重を作っているのだとか。ブログで作り方を説明していますが、本当に綺麗な二重に仕上がっています

ぺこオフィシャルブログ

アイプチに絆創膏を使用するデメリット

画像引用元:latte

絆創膏は本来、傷を保護するもので、アイテープなどの専用商品とは異なります。そのためアイプチに使用することでデメリットもあるでしょう。使用する前によく知っておくことが大切です。

汗や雨に弱くはがれやすい

アイテープや二重ノリの場合、汗や雨などにも強いように作られています。絆創膏も防水性が高く剥がれにくいものもありますが、中には水分や汗に弱く剥がれやすい商品もあるので注意しましょう

購入するときは防水性や粘着性、伸縮性のあるものを選べば、このようなデメリットを避けることができます。

かぶれや皮膚トラブルが起きやすい

肌がデリケートな人は絆創膏の粘着素材にかぶれたり、赤くなる場合もあります。特にまぶたは柔らかい部分なので、トラブルが起こりやすいでしょう。かぶれが起きたら、すぐに使用を中止してください

まぶたから絆創膏を剥がすには?剥がし方

絆創膏でアイプチをした後、剥がす方法を紹介します。粘着力の強い絆創膏を選んだ場合、びりびりと剥がすとまぶたが痛くなるかも。

そうならないためにも、正しい剥がし方を知っておきましょう。

化粧水を含ませたコットンを用意する

まず化粧水を含ませたコットンを用意します。絆創膏やアイテープをしたまぶたの皮膚には、いつもより大きな負荷がかかっています。肌への負担が小さい、ナチュラルな化粧水を選ぶのがおすすめです。

コットンをまぶたに置いて、絆創膏に化粧水をなじませる

化粧水を含ませたコットンを、まぶたに置いてゆっくりと絆創膏に化粧水をなじませてください。

30秒~45秒程度は、コットンを動かさずじっくりと化粧水を浸透させましょう。

水分を含んで浮いてきた絆創膏をゆっくり剥がす

水分を含んだ絆創膏は、だんだん自然に浮いてきます。浮いてきた絆創膏を、ゆっくりと剥がしましょう。一気に剥がすとまぶたのダメージのもとなので、慎重に剥がしましょう。

まぶたを保湿する

最後にまぶたを保湿します。ワセリンなどのアイテムを使用するのもOKですし、まぶたも覆うサイズのフェイスパックをお持ちの方はパックするのもよいでしょう。

自分の肌になじむ保湿アイテムを使いましょう。フェイスパックについては下記の記事で解説しています。

顔の保湿には手軽なシート型フェイスパックがおすすめ♡効果的な使い方と肌質&目的別おすすめフェイスパック12選

絆創膏でアイプチして寝ると、二重のくせがつく

一重の方が自然な二重のくせを付けたい場合、夜に寝ているときにアイプチするのがおすすめです。

アイプチ絆創膏をしたまま寝ると自然な癖がつく

絆創膏やアイテープで二重を作った状態で寝ると、寝ている間に目元にくせがつきます。特に頑固な一重の方の場合、指マッサージや綿棒でのくせ付けとともに、絆創膏を睡眠中に使用することでだんだんうっすらと癖がついてきます。

うっすらとでも二重の癖がつくと、朝のメイクが一気に楽になりますよ♡

寝ている間に絆創膏で二重をつくるときの注意点

寝ている間に絆創膏で二重をつくるときの注意点はこちら。「まぶたを柔らかくして、まぶたに二重のくせがつきやすくすること」と「保湿を欠かさない」ことが特に重要です。

より良い仕上がりになるように、注意点をしっかりチェックしておきましょう。

蒸しタオルで下準備

まずは蒸しタオルを使いましょう。濡らしたタオルを電子レンジで30秒程度温め、温度が適温であることを確認したうえで顔に置きます。

蒸しタオルで顔を温めると血行が良くなり、まぶたの皮膚が柔らかくなります。まぶたが柔らかくなると、絆創膏やアイテープでのくせ付けもしやすくなります。

保湿を欠かさない

夜は、肌が日中に受けたダメージを回復する時間です。だからこそ、睡眠中に絆創膏やアイテープを使う場合は事前にしっかりと保湿。

寝る前に美容液や保湿クリームをしっかりと使うのはもちろん、朝も保湿をしてください。

最低でも3週間~1か月は続ける

最低でも3週間から1か月程度は、絆創膏の使用を継続してください。

特に頑固な一重にくせを付ける場合、一朝一夕では二重にはなりません。睡眠中にくせ付けをしたい場合はすぐに効果が出るわけではなく、長期戦です。

一度くせがしっかりとつけば、以後は自然な二重を楽しめます。気長にくせ付けを続けましょう。

絆創膏がまぶたからどうしても剥がれるときの対処法

画像引用元:latte

丁寧に貼った絆創膏が、どうしてもまぶたからはがれてしまう場合にはどうすればいいのでしょうか。使用するべきアイテムと使い方を解説します。

まぶたから絆創膏が剥がれないようにする方法

まぶたから絆創膏が剥がれないようにするには、のりタイプのアイプチをセットで使用するのがおすすめです。絆創膏は貼った個所の端から、少しずつ剥がれていってしまいます。

そのため端をしっかりとのりタイプのアイプチで固定するのが、対策になります。

のりタイプのアイプチをセットで使おう

使い方は簡単。カットした絆創膏をまぶたに貼り付ける際、しっかりとまぶたに食い込ませたら両端をのりタイプのアイプチで固定するだけです。

のりタイプのアイプチを併用することで、絆創膏の接着力がさらに強くなるため、絆創膏が剥がれづらくなりますよ♡

絆創膏をまぶたに付けたら腫れた場合の対処法

絆創膏をまぶたに付けたら、腫れてしまうケースがあります。

この場合、絆創膏を貼った個所が赤くなってしまった可能性が大きいです。以下の3つが、腫れた際の対策になります。

まぶたは触らない

まぶたは触らないようにしましょう。多少目元が気になっても、指で触ることは避けてください。

保冷材で冷却

腫れた箇所を、清潔な保冷剤で冷却しましょう。腫れた箇所から熱が引いていきます。

ワセリンで保湿

まぶたの腫れの原因が乾燥の場合、ワセリンを使って保湿することでうるおいが与えられ、赤みの改善が期待できるケースがあります。

絆創膏を使って綺麗な二重にするためのアイテム

画像引用元:Latte

絆創膏で美しい二重のラインを作るために、用意しておきたいアイテムを紹介しましょう。

水とコットンで皮脂汚れをしっかりリムーブ

まぶたの汚れを取るために、コットンを用意してください。皮脂汚れが付いていると肌に絆創膏がうまく付かないので、しっかり汚れを落としましょう

水をコットンに湿らせて、丁寧にまぶたの皮脂汚れを除去します。

眉バサミがあると絆創膏をカットしやすい

資生堂 アイブローシザーズ 212

絆創膏を細くカットするために、ハサミは必須です。細かい作業になるので、普通のハサミはおすすめできません。使いやすいのは眉バサミです

先端が細くなっていて切れもいいので、絆創膏を細く切るのに適しています。まぶたに貼ったあと余分な部分を切る場合も使いやすいでしょう。

普段利用している眉バサミでもいいのですが、絆創膏のノリの部分がハサミの刃につきやすいので、専門にひとつ用意しておくといいでしょう

プッシャーを使用するとらくらくぱっちり二重に

プッシャーを使用すると、綺麗な二重が楽にできます。プッシャーは二重を作るときに、まぶたを押し込んで綺麗なラインを作る道具です。二重ノリなどに付属してくるので、持っている人も多いでしょう。

プッシャーがない場合は、アメピンで代用できます。アメピンの後ろ側、丸くなっている部分を使います。他にもUピンのUになっている部分も代用できるでしょう

絆創膏(バンドエイド)の隠し方は「ファンデーション」がおすすめ

まぶたにつけた絆創膏を隠したい場合は、つけた絆創膏の上からファンデーションをなじませるのがおすすめです。

まぶたに貼った絆創膏はアイテープと同様に、あまり目立ちません。ですが「万が一の場合にも、絆創膏を貼っていることがばれたくない」という場合は、絆創膏の上からファンデーションをなじませましょう。

二重を作るのにおすすめの絆創膏3選

画像引用元:latte

まぶたはとても薄くデリケートなので、絆創膏は低刺激性のものを選びましょう。伸縮性も大切です。おすすめの商品を紹介しましょう。

【BAND-AID(バンドエイド) 救急絆創膏 ウォーターブロック 】


完全防水で雑菌を通さず、通気性が高い絆創膏です。まぶたに貼ってもはがれにくく、伸縮性もあるのでとても使いやすいでしょう。丈夫なテープなので、細く切って伸ばしても切れることがないのも魅力です

【ケアリーヴ Mサイズ 】


よく伸びる伸縮素材の絆創膏です。通気性が良く低刺激で、肌に優しいのが特徴です。

【キズテープZ Mサイズ 】


水に強く、剥がれにくい絆創膏です。半透明タイプで目立ちにくいのが特徴。100枚入りなのでコスパも抜群です。

まとめ

アイプチと絆創膏で二重を作る方法について、紹介しました。絆創膏は医療用で衛生面などに配慮されているのである程度安心。簡単に二重が作れて、コスパが良いのも魅力なので、綺麗な二重になりたい人は、一度試してみませんか?

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。